ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「掃除機」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!家電製品→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で家電製品関連の質問をチェック

終了:【Amazonサイバーマンデー】ルンバが2万9800円から! ブラーバ、ルーロなどロボット掃除機もセール中
ロボット掃除機導入のチャンス!(2018/12/8)

終了:【Amazonサイバーマンデー】タイヤチェーンやドラレコ、掃除機まで! バイク&カー用品のセールを見逃すな
これからの季節に役立つアイテムもいっぱい。(2018/12/7)

ルンバの価格、なぜ下げた? アイロボットジャパンの山田氏に聞く
ロボット掃除機「ルンバ」の価格を下げた新機種「e5」を10月下旬に販売した。その背景をマーケティング責任者に聞いた。(2018/11/26)

「気持ちいいニャ」 掃除機マッサージを受けるモフモフなネコちゃんに癒やされる
掃除機への厚い信頼が表れています。(2018/11/4)

「段差を乗り越える」「持ち主を追従する」ロボット掃除機、パナソニックが試作
パナソニックと千葉工業大学は、ロボット掃除機のコンセプトモデルを発表した。AI(人工知能)技術を活用し、床上の物体を認識する他、段差に応じて自動的に本体を持ち上げて走行する。(2018/11/1)

最も長かったのはロシア:
日本人はキレイ好きじゃなかった? 世界9カ国、掃除時間が最も短かったのは日本
ドイツの掃除機機最大手メーカーのKarcherが、世界9カ国を対象に掃除に関する意識調査を実施。1週間の掃除時間が最も短い国は日本だったという。(2018/10/30)

ルンバが低価格路線に その理由とは
ルンバが低価格路線に打って出た。掃除機市場全体が頭打ちとなるなか、ロボット掃除機市場でシェア6割を誇る最大手による事実上の低価格路線への転換は、「危機感」の表れともみてとれる。(2018/10/29)

約2万円の格安ロボット掃除機で部屋はきれいになる? 「Eufy RoboVac 11S」を試す
Ankerが発売した2万4800円(税込)の格安ロボット掃除機「Eufy RoboVac 11S」を実際に試したみた。部屋の角にあるごみは取れるのか。(2018/10/25)

CEATEC JAPAN 2018:
「アイボ」と「ミニマル」のコンビ芸 家電連携の新しい形か
犬型ロボット「アイボ」とロボット掃除機「ミニマル」は仲が良い? 日立製作所ブースで一風変わった機器連携のデモが行われている。(2018/10/17)

CEATEC 2018:
ロボットが人の生活に入るためには何が必要か、ロボット掃除機とaiboが夢の共演
日立アプライアンスは、「CEATEC JAPAN 2018」において、同社のロボット掃除機「minimaru」とソニーの家庭向けロボット「aibo」とのコラボレーションにより、人の住まいの中でのロボット同士のコミュニケーションの在り方を示す参考展示を行った。(2018/10/16)

世帯普及率は4.5%:
「ルンバ」は日本で普及するのか 「一家に1台」を目指す戦略とは
ロボット掃除機「ルンバ」で知られる米iRobot。日本におけるロボット掃除機出荷台数は300万台を超えたが、世帯普及率は4.5%にとどまる。日本市場のニーズに応じた「価格」「機能」を備えた新商品と戦略について、日本法人社長に聞いた。(2018/10/16)

ササッと掃いたら後はよろしく ゴミを自ら吸い取ってくれる掃除機みたいなゴミ箱「クリーナーボックス」が登場
掃除機を出すほどではないお掃除を楽に。(2018/9/24)

従来の欠点を克服:
「この吸引力に勝てますか」 掃除機市場でパナソニックの巻き返しが始まった
国内掃除機市場全体は縮小傾向にあるが、ロボット掃除機やコードレススティック掃除機は出荷台数を伸ばしているのをご存じだろうか。そうした中、満を持して新商品を発売し、攻勢をかけようとするのがパナソニックだ。(2018/7/20)

ロボット開発ニュース:
4種のセンサーを使用して位置制御する業務用ロボット掃除機を発売
パナソニックは、ビルやホテルなどの共用部を清掃する、業務用ロボット掃除機「RULO Pro」を2018年7月に発売する。自己位置を把握しながら作業し、壁際まで接近して効率良く床面を清掃する。(2018/6/29)

「清掃用品メーカーの発想が掃除機の常識を変える」 アイリスオーヤマが軽量クリーナー2機種を発表
アイリスオーヤマが軽さにこだわった「極細軽量スティッククリーナー」など掃除機の新製品を発表。軽く、取り回しの容易な製品を訴求する。(2018/6/19)

待って待って〜! ロボット掃除機に乗るワンちゃん、まだまだバランスがとれなくて困ってます
早く乗りこなしたいワン。(2018/6/15)

黒いアイツが気になるワン ロボット掃除機をライバル視するコーギー犬がかわいい
動いても動かなくても気になるみたい。(2018/5/10)

コード付き掃除機はもう開発しない:
“コードからの解放”――ダイソン、60分動くコードレス掃除機「V10」発売
ダイソンが、新型コードレス掃除機「Dyson Cyclone V10」を発表。小型・軽量かつ高性能のモーターを採用し、操作性と吸引力を高めた点が特徴。バッテリーの持続時間も60分に伸びた。(2018/3/20)

「もうコード付き掃除機は作らない」 ダイソン、60分駆動するコードレススティッククリーナーを発表
ダイソンがスティック型掃除機の新製品「Dyson Cyclone V10コードレスクリーナー」を発表した。最長60分のバッテリー駆動時間を実現。「もうコード付きの掃除機を開発する必要はなくなった」という。(2018/3/20)

キティさん、ロボット掃除機になる 動き回ってモップでお掃除
ちょっとシュールかもしれない。(2018/3/14)

段差を乗り越え、確実に帰還する fuRoが開発した次世代ロボット掃除機
千葉工業大学未来ロボット技術研究センターとパナソニックがロボット掃除機のプロトタイプを公開。高精度のマッピング技術を搭載した他、毛足の長いラグや段差を乗り越える新機構を備えた。(2018/3/2)

立ったままヘッドを交換できるスティッククリーナー シャープ「RACTIVE Air」新製品
シャープがスティック型掃除機「RACTIVE Air」をリニューアル。約1.5kgという軽さは従来機から継承しつつ、立ったままヘッド交換が行える新機構を採用した。(2018/2/15)

冷蔵室が2つめの冷凍室に 大胆なアップデートを目指す、日立のコネクテッド家電
日立アプライアンスがWi-Fi対応のロボット掃除機を含む3つの新製品を発表。合わせて日立の家電が目指す方向性を語った。(2018/2/1)

エレクトロラックス、17年ぶりにロボット掃除機を日本で発売
エレクトロラックス・ジャパンはロボット掃除機「PUREi9」(ピュア・アイ・ナイン)を3月に発売する。フロント部には2つのレーザー発信部と受信用カメラを備え、障害物検知とマッピングに利用する。(2018/1/17)

カーペットのダニ対策 効果的な掃除のやり方は?
スチームアイロン、掃除機の合わせ技で上手にダニを除去。(2017/12/28)

入手しやすくなっている傾向に:
サービスロボット市場が躍進、新興企業も増加
サービスロボット市場が急速に成長している。家庭用ロボット掃除機の普及をはじめ、物流や医療、農業など幅広い分野で売り上げが伸びている。それに伴い、サービスロボットを開発する新興企業も増加している。(2017/12/20)

3万9800円の「ルンバ」エントリーモデル発売
アイロボットジャパンは、ロボット掃除機「ルンバ」のエントリーモデル「ルンバ641」を発売した。価格は3万9800円(税別)。(2017/11/22)

「スマスピ」おしゃべり広場:
ルンバを巡ってアレクサと口論っぽくなった
Amazonのスマートスピーカー「Amazon Echo」で米iRobotのロボット掃除機「ルンバ 980」の連携機能を試した。ちょっとうれしいことがあった。(2017/11/20)

シャープのロボット掃除機、第三者が遠隔操作できる恐れ
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」のセッション管理に不備があり、第三者が遠隔操作できる恐れ。IPAなどがファームウェアを最新版にアップデートするように呼び掛け。(2017/11/16)

ハムソンの吸引力を見よ……! 掃除機のように進んでくるハムちゃんのスピードと結末に驚きの声上がる
ウソだろ……!?(2017/10/17)

次世代の掃除機は“ほうき”?――CCPが投入する「マホウキ」の正体
CCPは、電動ブラシ掃除機「MAHOUKI」(マホウキ)を発売する。大胆にも吸引用モーターをなくしてしまったという新しい掃除機だ。(2017/9/25)

きっと世界初、ねこ標準搭載のロボットクリーナー
猫好きなら誰もがあこがれる“ルンバ猫”。それを忠実に再現したロボット掃除機が登場します。(2017/9/7)

「ネット接続でサービス広がる」見据えて――創業100周年パナソニック、次の100年は
パナソニックが創業100周年を機に展開する家電シリーズ「Creative! Selection」は、スマホアプリで操作するロボット掃除機など、単体として役立つだけでなく、ネットに接続したサービスの広がりを見据える。(2017/8/25)

地図を作って賢く掃除する新型“ルーロ”「MC-RS800」登場――掃除の時間は半分に
パナソニックは、ロボット掃除機“RULO”(ルーロ)の新製品「MC-RS800」を発売する。同社として初めてカメラとSLAMを搭載した。(2017/8/24)

水曜インタビュー劇場(過去最高公演):
6月4日に、ダイソンの掃除機が4万5000台も売れたワケ
2017年6月4日、ダイソンの掃除機(フラフィ DC74)がたった1日で4万5000台も売れた。これだけの数をさばいたのは、家電量販店でもECサイトでもない。ショップチャンネルを運営しているジュピターショップチャンネルである。どのように売ったのかというと……。(2017/8/23)

ロボット掃除機「ルンバ」 スマホアプリで動く「新モデル」発表
データとの結び付き強化を目指す。(2017/8/3)

股間のティーカップを動かさないように掃除機でシュルン! 家電の使い方が完全におかしい「危険なテーブルクロス引き」
失敗したら即ポロリ。(2017/7/18)

机の上をニャンコがお掃除 三毛猫さんが乗った卓上用クリーナーが登場ニャ
ロボット掃除機×猫が再現できます。(2017/7/5)

PR:買ってからも“便利”が増え続けるロボット掃除機って?
発売から1年半が経過したダイソンのロボット掃除機「360 Eye」。その間、掃除のスピードアップや「静音モード」追加など機能が増えていることをご存じですか? 今回はその詳細に加え、自宅のWi-Fiに360 Eyeをつなぐ手順も詳しく解説していきます(提供:ダイソン株式会社)。(2017/3/17)

家電が付録だと……! 「ちゃお」4月号で自動走行する卓上掃除機が付録に 「編集部が全身全霊こめて開発」
創刊以来初となる家電付録を、通常通りのお値段で。(2017/3/3)

IoTロボット掃除機が5万円から! ネイト「Botvac Connected」シリーズに2つの普及モデル
ネイトロボティクスから「Botvac Connected」シリーズの新製品2機種が登場。一部の機能と付属品を見直してリーズナブルな価格を実現したという。価格は5万円から(税別)。(2017/2/7)

橘十徳の「自腹ですが何か?」:
プロ御用達、マキタの紙パック式スティック掃除機を家で使ってみる
今回紹介するのは、マキタのコードレスクリーナー「CL107FDSHW」。同社の紙パック式のコードレスクリーナーの最新機種で、10.8Vのリチウムイオンバッテリーを搭載することにより、パワフルな吸引力を実現した。家庭からプロユースまで幅広く対応する充電式クリーナーだ。(2017/1/29)

上海問屋、単三電池で動く卓上掃除機
ドスパラは、電池で動くバキューム&ブロアー (DN-914555)の販売を開始した。(2017/1/5)

吸い込みながら床をふく! 新感覚のスティック掃除機「スイークルふきとりクリーナー」
ちょっと床の汚れが気になったとき、掃除機を出すか、フローリングワイパーで済ますかは悩ましいところ。しかし、それが同時に行える掃除機があったとしたら? 今回はショップジャパンの「スイークルふきとりクリーナー」を紹介しよう。(2016/12/12)

ダイソン、公式アウトレット楽天市場店で「MEGA SALE」開始
ダイソンは12月9日、「Dyson 公式アウトレット楽天市場店」で期間限定の「MEGA SALE」を開始した。人気の掃除機4製品を通常のアウトレット価格よりもさらに値引き。(2016/12/9)

“ルンバブル”なオフィスを作ったガジェット大好き社長の経済学
オフィスの掃除をロボット掃除機に任せたらコスト削減になって、しかも面白そう。そんなアイデアを実践した会社が存在した。しかもガジェット好きの社長は、自身のブログにロボット掃除機の使用レポートを掲載して好評だ。(2016/12/7)

PR:【動画あり】UVランプでダニがヨロヨロに!?――レイコップの最新研究成果とは
ふとん掃除機という製品分野を生み出し、市場を作り上げたといっても過言ではないレイコップだが、最近の研究でUV-C照射によるダニへの効果について新しい発見があったという。(提供:レイコップ・ジャパン株式会社)(2016/12/5)

アンカー、パワーアップしたロボット掃除機「RoboVac11」を発売
アンカーは、家電ブランド「eufy」(ユーフィ)の新製品としてロボット掃除機「RoboVac 11」を発売した。価格は2万4800円(税込)。(2016/12/2)

スマホで掃除開始や終了を命じることができるロボット掃除機が日本上陸 マニュアル操作もできる
Apple Watchからなら正太郎くん気分で盛り上がりそう。(2016/11/26)

腕時計でロボットを操る! Apple Watchにも対応したロボット掃除機、ネイト「Botvac Connected」
ネイトロボティクスがWi-Fiを搭載したロボット掃除機「Botvac Connected」を発表。iPhoneやAndroidスマートフォンに加え、Apple WatchやAndroid Wear端末にも対応する。(2016/11/24)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。