ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロボット掃除機」最新記事一覧

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第4回
IoT時代のビッグデータアナリティクスは今までと何が違うのか?
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2017/5/18)

3万円を切った窓ふきロボット「WINDY」、サンコーから
(2017/4/26)

千円で散財「センポチ」ってみた:
素直になれない同期2人を「なかよし」にする方法
『なかよし』の力を借りて仲良しになった2人のお話。(2017/4/13)

アイロボットジャパン社長に元ボーズの挽野元氏――ルンバは世帯普及率10%を目指す
(2017/4/11)

今年の新入社員は“Pokemon GO型”
その心は?(2017/4/4)

ルンバ、お掃除の報告書を作成する
(2017/3/17)

PR:買ってからも“便利”が増え続けるロボット掃除機って?
発売から1年半が経過したダイソンのロボット掃除機「360 Eye」。その間、掃除のスピードアップや「静音モード」追加など機能が増えていることをご存じですか? 今回はその詳細に加え、自宅のWi-Fiに360 Eyeをつなぐ手順も詳しく解説していきます(提供:ダイソン株式会社)。(2017/3/17)

「猫はルンバで丸くなる」 あまり友達がいないうちのニャンコの居場所はココ
(2017/3/16)

「ルンバ」がAlexa対応で音声での掃除開始が可能に
iRobotのルンバの米国のユーザーは、第2四半期から音声でルンバを制御できるようになる。ルンバの900シリーズが、米Amazon.comの音声アシスタント「Alexa」に対応する。(2017/3/15)

家電が付録だと……! 「ちゃお」4月号で自動走行する卓上掃除機が付録に 「編集部が全身全霊こめて開発」
創刊以来初となる家電付録を、通常通りのお値段で。(2017/3/3)

床拭きロボットが猫カフェをお掃除! 花粉を気にせず猫ちゃんとくつろげそう
すっきりニャ。(2017/2/23)

猫にも花粉症の可能性!? 床ふきロボットを導入した猫カフェ
吉祥寺の猫カフェが床ふきロボット「ブラーバ380j」を導入。新しい下僕に興味津々の猫たち。そして獲物を狙う体勢に入った猫も……。(2017/2/22)

IoTロボット掃除機が5万円から! ネイト「Botvac Connected」シリーズに2つの普及モデル
ネイトロボティクスから「Botvac Connected」シリーズの新製品2機種が登場。一部の機能と付属品を見直してリーズナブルな価格を実現したという。価格は5万円から(税別)。(2017/2/7)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
変形ロボットとプロジェクターが合体!? わが家に「Tipron」がやってきた
国内ベンチャーの雄、Cerevo(セレボ)からプロジェクターを搭載する可変型ホームロボット「Tipron(ティプロン)」がついに発売された。どんな製品なのか。その実力を検証すべく、いつもの体当たりを試みた。(2017/2/1)

テーマパークを活用:
ハウステンボス、ロボットで目指す「数兆円規模」
ハウステンボスはロボット関連会社「hapi-robo st」(ハピロボ)の事業を今年から本格的に展開する。「最終的には数兆円規模のビジネスに育てる」(ハピロボ・澤田秀雄会長)という。(2017/1/31)

メルマガ「読者プレゼント」第2弾! ダイソンの掃除機にYOGA Tab、BTヘッドセット、Amazonギフト券など豪華5商品が当たる
(2017/1/16)

情報化施工:
建設現場に「お掃除ロボット」、ヒト並みの作業効率で省人化に
大成建設は建設現場において自動で清掃作業を行うことができる自律型清掃ロボット開発したと発表した。既に現場への導入を開始しており、清掃作業の省人化が可能になるという。(2017/1/10)

CES 2017:
LGエレ、人工知能を搭載した“スマートロボット”を展開
LGエレクトロニクスが「LG HUB ROBOT」と名付けられた人工知能を搭載するパーソナルアシスタントロボットを発表。ほかにも空港で旅行者を案内するガイドロボット「AIRBOT」など盛りだくさん。(2017/1/5)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
スゴイ技術に驚いた2016年“白物家電”ベスト5
2016年も数多くの新製品が発表された白物家電市場。今年はどちらかといえば“マイナーチェンジの年”だったが、中にはキラリと光るものも。2016年のスゴイ白物家電を5つピックアップして振り返りたい。(2016/12/29)

初の家庭用“変形”ロボット「ティプロン」がもたらす快適で怠惰な生活!?
おそらく家庭用としては初となるプロジェクター搭載の可変型ロボット「ティプロン」が発売された。「3割は“男のロマン”でできています」とcerevoの岩佐琢磨社長。では、ティプロンは生活に何をもたらすのか。(2016/12/9)

“ルンバブル”なオフィスを作ったガジェット大好き社長の経済学
オフィスの掃除をロボット掃除機に任せたらコスト削減になって、しかも面白そう。そんなアイデアを実践した会社が存在した。しかもガジェット好きの社長は、自身のブログにロボット掃除機の使用レポートを掲載して好評だ。(2016/12/7)

Amazonが日本の物流センターに初導入した“秘密兵器ロボ”「Amazon Robotics」を見てきた(動画あり)
米国と欧州で先行導入されていたロボットによる在庫管理システム「Amazon Robotics」が、国内で初めて神奈川県川崎市の「アマゾン川崎FC」に導入された。(2016/12/6)

アンカー、パワーアップしたロボット掃除機「RoboVac11」を発売
アンカーは、家電ブランド「eufy」(ユーフィ)の新製品としてロボット掃除機「RoboVac 11」を発売した。価格は2万4800円(税込)。(2016/12/2)

次は窓ふきロボット! セールス・オンデマンドが「ウインドウメイト」を販売へ
セールス・オンデマンドが韓国RFの窓ふきロボット「windowmate」を国内で販売すると発表した。今後はコンシューマー向けの製品を投入する考え。iRobot「ルンバ」に代わる家庭用ロボットの新提案となる。(2016/12/1)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
機能を全て盛り込んだのに売れない!? ノートPCのデザインと使いやすさの関係
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回はノートPCに求められる機能のバランスについてご紹介します。(2016/11/30)

スマホで掃除開始や終了を命じることができるロボット掃除機が日本上陸 マニュアル操作もできる
Apple Watchからなら正太郎くん気分で盛り上がりそう。(2016/11/26)

「PlayStation VR」が当たるチャンス――150万回線突破記念の「IIJmioお客様ご愛顧感謝キャンペーン」
インターネットイニシアティブが、モバイルサービスの150万回線突破を記念したキャンペーンを実施。「PlayStation VR PlayStation」や「ZenFone 3」などが当たるチャンス。(2016/11/26)

腕時計でロボットを操る! Apple Watchにも対応したロボット掃除機、ネイト「Botvac Connected」
ネイトロボティクスがWi-Fiを搭載したロボット掃除機「Botvac Connected」を発表。iPhoneやAndroidスマートフォンに加え、Apple WatchやAndroid Wear端末にも対応する。(2016/11/24)

「激化する日本の掃除ロボット市場への対応力を高める」――米iRobot、セールス・オンデマンドからルンバの国内事業を買収
ロボット掃除機「ルンバ」で知られる米iRobotと、日本代理店のセールス・オンデマンドは11月21日、国内におけるiRobot製品販売事業をiRobotが買収することで合意したことを発表した。iRobotは日本法人を設立する。(2016/11/22)

ルンバ、国内販売200万台を突破――ウサギの飼育数を超える
めざせ猫超え。(2016/11/18)

東京工科大学 創立30周年記念公開講座:
AI研究の第一人者、松原教授が語る「人工知能は未来をどう変えるのか」
「人工知能は近く人間を超える」といった論もあるが、そもそも人工知能とは何であり、どのように発展し、どのような課題に直面しているのか。人間社会は人工知能とどのように付き合っていくべきか。AI研究の第一人者、松原教授が語る。(2016/11/15)

いつも一緒! お掃除ロボがベストフレンドになったネコ
ロボット側もまんざらでもない?(2016/11/1)

FAメルマガ 編集後記:
「工場内の自律移動」がインダストリー4.0実現のカギ
“ミズスマシ”を超える価値を機械で生み出せるのか。(2016/10/21)

“時短”レコーダー現る――「おまかせダビング」もできるレグザブルーレイ新製品
自動化によって利用者に時間的な余裕を与えてくれる食器洗い機やロボット掃除機などの家電を最近は“時短家電”と呼ぶこともあるが、今度は東芝のBlu-ray Discレコーダー「レグザブルーレイ」が“時短”を打ち出した。(2016/10/20)

「小さい」は新機能――日立のロボット掃除機「ミニマル」
日立アプライアンスは、ロボット掃除機「minimaru」(ミニマル)を発表した。本体幅が25cm、高さ9.2cmと小型で、「狭いところや低いところも掃除できる」(同社)という。(2016/10/17)

ルンバとブラーバ、従業員の高齢化が進む老舗銭湯で清掃員になる
セールス・オンデマンドは、東京都大田区にある伝統的な銭湯で、米iRobotのロボット掃除機が床掃除の専属従業員に就任したと発表した。(2016/10/12)

きれいな床が嫌いな人がいて? 「ブラーバジェット 240」を試す(後編)
「ブラーバジェット240」と「ブラーバ380j」はどのように違うのか。そしてブラーバジェット240で安価な市販お掃除シートは使えるのか? (2016/10/11)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
新生CEATECでまだ家電を展示しているシャープだからできること
他の電機メーカーにできないことがあると思うんです。(2016/10/11)

「えへへ、待ってるね♪」――俺の嫁とイチャイチャできる「Gatebox Chat」 コンセプトムービー公開
好きなキャラクターを召還して一緒に暮らせる「Gatebox」と連携するコミュニケーションアプリのコンセプトムービーが公開された。(2016/10/7)

CEATEC 2016:
「ココロボ」が歌うロボット掃除機に進化、家族の伝言も歌いながら伝える
シャープは、「CEATEC JAPAN 2016」において、ロボット掃除機「COCOROBO(ココロボ)」の新たな開発コンセプトを展示。ヤマハの音声合成技術「VOCALOID(ボーカロイド)」とのコラボレーションによって「歌う家電」になっていた。(2016/10/6)

シャープのロボット掃除機「COCOROBO」がボカロと融合 “しゃべる掃除機”から“うたう掃除機”へと超進化!
どこまで進化するんだCOCOROBO……!(2016/10/4)

CEATEC JAPAN 2016:
「♪ご飯? お風呂? 私?」――“ボカロ曲”歌うロボット掃除機「COCOROBO」、シャープが開発
VOCALOID曲を歌うロボット掃除機「COCOROBO」を、シャープがCEATEC JAPAN 2016に出展。ユーザーの気分を読み取って選曲するほか、自動作曲機能も搭載予定。(2016/10/3)

見せてもらおうか、iRobotの新型の性能とやらを!――「ブラーバジェット 240」を試す(前編)
米iRobotの「ブラーバジェット240」は、水をスプレーしながら床を掃除するユニークなロボット掃除機だ。日本を含むアジア市場を意識して開発したというだけあり、随所に新しい工夫がみられる。その掃除する力をチェックしていこう。(2016/9/26)

約3万円のロボット掃除機も:
安くても満足できる製品を――アンカーが家電分野に本格参入
モバイルバッテリーで知られるAnker(アンカー)が、新たに家電ブランド「eufy」(ユーフィ)を立ち上げた。第1弾は、ロボット掃除機、LEDデスクライト、超音波加湿器。いずれも低価格ながらも付加価値の高い製品を目指した。(2016/9/21)

Ankerが家電新ブランド「eufy」 2万円台のロボット掃除機など“低価格・高機能”で攻勢
モバイルバッテリーなどで高いシェアを誇るAnkerが、新家電ブランドを立ち上げる。(2016/9/21)

年間7500万人にロボットサービス、羽田空港で「案内ロボット」など3分野を公募
羽田空港が「案内」「移動支援」「清掃」の3分野を対象としたロボットの実証実験を開始する。ロボットは公募にて募集する。(2016/9/21)

「NeuroOn」や小型ドローンなどに注目! 参加型もの作りプラットフォーム「+Style」9月の新製品
ソフトバンクのユーザー参加型もの作りプラットフォーム「+Style」に9月に追加される新プロジェクト9つが新たに発表された。睡眠を改善する「NeuroOn」や手のひらサイズのカメラ付きドローンなどが面白そうだ。(2016/9/1)

自宅警備はロボット掃除機で、Xrobot「MAMORU」が+Styleに登場
家を出たあと、ふと戸締まりやペットの様子が気になることはないだろうか。そんな時に役立つロボット掃除機が、Xrobotの「MAMORU」(まもる)だ。(2016/9/1)

本格的な水ぶきも:
ハイブリッド型ロボット掃除機、日本上陸
床に落ちているゴミを吸引しながら、底面のマイクロファイバークロスでモップがけを行う1台2役の「ハイブリッドロボット掃除機」が登場。さらに水ぶきも本格的だ。(2016/9/1)

産後1年までOK:
母子手帳を見せると2割引き! 「Dyson表参道」で「プレママ、プレパパ応援キャンペーン」
ダイソンの直営店「Dyson表参道」は、出産を控えたプレママさん、プレパパさんを応援するキャンペーンを実施する。(2016/8/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。