ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「白物家電」最新記事一覧

質問!家電製品→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で家電製品関連の質問をチェック

「狭いキッチンでも料理を楽しみたい」 機能充実のコンパクトな3ドア冷蔵庫 AQUAから登場
AQUAブランドから、コンパクトな3ドア冷凍冷蔵庫「AQR-SV24G」が登場。冷蔵室、冷凍室、野菜室が独立しており、「旬鮮チルド」も搭載。1月17日から販売開始。(2018/1/12)

トヨタもAlexa採用 北米の一部モデルで
トヨタが北米向けの一部車種でAlexaを採用。車内でAlexaと対話でき、ニュースや音楽を聴いたり、自宅のエアコンを操作するといったことが可能になる。(2018/1/10)

水曜インタビュー劇場(ユニーク公演):
「アイロンいら〜ず」ヒットの裏に、サンコーの“まずは売ってみる”戦略
ユニークな商品を次々に販売しているサンコーが、家電にチカラを入れている。弁当箱サイズの炊飯器やハンガーにかけるだけでシャツを乾かすことができるアイテムを販売したところ、いずれも売れた。ヒットの裏側で、同社はどのような手を打っていたのか。話を聞いたところ……。(2018/1/10)

お風呂のカビ取りもカーペットのダニ退治も! 年末年始に使いたいお掃除術
お風呂、洗濯機、カーペット、換気扇、トイレの上手な掃除方法をご紹介します。(2017/12/29)

なんだこの存在感は! 「ワーゲンバス」な冷蔵庫がオシャレすぎる 蔦屋家電で限定販売
冷蔵庫なのにかっこよすぎ。(2017/12/22)

カーペットのダニ対策 効果的な掃除のやり方は?
スチームアイロン、掃除機の合わせ技で上手にダニを除去。(2017/12/28)

入手しやすくなっている傾向に:
サービスロボット市場が躍進、新興企業も増加
サービスロボット市場が急速に成長している。家庭用ロボット掃除機の普及をはじめ、物流や医療、農業など幅広い分野で売り上げが伸びている。それに伴い、サービスロボットを開発する新興企業も増加している。(2017/12/20)

米好きさんに朗報 いつものご飯を低糖質に炊き上げる「糖質カット炊飯器」が画期的
おいしさは変わらないそうです。(2017/12/16)

「4合炊き炊飯器」登場 ありそうでなかった“ぴったりサイズ”
3合炊きでは足りない、5.5合炊きでは多すぎる……。そんな悩みを解決する炊飯器が登場した。エスキュービズムの「4合炊き炊飯器」だ。(2017/12/15)

英YouTuberが電子レンジに石膏を流し込み頭にかぶる → 取れなくなって救急要請 →「なぜ頭を電子レンジで固めたのか」と炎上
「他の助けを必要としている人を救助できなくなる」と指摘されています。(2017/12/9)

「彼氏が電子レンジを爆殺した」 クロワッサンをアルミホイルでレンチンしたら大惨事に
彼氏「行けると思った」(2017/12/6)

ドアや浴室までつながるIoTサービス、LIXILが提案
「OK,Google、おはよう」と言うだけで窓のシャッターが開き、照明やエアコンが動き出す。LIXILがドアなどの建材や住宅設備機器までを連携させるIoTサービスを発表した。(2017/12/4)

基地局用RFパワーGaNも展示:
電池駆動の電子レンジを実現するRFデバイス提案
NXP Semiconductorsは、「マイクロウェーブ展 2017」で、同社のRFモジュールを用いた電池駆動式電子レンジの提案を実施した。(2017/12/4)

ウェアラブルニュース:
冷暖両方の対策に対応する、冷暖房付き作業服を発売
ミツフジは現場作業員の冷暖対策の一環として、服の中の温度を調整できる冷暖房付き作業服「hamon Air Brave」を発売した。エアコンを使用できない環境下でも、より快適に過ごすことができる。(2017/12/1)

3万9800円の「ルンバ」エントリーモデル発売
アイロボットジャパンは、ロボット掃除機「ルンバ」のエントリーモデル「ルンバ641」を発売した。価格は3万9800円(税別)。(2017/11/22)

東芝、「サザエさん」「日曜劇場」のCMから3月で降板 白物家電とテレビ事業の売却が影響
ちょっぴり寂しい。(2017/11/22)

「スマスピ」おしゃべり広場:
ルンバを巡ってアレクサと口論っぽくなった
Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」で米iRobotのロボット掃除機「ルンバ 980」の連携機能を試した。ちょっとうれしいことがあった。(2017/11/20)

Gartner Insights Pickup(39):
“感情AI”が人とマシンのやりとりをパーソナライズする
AIのおかげで、スマート冷蔵庫があなたの気分を察して、感情に合った食べ物を勧めてくれるようになる。(2017/11/17)

シャープのロボット掃除機、第三者が遠隔操作できる恐れ
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」のセッション管理に不備があり、第三者が遠隔操作できる恐れ。IPAなどがファームウェアを最新版にアップデートするように呼び掛け。(2017/11/16)

製造マネジメントニュース:
東芝がテレビ事業を中国ハイセンスに譲渡――売却金額は129億円
東芝は、テレビ事業を担う東芝映像ソリューションを中国ハイセンスグループに譲渡することを決めた。東芝は2016年に白物家電事業も中国マイディアグループに売却しており、家電事業をほぼ全て中国企業に譲った形となる。(2017/11/15)

東京モーターショー 2017:
「OK Google、クルマのエンジンをかけて」、三菱自が2018年からスタート
三菱自動車は「第45回東京モーターショー 2017」において、スマートスピーカーの「Amazon Echo」や「Google Home」を通じてエンジンの始動やエアコンの設定、ドアの解錠・施錠を行う様子を紹介した。スマートスピーカーの普及が先行している北米で、2018年から同様のサービスを提供する。(2017/11/2)

チョコミント菓子で一杯の専用冷蔵庫がミント好きの楽園 夢をかなえたオーナーに話を聞いた
全55種類、総額12万円弱……すごっ。(2017/10/31)

ハムソンの吸引力を見よ……! 掃除機のように進んでくるハムちゃんのスピードと結末に驚きの声上がる
ウソだろ……!?(2017/10/17)

電子レンジで個別にチン vs まとめてチン 効率がいいのはどっち?
よくある疑問ですが、正解は……?(2017/10/14)

医療技術ニュース:
エアコンの冷暖房の風が脳活動に影響、無風の方が平穏な状態に
九州大学とKFTは、冷暖房時に生じる風が脳活動に及ぼす影響を明らかにした。風の有無による脳波/心理時間/皮膚温度などの違いを計測・解析した結果、風が無い方が脳波の振幅が低く、平穏状態を示していることが分かった。(2017/10/6)

さつまいもをおいしく保存するコツは「冷蔵庫に入れないこと」? 低温過ぎるとかえって傷む原因に
さつまいもの正しい保存方法は、知らない人が意外に多いとか。(2017/10/4)

薄さと質感を突き詰めたエアコン、ダイキン「リソラ」
ダイキン工業は、インテリア性を重視したエアコンの新シリーズ「risora」(リソラ)を2018年3月に発売する。自動車の内装部品などにも使用される表面処理を施して高級感を演出した。(2017/9/28)

次世代の掃除機は“ほうき”?――CCPが投入する「マホウキ」の正体
CCPは、電動ブラシ掃除機「MAHOUKI」(マホウキ)を発売する。大胆にも吸引用モーターをなくしてしまったという新しい掃除機だ。(2017/9/25)

Walmart、“冷蔵庫まで直接お届け”サービス開始
米小売り最大手のWalmartが、スマートホーム企業August Homeとの提携により、配達員がワンタイムコードで不在宅のドアを解錠し、家の中に注文品を届けるサービスのテストをシリコンバレーで開始した。配達の様子はモバイルアプリでリアルタイムで確認できる。(2017/9/25)

ごはんをよそうとカロリーの目安が表示 食事制限に役立つ炊飯器がアイリスオーヤマから
40種の銘柄に合わせて適切な水の量を教えてくれる量り炊き機能も。(2017/9/23)

食物繊維を増やす炊飯器
アイリスオーヤマ初の圧力IH炊飯器は、お米の銘柄や食べ方に合わせて炊き分けることができる。さらに食物繊維成分の1つであるレジスタントスターチ(難消化性デンプン)が約2倍に増えるモードも用意した。(2017/9/22)

茶碗によそった“ごはん”のカロリーが分かる炊飯器
アイリスオーヤマが10月に発売する「銘柄量り炊きIHジャー炊飯器」(KRC-ID30-R)は、茶碗によそったご飯のカロリーをすぐに教えてくれる便利な炊飯器だ。(2017/9/21)

売上高50%増:
家電で快進撃 アイリスオーヤマ、新炊飯器を発売
アイリスオーヤマが、新型炊飯器2機種を10月14日に発売すると発表。顧客の食生活の多様化や健康志向の高まりに対応する機能を持つ点が特徴だ。(2017/9/21)

エアコンの風は脳を不安にさせる――九大調査
冷房や暖房の風が苦手な人は、脳が嫌がっているのかもしれない――九大などの研究チームが冷暖房時に生じる風が脳活動に及ぼす影響を明らかにした。(2017/9/14)

洗濯機のイヤな臭いは4種類 種類別の原因と解決法まとめ
気になる洗濯機の臭い対策、原因別の解決法をまとめました。【訂正】(2017/9/13)

オフィスでもホカホカご飯 一人用のご飯とおかずも作れる弁当箱みたいな炊飯器「ハンディ炊飯器」が発売
レトルトカレーも同時にできあがるのがステキ。(2017/9/12)

会社で炊きたて! おかずも作れる「お一人様用 ハンディ炊飯器」
サンコーが「お一人様用 ハンディ炊飯器」を発売した。蒸気の熱でお茶碗2杯分のご飯を同時に炊ける小型炊飯器だ。(2017/9/11)

三菱電機 PSS75SA2FT:
定格75Aを可能にしたパワー半導体モジュール
三菱電機は、パワー半導体モジュール「1200V 大型 DIPIPM Ver.6」シリーズのラインアップを拡充し、40kW級のパッケージエアコンに対応する75A/1200V品「PSS75SA2FT」を発売した。(2017/9/8)

凍らせて洗う「白くまくん」
日立のエアコンといえば“白くまくん”。その名称にぴったりの新機能をひっさげて2017年秋の新製品を投入します。(2017/9/7)

きっと世界初、ねこ標準搭載のロボットクリーナー
猫好きなら誰もがあこがれる“ルンバ猫”。それを忠実に再現したロボット掃除機が登場します。(2017/9/7)

冷え冷えの飲み物を冷蔵庫が運んでくる パナソニックが動く冷蔵庫を展示
未来っぽい。(2017/9/2)

「ネット接続でサービス広がる」見据えて――創業100周年パナソニック、次の100年は
パナソニックが創業100周年を機に展開する家電シリーズ「Creative! Selection」は、スマホアプリで操作するロボット掃除機など、単体として役立つだけでなく、ネットに接続したサービスの広がりを見据える。(2017/8/25)

地図を作って賢く掃除する新型“ルーロ”「MC-RS800」登場――掃除の時間は半分に
パナソニックは、ロボット掃除機“RULO”(ルーロ)の新製品「MC-RS800」を発売する。同社として初めてカメラとSLAMを搭載した。(2017/8/24)

水曜インタビュー劇場(過去最高公演):
6月4日に、ダイソンの掃除機が4万5000台も売れたワケ
2017年6月4日、ダイソンの掃除機(フラフィ DC74)がたった1日で4万5000台も売れた。これだけの数をさばいたのは、家電量販店でもECサイトでもない。ショップチャンネルを運営しているジュピターショップチャンネルである。どのように売ったのかというと……。(2017/8/23)

サンケン電気 技術本部MCBD事業統括部長 高橋広氏:
PR:家電向けモーター用半導体で急成長のサンケン、次はモーターソリューションで飛躍へ
サンケン電気のモーター用半導体事業が好調だ。2017年1〜3月に前年同期比20%超の売上高成長を達成した。同社技術本部MCBD事業統括部長高橋広氏は「海外市場での需要増に加え、白物家電に最適な独自低損失パッケージが好評だった」と分析する。「今後は、顧客のさまざまな要求に応えられるソリューションプロバイダーを目指す」という高橋氏に同社モーター用半導体事業の製品/技術戦略について聞いた。(2017/8/22)

省エネ機器:
世界の空調・給湯器市場、日系メーカーの存在感が高まる
世界の空調・給湯機器市場は今後も堅調に拡大しそうだ。空調機器では特に、日系メーカーが高いシェアを誇るビル用マルチエアコンが高い伸びを示すことが予想されている。給湯機器では電気温水器などの従来品からエコキュートをはじめとするCO2冷媒製品への移行が進みそうだ。(2017/8/16)

エアコンのフィルター掃除って、水洗いだけでいいの?
部屋の掃除ついでに簡単にできるフィルター掃除の方法をご紹介。(2017/8/16)

継続性には疑問符:
強い消費支える耐久材 背景に物価安定効果の声
4〜6月期GDPは、予想を上回る「強い消費」が主役だ。自動車や白物家電など耐久消費財の好調な販売が消費を押し上げた。(2017/8/14)

CarPlayはどうなる?
未来のボルボ車はAndroid OSが基本機能を制御
VolvoはGoogleと共にAndroidベースのシステムを開発している。ナビゲーションやオーディオ機能のみならず、Androidがエアコンやパワーウィンドウなども制御するという。(2017/8/10)

外出先からエアコンの稼働状況が分かるスマート学習リモコン「eRemote pro」
リンクジャパンが新しいリモート学習リモコン「eRemote pro」を発売する。外出先から自宅のエアコン稼働状況を把握し、操作できるのが特徴だ。(2017/8/9)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。