ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PC&PC周辺機器販売ランキング」最新記事一覧

〜2010年8月以降のランキングはこちら〜
PC販売ランキング
PC周辺機器販売ランキング

関連キーワード

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年7月19日〜7月25日):
2009年発売の「iMac」、いまだ上位にランクイン──次回はどうなる?
夏のボーナス商戦期はそろそろ終盤。PCの売れ筋はほぼすべて夏の新モデルに移ったが、2009年発売モデルが1つだけ長期に渡って売れ続けている。新モデル登場の前週となる今回、iMacは何位に入っただろうか。(2010/7/30)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年7月12日〜7月18日):
PC夏商戦本格化、現在一番売れているPCは?
夏のボーナスシーズンを迎え、PCの夏商戦も激しくなっている。今回はノートPCのTOP10モデルすべてが夏の新機種で占められ、夏モデルの売れ筋傾向も明確になってきた。(2010/7/23)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年7月5日〜7月11日):
売れ筋は夏モデルへ──富士通新ブランド「LIFEBOOK/ESPRIMO」もランクイン
ランキングの8割が夏のPC新機種が占めるようになった。夏商戦が始まり、順位の入れ替えもかなりあるようだが、中でも人気のモデルは何だろうか。(2010/7/16)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月28日〜7月4日):
夏のWindows PC新モデル横目に、2009年発売「iMac 21.5インチ」がトップに
7月に入り、ランキングの7割が2010年PC夏モデルが占めるようになった。売れ筋は夏モデルに移っているが、デスクトップPCにおいては2009年発売のモデルが首位に躍り出る意外な動きとなった。(2010/7/9)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月21日〜6月27日):
いよいよPC夏商戦──PC夏モデル、TOP10圏内に早くも6機種
各社の2010年夏商戦向けPC新モデルがランキングにも続々登場。今回はTOP10圏内に6機種の新モデルが顔を見せた。(2010/7/2)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月14日〜6月20日):
新Mac mini、登場1週目でいきなりランクイン
PCメーカー各社による2010年PC夏モデルの発表ラッシュがようやく一息。いよいよ夏モデルが続々登場してくる。そんな中、6月15日発売の「Mac mini」が発売1週目でみごとランクインを果たした。(2010/6/25)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年6月7日〜6月13日):
PC売れ筋、他社登場待ちでNECが一歩リード──新Mac miniも発売
今回は、PC夏モデルの発売ラッシュと2010年夏商戦を目前に控えた6月第2週の集計。一足先に夏モデル第1弾を発売したNECがノートPC、デスクトップPCともに首位を獲得した。(2010/6/18)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月31日〜6月6日):
PC夏モデル、発表ラッシュ──販売店の動きも活発に
PC各メーカーのPC夏モデルが続々発表された。今回はいち早く夏モデル第1弾を投入したNEC製PCが上位に入ったが、今後はどうなるか。各社夏モデルの登場でランキングに変動をもたらしつつ、商戦を盛り上げてくれることを期待したい。(2010/6/11)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月24日〜5月30日):
夏モデルが初の首位──新機種待ちか、値下げ旧機種狙いか
夏商戦期の約1カ月前ということで、PC関連機器の販売状況はやや中だるみ感がある。ただ、今回は夏のPC新機種が初の1位を獲得するなど、売れ筋が変動していくであろう傾向が見られた。(2010/6/4)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月17日〜5月23日):
夏の新モデルが2位まで浮上、他社夏モデルもそろそろか
商戦期の狭間となる現在、PCの購買需要がやや減る傾向がある。ただ、一部のメーカーがいち早く投入した2010年夏モデルは旧モデルとの入れ替えが順調に進んでいるようで、じわじわ順位を上げてきた。(2010/5/28)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月10日〜5月16日):
早々登場の一部夏モデル、やや伸び悩み──Office 2010待ちか
一部、早々に夏モデルを投入したメーカーもあるが、PCの販売傾向はやや鈍めとなっている。モデルチェンジが近いためか、現行の春モデルをやや値下げする店舗もかなり確認できる。(2010/5/21)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年5月3日〜5月9日):
PC夏モデルがじわじわ上昇──GW後半、何が売れた?
夏のPC新モデルが複数発表され、PC各モデルはそろそろモデルチェンジの時期を迎えている。今回はゴールデンウィークの後半を含む集計だが、中でも人気だったモデルは何だろうか。(2010/5/14)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年4月26日〜5月2日):
PC夏モデルが初登場、GW影響で売れ筋にやや変化
今回はゴールデンウィークの前半を含む集計。2010年は、より「安・近・短」の傾向が進み、近場の家電量販店に出向く機会が多くなる──との報道があったが、PCの購買傾向にどんな変化があっただろうか。(2010/5/7)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年4月19日〜4月25日):
「MacBook Pro」、登場2週目でランクイン
値下げ傾向のある現モデルか、夏の新モデルか──。そんな微妙な状況にあるゴールデンウィーク直前の集計は、ノートPCの売れ筋傾向に少し変化が見られた。(2010/4/30)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年4月12日〜4月18日):
モデルチェンジ間近のPC製品──取るべき選択肢は?
年度末から続いた新生活需要が収束し、さらに新モデルの登場も控えるため、販売状況は停滞気味。それだけに、人気モデルも含めた値下げ傾向も顕著になってきた。(2010/4/23)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年4月5日〜4月11日):
PC春モデルにやや値下がり傾向、販売トップも入れ替わる
発売から数か月が経った2010年PC春モデルは、価格がこなれてきている。2月頃まで10万円台前半だった人気モデルも、現在は9万円台で販売する店舗も多いようだ。(2010/4/16)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年3月29日〜4月4日):
液晶一体型の「FMV-DESKPOWER F」、ランキングの4割を占める
2010年度の第1回目となる今回の集計。春商戦はそろそろ下火だが、発売から2か月半が経ったPC春モデルは“駆け込み”新生活需要や決算セールなどの効果か、順位の変動が若干見られた。(2010/4/9)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年3月22日〜3月28日):
「LaVie」「BIBLO」「dynabook」「VAIO」、春モデルPCの一番人気は
新生活需要を見込むPC春商戦はそろそろ終盤。販売店も決算月だけに拡販にはかなり力が入っていたようだ。この中でもっとも人気だったPCは何だろうか。(2010/4/2)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年3月15日〜3月21日):
PC春モデル第2弾「VAIO E」が浮上
2010年PC春モデルが出そろい、量販店のPC販売コーナーでは新生活向けキャンペーンなども盛んに行われている。今回は少し遅れて登場した春モデル第2弾もランクインしてきた。(2010/3/26)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年3月8日〜3月14日):
東芝「dynabook」が浮上、TOP10圏内に4モデルがランクイン
春商戦向けの2010年PC春モデルは発売から約2か月が経ち、順位の変動も穏やかになってきた。ただ、ノートPCカテゴリで「dynabook」シリーズが浮上する見せた。(2010/3/19)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年3月1日〜3月7日):
PC春商戦本格化、売れ筋はA4ノートと液晶一体型
新生活需要を見込む3月に入り、量販店でもPC購入者の需要がかなり増えてきている。売れ筋はA4オールインワンノートと液晶一体型デスクトップだが、中でも人気のモデルは何だろうか。(2010/3/12)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月22日〜2月28日):
PCも少しオリンピック特需? 地デジ内蔵PCが浮上
PCは普段の人気モデルに加えて、今回はデジタル放送チューナー内蔵モデルがいくつか浮上。オリンピック観戦と録画用に──というニーズも少しあったようだ。(2010/3/5)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月15日〜2月21日):
企業の期末需要もやや活発に──4万円台からの80型スクリーン付きプロジェクターなど
PCの売れ筋はほぼ2010年春モデルに移り、人気傾向も定着してきた。一方、期末時期のためか企業導入向け製品の動きもやや活発になっている。(2010/2/26)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月8日〜2月14日):
春のPC新機種、NECの「LaVie」「VALUESTAR」が好調
春の新生活商戦を担う2010年PC春モデルが出そろってきた。現在の売れ筋はすでにこれら新機種に移行しつつあるが、中でも人気モデルは何だろうか。(2010/2/19)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年2月1日〜2月7日):
PCの売れ筋、7割以上が春モデルに──MacBookも追随
PCの売れ筋は、2010年春商戦向けの新モデルに移ってきた。今回はMacBookやiMac、エイサー製小型PCなど海外メーカー製PCも健闘した。(2010/2/12)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月25日〜1月31日):
春の新機種に対抗、旧機種もしぶとく──「VAIO N」がトップ
前回のデスクトップPCに続き、ノートPCも2010年春の新機種がランキングに登場した。“春商戦”はまだ少し先だが、現在はどのモデルが人気だろうか。(2010/2/5)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月18日〜1月24日):
販売トップはなんと「iMac」──PC春モデルも登場
2010年PC春モデルが登場した。まだ購買需要が鈍い時期ではあるが、これら新機種は果たして何位に入ってくるだろうか。(2010/1/29)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月11日〜1月17日):
PCの売れ筋、Windows 7に混じり「iMac」も2位と10位に
年末年始商戦が落ち着き、次の春商戦シーズンを控えて購買需要がやや鈍る時期である。ただ、春商戦向けの新製品登場などにともなう「値下げされた製品狙い」という買い方もある。(2010/1/22)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2010年1月4日〜1月10日):
そろそろ新機種? 売れ筋PCには安価・お得モデルも
今回の販売ランキングは休暇明け1回目の集計。商戦期はやや過ぎたが、従来の売れ筋モデルに混じって実売6万円前後と手頃な価格のPCもじわじわ順位を上げている。(2010/1/15)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月28日〜2010年1月3日):
「年末セール」「初売り」で売れたPCは?
今回のランキングは、年末の12月28日から年始1月3日の実績を集計したもの。休み中、「初売りセール」などで家電量販店などに出向いた人も多いと思うが、この期間で人気だった製品は何だろうか。(2010/1/8)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月14日〜12月20日):
安価に購入できる、売れ筋「地デジ+BD一体型PC」は?
年末商戦もそろそろ佳境だが、「近日中に買う」ものはもう決まっただろうか。12月末現在、地デジ+BD一体型PCや実売10万円前後のオールインワンノートPC、1万円台後半の高機能A4複合機などが売れ筋だ。(2009/12/25)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年12月7日〜12月13日):
Web通販で「クリスマス前必着」、いつまでに買えば間に合う?
自分用の買い物はさておき、家族用などとして「クリスマスまで」に間に合わせなければならないプレゼントをWeb通販で購入するなら、いつまでに購入手続きをしておくべきか。……実はもう期日ギリギリだ。(2009/12/18)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年11月30日〜12月6日):
ボーナスで購入するノートPC、「約10万円」がターゲット?
商戦期は、予算こそ人それぞれながら「アレがほしい、何がいいか」と悩んでしまう時期。中でも、現在最も売れている機種は何だろうか。(2009/12/11)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年11月23日〜11月29日):
「プリンタ、どれがおすすめ?」と聞かれたら
年賀状シーズンが近づき、新機種とともに量販店のプリンタ売り場に活気が出てきた。今、自分用はもちろん、誰かに「プリンタ、どれを買えばいい?」と聞かれたら、どんな製品が勧められるだろうか。(2009/12/4)

PC&PC周辺機器販売ランキング(2009年11月16日〜11月22日):
iMac、3位へ浮上──Windows 7搭載PCに迫る
冬商戦向けの新製品が出そろってきた各社PCの新機種。デスクトップPCは液晶一体型のモデルが売れ筋だが、Windows 7搭載の新モデルに混じり、21.5型のiMacがじわじわ順位を上げている。(2009/11/27)

PC&PC周辺機器販売ランキング(11月9日〜11月15日):
「Windows 7」搭載PC、現在の一番人気は?
そろそろ「冬ボーナスで何を買おう」と迷ってくる時期だ。冬商戦の目玉の1つ「Windows 7搭載PC」は、現在どのメーカーのどのモデルが人気だろうか。(2009/11/20)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。