ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「白物家電」最新記事一覧

質問!家電製品→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で家電製品関連の質問をチェック

約3万円のロボット掃除機も:
安くても満足できる製品を――アンカーが家電分野に本格参入
モバイルバッテリーで知られるAnker(アンカー)が、新たに家電ブランド「eufy」(ユーフィ)を立ち上げた。第1弾は、ロボット掃除機、LEDデスクライト、超音波加湿器。いずれも低価格ながらも付加価値の高い製品を目指した。(2016/9/21)

Ankerが家電新ブランド「eufy」 2万円台のロボット掃除機など“低価格・高機能”で攻勢
モバイルバッテリーなどで高いシェアを誇るAnkerが、新家電ブランドを立ち上げる。(2016/9/21)

あえて“高級”路線の逆を行く 米家電に本格参入するアイリスオーヤマの戦略は
アイリスオーヤマが炊飯器など米家電に本格参入。市場で人気の高級路線をあえてとらない戦略だ。(2016/9/21)

高級炊飯器のスゴワザとどまるところ知らず
コメの甘みやうまみを最大限に引き出すことを追求した高級炊飯器のリニューアルが相次いでいる。食事にこだわるシニア層や中国人を中心とした訪日客の需要が高まっていることが背景にある。(2016/9/21)

フィギュアじゃないよ。figmaだよ 「R・田中一郎」が炊飯器や自転車「轟天号」付きで登場
やぁ。(2016/9/15)

オシャレで小さいドラム型洗濯機「Cuble」がモデルチェンジ――「においスッキリコース」など新搭載
パナソニックは、ななめドラム洗濯機「Cuble」(キューブル)の新製品を10月末に発売する。水温をコントロールして洗浄力を高める「温水泡洗浄」に「約40°Cにおいスッキリコース」と「約30°Cおしゃれ着コース」を新設した。(2016/9/13)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
料理アシスタントロボットからディスプレイ付き冷蔵庫まで――欧州スマート家電の最新事情
「IFA2016」で見つけたスマート家電の数々をご紹介。シーメンスが展示したキッチンのアシスタントロボット「マイキー」くんは、一見すると大阪万博のあの方のようなルックスだが、実はHome Connectプラットフォームのコントロールセンターになる、予定。(2016/9/13)

うるさくない…だと? 大きく進歩したダイソンのスティック型掃除機「V8シリーズ」
ダイソンの新しいコードレススティック掃除機「V8シリーズ」は、かなりの進歩を遂げた。それも従来製品のユーザーが驚き、買い替えたくなるような有意義な進化だった。(2016/9/6)

しかも低騒音:
5つの温度でしっかり洗うドラム式洗濯機、東芝から
東芝は、ドラム式洗濯乾燥機の新製品「TW-117X5L/R」を10月に発売する。温水洗浄機能の「温水ザブーン洗浄」を拡充した。(2016/9/5)

エアコン温度戦争、終結:
温度の違う風を同時に吹き分けるエアコン、パナソニックから
家族それぞれの暑い/寒いといった感覚を見分けるパナソニックのエアコンが進化。今度は温度の異なる風を同時に吹き分けることができるようになった。(2016/9/2)

マネーの達人:
エアコンつけっぱなしで1カ月生活してみた
暑い日が続くと、エアコンのスイッチが入れっぱなしになり電気代が気になります。約1カ月の間、エアコンをつけっぱなしにして、電気代とその使用量を計測してみました。(2016/9/2)

自宅警備はロボット掃除機で、Xrobot「MAMORU」が+Styleに登場
家を出たあと、ふと戸締まりやペットの様子が気になることはないだろうか。そんな時に役立つロボット掃除機が、Xrobotの「MAMORU」(まもる)だ。(2016/9/1)

本格的な水ぶきも:
ハイブリッド型ロボット掃除機、日本上陸
床に落ちているゴミを吸引しながら、底面のマイクロファイバークロスでモップがけを行う1台2役の「ハイブリッドロボット掃除機」が登場。さらに水ぶきも本格的だ。(2016/9/1)

“雪の下”を再現して野菜の甘みをアップ、シャープの新「メガフリーザー」
シャープは、大型冷蔵庫「メガフリーザー」の新製品を9月から順次発売する。雪国で野菜を雪の下に置いて長期間鮮度を保つ方法に近い状態を再現する「雪下シャキット野菜室」などを新たに搭載した。(2016/8/30)

洗濯機からの使者!? 神秘的な黒猫ちゃんが激写される
見事なショット!(2016/8/24)

ふとん掃除もおまかせ、1台3役に進化したエレクトロラックスの「エルゴラピード」
エレクトロラックスは、スティック掃除機「エルゴラピード」の新製品3機種6モデルを9月上旬に発売する。新たにふとん掃除用のヘッドを付属。スティック、ハンディー、ふとん掃除の1台3役に進化した。(2016/8/24)

大人と子どもを見分ける「ムーブアイ極」搭載、三菱の新しい「霧ヶ峰」
三菱電機はルームエアコン「霧ヶ峰」の新製品として、温冷感の異なる大人と子どもを見分けて快適性を向上させる新製品「FZシリーズ」および「Zシリーズ」を発表した。(2016/8/23)

三菱、スリムな3ドア冷蔵庫に初の「氷点下ストッカー」搭載機
三菱電機は、幅60cmのスリムな3ドア冷蔵庫「CXシリーズ」2機種を発表した。3ドア冷蔵庫として初めて「氷点下ストッカー」を搭載。肉や魚などの生鮮食品を凍らせずに保存する。(2016/8/22)

エアブローを搭載したコードレススティック掃除機、東芝から
東芝は、コードレススティッククリーナーの新製品「VC--CL1300」を9月下旬に発売する。重量バランスを変更して掃除の際に手にかかる負担を減らしたほか、窓のサッシなどを掃除する際に便利なエアブロー機能を新搭載。(2016/8/19)

“エアコンのつけっぱなし”についてダイキンが調査 日中30分の外出なら切るより「つけっぱなし」がお得という結果に
ダイキンが実際に実験を行い検証しています。(2016/8/18)

エアコン「つけっぱなし」と「こまめにオンオフ」どっちが得? 猛暑日に実験、結果は……
夏場のエアコン、つけっぱなしにするのとこまめにオンオフするのはどちらが電気代が安くなる?――ダイキンが猛暑日に実験した結果は。(2016/8/17)

オフィス室温バトル! OLの7割が「エアコン温度こっそり変えてる」 外回りの営業マンは……
エアコンの設定温度をめぐり、オフィスで静かな“戦い”が繰り広げられている。上げては下げられ、下げては上げられ……。(2016/8/17)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
スティック掃除機の“当たり年”に飛び出した注目製品――パナソニック「イット」の秘密
スティック掃除機の“iT革命”は、三洋電機の技術がベースだった? そして“銃”にもみえるデザインに込められた思いとは。 パナソニック“iT”(イット)の商品企画とデザイン担当者に詳しい話を聞いた。(2016/8/17)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ダイソン「ピュア クール リンク」を2カ月使って分かったこと
空気の質を質をチェックし、その対策にもなるダイソンの空気清浄機能付き扇風機「ピュア クール リンク」。記事執筆のために試用したあと、即座に自腹購入した。スマート家電が生活に欠かせない生活家電に変わるまでの長期使用リポートをお届けしよう。(2016/8/12)

「買いたくない」と言われたシャープ、吉永小百合さん「続投」のワケ
シャープが、テレビCMなどを駆使してブランドイメージの再構築に乗り出している。吉永小百合さんは、白物家電CMでロングラン登板中だ。(2016/8/10)

上海問屋、洗濯機で洗える防水イヤフォン
ドスパラは、IPX7防水仕様のアナログ接続イヤフォン「DN-914041」の販売を開始した。(2016/8/9)

親会社が変わっても“もの作り”は変わらない――東芝ライフスタイルが新体制を説明
中国美的集団(Midea:マイディアグループ)の傘下に入った東芝ライフスタイルが、新体制と今後の事業方針を発表した。マイディアグループから2人の役員を迎えるが、国内における白物家電事業は「これまで通り」という。(2016/8/8)

自然エネルギー:
暑い夏に「霧」はどれほど効果があるのか、東京都の新橋駅で実証開始
パナソニックと東京都港区は、気化熱を用いて、オープンスペースの暑さをやわらげ、環境に優しい「グリーンエアコン」の実証実験を、東京都港区の新橋駅前で実施する。(2016/8/8)

店員がシンクに入った写真をネット投稿 ピザ店の運営会社が破産
アルバイト店員が冷蔵庫やシンクに入った写真を撮影してネットに投稿し炎上。信用が回復せず事業停止に。(2016/8/4)

超音波で洗うポータブル洗濯機、シャープ「超音波ウォッシャー」登場
シャープから「超音波ウォッシャー」が登場。軽量コンパクトでどこにでも持ち歩くことのできる部分洗い専用のポータブル洗濯機だ。(2016/8/4)

医療機器ニュース:
電子レンジと同じ原理で“最高の外科”を実現、日機装が世界初の製品化
日機装は、電子レンジなどで用いられているマイクロ波を活用した外科手術用エネルギーデバイス「アクロサージ」を製品化した。2016年8月から国内の6医療機関で臨床試用を、2017年1月から販売を始める。2021年には年間売上高50億円を目指す。(2016/7/29)

クリーニングいらず? 微細な水滴でドライコースを変えたシャープのドラム型洗濯機
シャープは新しいドラム型洗濯機「ES-ZP1/ZH1」を8月上旬に発売する。おしゃれ着の痛みを抑えつつ洗浄力を向上させた「ホームクリーニングコース」を新たに搭載した。(2016/7/27)

らいらの“キレイ”になれるかな:
エアコンによる乾燥肌も13分でツヤツヤうるるん! 「スチーマー ナノケア EH-SA96」
注目の美容家電を実際に使って効果を体験してみる「らいらの“キレイ”になれるかな」。今回は乾燥した肌にスチームを当ててケアできる「スチーマー ナノケア EH-SA96」を試してみます。(2016/7/26)

「エアコンはつけっぱなしのほうが電気代が安い」って本当? エアコン会社に聞いてみた
ポイントは「部屋を急激に冷やすかどうか」。(2016/7/23)

JAFが高温になった車内温度を早く下げる方法を検証 「窓を開けて走ってからエアコンをつける」がベスト
やっぱりエアコン最強?(2016/7/20)

まとめ買いの味方:
保存するだけで野菜のビタミンCを増やす冷蔵庫、三菱電機から
三菱電機は、RGBのLEDを使って野菜のビタミンCを増やす冷蔵庫を発売する。「まとめ買いの多い家庭のほか、健康志向の強いユーザーにも価値を感じてもらえる新製品」(同社)(2016/7/19)

爆走掃除機ルンバさん! 公園を高速で駆けまわる改造ルンバにTwitter民の心躍る
銀の円盤が高速移動するためミレニアム・ファルコン号を思い出す人も発生。(2016/7/18)

なぜ置いた! IHコンロの上に置いてあった炊飯器が溶ける事故……!
×炊飯器で加熱する ○炊飯器を加熱する(2016/7/16)

週刊「調査のチカラ」:
夏のオフィスのエアコンバトル、女性の7割が「こっそり温度を変更」の経験あり
選挙に続いてまた選挙のこの夏、最近はリオ五輪の話題も増えてきました。今回はメダル獲得数の予測から夏休みの自由研究まで、季節の話題をお届けします。(2016/7/16)

車載情報機器:
クルマのスマートキーは今後どのように賢くなるのか
コンチネンタルは、Bluetooth Low Energyとスマートフォンを活用した次世代のクルマの鍵を開発している。ドライバーが乗車しようとして歩いてくるのを識別して解錠したり、ドライバーが誰であるかを認識して乗り込む前にシートの位置やエアコンの設定を自動で行ったりできるようにする。また、スマートフォンがそのままクルマの鍵になる技術も2016年末に向けて開発中だ。(2016/7/15)

半径300メートルのIT:
3年以上使っていないサービス、退会したほうが身のため?
東芝が白物家電販売会社の東芝ライフスタイルを中国企業に売却――。世間を驚かせたこのニュースが、実は自分にも関係ある話だと分かったのは、ある一通のメールがきっかけでした。(2016/7/12)

「こっそり温度設定を変える」人が62.1%、夏のオフィスで仁義なきエアコン“温度戦争”
三菱電機ビルテクノサービスが夏のオフィスにおける空調に関する意識調査結果を発表した。設定温度をめぐる男女の秘められた駆け引きが明らかになった。(2016/7/7)

エコカー技術:
心拍数を基に自動で快適な車内温度に、芝浦工大とカルソニックカンセイが研究開始
芝浦工業大学とカルソニックカンセイは、ドライバーの心拍数を基に快適かつ最小限に空調を制御する次世代カーエアコンの研究を開始した。暑くなる/寒くなるといった温度変化に対し、心拍数や自律神経の働きからドライバーが感じている快/不快を識別する。ドライバーに合わせて室温を制御して空調の効率を改善し、燃費性能の向上や電気自動車の走行距離延長につなげる。(2016/7/7)

2020年に向けて開発中:
JR新橋駅前に都会のオアシスが誕生――「グリーンエアコン」実証実験
2020年に向けてパナソニックが開発している「グリーンエアコン」が、8月にJR新橋駅前の西口広場に設置される。東京都港区と共同で行う実証実験だ。(2016/7/6)

排気で掃除する「風神」に新型――エアブローを約2.6倍に強化
三菱電機は、サイクロン式掃除機「風神」の新製品として「TC-ZXFシリーズ」を発表した。掃除機の排気を利用してゴミを吹き飛ばす「エアブロー機能」を強化した。(2016/7/6)

PR:【速報】男女のエアコン“温度戦争”に終止符!? パナソニックが進化した「エコナビ」でついに仲裁に乗り出す
一般的に男性は暑がり、女性は寒がりといわれ、同じ空間にいればエアコンの温度設定を巡って衝突することもある。日本全国で繰り返されてきた、そんな状況を変えてくれそうなエアコンがパナソニックから登場した。新製品の「WXシリーズ」だ。(2016/7/4)

サザエさんのCMはどうなる? 東芝、白物家電を中国企業に売却
東芝は30日、白物家電事業を中国の美的集団に売却した。東芝の白物を宣伝してきた「サザエさん」のCMは今後どうなる?(2016/7/1)

灼熱か極寒か 職場のエアコンが壊れて究極の選択を迫ってくると話題に
極寒と灼熱の間。(2016/6/28)

規制の厳格化と消費者の期待に応えるために:
白物家電でのモーター駆動の新課題と対処技術
白物家電メーカーは困難な時代に直面しています。メーカーは激しい競争が続く市場において、消費者にとって自社製品をより魅力的なものにする必要があります。同時に、ますます厳しくなる環境ガイドライン(北米における「ENERGY STAR」や欧州連合の「92/75/EC」など)に従う必要もあります。その結果、動作音が小さく動作寿命の長い、高集積度/高エネルギー効率の機器を開発することが強く求められています。本稿では、白物家電の設計におけるモータードライバーICおよびインテリジェントパワーモジュール(IPM)技術の最新動向について説明します。(2016/6/28)

じわじわ近づいてからのファアアアア! ハーモニカを掃除機で吸う動画が「何回見ても笑う」「元気が出る」と話題に
吸引力の有効活用。(2016/6/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。