ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows 7」最新記事一覧

Windows 7とは、Microsoftが開発したOS。Windows Vistaの後継として2009年10月22日にリリースされた。サーバ版はWindows Server 2008 R2となる。
-こちらもご覧ください-
Windows 7のすべて - ITmedia PC USER
Windows 7新時代 − @IT
連載インデックス「楽しいWindows 7アプリ作成入門」 - @IT
質問!Windows 7 →ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows 7 関連の質問をチェック

Tech TIPS:
Windows 7/8.1/10にWindows Liveメールをインストールする
Windows 8以降では、UWPの「メール」アプリが標準メールクライアントとなっている。この「メール」アプリの使い勝手は、Windows Liveメールと大きく異なっていることから、引き続きWindows Liveメールを使いたいというユーザーも多いことだろう。そのような場合は、Windows Essentials 2012のWindows Liveメールをインストールすればよい。(2016/8/26)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Skylake搭載PCのWindows 7/8.1サポート期間短縮はなかったことに
Microsoftは新世代プロセッサのサポートOSをWindows 10に限定したかったが、現行のSkylake(第6世代Core)については対応が二転三転している。(2016/8/15)

ついにその日が来た:
Windows 10無料アップグレードは本日終了 明日からどうなる?
Windows 10の一般公開から1年。Windows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレード期間がいよいよ終了する。終了後は何が変わるのだろうか。(2016/7/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10はすぐ使う気がなくても、7月29日までにアップグレードした方がいい?
2016年7月29日の無料アップグレード期限が迫り、Windows 7/8.1からWindows 10に移行すべきか悩んでいるならば、ひとまずアップグレードしてしまうのも手だ。(2016/7/13)

PR:知らない企業は損をする? 「Windows 7/8.1」搭載PCを買っておくなら「今」な理由
Windows 10への無償アップグレードが世間を騒がせているが、OSにまつわる問題は企業にとっても無視できない。来年度の新入社員に備えてWindows 7/8.1マシンを導入しておくなら「今」が適切な理由とは……?(2016/7/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の1周年記念アップデートは8月2日 Windows 7/8.1からの無料アップグレード終了直後に提供
Windows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレード期間内に間に合うかと思いきや、その直後となる8月2日に次期大型アップデート「Anniversary Update」は公開される。(2016/6/30)

Microsoft、Windows 10へのアップグレード通知画面を改善し“お断りボタン”を追加
Windows 7/8.1からWindows 10へのアップグレードを促すポップ画面が改善され、無料アップグレードを辞退するキャンセルボタンが追加される。Microsoftは顧客からのフィードバックを受けての改善と説明した。(2016/6/29)

Tech TIPS:
Windows 7/8.1/10でOneDriveを無効にする
Windows OS標準のクラウドストレージ「OneDrive」。だが、既に別のサービスを利用していて不要だったり、企業内で使用が禁止されていたりするなら、OneDriveを無効化することも可能だ。(2016/6/27)

Windows 10 The Latest:
間近に迫ったWindows 10への無償アップグレード期限。アップグレードはどうする?
Windows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレードの期限は2016年7月29日まで。それまでにアップグレードすべき? 「する」と決めたユーザーのために、無償期間内でのアップグレード手順についてまとめておく。(2016/7/20)

日本エイサー、MILスペックモデルも用意したWindows 7 Professional搭載法人向け11.6/13.3型モバイルノート2機種
日本エイサーは、法人向けとなる11.6/13.3型モバイルノート計2機種の発表を行った。(2016/6/8)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
強引なWindows 10アップグレードは回避すべきか、受け入れるべきか
「突然インストールが始まって困った」と批判の声も多いWindows 10の強引な無料アップグレード推進策。Windows 7/8.1搭載PCは、無料のうちにWindows 10を導入すべきなのだろうか。(2016/6/3)

Tech TIPS:
最新CPU Skylake搭載PCにWindows 7をインストールする
Intelの第6世代CPU、Skylakeを搭載したPCにWindows 7を新規インストールしようとしても、USBドライバが不足していて失敗することがある。その解決方法を解説。(2016/5/30)

Tech TIPS:
終わらないWindows 7のWindows Updateの問題を解決する
Windows 7 SP1のWindows Updateに非常に時間がかかることがある。これを解消する方法を紹介しよう。5時間かかった「更新プログラムの確認」作業が20分で終わるようになる。(2016/5/26)

Windows 10 The Latest:
Skylake CPUに対するWindows 7/8.1の早期サポート打ち切りが撤回され、元通りに
最新の第6世代CPUのPCではWindows 7のサポート期限が短縮されるはずだったがキャンセルされ、元のサポート期限に戻った。だがCPUの種類によってはサポートされないOSもある。Windows 7/8.1のサポート期限を今一度まとめておく。(2016/8/19)

山市良のうぃんどうず日記(66):
ロールアップ更新プログラムでWindows 7の新規インストールが楽になる
Windows 7を新規インストールする必要がある人に朗報です。Windows 7 SP1から2016年4月までの更新プログラムをまとめた「ロールアップ更新プログラム」が利用可能になりました。Windows 10にアップグレードしたけどWindows 7に戻したい人は、これで新規/再インストールが楽になります。(2016/5/24)

Tech TIPS:
32bit版Windows 7/8.1搭載PCに64bit版Windows 10をインストールして、利用できるメモリサイズを増加させる
Windows 7/8.1をWindows 10に「アップグレード」しても、32bit版から64bit版に変えることはできない。でもメモリをたくさん使うなら64bit版は必須。そこで「クリーンインストール」すれば64bit版Windows 10を利用できる。(2016/5/23)

Tech TIPS:
Windows 7 SP1向けパッチの集大成「KB3125574ロールアップ」をインストールする
Windows 7/Windows Server 2008 R2向けに「ロールアップ」と呼ばれるパッチ(更新プログラム)が新たにリリースされた。これは何なのか? どのような状況で役立つのか? どうやって利用すればいいのか?(2016/5/20)

ホワイトペーパー:
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
散々な評価だったWindows 8と比べるとWindows 10は多くのユーザーに一定の支持を受けている。しかし、依然としてWindows 7を使い続けたいユーザーも少なくない。どちらが正しい道なのだろうか。(2016/5/18)

2020年も、Windows 7特需反動でマイナス成長予測:
2016年の国内IT市場はマイナス成長予測、ハードウェア市場が低調──IDCジャパン
IDCジャパンは、2016〜2020年の国内製品別IT市場予測を発表した。2016年の国内IT市場規模は対前年比−0.4%のマイナス成長になるという。また、2020年の国内ICT市場予測も、Windows 7のサポート終了の影響でマイナス成長が見込まれる。(2016/5/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
Windows 10への無償アップグレード終了がアキバに与える影響は?
Windows 7/8.1から10への無償アップグレード期間が7月29日までと迫り、日本マイクロソフトもキャンペーンをかけている。この動きはアキバ自作街のトレンドにどんな影響を与えるのか。各ショップに聞いた。(2016/5/9)

2020年の国内IT市場は厳しい見通し、五輪よりWindows 7が影響
モバイルやクラウドなど新規領域への投資も鈍い見込みだ。(2016/5/9)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
散々な評価だったWindows 8と比べるとWindows 10は多くのユーザーに一定の支持を受けている。だが、依然としてWindows 7を使い続けたいユーザーも少なくない。(2016/4/22)

VAIO、法人向けカスタマイズモデルのOSオプションにWindows 7/Windows 8.1を追加
VAIOは、直販サイト「ソニーストア」にて購入可能な法人向けカスタマイズモデルのOSオプションにWindows 7/Windows 8.1を追加した。(2016/4/12)

Build 2016:
Windows 7時代のアプリを「10」対応にするメリットは?
Windows 10世代のモダンなアプリより、Windows 7以前のデスクトップアプリを好んで使っているユーザーは少なくないだろう。Microsoftはそんな旧世代アプリのモダン化を訴えているが、どのようなメリットが得られるのだろうか。(2016/4/6)

製品選びのベストプラクティス
“Windows 10大移行”に不安はないか? 企業が考えるべき適材適所のクライアント戦略
今後予想されるWindows 7からWindows 10へのクライアント環境の大移行。この時期にIT部門はどのようなクライアントデバイスを選ぶべきか。企業が考えるべき移行のポイントやベンダー選択のベストプラクティスを解説する。(2016/3/30)

方針転換:
Microsoft、Skylake搭載PCにおけるWindows 7/Windows 8.1のサポート期間を1年延長
Skylake搭載モデルに限り、Windows 7/Windows 8.1のサポートを2017年7月17日で終了するという方針を2016年1月に打ち立てたMicrosoftだが、ここにきて2018年7月17日までサポート期間を延長すると発表した。(2016/3/22)

IEのセキュリティ更新でWindows 10を宣伝?
Windows 7/8.1でInternet Explorer(IE)を最新版にすると、Windows 10アップグレードへの誘導画面が現れるという未確認情報が流れている。(2016/3/17)

山市良のうぃんどうず日記(60):
Windows 10のトラブルシューティング事例――壊れたタスクを復元する/削除する
日常的なタスクの自動実行のために、Windowsの「タスクスケジューラ」は便利です。Windows 7/8.1をWindows 10にアップグレードしたことで、以前は動いていたはずのタスクの登録がエラーになっていませんか? 特に、Windows 7からのアップグレードの場合は、タスクスケジューラの仕様変更が影響しているかもしれません。(2016/3/14)

日本HP、Windows 7搭載スリムPCキャンペーンモデルを3日間限定でさらに値下げ――3月13日まで
日本HPは、Windows 7搭載のスリムデスクトップPC「HP ENVY750-170jp/CT」の週末限定値下げキャンペーンを発表した。(2016/3/11)

日本HP、Twitter投票でノートPCが当たる抽選プレゼントキャンペーン
日本HPは、Twitter連動の抽選キャンペーン「あなたはどっちを選ぶ?最新CPU搭載モデルWindows 10 VS Windows 7どっち派?キャンペーン」を開始した。(2016/3/4)

Windows Serverユーザーの不安を晴らす:
「安心してください。Windows Serverのサポートポリシーは変わりませんよ」とマイクロソフトが宣言
Windows 7/8.1のハードウェアサポートポリシー変更の騒動を受けて、Windows Server担当チームも声明を発表した。(2016/2/24)

Windows更新の新方針がもたらすセキュリティ問題【後編】
Windows 7からのWindows 10移行に“断固拒否”な人のもっともな言い分
Windows 10の更新プログラム適用プロセスは、従来と具体的にどう違うのか。企業はWindowsの更新にどう向き合い、どう対処すべきなのか。(2016/2/15)

iiyama PC、Skylake採用エントリー15.6型ノートPCにWindows 7モデルを追加
ユニットコムは、iiyama PCブランド製となる15.6型ノートPCのラインアップにWindows 7 Professional導入モデルを追加した。(2016/2/12)

サードウェーブデジノス、GTX 960M搭載ゲーミングノート「QSF960HE」にWindows 7モデルを追加
サードウェーブデジノスは、同社製15.6型フルHD液晶搭載ゲーミングノートPC「GALLERIA QSF960HE」のラインアップにWindows 7導入モデルを追加した。(2016/2/10)

サポート期限は2017年7月17日まで:
Microsoft、Windows 7/8.1を期間限定サポートするSkylake搭載PCのリスト更新
Windows 7/8.1のSkylake(第6世代Core)サポートを2017年7月17日で終了すると発表したMicrosoft。同社はこれに該当するPCメーカーのリストを更新した。(2016/2/9)

PC USER 週間ベスト10:
「Surface Book」日本モデルの実力は?(2016年2月1日〜2月7日)
今回のアクセスランキングは、Windows 7/8.1でWindows 10が「推奨される更新プログラム」となったニュースや、Surface Bookの発売など、Windows関連の話題でにぎわっています。(2016/2/8)

Enterprise IT Kaleidoscope:
Windowsのサポートポリシー変更が企業に与える影響は
1月に、Skylakeプロセッサを搭載したWindows 7/8.1に関するサポートポリシー変更発表された。この変更は企業のPC展開やIT環境にどんな影響を与えるのだろうか。(2016/2/4)

Tech TIPS:
Windows 10の[スタート]メニューをWindows 7風に変更する
Windows 10では[スタート]メニューが復活したものの、[スタート]画面に相当するアプリタイルが表示されるなど、Windows 7に慣れた人には使いにくい部分がある。そこで、「Start Menu 8」というツールをインストールして、Windows 7風の[スタート]メニューに置き換えよう。(2016/2/4)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10のアップグレードは強制になったわけではない ただし、Windows 7/8.1ユーザーは要注意
今後Windows 7/8.1でWindows Updateを自動更新に設定していると、知らない間にWindows 10へのアップグレード用プログラムが導入されるようになる。Windows 10のインストール自体はキャンセルできるが、注意が必要だ。(2016/2/3)

Windows 10移行で高まるリスク
「Windows 7」が危険なセキュリティホールになる日が間もなく来る
Microsoftの「Windows 10」に移行を計画しているときには、その段取りや新しいOSの機能に没頭しがちだ。だが、多くのユーザーは、Windows 7」のセキュリティも引き続き注意しなければならないことを忘れがちだ。(2016/2/3)

アップグレード促進:
Windows 7/8.1のWindows UpdateでWindows 10が「推奨される更新」に格上げ
「Windows 7/8.1」のWindows Updateで、「Windows 10」へのアップグレードが「推奨される更新」に格上げされた。自動更新に設定しているユーザーは自動でアップグレードの準備が開始される。(2016/2/2)

ユニットコム、Skylake採用ミドルタワーPCにWindows 7 Professionalモデルを追加
iiyama PCは、iiyama PCブランド製ミドルタワーPCのラインアップにWindows 7 Professional導入モデルを追加した。(2016/2/2)

Windows 7/8.1→Windows 10が“推奨される更新”に
Microsoftが予告通り、Windows 7/8.1ユーザー向け「Windows Update」で、これまで「オプション」だったWindows 10へのアップグレードサポートプログラムを「推奨」に昇格させた。自動更新設定にしているPCでは、アップグレードが自動的に始まる。(2016/2/2)

日本HP、Core i5搭載PCを格安提供する“CPUフリーアップグレード”をさらに3000円引きで提供
日本HPは、第6世代Core i5搭載デスクトップPCを低価格で提供する「CPUフリーアップグレードキャンペーン」の価格改定を発表。Windows 7モデルをさらに3000円引きで提供する。(2016/2/1)

山市良のうぃんどうず日記(57):
進まない、終わらないWindows Updateのトラブルに解決策はあるのか?
Windows Virtual PCにある仮想マシンをどうするか決めかね、Windows 10へのアップグレードを先延ばしにしている筆者のWindows 7 PC。毎月Windows UpdateのためにWindows Virtual PCの仮想マシンも起動して更新し続けてきましたが、ここ数カ月、この作業をすっかり忘れていました。5カ月振りに仮想マシンを起動してWindows Updateを実行してみると、案の上、全く進む気配なし……。(2016/2/1)

サードウェーブデジノス、Core i3搭載スタンダード15.6型ノート「Critea DX10」にWindows 7モデルを追加
サードウェーブデジノスは、同社製15.6型ノートPC「Critea DX10」のラインアップにWindows 7搭載モデルを追加した。(2016/1/22)

東芝、法人向けノートPCにvPro対応モデルを投入――Windows 7 Professionalモデルの追加も
東芝は、同社製法人向けノートPCのラインアップの拡充を発表、新たにvPro対応モデルなどが追加される。(2016/1/21)

法人・教育市場で2200万台以上が導入済み
Windows 7/8ユーザーの「Windows 10」移行が止まらない“無料”以外の理由
「Windows 10」は、米Microsoftの歴代OSの中で最も導入ペースが速いという。その理由は、無料アップグレードの存在だけではなさそうだ。(2016/1/20)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
次世代プロセッサはWindows 10のみ対応、SkylakeのWindows 7/8.1サポート終了は2017年7月という衝撃
Windows 10への移行を強く推し進めようとするMicrosoft。今度は新型プロセッサのサポート対象OSをWindows 10に絞り込むことで、その普及を半ば強制的に促す構えだ。(2016/1/18)

Windows 7/8サポート、Skylake搭載端末上の場合は2017年7月17日までに
MicrosoftがWindowsのサポートポリシーを変更し、プロセッサがIntelの第6世代Coreシリーズ(コードネーム:Skylake)の端末にインストールしたWindows 7およびWindows 8.1については、サポートを2017年7月17日までとした。(2016/1/17)

Windows 7の“引退”はお早めに
「Windows 10無料期間」を逃したWindows 7ユーザーを待ち受ける“痛過ぎる代償”
「Windows 7」のサポート終了が迫る中、IT部門は古くなったこのOSからの移行について早急に検討しなければならない。Microsoftに支払うコストが増大する可能性があるからだ。(2016/1/14)

ASUS、法人向けのWindows 7 Pro搭載スタンダードノートPC「ASUSPRO ESSENTIAL P2520」
ASUS JAPANは、法人向けモデルとなる15.6型ワイド液晶搭載ノートPC「ASUSPRO ESSENTIAL P2520」シリーズを発表した。(2015/12/17)

Windows 10 The Latest:
Windows 10のメジャーアップデート、ビルド10586では何が変わった?
正式版のリリース後、わずか4カ月でメジャーアップデート(新ビルド)が提供されたWindows 10。何が変わったのか? Windows 7などのService Packと何が違うのか? どのように対処すべきなのか?(2015/12/9)

山市良のうぃんどうず日記(53):
Windows 10へ無料アップグレード? だが断る
Windows 10ではなく、Windows 7やWindows 8.1を使い続けると決めた人もいるでしょう。そこで、現時点で分かっている方法で、可能な限り、Windows 10への無償アップグレードのお誘いをお断りする方法をまとめてみました。(2015/12/4)

Microsoft、更新プログラムを再リリース、Windows 7とServer 2008 R2に
再リリースではOutlookでユーザーが特定の電子メールを読もうとするとクラッシュする問題や、システムにログインする際の問題を修正した。(2015/11/13)

Windowsアップデート、Outlookがクラッシュする問題を修正してWindows 7に再配信
修正版アップデートをWindows 7とWindows Server 2008 R2向けに配信した。(2015/11/12)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10のアップグレード自動化で混乱再び?
Windows 7/8.1をあえて使い続けているユーザーは、今後Windows 10へのアップグレード手順が変わることを覚えておきたい。そうしないと「知らないうちに、Windows 10へのアップグレードが始まった(キャンセル可能)」という事態に見舞われるかもしれない。(2015/11/9)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために(2):
PR:2020年に向けたアプリ移行は2ステップで計画を――「Visual Studio 2015」が強力支援
開発者やシステム管理者にとって悩みの種がソフトウェアの「サポート期間」だ。2020年のWindows 7サポート終了に向けて、まずはIE対応アプリケーションの対策を行い、将来的な投資の一環として既存デスクトップアプリケーション資産の移行を順次進めていきたい。(2015/11/5)

Windows 7/8.1搭載PCの販売は2016年10月31日で終了
Microsoftが「Windowsライフサイクルのファクトシート」を更新した。Windows 7(Professional)およびWindows 8.1搭載PCの販売は、2016年10月31日に終了する。(2015/11/4)

気を付けるべきポイントは
「Windows 7」から「Windows 10」への移行、失敗するのはこんな人
Windows 7からWindows 10にアップグレードすることは、それほど難しいことではない。だが、アップグレードが確実に順調に進むようにするためには、計画とテストが必要となる。(2015/11/4)

「Windows 10」へのアップグレード、来年には「推奨される更新プログラム」に“格上げ”へ
まだWindows 10にアップグレードしていないWindows 7/8.1ユーザーのWindows Updateに、間もなく「オプションの更新プログラム」としてWindows 10が表示されるようになり、来年には「推奨される更新プログラム」に“格上げ”されて設定によっては自動的にインストール(途中でキャンセル可能)されることになる。(2015/11/2)

Windows 10時代のアプリ開発に乗り遅れないために:
PR:今から備えるWindows Vista/7サポート終了――アプリ移行の鍵は「Visual Studio 2015」
Windows Vistaは2017年4月、Windows 7は2020年1月にサポートが終了する。まだ先の話と思うかもしれないが、旧世代アプリケーションの移行がスムーズに進むとは限らない。今からWindows 10世代の環境を見据えた移行ロードマップを立てておけば安心だろう。(2015/10/29)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(43):
Windows 10へのアップグレードで消えたアプリの行方――Windows XP Modeはどうなった?
Windows 7にはWindows Virtual PCとWindows XP Modeが無償提供されていました。Windows 10ではこれらは提供されないため、Windows 7からアップグレードする場合は、Windows XP Modeの利用を諦めるしかありません。(2015/10/19)

Windows版Skype、次のアップデートで「Skype翻訳」追加 日本語もIMでサポート
Microsoftは、昨年からプレビューで提供してきた「Skype Translator(Skype翻訳)」の正式版を、Windows 7/8.1/10のSkypeアプリの次のアップデートで追加する。通話で使えるのはまだ6カ国語のみだが、インスタントメッセージングでは日本語を含む51カ国語で利用できる。(2015/10/2)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Windows 7の延長サポート終了後に何が起きるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/27)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
そろそろWindows 7の延長サポート終了後を考えよう(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/22)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Windows 7の延長サポート終了後に何が起きるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/19)

Windows 10 The Latest:
Windows 10で利用できるアカウントの種類と管理方法
Windows 7ユーザーはもちろんWindows 8.1ユーザーでも、Windows 10で戸惑うことといえばユーザーアカウントが挙げられる。増えたアカウントの種類と変わった操作手順に焦点を当てて解説する。(2015/9/17)

「Windows 10」、予約しなくても約6GBのファイルを自動ダウンロード(回避方法あり)
Windows 7/8.1搭載PCで、「Windows 10の予約」をしていない場合でも、インストールファイルのダウンロードだけは自動的に行われる。Microsoftが複数のメディアに対して認めた。ダウンロードもしたくない場合の回避方法を紹介する(Microsoft非公認)。【12月12日UPDATE】【2月2日UPDATE2】【5月22日UPDATE3】(2015/9/12)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Windows 7の延長サポート終了後に何が起きるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/12)

2015年PC冬モデル:
日本HP、Windows 10を導入してSkylakeを搭載した個人向けデスクトップPC発表
ハイエンドラインアップでSkylake採用。ミニタワーでは新色導入。全モデルでWindows 10導入もWindows 7 Professionalも選択可能に。(2015/9/9)

Tech TIPS:
更新プログラムを個別にダウンロードする(Microsoft Updateカタログ編)
Windows 7 SP1向けに多くの更新プログラムをまとめた「ロールアップ」は、「Microsoft Updateカタログ」のみで配布されるなど、Microsoft Updateカタログの重要性が増している。本稿では、Microsoft Updateカタログで個別に更新プログラムをダウンロードする方法を紹介する。Internet Explorer 11でMicrosoft Updateカタログを利用する際の注意点を追記した。(2016/6/1)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(40):
Windows 10でますます迷宮化する“ネットワークの場所の切り替え”――どうしたら簡単に操作できる?
Windows 7と機能が多少異なる部分もありますが、Windows 10ではWindows 8で廃止された「スタートメニュー」が復活しました。Windows 10にはスタートメニューのように以前のスタイルに戻された操作性がある一方で、さらに変わってしまった部分もあります。その一つが「ネットワークの場所(カテゴリ)」の切り替え操作です。(2015/9/7)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
そろそろWindows 7の延長サポート終了後を考えよう(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/9/6)

Windows10に無償アップグレードしない理由 パッチ更新に不満?
Windows 7/8.1は2016年7月までWindows 10に無償アップグレードできるが、大企業以外ではアップグレードにあまり積極的ではないようだ。(2015/9/1)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Windows 7の延長サポート終了後に起きること(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/8/29)

Windows 10のツボ(18):
Windows 10のスタートメニューをあえて全画面表示にすると何が起きるか
Windows 10のスタートメニューは、Windows 7以前のようにスタートボタンからコンパクトなメニューが展開するように変更された。一方で、スタートメニューをWindows 8/8.1のような全画面表示に戻す設定も残されている。(2015/8/28)

Windows 10 The Latest:
Windows 7ユーザーのための、Windows 10スタート画面の使い方
Windows 10に無事アップグレードできた元Windows 7ユーザーにとって、まず戸惑いがちなのは、見た目が大きく変わったスタートメニュー(スタート画面)だろう。使いこなしのコツを覚えて、最初の「山」を乗り越えよう。(2015/8/27)

「Windows 7/8/8.1」が対象
今さら聞けない「Windows 10」への無料アップグレード つまずかないための手順と注意点
「Windows 10」へのアップグレードは、「Windows 7/8/8.1」を搭載する多くのデバイスへ無償提供される。ユーザー側で必要な作業は、アップデートを予約し、ファイルがダウンロードされるのを待ってインストールすることだ。(2015/8/25)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
そろそろWindows 7の延長サポート終了後を考えよう(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/8/22)

Tech TIPS:
アップグレードしたWindows 10を元のWindows 7/8.1に戻す(復元する)
Windows 10には、アップグレード後に元のWindows 7/8.1に戻す(復元、ロールバック、ダウングレードする)ための機能が内蔵されている。でも、本当に元に戻る? 作業手順だけではなく注意点も解説。(2016/3/17)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :BoxとDropboxどっちの箱を選ぶ?
特集は、異なるアプローチで企業導入を目指すBoxとDropboxの比較。他に、Windows 7のサポート終了後の市場動向予測、グリーンピースによる主要サイト格付けチェックなどのトレンド解説、「Angry Birds」を作ったRovioのCIOインタビューをお届けする。(2015/8/10)

Windows 7の延長サポート終了に備えよ
Windows 7のサポート終了後に市場を制する「ハイブリッドデバイス」
企業は2020年のWindows 7延長サポート終了の準備を始めなければならない。そのとき、市場ではイブリッドデバイスの重要性が増しているという。ハードウェアの分野で今、何が起きているのか?(2015/8/6)

Tech TIPS:
Windows 10のデフォルトのWebブラウザをMicrosoft Edgeから別のブラウザに変更する
Windows 7/8.xからWindows 10にアップグレードすると、通常はデフォルトのWebブラウザがMicrosoft Edgeに変わってしまう。元のWindows OSで使っていたブラウザをデフォルトにする方法は?(2016/6/6)

山市良のうぃんどうず日記(44:特別編):
トラブルに遭遇したらどうすればいい? ――Windows 10のアップグレードで知っておくべき対処法
2015年7月29日、Windows 10が正式にリリースされ、無料アップグレードを予約したWindows 7/8.1 PCへの配布が始まりました。今回は、Windows 10へのアップグレード前、そしてアップグレード後に知っておくべきことをまとめました。(2015/8/3)

Tech TIPS:
Windows UpdateによるWindows 10へのアップグレードを「ブロック」する方法
Windows 7/Windows 8.1からWindows 10への自動的なアップグレードを防止する(ブロックする)手段がマイクロソフトから提供されている。これはどのような場合に必要なのか? どうやってブロックすればよいのかを解説。(2016/7/7)

週末アキバ特価リポート:
Windows 10の販売予約スタート! その裏でWindows 8.1も品薄の懸念
Windows 10の販売予約が始まった裏で、従来バーションのDSP版Windowsの在庫が急速に品薄化している。顕在化しているのはWindows 7だが、8.1もうかうかしていられない!?(2015/7/25)

Tech TIPS:
Windows 10へのアップグレード予約を取り消す
Windows 7/8.1を搭載したPCには、Windows 10への無償アップグレードが通知され、場合によっては自動的にアップグレードされることがある。予約されたWindows 10へのアップグレードをキャンセルする方法を最新の状況に合わせて紹介する。(2016/7/7)

ホワイトペーパー:
1.5カ月で468台のWindows XP搭載PCをWindows 7に移行した朝日航洋
ヘリコプター、ビジネスジェットなどの航空事業サービスを提供する朝日航洋は、全国25拠点、468台のWindows XP搭載PCのWindows 7移行を1.5カ月で実施した。社内業務に影響を与えず、低コストで移行を成功させた同社の採用したサービスとは?(2015/7/21)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10」のパッケージ版、DSP版、搭載PCはいつ発売される?
Windows 7/8.1からの無料アップグレードが優先して実施される「Windows 10」。公式発表がいまだにないパッケージ版、DSP版、搭載PCの発売はどうなるのか?(2015/7/20)

週末アキバ特価リポート:
DSP版Windows 7は間もなく入手困難に? Windows 10の影響で品薄化
いまだに売れ行きが8.1をしのぐショップもあるWindows 7。その人気OSのDSP版がここ最近品薄になっている。(2015/7/18)

Microsoft、Windows 10正規版についての混乱を謝罪・説明
Microsoftが先週末に投稿したWindows 10 Insider PreviewプログラムからのWindows 10正規版へのアップグレードについての説明が大きな混乱を招いたとして謝罪し、「Windows 10正規版にアップグレードできるのはWindows 7/8.1正規版からのみ」と改めて説明した。(2015/6/23)

価格の高騰で更新できないハードウェア
Windows 10導入を阻害するドル高を華麗に回避する方法
米ドルの高騰でPCの価格が上昇し、ハードウェアの更新が停滞している。数年前にPCの更新とともにWindows 7を導入した企業は、PCの古さがネックになっている。この状況を解決する方法とは?(2015/6/19)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
なぜWindows 10は発売前に無料アップグレードを提供するのか?
既存のWindows 7/8.1ユーザーに対して、Windows 10をリリース開始から1年間は無料で提供することに決めたMicrosoft。新OSの発売に先駆けて無料アップグレードを行う狙いはどこにあるのだろうか? また、搭載PCはいつ発売されるのだろうか?(2015/6/16)

Tech TIPS:
「Windows 10を入手する」アイコンをタスクトレイに表示させない(削除する)方法
Windows 7/8.1のタスクトレイ(通知領域)に常駐している「Windows 10を入手する」アプリのアイコン。不要ならアプリのアンインストール(削除)やアイコンの非表示といった設定ができる。(2016/7/7)

Windows 10、7月29日に公開
Windows 7/8/8.1の無償アップグレードは同日から1年間となる。(2015/6/1)

山市良のうぃんどうず日記(36):
続報、Windows 10って、古いPCでも本当に動くの?
「Windows 10」は、Windows 7およびWindows 8.1(Enterpriseエディションは対象外)のユーザーに1年間の限定で無償アップグレードが提供される予定です。以前、この発表の直後に筆者は古いPCでWindows 10が動くかどうかを検証しました。今回はその続報です。(2015/5/19)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(30):
Windows 8の初回ログオンは、なぜ、あんなに時間がかかるのか?――ローカルログオンとリモートログオンの微妙な関係
Windows 8/8.1にユーザーが始めてログオンすると、何やらアニメーションが表示され、長々と待たされます。これは、Windows 7までにはなかったこと。Windows 10の最新プレビュー版でも同じように待たされます。あれ、どうにかならないのでしょうか。(2015/4/27)

ホワイトペーパー:
XPの移行先はWindows 7が圧倒的 移行後に困らない2つのポイント
Windows XPからの移行先として、Windows 7を選択するケースが増えている。TechTargetジャパンが実施した読者調査からも明らかだ。その一方で、OSアップグレードをスムーズに進めるに当たって考慮すべきポイントがある。(2015/4/21)

Tech TIPS:
Windows 8/8.1のWindows Updateで自動更新の時刻や間隔を変更する
Windows 8/8.1では、Windows Updateの自動更新が実行される時刻や間隔の設定項目が、Windows Updateのアプレットからなくなっている。Windows 7以前のように設定を変更するには?(2015/4/17)

Tech TIPS:
Windows 7でOneDriveとOffice 2013の連携機能を無効にする
Office 2013でOneDrive上のファイルを編集しようとすると、OneDriveストレージ上のファイルへ直接アクセスして、リアルタイムの競合通知やバージョン管理機能などを有効にする。だがこの連携機能が有効だと、システムによっては操作が重くなることがある。これを無効にする方法を紹介する。(2015/4/10)

MacBookシリーズ新モデルは「Boot Camp」で「Windows 7」をサポートせず
MacでWindowsを実行するためのApple純正ソフト「Boot Camp」は、3月9日に発表された新しいMacBookシリーズでは「Windows 7」をサポートしない。(2015/3/22)

性能、スタミナ、騒音、発熱をテスト:
第5世代Core i7にWindows 7を合わせた“通好み”モバイルノートの実力は?――「dynabook R63/PS」徹底検証(後編)
CPUは最新の第5世代Core i7、OSは手堅いWindows 7、そしてポインティングデバイスはタッチパッドとスティックのデュアル仕様――まさに“通好み”の東芝ダイレクト専売モバイルノート「dynabook R63/PS」をじっくりテストしていこう。(2015/3/19)

Windows 10 The Latest:
自由にリサイズできるようになったWindows 10のストアアプリ
Windows 7ユーザーは戸惑うことしきりだったWindows 8/8.1のストアアプリのユーザーインターフェース。Windows 10 TPではどれくらい「マトモ」になったのか?(2015/3/9)

直販限定の隠れた名機か!?:
第5世代Core+デュアルポインタ+Windows 7の“質実剛健”モバイルノート――「dynabook R63/PS」徹底検証(前編)
東芝の直販モデル「dynabook R63/PS」は、最新の第5世代Core i7、タッチパッドとアキュポイントのデュアルポインタ、Windows 7を備えた実用性の高い13.3型モバイルノートPCだ。その実力をじっくりチェックする。(2015/3/4)

Windows 7搭載で5万円台から:
低予算で信頼できる“ビジネスPC”が欲しいなら有力か?――「Latitude 15 3000(3550)」実力診断
新年度に向けて仕事用のPCをリプレースしたいが、予算は少ない、Windows 7モデルが欲しい、サポート面も重視したい……となると、意外に選択肢は限られる。これらの要素を満たすと思われるデルの「Latitude 15 3000(3550)」を試してみた。(2015/3/3)

Windows 10 The Latest:
15年ぶりに強化されたWindows 10のコマンドプロンプト
Windows 2000からWindows 7/8.xまで、ほとんど変わることのなかったコマンドプロンプト。Windows 10では何がどう強化されるのか? Windows 10 TPの「実験的」な機能も含めて解説する。(2015/3/2)

今後の更新は「小規模、頻繁に」
「Windows 10」へはいつ移行するのが正しいのか
企業がWindows 10を採用するパターンはWindows 7のときのようにはならない見通しだ。専門家はこれを歓迎している。(2015/2/27)

ユニットコム、直営各店舗でマウスコンピューター製Windows 7搭載PCの修理受け付けを開始
ユニットコムは、日本全国の同社直営(パソコン工房/グッドウィル/BUY MORE/TWOTOP)各店頭でマウスコンピューター製PCの修理受け付けを開始する。(2015/2/25)

Windows 10 The Latest:
複数の仮想画面を実現するマルチデスクトップ
Windows 7/8.xには搭載されていないWindows 10の新機能「マルチデスクトップ」の使い勝手を紹介する。複数のデスクトップを管理する機能に、Windows 10へ移行する価値が見いだせるのか?(2015/2/23)

これが仮想化のベストプラクティス
VMworld User awards受賞企業に学ぶ、仮想化活用術
VMworld Europe User awardsを2回も受賞したドイツの旅行代理店は、仮想化をどのように活用しているのか? VDIによるWindows 7への移行作業など、彼らの事例を詳しく紹介する。(2015/2/23)

これからも円滑に運用するためのノウハウを紹介
Windows 7のメインストリームサポート終了、不安なら試したい4つの方法
「Windows 7」ではMicrosoftと有料の延長サポート契約を結ぶこともできる。だがセキュリティなどの機能を考えると「Windows 8」「Windows 10」の方が魅力は増している。(2015/2/20)

ファイルの同期、高速起動など
「Windows 10」の前に見直したい「Windows 8.1」の便利な小技
「Windows 8.1」に対する最大の不満は「スタート」機能であると多くの人が口をそろえる。「Windows 7」をはじめとして従来版にはない新機能を多く搭載している。それらの機能は、ユーザーの心をつかむことができるのだろうか。(2015/2/10)

Windows 10 The Latest:
スタートメニューが帰ってきたWindows 10
不評だったWindows 8/8.1のスタート画面。Windows 10ではどのように改善されるのか? 主にWindows 7ユーザーを対象に、ビルド9926の「スタート」画面を紹介する。(2015/2/9)

山市良のうぃんどうず日記(26):
祝、Windows 7のWindows 10無償アップグレード! でも、古いPCで動くの?
Windows 7/8.1は「Windows 10」の提供開始後1年間は無償でアップグレードできることが発表されました。わが家には10年前の古いWindows 7 PCがあります。無償ならWindows 10にしたいところですが、果たして古いPCで動くのか。ちょっと心配になってきました。(2015/2/6)

企業向け「Windows 10」は“1年無料アップデート”の対象外
Windows 7/8.1はWindows 10発売後1年間は無料でアップデートできるが、「Enterprise」エディションのアップデートは有料で、従来より柔軟なアップデートプロセスを選択できるようになる。(2015/2/1)

新ブラウザ、音声認識、マルチデバイス対応UI他
Windows 10の新機能は脱Microsoft組の“出戻り”を誘うか
Microsoftの次期OS「Windows 10」について、テクニカルプレビューのビルドの更新を通じて新機能をチェックした。「Windows 7」や「Windows 8」と比べてどこが違うのか。(2015/1/29)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
ついに登場! Windows 10の日本語プレビュー版をチェックする
発売後1年間はWindows 7/8.1から無料でアップデートできることが明らかになり、注目度が急速に高まりつつある「Windows 10」。そのTechnical Preview最新版(Build 9926)が公開された。待望の日本語版が登場し、新機能も多数加わっている。(2015/1/28)

ユニットコム、Windows 7 Professional搭載のミニタワーPC計2モデルを発売
ユニットコムは、iiyama PCブランド製となるミニタワー型PC計2モデルを発表。Windows 7 Professionalを標準で搭載した即納モデルだ。(2015/1/27)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 7のメインストリームサポート終了が意味すること
2015年1月13日(米国時間)、Windows 7の「メインストリームサポート」が終了した。以後は2020年1月14日まで「延長サポート」の期間となる。今回のメインストリームサポート終了は、どのような意味を持つのだろうか。(2015/1/27)

2015年PC/タブレット春モデル:
東芝、第5世代Core i7+Windows 7採用の「dynabook R63」などWebオリジナルモデル9機種
店頭向けのPC/タブレット春モデルを発表した東芝が、「東芝ダイレクト」で直販するWebオリジナルモデルも発表した。7機種のノートPCと2機種のタブレットを用意する。(2015/1/26)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「Windows 10」が目指す世界とは?――Microsoftの反転攻勢シナリオ
Windows 7/8.1に対して無償アップグレードを提供しつつ、PC以外の適用範囲を大きく広げてきた「Windows 10」。Microsoftは同OSで何を目指しているのだろうか。(2015/1/23)

朗報! Windows 10の発売から1年限定で、Windows 7/8.1/Windows Phone 8.1のユーザーは無償でアップグレード可能に
やったー!(2015/1/22)

ついにWindowsのメジャーアップデートが“ゼロ円”に:
「Windows 10」はWindows 7/8.1から無償アップデート可能――発売後1年間
Windows 10発売後から1年間、Windows 7/8.1のユーザーは無料でアップデートが行える。日本では発売していないが、Windows Phone 8.1も対象だ。(2015/1/22)

半径300メートルのIT:
Windows 7の“サポート終了”でXP狂想曲再び?
2015年1月13日、Windows 7のメインストリームサポートが終了しました。延長サポートに移ったわけですが、5年後を見据えた準備はできていますか?(2015/1/19)

PC USER 週間ベスト10:
Windows 7のメインストリームサポートが終了、延長サポート期間へ(2015年1月12日〜1月18日)
今回のアクセスランキングは、2015年1月13日にWindows 7のメインストリームサポートが終了したことを受け、Windowsのサポート期限をまとめた記事が再浮上しました。(2015/1/19)

Windows 7のメインストリームサポート13日に終了 延長サポートは2020年まで
「Windows 7」のメインストリームサポート終了が米国時間1月13日に迫っている。延長サポートは5年後の2020年に終了する。(2015/1/9)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(5):
これからの5年間に備えるための「Windows 7新時代」電子書籍版
人気過去連載を一冊に再編集して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。Vol.5は、「現役の」企業内クライアントOSであるWindows 7解説の集大成『Windows 7新時代』だ。(2014/12/19)

トラブルやセキュリティの解決に役立つツールを紹介
まだまだ現役の「Windows 7」、メインサポート終了後も安全に使うためには?
「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月に終了する。しかし、多くの企業ではまだまだ現役だ。本稿では、トラブルやセキュリティの解決に役立つツールを紹介する。(2014/11/26)

Microsoftの更新プログラムにまたまた不具合、配信停止
Windows 7とWindows Server 2008 R2にSHA-2署名および検証機能のサポートを追加する更新プログラムに不具合が見つかった。(2014/10/21)

障害復旧とインシデント管理機能を紹介
「Windows 8/8.1」と「7」、より“強い”のは?
「Windows 8/8.1」の障害復旧とインシデント管理機能のうち、「Windows 7」のセキュリティ機能に比べて、より強力なものについて解説する。また、最近新たにWindows 7で利用できるようになった機能も紹介する。(2014/10/19)

週末アキバ特価リポート:
Windows 7 Home Premiumマシンが5万円切り!――iiyamaショールーム1周年記念特価
BUY MORE秋葉原本店が、10月末で販売終了となるWindows 7 Home Premium搭載マシンを特価で売り出している。Core i7モデルも7万5800円だ。(2014/10/18)

iiyama、光学カメラ式タッチセンサー搭載の23.6型フルHD液晶「ProLite T2452MTS-4」
マウスコンピューターは、Windows 7でのマルチタッチ操作に対応した23.6型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite T2452MTS-4」を発売する。(2014/10/14)

Windows 8.1クロスロード:
第13回 Windows 10 Technical Previewファーストインプレッション
Windows 8.1の後継とされる「Windows 10」の技術プレビュー版が公開された。今度こそ、Windows XPやWindows 7ユーザー待望のスタートメニューが復活したのか? その概要を見る。(2014/10/9)

製品版リリースは2015年末か
次期OS「Windows 10」は“帰ってきたWindows 7”ではない 注目の新機能とは?
米Microsoftが発表した次期OS「Windows 10」は、現行の「Windows 8.1」に寄せられた不満を解消しようとしている。製品版のリリースは2015年末ごろとなる見通しだ。(2014/10/2)

延長サポートは2020年1月14日まで
実は終了間近の「Windows 7」のメインストリームサポート、今からできることは?
「Windows 7」のメインストリームサポートが2015年1月13日に終了する。IT担当者は、Windows 7の利用を継続すべきだろうか、それとも新たなOSに移行すべきだろうか。その答えは「どのWindows OSを最も信頼しているか」によって異なる。(2014/9/24)

MousePro、Core i3/Windows 7搭載の超小型デスクトップ
マウスコンピューターは、法人向け省スペースPC「MousePro M」シリーズの新モデルを発表。最新のCore i3プロセッサを搭載したリニューアルモデルだ。(2014/9/16)

Microsoftは2016年1月12日にサポートを終了
実はサポート切れが迫っている「Internet Explorer 8」、今すぐ行うべきこととは?
Windows 7に標準搭載する「Internet Explorer 8」のサポートが2016年1月12日に終了する。IE 8向けのレガシーアプリを利用する企業は今すぐにでも対応が必要となる。(2014/9/16)

ASUS、超小型PC「VivoPC」にWindows 7導入の法人向けモデル
ASUSTeKは、超小型デスクトップPC「VivoPC」の法人向けバリエーションモデル「VivoPC VC60」を発表。OSとしてWindows 7 Professional 64ビット版を導入している。(2014/8/28)

Tech TIPS:
STOPエラーからWindows 7を回復させる
突然Windows 7が青色の画面を残して起動できなくなった! 何度再起動してもSTOPエラーの画面が表示されてしまう。この状態からWindows 7を回復させるための基本的な手順を説明する。(2014/8/25)

ユニットコム、32ビット版 Windows 7 Professionalを導入したデスクトップPC
ユニットコムは、iiyama PCブランドPCで、Windows 8.1 Proダウングレード権を利用したWindows 7モデルを発売する。(2014/8/18)

マイクロソフトの月例パッチ、8月からの変更点
Windows 7や8.1、Server 2008 R2/2012 R2では2014年8月からセキュリティ更新プログラムの適用条件が変更されているので注意したい。(2014/8/13)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(11):
“デスクトップOSもクラウドから”にはまだ早い?
今年5月のTechEdにおいて、Microsoft AzureでWindows 7/8.1のイメージが利用可能になったことが発表されました。それだけ聞くと“いよいよデスクトップOSがクラウドで動く時代が来たか!”と早合点してしまいそうですが……。(2014/8/1)

IT4コマ漫画:
Windows 7の更新プログラムを飛ばしてシャットダウンする方法
急いでPCを閉じて帰りたいのに更新プログラムにイライラ……。IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第59回目は、そんな時に役立つちょっとした裏ワザ(?)について。(2014/7/18)

Windows 9(仮)、デスクトップ/ノートPCの画面はWindows 7風に──ZDNet報道
Microsoftが、Windows 8.1のUpdate 1で改善したタッチ非対応PC向けのユーザーインタフェースを更に進めて、次期Windowsではデスクトップ/ノートPC版では新しいスタートメニュー付きのWindows Desktopを表示するとZDNetが報じた。(2014/7/1)

中京銀行におけるXP移行、90拠点1500台を2カ月で完了
4月のWindows XPサポート終了で中京銀行は、約1500台のPCをWindows 7に移行させた。アプリケーションの移行対応で工夫を図ったという。(2014/6/23)

ユニットコム、Windows 7 Professional搭載デスクトップPC計3モデルを発売
ユニットコムは、“iiyama PC”ブランド製デスクトップPC「MN5」「SL5」シリーズのラインアップにWindows 7 Professional導入モデルを追加した。(2014/6/19)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(8):
System32に潜むGatherNetworkInfo.vbsの謎を追え!
Windows 7以降に存在する「GatherNetworkInfo.vbs」を知っていますか。このスクリプトは「タスクスケジューラ」にも登録されていますが、タスクを手動で実行してもエラーになります。ただのバグか、それとも別の使命があって潜んでいるのか……。(2014/6/16)

Windows 8.1はスキップ?
XPユーザーの選ぶ「Windows 7移行、Windows 9待ち」が現実的な理由
MicrosoftがWindows XPのマルウェア防御を2015年まで延長すると発表したものの、このまま使い続けるのにはやはりセキュリティリスクが伴う。新しいOSとして現実的なWindows 7へ移行する際に気を付けるべき点をまとめた。(2014/6/12)

Chromeブラウザの64ビットWindows版、CanaryとDevでリリース
Googleが64ビット版Windows 7/8向けのChrome(Canary/Devチャンネル)をリリースした。32ビット版より高速で、クラッシュ率は半減したとしている。(2014/6/4)

TSUKUMO、MSI製ゲーミングノート「GX60」「GE70」の取り扱いを開始
エムエスアイコンピュータージャパンは、同社製ノートPC「GX60」「GE70」のバリエーション製品を発表。ともにOSをWindows 7としたTSUKUMO専売モデルとなる。(2014/5/30)

あきらめるにはまだ早い! レガシーアプリケーションの上手な延命
「IE 6」専用アプリケーションに救世主、Windows 7/8でも使い続ける方法とは
Windows XPサポート終了を迎えても、企業には今なお多くの“XP仕様”のアプリケーションが残る。セキュリティリスクを考えればXPを使い続けるわけにはいかないが、アプリケーションを改修するコストもない。ではどうするか?(2014/5/15)

Windows 7/8で動作する「IE 6互換ブラウザ」 企業層向けに無償提供
企業層向けにアプリケーション仮想化支援サービス「VMware ThinApp」を展開するネットワールドが、Windows 7/8で動作する「IE 6互換ブラウザ」を開発。企業向けに無償提供する。(2014/4/24)

Tech TIPS:
Windows 7をUEFIモードでインストールするためのUSBメモリを作成する
Windows 7をUEFIモードでインストールするにはDVDメディアでシステムを起動すればよいが、USBメモリにコピーしたものではファイルが不足していて、UEFIモードで起動できない。これを解決する方法を紹介。(2014/4/18)

週間記事ランキング
「Windows 7」へのダウングレードを決意した日
Windows 8/8.1にどうしても使いこなせないという場合、あなたならどうしますか? 直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2014/4/18)

決断の前に読みたい
Windows 8/8.1からWindows 7へダウングレードできる人と、できない人の違い
徐々に浸透しつつあるWindows 8/8.1だが、どうしても使い慣れないという声も多く聞かれる。それに対する解決策の1つが、Windows 7へのダウングレードだ。本稿では、OSをダウングレードする前に考慮すべき点を説明する。(2014/4/15)

Windows TIPS:
Windows 7/8/8.1のウィンドウ枠の幅を調整する
ウィンドウのデザインを変更して、ウィンドウ枠の幅を自分の好みに調整しよう。ただWindows 8/8.1では、Windows 7まであった[ウィンドウの色とデザイン]ダイアログが無くなり、ユーザーインターフェースでは設定できなくなってしまった。Windows 8/8.1では、レジストリで調整する方法を紹介する。(2014/4/11)

IE 11も4月8日にアップデート──企業のレガシーアプリをサポート
Windows 8.1のアップデートに合わせ、Internet Explorer 11も4月8日にアップデートされる。前回と異なり、Windows 7版のアップデートも8.1と同時だ。(2014/4/3)

Windows 8.1 Update 1、タスクバー強化や右クリックなど非タッチユーザーに配慮
4月8日にWindows 8およびWindows 8.1を対象に実施されるアップデートでは、マウスとキーボードを使うユーザー向けのさまざまなUI改善が実施される。将来的にはスタートボタンもWindows 7に近いものになる見込みだ。(2014/4/3)

週末アキバ特価リポート:
消費税アップ直前、Windows 7の売れ行きが加速
消費税増税前の最後の週末に向かって、PCパーツ街ではWindows 7の売れ行きが急激に伸びている。一部のショップからは「週末の在庫切れが心配」との声も漏れる。(2014/3/29)

最強クラスのモバイルCADワークステーションへ:
パナソニック、「4Kタブレット」に高性能GPU搭載の強化モデル──“7”搭載モデルも追加
パナソニックの4Kタブレット「TOUGUPAD 4K」に、CAD/CAM、3Dグラフィックス制作など高度な業務への導入に向けた高性能モデルが追加される。CADソフトウェアユーザーのニーズに応じ、Windows 7インストールモデルも用意する。(2014/3/13)

必要なときに必要なだけPC環境を利用
Windows 7と相性が悪いDaaS、ライセンス問題の解決は可能か
保守が難しく費用が掛かるVDIと比べ、クラウド型仮想デスクトップサービスのDaaSはあらゆる面で魅力的なサービスだ。だが、DaaSにはOSに絡む重要な問題がある。(2014/3/10)

「dynabook R644」レビュー:
第1回 「オフィスで使うので、まだWindows 7構成が必要です。何かいいPCはありませんか?」
スリムで軽量、高性能+最新仕様、長時間動作、そして「Windows 7」──。個人向けにはない「業務効率を追求したビジネス仕様」のPCはないものか。東芝「dynabook R644」はこんな人に向くPCだ。まずは仕様と外観をチェックする。(2014/3/7)

iiyama、光学式タッチパネル搭載の23.6型ワイド液晶「ProLite T2452MTS-3」
マウスコンピューターは、Windows 7のタッチ操作に対応する光学カメラ式タッチセンサーを内蔵した23.6型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite T2452MTS-3」を発表した。(2014/3/4)

Microsoft、「Windows XP」からのデータ移行ツールを無償提供へ
Windows XPサポート終了の4月8日を前に、MicrosoftがWindows XPのデータと設定をWindows 7以降の環境に移行するためのツールを無償で提供する。(2014/3/4)

ユニットコム、“ダウングレード権”利用のWindows 7 Professional搭載スリムPCを発売
ユニットコムは、iiyama PCブランド製となるスリム筐体採用デスクトップPC「SL5」シリーズの新モデルを発表。Windows 8.1Proダウングレード権によるWindows 7 Professionalを導入している。(2014/2/28)

徹底解説! VMware Horizon Suiteの世界【第2回】
Windows XP移行で「VMware Horizon Mirage」が使える理由
物理PCのイメージを統合管理する「VMware Horizon Mirage」は、クライアントPCの保護/修復、クライアントOSの移行など、多くの使い道があるソリューションだ。本稿ではWindows XPからWindows 7へのOS自動移行に焦点を当てて解説する。(2014/2/27)

4月までに社内のXPマシンを入れ替えたい:
Windows 7も選べる“TSUKUMO印”の法人コスパモデル
アキバの老舗PCショップで知られるツクモのショップブランドPCなら、ワガママな構成かつリーズナブルな価格で法人向けPCを購入できる。XPからの乗り換えに。(2014/2/18)

米Microsoft、Windows 7プリインストールPCの販売を10月31日で終了――Professionalのみ未定
米Microsoftは、コンシューマ向けのWindows 7搭載PCの販売終了日を告知した。(2014/2/17)

Windows 7(Professional以外)搭載PCの販売は2014年10月末まで
これまで「未定」になっていたWindows 7搭載PCの販売終了期日が、Home Basic、Home Premium、Ultimateエディションは2014年10月31日に更新された。Professionalエディションは未定のままだ。(2014/2/17)

Windows 8の累計販売本数がようやく2億本突破 Microsoftがひっそり報告
Windows 8ライセンスの累計販売本数が発売15カ月で2億本を超えた。Windows 7は12カ月で2億4000万本だった。(2014/2/14)

2014年PC春モデル:
外部GPU+高精細液晶搭載モデル、Win 7モデルも用意──東芝ダイレクトWebオリジナルモデルに新シリーズ
東芝の2014年春モデル登場に合わせ、直販サイトのWebオリジナルモデルも発売される。外部GPU搭載、Adobe Photoshop Lightroom付属モデルなど、店頭モデルにはない“ツウ”好みの構成でカスタマイズオーダー可能。Windows 7インストールPCもまだ選べる。(2014/2/12)

さよならWindows XP、そしてWindows 8.1へ:
「XPの移行先はWindows 7がベスト」は本当か?
Windows XPの移行先として企業ではWindows 7を選択するケースが大半だ。しかし、Windows 7は「ベストな移行先」なのだろうか。ユーザーインタフェースやアプリの使い勝手といった視点から検証してみたい。(2014/1/30)

HP、米オンラインストアで「Windows 7」販促キャンペーン
HPが米オンラインストアのトップページでWindows 7搭載PCの販促キャンペーンを実施している。最新PCにWindows 7をプリセットしたモデルを150ドル引きで販売中だ。(2014/1/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
単品で買えるDSP版Windows 7が登場するも「まずは従来版が売れていくでしょう」
マシン組み込みかパーツとのセット販売が前提であるDSP版のWindows 7に、単品で買える新パッケージが登場した。ただし、パーツとセットのほうが安かったりする……。(2014/1/14)

FAニュース:
小野測器、Windows 7 64ビット版対応マルチチャンネルデータステーションを発表
FFTアナライザ(マルチチャンネルデータステーション)DS-3000が、Windows 7 32ビット版に続き64ビット版にも対応。(2014/1/8)

Windows 7向けIE 11の自動アップグレード、1月第2週から
Windows 7向けInternet Explorer 11の自動アップグレードが1月第2週目から順次始まる。(2013/12/25)

マイクロソフト、Windows 7向けIE 11の自動アップグレード開始──1月2週目より順次
Windows 7向けInternet Explorer 11の自動アップグレードが1月第2週よりはじまる。自動配布を無効化するツールも用意する。(2013/12/25)

XP対策もこれでOK、2014年度用オフィス導入PCに最適:
PR:フルHD搭載で7万円台から──Windows 7構成も選べる「Endeavor NJ3900E」の“XP買い換え適性度”をチェックする
エプソンダイレクトより、ビジネス業務に適するサイズ、操作性、コスト、低省電力動作を実現する“決定版?”なノートPC「Endeavor NJ3900E」が登場。XPからの乗り換えPCに向いているか、2014年度のオフィスPCとしてどう活用できるか、その実力をチェックする。(2013/12/20)

Windows Azureによるエンタープライズ環境のデータ移行の新提案:
Windows XPデータ移行のコストを抑えるクラウド活用術
企業システムにおけるWindows XPからWindows 7/8への移行では、コストや手間の観点で、多数の旧PCのデータをどうやって新たな環境へ移行させるかが課題となりがちだ。その解決策の1つとして、データ移行にクラウドプラットフォーム「Windows Azure」のストレージを活用する方法を提案し、どのようなメリットがあるのか解説する。(2013/12/18)

SOHO/中小企業に効く「ビジネスPC」の選び方(2):
Windows XPから乗り換えるべきは“7”か“8.1”か
Windows XPのサポート終了に際して、どのようなPC環境に移行すべきか? まずはWindows 7か、Windows 8/8.1か、次のメインOSを選択する必要がある。(2013/12/17)

サポート終了迫る!:
PR:どうしても残るWindows XP搭載の特定用途端末は「ロックダウン」で守る!
Windows XP(以下、XP)のサポート終了を目前に控え、企業にはWindows 7やWindows 8といった最新OSへの移行が求められている。しかし、業務アプリケーションの対応OSの都合上、生産管理システム・在庫管理システムや分析装置・検査装置の制御端末といったXP搭載の特定用途端末を残さざるを得ないという声も多い。では、そのようなXP搭載の特定用途端末をどのようにして守ればよいのか。ここでは、「ロックダウン」というアプローチを紹介する。(2013/11/29)

“仕事”にこだわるあなたへ:
PR:これがWindows 7搭載可能な“Endeavor史上最高峰”シリーズ──「Endeavor Pro8000」の超高速構成に酔いしれる
エプソンダイレクトのEndeavor Pro8000は、開発コード名:Ivy Bridge-Eで知られる超ハイエンドCPUを採用した同社最高峰のタワー型PCだ。ヘビーユーザーがうらやむハイスペックの魅力に迫る。(2013/11/26)

Tech TIPS:
Internet Explorer 11の自動インストールをブロックする
Windows 7ではデフォルトで、Internet Explorer(IE) 11がWindows Updateによって自動的にインストールされる。これをブロック(無効化)することは可能だ。しかし、間もなく古いIEのサポートが終了するため、それまでにブロックを解除(有効化)してIE11にアップグレードすることを検討すべきだ。(2015/7/14)

Windows 7 Proが選べる「R734」あります! 東芝ダイレクトWebオリジナルモデルに新シリーズ
東芝の2013年秋冬モデル登場に合わせ、直販サイトのWebオリジナルモデルも発売される。Windows 7構成や、より高性能な仕様の独自モデルを入手したいこだわりユーザーはこちらを。(2013/11/18)

パソコン工房、Core i5/Windows 7 Professional搭載のビジネスノート
ユニットコムは、14型ワイド液晶を内蔵したビジネスノートPC「14UB7000-i5P-TRM」の販売を開始した。(2013/11/18)

OS移行後の運用業務でも効果を発揮
Windows XPサポート切れへの「特効薬」 OS移行を大幅に効率化
Windows XPのサポート期間終了まで、いよいよ残り半年間を切った。それに伴い、Windows 7/8へのOS移行を効率化する製品が大きな注目を集めている。果たして、そのメリットは?(2013/11/15)

AWS、クラウド型仮想デスクトップ「Amazon WorkSpaces」を発表
Amazon WorkSpacesはAWSのEC2上で稼働し、Windows 7環境を提供する。価格はユーザー1人当たり月額35ドル〜75ドルと従来のVDIの半額程度のコストで済む。(2013/11/14)

Tech TIPS:
Windows 8.1のエクスプローラにライブラリ項目を表示させる
Windows 8.1のエクスプローラでは「ライブラリ」項目が表示されなくなっているが、設定を変更すればWindows 7やWindows 8のように表示させることができる。(2013/11/8)

Microsoft、Windows 7向け「Internet Explorer 11」の提供を開始
米Microsoftは、Windows 7向け「Internet Explorer 11」の提供を本日より開始する。(2013/11/8)

Windows 7版Internet Explorer 11の正式版がリリース
MicrosoftがWindows 7向けIEをバージョン11にアップデートした。向こう数週間中に自動アップデートが実施されるが、ダウンロードすることも可能だ。(2013/11/8)

週間記事ランキング
Windows 8.1のスタートボタン復活で、揺れ動くWindows 7ユーザー
スタートボタンの復活などの機能改善が施された「Windows 8.1」の底力を徹底検証。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。(2013/11/8)

スタートボタン復活だけではない
徹底レビュー:知らないWindows 7ユーザーは損をする「Windows 8.1」の底力
10月から提供開始された「Windows 8.1」。スタートボタンの再導入など、従来のデスクトップにこだわるユーザー向けの改良が施されている。Windows 8.1では、果たしてどのような進化を遂げたのだろうか。徹底解剖する。(2013/11/1)

アプリケーション仮想化事例
メタルワン鋼管、VMware Horizon Mirageフル活用で“一粒で三度美味しい”を実現
メタルワン鋼管は「VMware Horizon Mirage」導入によって、Windows XPからWindows 7への移行でネックになっていた基幹アプリケーションの仮想化(OS非依存)を実現。合わせて、ユーザーデータ移行とクライアントバックアップも達成した。(2013/11/11)

迫るサポート終了
究極の選択、Windows XPからの移行はWindows 7と8.1のどちらを選ぶべき?
デスクトップOS市場ではいまだ34%近くのシェアを占めているというWindows XP。移行に当たってはWindows 7と8.1のどちらを選ぶべきか。また、移行に合わせて検討すべきポイントとは。(2013/10/30)

3分LifeHacking:
XPと同じ操作性……Windows 7/8でファイルやフォルダを直接タスクバーに登録する
Windows 7/8で、ファイルやフォルダを直接タスクバーに登録できるソフトを紹介する。これを利用すれば、XPと同じようにタスクバーからファイルやフォルダを直接起動できるようになる。(2013/10/28)

Windows 7も選択できる「795グラムモバイル」登場──NEC、ビジネスPC「VersaPro/Mate」新モデル
NECがビジネス向けPC新モデルを発表。個人向けLaVie Zのビジネス向けモデル、13.3型軽量省スペースノートなどを用意し、Windows 7構成でもオーダーできる。(2013/10/23)

情シスの横顔:
Window 7移行プロジェクトを指揮、1万5000台を完遂 マツダ・山根さん
“XPのサポート切れ”に伴い、マツダは全社員のPCをWindows 7に刷新。リーダーとしてプロジェクトを推進した山根さんは、たび重なる試練を乗り越えプロジェクトを見事成功に導いた。特に最後の半年間では7200台を一気に刷新したという。約3年の歳月をかけた同プロジェクトの全貌に迫る。(2013/10/23)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
そのPC、Windows 8.1にアップデートすべきか?
タッチパネル付きのWindows 8搭載PCならば、“8.1”へのアップデートで恩恵が得られるのは想像に難くない。では、タッチパネルがないWindows 7やXPのPCはどうだろうか?(2013/10/22)

古田雄介のアキバPickUp!:
Windows 8.1発売、アキバでの評判は?
Windows 8.1が発売されたが、多くのショップでは「Windows 8と合わせても、7:3の割合でWindows 7が売れています」という。アキバではWindows 8.1をどう評価しているのか聞いてみた。(2013/10/21)

3分LifeHacking:
iPhoneとWindows 7搭載PCを完全同期させてシームレスに使えるかどうか試してみた【後編】
スマートフォンとPCの「見た目」をそろえてみました。今回はさらにインタフェースをさらに改良し、レイアウトだけでなく実際に使っているサービスも変更してバージョンアップを図ってみます。(2013/10/18)

3分LifeHacking:
iPhoneとWindows 7搭載PCを完全同期させてシームレスに使えるかどうか試してみた【前編】
iPhoneとPCの2つの端末間で差異を可能な限りなくすことに挑戦してみました。個人的にベストな壁紙、メッセージ、カレンダー、メール、メモ、RSSリーダー、そしてブラウザは?(2013/10/16)

DSP版Windows 7/8/8.1に「ファイルナルパソコンデータ引越し9Plus」が付属した限定版を出荷開始
マイクロソフトの正規代理店4社は、DSP版Windowsに「ファイルナルパソコンデータ引越し9Plus」にダウンロード権を付属して出荷を開始する。数量限定での提供だ。(2013/10/7)

Windows 8.1パッケージ版の価格発表 10月18日発売
マイクロソフトが「Windows 8.1」パッケージ版の価格を発表。一方、Windows 7のパッケージ版は出荷終了となる。(2013/10/3)

Windows 8/Windows Server 2012に関する読者調査リポート
Windows XP移行先は「Windows 7」が96.5%と圧倒的な状況
2014年4月のWindows XPサポート期間終了まで半年あまり。また、2015年7月にはサーバOS「Windows Server 2003」のサポート終了も予定されている。これらのOSの移行状況を読者に聞いた。(2013/10/1)

Windows 8.1クロスロード:
第2回 Windows 8.1の「Windows転送ツール」ではXPから移行できない!?
Windows XPのサポート期限が迫る中、市販のPCはWindows 8.1搭載機が大勢を占めている。そこで、Windows 7/8と同様にWindows転送ツールでXPから8.1へ移行できるのか、テストしてみた。(2014/4/3)

IE 11 for Windows 7のプレビュー版がリリース IE 10より9%高速に
Microsoftが、Windows 7版Internet Explorer 11の一般向けプレビューを公開した。IE 10より約9%高速化し、タッチ操作に対応する。(2013/9/19)

ワコム、デジタルペンで手書き入力もできる外付けタッチパッド「Bamboo Pad」
外付けタッチパッド「Bamboo Pad」は、ワイヤレスタイプ(7980円)とUSB接続タイプ(4980円)を用意する。対応OSはWindows 7/8とMacOS 10.7以降。(2013/9/10)

マウスコンピューター、ビジネスPC「MousePro」全シリーズで“ダウングレード版”Windows 7 Professionalを選択可能に
マウスコンピューターは、法人専用PCブランド「MousePro」の全モデルで、Windows 8 Proからのダウングレード版Windows 7 Professionalの導入に対応する。(2013/8/29)

デル、スタンダードノート「Inspiron 14」にWindows 7モデルを追加
デルは、同社製ノートPC「Inspiron 14」のラインアップにWindows 7 Home Premium導入モデルを追加した。(2013/8/27)

Tech TIPS:
Windows 7/8のインストールUSBメモリを作る(WiNToBootic編)
USBメモリにインストール・イメージを格納しておけば、素早くOSの再インストールができる。そこで簡単にOSのインストールができるUSBメモリが作成できる無償ツール「WiNToBootic」を紹介する。(2013/8/23)

Windows XPから「気持ち良く」移行するには?
マイクロソフトによるWindows XPのサポート終了まで230日あまり。Windows 7や8への移行を決めた企業も多いが、「移行しない」「どうしようか」という企業も少なくないようだ。「移行」することにメリットはあるのだろうか――。(2013/8/20)

NEWS
既存のWindowsフォーム資産をタッチ対応アプリにリメイク、グレープシティ
Windows XP/Windows 7用のWindowsフォームアプリでも、タッチ操作で画面のズームや拡大鏡を表示できるUIに変換するコンポーネントを発表した。(2013/7/31)

パソコン工房、Core i7-3930Kを搭載したクリエイター向けのミドルタワー型ハイスペックPC「AEX8E-TXR」
ユニットコムは、クリエイター向けPC「Art EXpert」シリーズのラインアップにWindows 7 Professional搭載のハイスペック構成モデル「AEX8E-TXR」を追加した。(2013/7/30)

Windows 7版Internet Explorer 11の開発者プレビューがリリース
Windows 8.1に含まれる次期Webブラウザ「Internet Explorer 11」のWindows 7版の開発者プレビューが公開された。(2013/7/26)

iiyama、Windows 7の2点タッチに対応した23.6型フルHD液晶「ProLite T2452MTS-2」
マウスコンピューターは、iiyamaブランドモデルとなる光学カメラ式タッチセンサー搭載の23.6型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite T2452MTS-2」を発売する。(2013/7/19)

ホワイトペーパー:
Windows 7の仮想デスクトップ500人分のパフォーマンスを最適化するには?
具体的な数値を提示しながら、Windows 7環境の仮想デスクトップ配信におけるパフォーマンスの最適化に必要な設計方法を解説する。(2013/7/19)

富士ソフト、Windows XPからWindows 7/8に最短30分で移行できるサービス
富士ソフトは、2014年4月にサポート期間が終了するWindows XPから、Windows 7/8への移行を支援するサービスを7月22日に開始する。(2013/7/17)

Tech TIPS:
sysprepで環境複製用のマスターイメージを作成する(Windows 7/8編)
多数のWindows OSの導入を行う場合、sysprepでマスターとなるディスクイメージを作成し、それをコピーして利用すればインストールの手間が軽減できる。Windows 7/8やWindows Server 2008 R2/2012に標準装備のsysprep.exeの基本的な使いこなし方を解説する。(2013/7/12)

Tech TIPS:
コンテキストメニューに「Windows Defenderでスキャンします」を追加する
Windows 7まではSecurity Essentialsをインストールすると、コンテキストメニューにウイルスチェックの項目が追加され、簡単にファイル単体のウイルスチェックができた。しかしWindows 8ではそうした表示がなくなり、簡単に呼び出せなくなった。手動で追加するには?(2013/7/5)

XP→Windows 7/8移行解説:
Internet Explorer 6(IE6)とIE10/IE11とのUIの違いを知る
Windows XPで長らく使ってきたIE6からWindows 7/8のIE10/IE11に移行するには、機能のみならずUIの違いも乗り越えなければならない。そこで、IE6で使ってきた機能が、IE10/IE11のUIのどこにあって、どう操作すれば利用できるのか、具体的に解説する。(2013/7/3)

Microsoft、脆弱性悪用防止ツール「EMET」の最新版公開
EMET 4.0ではSSL/TLS証明書をチェックする新機能を搭載。なお、EMET使用のXPより、EMET未使用のWindows 7の方が安全だという。(2013/6/18)

Windows 7も選択可能:
11.6型で米軍基準の“頑丈”コンバーチブルPC――「HP Elitebook Revolve 810」を試す
「HP Elitebook Revolve 810」は、伝統的なスタイルのコンバーチブル型モバイルノートPCだ。米軍調達基準を満たす頑丈で上質なボディ、打ちやすいキーボード、そしてWindows 7も選べる仕様に注目したい。(2013/6/18)

XP移行最大の課題を解決
ライセンス違反をせず、IE 6アプリをWindows 7/8で利用するには?
Windows XPからの移行における最大の課題はIE 6で動くアプリだ。MicrosoftはWindowsの単一インスタンス上で複数バージョンのIEを稼働させることを禁止している。だが、ライセンス違反をせずに新OSでIE 6アプリを動かす方法がある。(2013/6/18)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第16回 UEFIって何? LaVie Zで改めておさらい
同一仕様のLaVie G タイプZにおける、Windows 8搭載モデルとWindows 7搭載モデルの起動速度対決はWindows 8モデルが圧勝だった。今回はその理由の1つである「UEFI」に注目してみた。(2013/6/14)

ホワイトペーパー:
Windows XPからWindows 7へ──IT資産移行ガイド【後編】〜Computer Weekly 製品導入ガイド
MicrosoftはWindows XPのサポートを2014年で終了する。まだ対処していない企業は、デスクトップのテストと導入に十分な時間を充てることができるよう、今すぐに移行計画を開始する必要がある。(2013/6/10)

Windows 7プリインストールも可能:
NEC、ビジネスPCに第4世代Core搭載モデル「Mate タイプME/タイプMB」
NECがビジネスPC「Mate」シリーズのHaswell対応モデルを発表。省スペースボディにWindows 7プリインストールモデルのオーダーも可能。vProサポートモデルも用意する。(2013/6/4)

ホワイトペーパー:
Windows XPからWindows 7へ──IT資産移行ガイド【前編】〜Computer Weekly 製品導入ガイド
MicrosoftはWindows XPのサポートを2014年で終了する。まだ対処していない企業は、デスクトップのテストと導入に十分な時間を充てることができるよう、今すぐに移行計画を開始する必要がある。(2013/6/3)

Tech TIPS:
タスクスケジューラの基本的な使い方(Windows 7/8.x/10編)
ファイルのバックアップなど定期的に繰り返し実行しなければならない作業は、Windows OSの標準機能「タスクスケジューラ」で自動化しよう。ウィザードを利用すれば、簡単にプログラム起動のスケジュールを組むことができる。(2015/11/27)

TSUKUMO、約5万円からのWindows 7搭載スタンダードノート
Project Whiteは、14型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したベーシックノートPC「N141J」シリーズを発売する。(2013/5/30)

NEC、過酷な屋外環境でも使える堅牢Windows 7タブレット「ShieldPRO H11A」
NECは、耐水/防塵仕様の堅牢モバイルPC“ShieldPRO”シリーズ初となるタブレット型モデル「ShieldPRO H11A」を発表した。(2013/5/29)

ジャパンシステム、Windows XP専用アプリを7/8でも動作可能にする企業向けの「アプリケーション移行支援サービス」
ジャパンシステムは、Windows XPからWindows 7/8へのアプリケーション移行を支援する「Windowsアプリケーション移行支援サービス」の提供を開始する。(2013/5/23)

Tech TIPS:
Windows 7/8/8.1のインストールUSBメモリを作る(diskpart編)
DVDドライブを搭載しないPCにOSをインストールするには、インストールイメージを格納したUSBメモリを利用すればよい。OS標準コマンドの「diskpart」を使えばインストールUSBメモリを作成できる。(2015/8/6)

脱Windows XPと一緒に考えたいWindows Server 2012への移行
サポート終了はWindows XPだけではない! カウントダウン開始のWindows Server 2003
サポート終了まで1年を切ったWindows XP。そのさらに1年後にはWindows Server 2003のサポートが終了する。Windows 8またはWindows 7の移行に合わせてサーバをWindows Server 2012に入れ替えると、さまざまなメリットが生まれることはあまり知られていない。(2013/5/23)

ライセンス契約の最適化も実現
英国自治区議会のWindows XP移行、支援ツール活用が鍵
英国自治区議会がWindows XPからWindows 7への移行を開始した。ツールの活用によりアプリの利用実態を把握し、ライセンス契約の見直しによる最適化を実現した。(2013/5/14)

Tech TIPS:
Windows 7/8.1/10でISO/IMGファイルをCD/DVD-Rに書き込む
ISO/IMGファイルで配布されたOSやアプリケーションを利用するには、仮想CD-ROMドライブにマウントするか、CD/DVD-Rメディアなどに書き込む必要がある。Windows 7以降のWindows OSではライティングソフトウエアを追加することなく、標準でISO/IMGファイルを直接CD/DVD-Rメディアなどに書き込める。(2015/12/18)

Win 7プリインモデルも当然まだ選べます:
NEC、ビジネスPC「Mate/VarsaPro」新モデル──LaVie Z同等の超軽量モバイル、薄型多機能15.6型など
NECが法人向けPC「Mate/VersaPro」新モデルを投入。A4、モバイル、デスクトップ、タブレットなど業務シーンに応じた多彩なラインアップをそろえ、Windows 7が必要なオフィスシーンに対応するOSセレクトメニューや法人向けサポート、ソフトウェアサービスなどを用意する。(2013/5/9)

XP→Windows 7/8/8.1移行支援:
Outlook Express → Windows Liveメール2012移行ガイド
Windows XP上のOutlook ExpressからWindows 7/8/8.1上のWindows Liveメール2012へ、アドレス帳やメッセージなどのデータを移行する方法を解説する。データを失わずに移行させる手順とは?(2014/4/28)

脱Windows XP支援ツールとは?
Windows XPのアップグレードベストプラクティス
サポート終了へのカウントダウンが始まったWindows XP。Windows 7への移行を容易にするためにIT部門が行うべきこと、移行を支援するツールとは?(2013/5/14)

Skypeのビデオメッセージ機能がWindows版で利用可能に
2月からMac、iOS、Android版Skypeで利用できるようになっている録画メッセージ機能「Skype Video Messaging」が、Windows 8のデスクトップおよびWindows 7でもプレビュー版として利用できるようになった。(2013/5/1)

迫るサポート終了
Windows XPから逃れられない本当の理由
Windows XPのサポート終了が迫る中、ユーザーのWindows 7、8への移行の動きが鈍い。問題となるのはOS自体の移行ではなく、周辺アプリケーションの対応だと指摘する声がある。(2013/4/30)

週末アキバ特価リポート:
“窓辺ゆう&あいの限定8 Pro”vs“人気再燃の7”――GW前半戦のアキバはOSが熱い!
5月の大型連休キャンペーンがスタートしたアキバ。中でも限定パッケージのDSP版「Windows 8 Pro」とにわかに勢いが増しているWindows 7搭載PCに注目が集まっている。各ショップの大規模セールも見逃すな!(2013/4/27)

移行方法やツールの使い方を知る:
Windows XP → Windows 7/8/8.1移行のための解説記事ガイド
サポート期間が終了しても、残っているWindows XPの「世界」はまだ続く。早急にWindows 7/Windows 8/Windows 8.1へ移行できるように、関連記事を分類・整理した。記事を参考に失敗のない移行計画を立てよう!(2014/5/7)

サンワ、Windows 8の操作にも向く9ボタン多機能マウス
サンワサプライは、計9ボタンを装備した多機能マウス計2モデルを発表。スイッチ切り替えでボタン割り当てを“Windows 7向け”“Windows 8向け”に切り替えられる。(2013/4/15)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第14回 Windows 8は起動が速い……のは本当か? 実際に計測して確かめてみた
LaVie Zの2013年春モデルはWindows 8モデルのみだが、Windows 7モデルも直販のLaVie GタイプZで在庫限りの販売が行われている。ほぼ同じ仕様のWindows 8と7でパフォーマンスはどう違うか、今回は起動時間を比較しよう。(2013/4/12)

Internet Explorer 10製品レビュー:
Internet Explorer 10のHTML5/CSS3対応度は?
すでにWindows 8に搭載されているIE 10が、Windows 7 SP1向けにも提供が開始された。新機能は? ほかのWebブラウザに比べてHTML5への対応度は? IE 10の進化度を解説する。(2013/4/11)

7割の企業がWindows 7移行を開始
Windows XPユーザーに贈る、7移行を急ぐべき理由と8の行く末
Windows XPのサポート期間終了が間近に迫っている。企業ではWindows 7移行の動きが活発化すると同時に、Windows 8に対する評価も固まりつつあるようだ。(2013/4/11)

XPは2014年4月にサポート終了:
あなたのOSはいつまで現役?――Windowsのサポート期限をまとめてみた
Windows XPのサポート終了日まで残り1年を切った。それではWindows Vista、Windows 7、Windows 8のサポートはいつまで受けられるのか、現状をまとめよう。(2013/4/9)

アイ・オー、2点タッチ操作に対応した21.5型フルHD液晶「LCD-MF223FBR-T」
アイ・オー・データ機器は、Windows 7/8の2点タッチ操作が可能な21.5型フルHD液晶ディスプレイ「LCD-MF223FBR-T」を発売する。(2013/4/3)

2013年、Windows 8のシェアは本当に伸びるのか?
Windows 8の企業導入が進まない理由
Windows 8の企業導入はWindows 7ほどスムーズに進んでいない。2013年にはシェアが伸びるとの見方もあるが、企業がすぐに飛びつかないことには幾つか理由がある。(2013/3/26)

エプソンダイレクト、3万円台からのバリューノート「NY2300S」の販売構成を改定――Windows 7も選択可能に
エプソンダイレクトは、ビジネス向けスタンダードノートPC「Endeavor Sシリーズ NY2300S」パッケージモデルの販売構成を変更した。(2013/3/12)

Tech TIPS:
Windowsでフォントの「表示」設定を変更して全てのフォントを表示させる
Windows 7やWindows Server 2008 R2以降のOSでは、使用中の言語の設定に基づいて、一部のフォントをリストに表示させないようにする機能が用意されている。これを無効にしてすべてのフォントを表示させる方法を紹介する。(2013/3/8)

Tech TIPS:
Internet Explorer 10の自動インストールをブロックする
Windows 7では、Windows UpdateによってInternet Explorerが自動的にIE10へアップグレードされることがある。検証が済むまでは、IE10用のブロック・ツールを利用して自動アップグレードを無効化した方がよい。(2013/11/22)

自動アップグレードも実施予定:
Microsoft、Windows 7向けIE10を正式リリース
プレビュー版として提供していたWindows 7版IE10が正式にリリースされた。時期は未定ではあるものの、Windows 7ユーザーに向けた自動アップグレードも実施するという。(2013/2/26)

ホワイトペーパー:
Windows XPからWindows 7へ──小規模企業向け移行ガイド
間近に迫るWindows XPのサポート提供期間終了日。このホワイトペーパーはマイクロソフトが制作した小規模企業向けのWindows XPからWindows 7への移行ガイドである。(2013/2/21)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第12回 Windows 8で「バッテリーが長持ちするようになる」のは本当か
同一仕様のWindows 8モデルとWindows 7モデル比較の第2弾。前回は性能面でのWindows 8モデルにアドバンテージがあることが分かったが、バッテリー実動作時間はどうなのかを比べてみたZ!(2013/2/20)

ホワイトペーパー:
Windows XPからWindows 7へ──大規模企業向け移行ガイド
間近に迫るWindows XPのサポート提供期間終了日。このホワイトペーパーはマイクロソフトが制作した大規模企業向けのWindows XPからWindows 7への移行ガイドである。(2013/2/20)

移行のコスト&時間を大幅圧縮
脱Windows XP最大の課題、“アプリの互換性”検証自動化ツールが登場
Windows XP環境をWindows 7/8に移行する際に最大のネックとなるのは、業務部門が利用しているアプリケーションの互換性だ。だが、その問題への対策を大幅に効率化してくれる便利なツールが登場した。(2013/2/14)

“7”がいい人、お早めに!:
在庫限り! “Windows 7”版の「LaVie G タイプZ」再登場、限定数入荷
LaVie ZのNEC Directカスタマイズモデルに、ビジネスシーンやこだわりユーザーにうれしい「Windows 7」インストールモデルが再登場。在庫限りのため、Windows 7モデルを望む人はお早めに!(2013/2/12)

LaVie Z&LaVie G タイプZロードテスト:
第11回 なぜWindows 8は「速い」のか 新旧LaVie Zのパフォーマンスをガチ比較(基本性能編)
「Windows 8なLaVie Zはすごく速くなった!」と言い続けているが、実際のところWindows 7の旧モデルに比べてどれだけ速いのかきちんと比べたくなった。というわけでWindows 7モデルも用意して、ベンチマークテストで比較してみたZ!(2013/2/5)

古田雄介のアキバPickUp!:
「売れ筋がWindows 7に戻りそう」――Windows 8の優待価格、終わる
Windows 8 Proアップグレード版の優待価格販売が1月末に終わり、アキバに残ったほとんどの在庫は一斉に回収された。次に来るのはWindows 7 Professinalへの回帰?(2013/2/4)

Windows 8の世界OS市場シェアが2.26%に増加 7は減少──Net Applications調べ
Microsoftが2012年10月26日にリリースした「Windows 8」は、先代の「Windows 7」より緩やかに世界OS市場でのシェアを伸ばしている。(2013/2/4)

Tech TIPS:
Windows 8でBluetoothデバイスを利用する
スマホやタブレットに限らず、PCでもBluetooth採用のキーボード/マウスなどを利用すると便利なことがある。しかしWindows 8では、Bluetoothデバイスの追加方法がWindows 7などと異なっていることから、デバイスを追加する方法が分からず、戸惑うことが多いようだ。そこで、Windows 8でBluetoothデバイスを追加する手順を解説する。(2013/2/1)

モバイラーが選んだ「dynabook R632」:
第10回 おぉ、“前”より速い!──Windows 8新機能「Hyper-V」で仮想マシン環境を構築
Windows 8 Proへ新たに用意された仮想マシン環境機能が「Hyper-V」。Windows 7 Professionalにも仮想マシン環境が存在したが、それより高速・快適な操作感を実現するのだ。今回はこの機能を試してみる。(2013/1/29)

週末アキバ特価リポート:
「Windows 8 Pro」アップグレード版が6000円で買える最後の週末
Windows 8 Pro アップグレード版の優待価格も、1200円で8にアップグレードできる優待購入プログラムでWindows 7パソコンが買えるのも1月31日まで。駆け込み需要が発生している。(2013/1/26)

ホワイトペーパー:
マツダが取り組む、社内端末1万4000台のWindows 7移行の舞台裏
幾多の課題を乗り越え、最新OS移行をいかに成功させるか。1万4000台のクライアントPCをWindows 7に移行することを決断したマツダの取り組みを例に、その解決策を探る。(2013/1/23)

バッテリー動作にも対応、2013年度の新業務PCに:
エプソンダイレクト、BTO対応のフルHD液晶一体型「Endeavor PT100E」
エプソンダイレクトがビジネスシーン向けの21.5型液晶一体型PCを投入。Windows 7を含むOS、CPU、メモリ、ストレージなど、ニーズや予算に応じた構成でカスタマイズオーダーできる。(2013/1/16)

XPユーザーに贈る、Windows 7移行の注意点(後編)
Windows 7への移行後にXPユーザーが注意すべき2つのポイント
Windows XPからWindows 7への移行作業をスムーズに進める上では、幾つかの注意点がある。ただ、たとえ移行を無事に済ますことができても、IT管理者はシステム監視の手を緩めてはいけない。(2013/1/8)

XPユーザーに贈る、Windows 7移行の注意点(前編)
Windows 7へのXPアプリケーション移行の落とし穴
Windows XPからWindows 7への移行には直接のアップグレードパスが提供されていない。移行作業をスムーズに進めるためには幾つかの注意点を知っておく必要がある。前編ではアプリケーション移行のポイントを紹介する。(2012/12/27)

VMware ThinAppによるアプリケーション仮想化
【事例】レガシーの壁を乗り越えたサッポログループ、アプリ仮想化でWindows 7へ移行
企業のWindows移行でネックとなるのがレガシーシステムだ。サーバとクライアントが密に結びついてため、容易にクライアント環境を変えられない。その状況をサッポログループはアプリケーション仮想化で乗り切った。(2012/12/26)

Tech TIPS:
Windows 8のIMEのオン/オフをアプリごとに制御する
Windows 8で複数のアプリケーションを使っているとき、意図せずIMEがオンあるいはオフになっていたことはないだろうか? Windows 7以前とは異なるこのIMEの挙動の原因と、それを解決するための設定変更手順を説明する。(2012/12/14)

もちろん、Windows 7もまだ選択可能:
エプソンダイレクト、8のダウングレード権を利用できるビジネス標準PC「Endeavor AT991E」
エプソンダイレクトの標準ビジネスPCがリニューアル。Core i7+8Gバイトメモリ+256GバイトSSDの高性能仕様まで選べるフルBTOに対応。ビジネスシーンに向け、OSはWindows 7プリインストールも選択できる。価格は4万3890円から。(2012/12/5)

Windows 7搭載モデルが豊富にそろう
「VAIOモバイルノート」がビジネスに効く3つのポイントとは?
Windows 8が発売されたが、今後もしばらくはWindows 7搭載PCを導入したいという企業に向け、ソニーのVAIOは豊富なラインアップを用意している。同社のモバイルノートPCは3つのポイントから幅広いビジネスに有効だ。(2012/12/5)

導入事例:
水登社、Windows 7移行でアプリ仮想化を実施
生産用機械器具メーカーの水登社は、VMware ThinAppによるレガシーアプリケーションの仮想化を採用してシステム移行コストを大幅に抑制した。(2012/11/30)

Windows 8、発売から約1カ月で4000万本販売
Microsoftは、10月26日に発売したWindows 8が11月27日までに4000万本売れたと発表した。Windows 7の発売後約2カ月の販売本数は6000万本だった。(2012/11/28)

XPユーザーが、一刻も早く移行に着手すべき理由
【導入効果】あらためて見直すWindows 7移行のメリットと障壁
2014年4月のサポート期間終了を間近に控えながら、いまだに多くの企業が使い続けているWindows XP。だが移行に必要な時間を考えれば、これ以上作業を先延ばしにすることは難しい。(2012/11/21)

ダウングレード権を行使したWin 7モデルも用意──東芝、企業向け「dynabook」シリーズを一新
東芝が企業向けノートPC 9シリーズを刷新。全機種Windows 8 Proを採用するほか、オフィスニーズに沿い、Windows 8のダウングレード権を行使したWindows 7 Professional搭載モデルもオーダーできる。(2012/11/19)

2014年4月、Windows XPのサポート終了目前
【市場動向】 XPユーザーのための「Windows 8導入を見送るべき理由」
OSの移行先としてほぼ唯一の選択肢だったWindows 7だが、2012年10月26日にWindows 8が登場した。企業はこの新しいOSをどのように受け止めればよいのだろうか。(2012/11/16)

ビジネスニュース 業界動向:
「Windows 8」は発売されたがDRAMの出荷量は増えない
かつてはMicrosoftが新OSを投入するたびに、DRAMの出荷量が増えていた。新OSでハードウェアに求める要件が高まり、PCメーカーがそれに応えていたからだ。しかし「Windows 7」以降、その傾向に変化がある。先週発売された「Windows 8」も、DRAM市場に出荷量の増加をもたらすことはないという。(2012/10/31)

古田雄介のアキバPickUp!:
アキバの深夜販売で垣間見た「Windows 8」の魅力と浸透度
大いに盛り上がった「Windows 8」の深夜販売。Windows 7以上のお祭り騒ぎの中、各ショップの特価品以上に、8 Proの「秋葉原リミテッドエディション」が熱狂の中心にあった。(2012/10/26)

TSUKUMO、BTOデスクトップ「Aero Stream」「G-GEAR」のラインアップを一新
Project Whiteは、同社製デスクトップPC「Aero Stream」「G-GEAR」シリーズのラインアップを改定した。カスタマイズによりWindows 7も選択できる。(2012/10/26)

Proはプラス7350円:
エプソンダイレクト、「Windows 8モデル」の受注を開始
エプソンダイレクトがWindows 8プリインストールモデルの基本構成例価格を公開。シリーズによってBTOメニューより複数のエディションを選択可能、さらにWindows 7のメニューも用意する。(2012/10/23)

Windows 7の導入プロジェクト
Windows 7への移行は必然だった――名古屋工業大学が選択したクライアント管理法
名古屋工業大学は学内のクライアントPC 約550台をWindows 7に移行。さらに、マイクロソフトのシステム管理ツールを導入することで、クライアントPCの運用環境を抜本的に改善した。果たしてその狙いとは。(2012/10/18)

鈴木淳也の「お先に失礼! Windows 8」:
Windows 7ユーザーでよかった──まとめて覚える! Windows 8の“アップグレード”オプション
新OS導入で気になるのが“環境移行”だ。この記事を読めば、「また最初からインストール?」と不安な同僚の美女に「ボクに任せれば心配ないよ」といえる! かも! (2012/10/15)

もちろんWindows 7のBTOメニューも継続:
エプソンダイレクト、「Windows 8」搭載モデル発売日を告知
エプソンダイレクトが、同社製PCのWindows 8搭載モデル受注開始日を告知。あわせてWindows 7のBTOメニューも継続販売する。(2012/10/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
HDD切り替え機能つきのPCケース「Silencio 650」が登場
今からマシンを組むなら、Windows 8のことは無視できない。そんな現状で、Windows 8導入後にWindows 7も便利に使えるアイテムが注目を集めていた。(2012/9/10)

Microsoftライセンスとの賢い付き合い方【前編】
Microsoft「ソフトウェアアシュアランス」のリスクを理解する
Microsoftの「ソフトウェアアシュアランス」というギャンブルは買いか否か。得をするにはどのような条件が必要か。下手をすると、Windows 7を2.6倍の値段で買うことになるかもしれない。(2012/9/10)

Windows 7、世界OS市場で初のWindows XP超え──Net Applications調べ
10月26日のWindows 8発売を控え、現行OSのWindows 7が世界OS市場で初めてWindows XPを超えてトップになった。(2012/9/4)

Windows 8 Proに1200円でアップグレードできる優待購入プログラムの受付開始
6月2日以降にWindows 7搭載PCを購入したユーザーは、このプログラムに登録することで1200円でWindows 8 Proにアップグレードできる。(2012/8/21)

Tech TIPS:
Windows 7のシャットダウンメニューに[更新プログラムをインストールしてシャットダウンする]を追加する
更新プログラムのインストールが可能な場合、[スタート]ボタンの[シャットダウン]ボタンが自動的に[更新プログラムをインストールしてシャットダウン]になる。更新プログラムをインストールせずにシャットダウンしたいことがある。グループ・ポリシーまたはレジストリの設定によって、[シャットダウン]ボタンに[更新をインストールしてシャットダウンする]メニューを追加すると、更新プログラムをインストールせずにシャットダウンできるようになる。(2012/8/17)

オルタナティブ・ブロガーの視点 これからWindows 7を使う方のために:
タスクバーで処理の進行状況を表示する
Windows 7のタスクバーは、ただのアイコン一覧ではない。(2012/8/1)

MicrosoftのRemoteFX改良をめぐる賛否【前編】
ユーザー失望! VDI環境の3Dグラフィックス改良版はWindows 8が必須に
Microsoftは、仮想デスクトップでDirect3Dを使ったグラフィックスをサポートするRemoteFXの機能を大幅に改良した。だが、改良されたRemoteFXは現在主流のWindows 7には対応しない。この点に不満を抱くユーザーが多いという。(2012/8/1)

オルタナティブ・ブロガーの視点 これからWindows 7を使う方のために:
タスクバーへの登録方法
マイクロソフトMVP for Windows Expert-IT Proの木沢氏が、Windows 7の便利な機能を伝授する。(2012/7/31)

Tech TIPS:
Windows 7/8/8.1で更新プログラムのインストールをスキップしてシャットダウンさせる
更新プログラムがインストール可能になっているときに、[シャットダウン]ボタン/メニューをクリックすると更新プログラムのインストールが始まり、シャットダウンがなかなか終わらないことがある。更新プログラムのインストールをスキップするには?(2014/8/20)

Microsoftは「技術的エラー」と弁明:
欧州委員会、Microsoftを独禁法違反対策不履行の疑いで再調査
MicrosoftがWindows 7 SP1に「Webブラウザ選択画面」表示機能を組み込んでいないとして欧州委員会が調査を開始した。Microsoftは非表示は技術的エラーだとし、迅速に対処して謝罪すると発表した。(2012/7/18)

Microsoft、「Office 2013」カスタマープレビューの提供を開始
「Office 15」のコードネームで開発中の次期オフィススイートの正式名称が「Office 2013」になり、カスタマープレビューのダウンロードがスタートした。Windows 7以降で利用できる。(2012/7/17)

LionとWindows 7で性能チェック:
やっぱり欲しい!! 「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」まとめ
サーモグラフィ装置や測色器などを使って「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」の特徴をさまざまな角度から見てきた。最後のまとめとして、Mac OS X/Windows 7でのベンチマークテストの結果を掲載する。(2012/7/12)

富士通、着脱キーボード採用のWindows 7タブレットPC「STYLISTIC Q702/F」
富士通は、ノートPC/タブレットPCの2スタイルでの利用に対応した“ハイブリッドタブレット”こと「STYLISTIC Q702/F」を発表した。(2012/7/10)

「Windows 7」は累計6億本販売 Microsoftが発表
MicrosoftがCOMPUTEX TAIPEI 2012の基調講演で、Windows 7の累計販売本数が6億本を超えたと発表した。(2012/6/7)

専用アプライアンスで「隠れたコスト」を削減
1万台のPCをWindows 7へ一括導入、イメージ展開製品が実現する俊敏なIT
クライアントPC管理にかかわる大部分の作業を自動化し、IT管理者を煩雑な業務から解放する。それによって、PC管理の「隠れたコスト」を削減するとともに、迅速なリカバリを実現することでビジネスに貢献する。(2012/5/29)

Windows XPのサポートコストはWindows 7の5倍――Microsoftが移行を呼び掛け
Microsoftの依頼によりIDCが実施した調査によると、Windows XPを使い続けることは、生産性の低下やセキュリティリスクにつながるだけでなく、サポートコストもWindows 7の5倍掛かるという。(2012/5/28)

Tech TIPS:
Windows 7でフォルダーの名前が変更できない不具合を解消する
Windows 7のエクスプローラで画像ファイルやPDFが含まれるフォルダーの名前が変更できなかったり、削除できなかったりする不具合の解消方法を解説する。(2012/5/25)

検証! XPのサポート問題:
PR:800台のPCを半年でWindows 7に移行しなければならない商社の場合
クライアントPCのOS移行は頭の痛い問題だ。だが、コストや手間を理由に先延ばししていると、取り返しのつかない事態を招くことも……? Windows XPのサポート期限を目前にした、ある企業での事例をシミュレーションしてみよう。(2012/5/18)

Tech TIPS:
USBフラッシュメモリで起動するWindows 7のシステム修復ディスクを作る
事前に「システム修復ディスク」を作成しておけば、「スタートアップ修復」などの機能を利用してシステムの回復を試みることができる。ただし、システム修復ディスクはCD/DVD-Rにしか作成できず、修復にはCD/DVDドライブが必要になる。diskpartコマンドを使えば、USBフラッシュメモリ上にWindows 7のシステム修復ディスクが作成できる。(2012/4/27)

ワークスタイル変革と資産継承の両立:
PR:デルの「Latitude ST」がもたらす新たなクライアント環境の可能性とは?
ノートやデスクトップのPCばかりだった企業のクライアント環境は、スマートフォンやタブレット型デバイスの登場で大きな変化を遂げようとしている。だが、新しいデバイスの多くはコンシューマーユースを想定したものばかり――デルがビジネスユースを前提に開発したWindows 7 スレートPCの「Latitude ST」は、企業ユーザーから大きな注目を集めている。(2012/4/23)

Tech TIPS:
上書き/削除したファイルを「以前のバージョン」で復旧させる(Windows 7編)
誤ってファイルやフォルダを上書き/削除した場合は「以前のバージョン」機能で復旧できる可能性がある。「以前のバージョン」を使えば、ファイルやフォルダの過去のスナップショットにアクセスできる。デフォルトではシステム・ディスクでのみ有効となっているが、データ・ディスクでも使いたい場合は手動で有効にする。(2012/4/20)

Intel、学生向け7インチタブレットをローンチ
Intelは新たな7インチ学習用タブレット「Intel studybook」を発表した。AndroidとWindows 7のデュアルブートが可能なこのタブレットは教育市場に食い込むことができるだろうか。(2012/4/17)

Intel、Atom搭載Androidタブレット「studybook」を発表
Intelが、教育機関向けサービスの一環として、Android/Windows 7を搭載可能なAtomタブレット「Intel studybook」を発表した。(2012/4/11)

Tech TIPS:
Windows 7のシステム修復ディスクを作成する
プログラムの誤動作や設定ミス、コンピュータの故障などによってWindows 7が起動できなくなる可能性は常にある。万一の事態に備えて「システム修復ディスク」を作成しておこう。「システムの復元」などを利用して復旧が可能になる。(2015/9/4)

東芝、法人向けWindows 7タブレット「WT301/D」にペン入力対応モデルを追加
東芝は、法人向モデルとなる10.1型ワイド液晶内蔵タブレットPC「WT301/D」のラインアップに電磁誘導式ペン対応モデルを追加した。(2012/4/5)

ASUS、12.1型WindowsタブレットPC「Eee Slate B121」を個人向けにも販売
ASUSTeKは、12.1型ワイド液晶を内蔵したWindows 7搭載タブレットPC「Eee Slate B121」の個人向けモデルを発表した。(2012/4/3)

3分LifeHacking:
Macの「Boot camp」でWindows 7をインストールしよう!
もしあなたがMacユーザーだとしても、仕事などでWindowsを使いたい機会があるかもしれません。そんなときは本記事で紹介するBoot campの手順に従ってMac PCにWindows 7をインストールしてみましょう。(2012/3/30)

電力コストを2000万円削減、運用管理も効率化
マツダが社内端末1万4000台をWindows 7に移行、その理由と導入効果は?
クライアントPCのOSの移行は企業にとって頭痛の種だ。だがOS移行のメリットは決して小さくない。OSの移行を容易にし、攻めのIT施策を実現するための手段を探る。(2012/4/13)

ユーザー権限のきめ細かなコントロールが鍵
Windows 7移行で動かなくなる既存アプリを安全・簡単に実行する方法
Windows XPと比べてセキュリティが強化されたWindows 7に移行すると、一部のアプリが実行できなくなる。従業員への管理者権限の付与や再開発が一般的な解決策だが、もっと安全で簡単な方法はないのだろうか。(2012/3/27)

マウスコンピューター、7型ワイド液晶を採用した軽量Windows 7タブレット「LuvPad WN701」
マウスコンピューターは、OSとしてWindows 7を採用したAtom搭載タブレットPC「LuvPad WN701」を発売する。(2012/3/26)

NEC、ビジネス向けのWindows 7スレートPCを発売
住友生命が業務用に約4万台導入する予定のベースモデルとなる。(2012/3/21)

NEC、12.1型液晶を搭載した企業向けWindows 7スレートPC「VersaPro タイプVZ」
NECは、12.1型液晶を内蔵するスレートPC「VersaPro タイプVZ」の販売を開始する。(2012/3/21)

Tech TIPS:
リモートアシスタンスの使い方(Windows 7編)
リモートアシスタンスを使えば、ヘルプ・デスク業務において、リモートPCの画面を閲覧するだけでなく、操作や設定変更、ユーザーとのチャットなどができる。(2012/3/16)

オンキヨー、AMD Z01を搭載した企業向けWindows 7搭載タブレット「TW2B-A31B7PH」
オンキヨーは、OSとしてWindows 7 Professionalを導入した企業向けタブレットPC「TW2B-A31B7PH」を発表した。(2012/3/12)

Mac版も準備中:
Facebook、Windows版チャットアプリ「Messenger for Windows」を公開
PC上でfacebook.comを開いていなくても友達とチャットしたり新着情報を入手できるデスクトップアプリ「Windows用メッセンジャー」が、まずはWindows 7向けに公開された。(2012/3/6)

Microsoft、Windows 8での表示言語追加を簡易化
Windows 8では、表示言語がWindows 7より14多い109言語になり、コントロールパネルの言語設定で選択・ダウンロードできるようになる。(2012/2/22)

米TechTarget 2012年IT投資調査
2012年はWindows 7移行が加速──クラウド時代の幕開けは?
米TechTargetが世界各地を対象に行った読者調査により、2012年の企業投資動向が明らかになった。Windows 7への移行が進む一方で、クラウドについても興味深い結果が見られた。(2012/2/10)

2012 International CES:
オンキヨー、Windows 7搭載の20型タッチパネル液晶端末をCES 2012に参考展示
オンキヨーは、社内会議やプレゼン利用などに向く卓上型のマルチタッチ機能搭載20型ワイド液晶ディスプレイ端末を発表した。(2012/1/10)

iOS? Android?:
できるビジネスパーソンはWindowsタブレットを使う! 「Prime Erdes PAD NT1」を試した
ドスパラの「Prime Erdes PAD NT1」は、Windows 7を搭載するタブレットだ。CPUはAMDのZ-01(1GHz)で重さは約875グラムと軽量。見た目はタブレットだが立派にWindows 7が動くPCである。その実力をチェックした。(2011/12/27)

無償ツールでWindows 7の大量導入を大幅に省力化:
MDT 2010でWindows 7を無人インストールする(後編)
無償のMDTツールを使った展開作業の実際。インストールしたいOSとアプリをMDTに登録してネットワーク・ブートすれば、大量導入も手間いらずだ。(2011/12/22)

Windows 7に未解決の脆弱性発覚、Twitterで実証コードが公開に
脆弱性はWindowsカーネルモードの「win32k.sys」に存在するとされ、コード実行の攻撃を受ければフル権限を取得される恐れもあることから、影響は極めて深刻だとSANSは解説する。(2011/12/22)

新機種やタブレットも順次利用可能に──NECのAndroid用「自宅PC遠隔操作」アプリ
NECのLuiリモートスクリーン for Androidは、Androidスマートフォン/タブレットでWindows 7搭載PCの遠隔操作を可能とする。改めてLuiリモートスクリーン for Androidをタブレットでも試してみた。(2011/12/20)

Windows TIPS:
Windows 7から古いNASにアクセスできない場合の対処方法(LAN Manager認証レベルを変更する方法と注意点)
Windows 7へ移行すると、古いNASへのアクセスに失敗することがある。Windows 7と古いNASの間で、ファイル共有に用いられるLAN Manager認証の方式が食い違っていると、このようなトラブルが生じることがある。NAS側で新たな認証方式に対応するのが理想だが、セキュリティ・レベルが下がってもよいなら、Windows 7側の認証レベルを下げることでも対処可能だ。(2011/12/16)

XP→Windows 7/8移行解説:
Outlook Express → Outlook 2010移行ガイド
Windows XP上のOutlook Expressから、Windows 7上のOutlook 2010にアドレス帳やメッセージなどを移行する方法を解説する。Windows転送ツールを利用すれば簡単に移行が可能だ。(2011/12/15)

はじめての“オフィスタブ”にいかが?:
スラスラ手書き、デジタイザーペンが心地よい──Windows 7搭載8.9型タブレット「HP Slate 2」を試す
日本HPより、8.9型サイズのWindowsタブレット「HP Slate 2」が登場する。主に法人向けだが、デジタイザー内蔵、そして8.9型サイズの“ちょっと小さめ/軽め”なボディを特徴とする。(2011/12/15)

Windows TIPS:
システムに自動ログオンする(Windows 7/Windows Server 2008 R2編)
自分しかユーザーがいないPCでは、自動ログオンを有効にしておくと起動後、すぐにPCが使えるようになって便利だ。その設定方法を紹介する。(2011/12/9)

東芝、“次世代Atom”を採用する法人向けWindows 7タブレットPC「WT301/D」
東芝は、10.1型タッチパネルを備えた法人向けWindows 7タブレットPC「WT301/D」を発表した。(2011/12/9)

Tech TIPS:
監査モードで環境複製用のマスターイメージをカスタマイズする(Windows 7/Server 2008 R2編)
Windowsで環境複製用のマスターイメージを作る場合、あらかじめアプリケーションやデバイスドライバなどをインストールしておくと便利だ。sysprepなどから起動できる「監査モード」を利用するとカスタマイズが素早く行える。イメージをさらにカスタマイズして「子」のイメージも作成できる。(2011/12/2)

無償ツールでWindows 7の大量導入を大幅に省力化:
MDT 2010でWindows 7を無人インストールする(前編)
XPの代わりにWin 7 PCを大量導入せよ。もちろんデバドラや社内アプリも全部インストールすること。さてどうする? まさか1台ずつ手作業するつもり?(2011/12/1)

ドスパラ、Fusion APU搭載の10.1型Windows 7タブレット
サードウェーブは、Windows 7搭載タブレット「Prime Erdes PAD NT1」を発売した。CPUにAMD Z01を搭載する。価格は6万9980円。(2011/12/1)

オンキヨー、Windows 7スレート端末「TW」シリーズ3製品の発売日を1週間延期
オンキヨーは、Windows 7搭載スレートPC「TW」シリーズ計3モデルの発売日延期を発表した。(2011/11/30)

日本HP、法人向けスレートPCを投入――3Gモデルも展開
Windows 7 Professionalや8.9インチのディスプレイを採用し、業界最軽量の約690グラムを実現した。(2011/11/29)

日本HP、法人向けのWindows 7搭載タブレットPC「HP Slate 2 Tablet PC」
日本ヒューレット・パッカードは、Windows 7/8.9型ワイド液晶を内蔵したタブレットPC「HP Slate 2 Tablet PC」を発表した。(2011/11/29)

バッファローコクヨ、“国内初”のWi-Fi接続対応ワイヤレスマウス
バッファローコクヨサプライは、Windows 7専用となるWi-Fi接続対応ワイヤレスマウス「BSMLW15D」シリーズを発表した。(2011/11/28)

さよならWindows XP:
スマートデバイスにWindows 7、そのメリットは
オフィスではデスクトップPC、外出先ではノートPC。企業で働くビジネスマンにとって、これが従来の一般的なITの使い方だった。しかし、新しいスマートデバイスの登場により、そのスタイルは変化しつつある。企業にとって安心できるのは、どんな端末なのか。(2011/11/25)

さよならWindows XP:
Windows 7移行を失敗したくないアナタのために
長年、Windows XPをクライアントOSとして利用してきた企業にとって、クライアントOSを最新版に入れ替えるのは、苦労が目に見える作業だ。出来る限り手間をかけずに移行する方法を探る。(2011/11/18)

エイサー、AMD C-60採用のWindows 7タブレット「ICONIA TAB W500S」
「ICONIA TAB W500S」はAMD APUを採用したWindows 7搭載の10.1型タブレットPC。モデルチェンジに伴い、APUをC-50からC-60に強化した。(2011/11/16)

スレートPCからDLNA対応スピーカーまで:
「WindowsとAndroidのタブレットで幅広い領域をカバー」――オンキヨーの2011年秋冬モデル
「ビジネスの重点をスレートに置く」と意気込むオンキヨー。多様なニーズに対応すべく、ペン入力が可能なWindows 7搭載スレートPC、Android 3.2タブレット、その周辺機器を投入する。(2011/11/16)

2011年PC秋冬モデル:
オンキヨー、法人向けのWindows 7/Androidタブレットなど秋冬製品を一挙投入
オンキヨーは、Windows 7搭載タブレットPC/Androidタブレット端末など2011年秋冬モデル計9製品を発表した。(2011/11/16)

Tech TIPS:
sysprep用の応答ファイルを作る(Windows 7/Server 2008 R2編)
sysprepコマンドを使うと、Windows OSインストール用のマスタとなるディスク・イメージを作成できる。sysprepコマンドに無人セットアップ用の応答ファイルを与えると、システムのインストールを自動的に行える。sysprep用の応答ファイルは、Windows AIKに含まれる「Windows システム イメージ マネージャー」で作成できる。(2011/11/11)

さよならWindows XP:
XP資産を延命する、アプリの「塩漬け」
Windows 7への移行をためらう理由の1つとしてWindows XPアプリケーションの継続利用がある。XPモードで過去の資産を生かすことは可能だが、あくまでも「延命策」であることを念頭に置いてほしい。(2011/11/11)

HP、Windows 7タブレット「Slate 2」を発表
HPが、Window 7搭載のビジネス向けタブレットを発表した。価格は699ドルからで、11月中に世界で発売する。(2011/11/4)

Windows 7 スレートPCで社員の活力をUP:
PR:エンタープライズ流のスマートな使い方を実現するデル「Latitude ST」
企業の競争力をいかに高めるか――この課題を解決するために、新たなクライアントデバイスの活用が注目を集める。デルが新たに提供するWindows 7 スレートPCの「Latitude ST」は、企業ユーザーがクライアントデバイスに求める要件を満たすべく開発された。その実力を紹介しよう。(2011/11/2)

自宅PCをスマホで遠隔操作──「Android版Luiリモートスクリーン」を試す
NECがAndroid版「Luiリモートスクリーン」を公開。スマートフォンで自宅のWindows 7搭載PCを遠隔操作できるようになる。(2011/10/31)

“窓辺ななみ”特典付きのDSP版Windows 7 Ultimate限定パッケージが各ショップにて販売
日本マイクロソフトは、Windows 7 Ultumate DSP版と限定版マウス「TOUCH MOUSE Limited Edition」をセットにしたパッケージを発表した。(2011/10/31)

MSI、Windows 7搭載タブレット「WindPad 110W」の仕様を一部改定――メモリを4Gバイトに
エムエイスアイコンピュータージャパンは、Windows 7搭載タブレットPC「WindPad 110W」の仕様を改定、内蔵メモリ4Gバイトとして出荷を開始する。(2011/10/28)

次世代 新Windows「Windows 8」プレビュー:
第2回 Window 8の機能の概要
Windows 8で利用できる「役割」は、Windows 7/Server 2008 R2と何が違うのか? 主要な役割とその変更/強化点などについて解説。(2011/10/27)

「Microsoft Windows XP」が発売10周年 いまだOSシェアでトップ
Microsoftの先々代のOS「Windows XP」が10月25日で発売10周年を迎えた。同OSのシェアはいまだに47%でWindows 7の30%を上回っている。(2011/10/26)

三井住友海上、保険の契約手続き業務にWindows 7 スレートPCを導入
自動車保険と火災保険の契約手続きをタブレット端末上で完結できる新システムを開発し、11月から運用を開始する。(2011/10/11)

Windowsタブレットは開花するか:
Windows 7搭載タブレットとしては上々、ただし──「LaVie Touch」実力検証
NECが2011年PC秋冬モデルとして、10.1型サイズの“Windowsタブレット”を発売した。タブレット/ノートPC、利用シーン別使い分けられる「2Wayスタイル」がどう使えるか、使い勝手とパフォーマンスをチェックする。(2011/10/7)

Tech TIPS:
[送る]メニューに項目を追加する方法(Windows 7/8.x/10編)
エクスプローラーの[送る]メニューを使うと、決まった場所やアプリケーションへファイルを素早く渡せる。[送る]メニューを追加または削除するには、各ユーザーのSendToフォルダの内容を変更すればよい。その方法は?(2015/11/24)

ASUS、法人向けのCore i5搭載Windows 7タブレット「Eee Slate B121」
ASUSTeKは、OSとしてWindows 7 Professionalを導入した12.1型タッチパネル内蔵タブレットPC「Eee Slate B121」を発売する。(2011/9/22)

Tech TIPS:
Windowsで仮想ディスク(VHD)のディスクサイズを縮小する
仮想ディスク(VHD)のディスク・サイズを縮小したいことがある。しかしWindows 7の標準のディスク管理ツールでは、ボリュームは縮小できるがディスクのサイズは縮小できない。VHD Resizerというツールを併用すれば、VHDのディスク・サイズを縮小できる。(2011/9/16)

ドコモ、「Windows 7ケータイ F-07C」のソフト更新を開始
NTTドコモは、富士通製「Windowケータイ F-07C」のケータイアップデートを開始した。GPSを使ったあとに端末が再起動する不具合を解消する。(2011/9/16)

無償ツールで仮想化による移行を実現する:
Windows XP→Windows 7丸ごと引っ越しテクニック(後)
物理PCから仮想化したばかりのWindows XP環境は起動に失敗することがある。その対策とは? 移行先の仮想マシンの起動から、実運用のための環境整備まで解説する。(2011/9/15)

BUILD:
「Windows 7+WinRT=Windows 8」──明らかになるARMが動く“仕掛け”
Microsoftの開発者カンファレンス「BUILD」が始まり、Windows 8の概要が発表された。開発リーダーは、このイベントを「Windows 8のローンチ」と宣言した。(2011/9/15)

Windows 8は起動時間を高速化 7に比べ3〜7割高速化
Windows 8ではコールドスタートとハイバネーションの中間のような起動方法を取り入れることで、Windows 7のコールドスタートと比べ30〜70%高速化しているという。(2011/9/9)

無償ツールで仮想化による移行を実現する:
Windows XP→Windows 7丸ごと引っ越しテクニック(前)
Windows 7に対応していないアプリケーションを含む既存のWindows XP環境を、無償ツールで仮想化してWindows 7へ移行する。前編では前提条件から仮想マシン作成まで解説する。(2011/9/8)

モバイルWi-Fiホットスポットの企業利用【後編】
Windows 7搭載機をモバイルWi-Fiスポットとして使う
業務用に適したモバイルホットスポットソリューションとは? Windows 7搭載Netbookを例に、設定方法や各種役立つ情報をまとめた。(2011/9/7)

ようやくまともに楽しめそう:
MSIの「WindPad 110W」で、タブレットPCで使うZ-01とWindows 7の可能性を考えた
Fusion APUの省電力モデルには、「E」と「C」、そして、組み込み系も想定した「Z」シリーズがある。その“Z”なFusion APUを搭載するタブレット“PC”を使ってみた。(2011/8/17)

普通のタブレットに飽き足らない人へ:
“ハイブリッドモーションPC”はアリなのか?――「FMV LIFEBOOK TH40/D」実力診断
キーボード付きのタブレット、といってもAndroidではありません。Windows 7のフル機能とキーボードを薄型軽量タブレットに詰め込んだ「TH40/D」、果たしてその実力は!?(2011/8/15)

Windows 7搭載PCが年末までに世界の42%に――Gartner予測
2011年に出荷されるPCの94%にWindows 7が搭載され、年末までに同OSのシェアは42%になるとGartnerは予測する。(2011/8/10)

80億ドルを超えるEA収入に危険信号
Windows 8の発表を急いだMicrosoftの焦りの正体
Windows 8のプロモーション開始は、ユーザーのWindows 7移行にブレーキをかけかねない危険な賭けだった。Microsoftは、なぜこのリスクを冒してWindows 8の発表を急いだのだろうか?(2011/8/8)

10ドルのUSBメモリでパフォーマンスアップ
Windows 7の「ReadyBoost」機能の正しい使い方
Windows Vista/7のReadyBoostは、低スペックのPCを低コストで高速化する機能だ。しかし、速度向上を実現するには正しい理解と正しい使い方が必要だ。(2011/8/5)

Windows 7の採用企業が増加 IDCのビジネスPC市場調査
IT調査会社のIDC Japanは、国内ビジネスPC市場に関するユーザー調査結果を発表した。(2011/8/3)

外付けタッチパッドとかトラックボールタイプもほしいのですが:
「マウスは終わらない、進化は続く」──MS、“Windows 7専用”を含む新機軸マウス「Touch」シリーズ
日本マイクロソフトが、タッチセンサーを内蔵するマルチタッチ対応マウスを投入。Windows 7の操作性向上をポイントに、ユーザーに“なるほど使いやすい”と感じてもらえるよう機能を盛りこんだ。【デモ動画を追加】(2011/8/2)

Lenovo Tablet news:
ThinkPad K1とIdeaPad K1が入手可能に、IdeaPad P1は第4四半期にリリース
Lenovoから一挙3モデルリリースされるタブレットは、Windows 7モデルもあれば、Androidモデルもありと、注目を集めている。(2011/8/1)

App Town ユーティリティ:
iPadがWindows 7搭載PCのサブディスプレイに――「Splashtop XDisplay」
米Splashtopは、iPadがワイヤレス接続でWindows 7搭載PCのサブディスプレイになる無料アプリ「Splashtop XDisplay」をリリースした。(2011/7/29)

Windows 7の市場シェアは33%
Windows 8を待つべきか? 岐路に立つWindows 7移行の現場
Windows 7に移行するか、Windows XPに踏みとどまるか。大企業とSMBの間で温度差が生じている現状に、「Windows 8」というファクターの登場が複雑性を増大させている。(2011/7/29)

Splashtop、iPadがWindows 7の拡張ディスプレイになるアプリ「Splashtop XDisplay」を公開
米Splashtopは、iPadをWindows 7の拡張ディスプレイとして利用可能とする「Splashtop XDisplay」の提供を開始した。(2011/7/28)

マウスコンピューター、Windows 7/Atom搭載タブレット端末「LuvPad WN101-P」
マウスコンピューターは、10.1型ワイド液晶を内蔵するWindows 7搭載タブレット型PC「LuvPad WN101-P」を発表した。(2011/7/26)

手のひらサイズPC+ケータイ――「Windows 7ケータイ F-07C」 7月23日に発売
FMV LOOXの系譜に連なる、Windows 7搭載PCとiモードケータイの一体型端末「Windows 7ケータイ F-07C」が7月23日に発売される。(2011/7/21)

小規模導入で役立つ裏技を紹介
Windows仮想デスクトップライセンスを賢く導入する3つの方法
Windows 7上でXPモードを使いWindows 7のVMを無償で実行する方法、有償のデスクトップ仮想化ライセンスの選び方、最もシンプルなMicrosoftボリュームライセンスプログラムの3つを紹介する。(2011/7/21)

ライセンス管理の課題、ツール
複雑なWindowsライセンス管理──究極は「管理しない」こと?
Windows 7には複数のエディションと複数の購入方法があり、ライセンス管理は困難を極める。これを助けてくれるツールと、「究極の方法」を紹介する。(2011/7/19)

Atom搭載Androidも──KOUZIRO、分離キーボード仕様の10.1型タブレット2モデル
KOUZIROが“分離キーボード”仕様の10.1型タブレットを投入。Android 2.2とWindows 7搭載モデルを用意し、主に業務シーン向けのモデルとして展開する。(2011/7/18)

Windows 7への移行に最適なツールを選ぶには(前)
MicrosoftのWindows 7移行ツールが不評な理由
Windows 7へのアップグレードを支援する移行ツールは市場に多く存在する。自社に最適なツールを判断するための手掛かりを紹介しよう。(2011/7/15)

Dellの近日発売予定のWindowsタブレットはどのような製品か
DellはWindows 7を搭載する10型のタブレットを開発中だが、その仕様などが少しずつ明らかになりつつある。(2011/7/13)

F-12C/BlackBerry Bold 9780/AQUOS PHONE f SH-13C/F-07C用アクセサリー20種類
エレコムは、ドコモの「F-12C」「BlackBerry Bold 9780」「AQUOS PHONE f SH-13C」「Windows 7ケータイ F-07C」に対応したアクセサリー合計20種類を、本体の発売に合わせて順次発売する。(2011/7/12)

「Windows 7」の販売本数が4億本突破――バルマーCEO
MicrosoftのバルマーCEOがロサンゼルスで開催中のWPCで、すべての顧客がWindows 7に移行するのが最上の道と語った。(2011/7/12)

Microsoft、「Surface 2.0」のSDK公開へ――Windows 7でも利用可能に
ハイテクテーブル「Surface」の次期版2.0はWindows Phoneに似たタイルUIを採用。新SDKで開発したアプリは、Windows 7搭載のタッチ対応PCでも利用できる。(2011/7/11)

Windows 7の簡略版がついに登場
旧式PCでWindows 7の機能を実現する「WinTPC」リリース開始
Windows 7の簡略版「Windows Thin PC」がリリースされた。メモリやCPUの性能不足からWindows 7をインストールできないPCでも、これを使えばWindows 7の機能を利用することができる。(2011/7/5)

Windowsであることが重要なのだよ:
“キミに使いこなせるか?”と挑まれている……ようだ──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(後編)
小さすぎる、遅いのでは……「確かに」そうだ。ただ、それは使い方によってかなり補える、と思う。後編では利用シーンを考察しつつ、ソフトウェアとパフォーマンスをチェックする。(2011/7/2)

重量218グラムの世界最小PC:
解き放てっ、“LOOX”愛──「Windows 7 ケータイ F-07C」の可能性を探る(前編)
重量200グラム台の通信機能付きポータブルデバイスといえば、iPhoneやAndroidスマートフォン……だけじゃない。実はWindows 7もそうだ。発売前のWindows 7 ケータイ F-07CをPC的にチェックする。(2011/7/1)

MSI、Fusion APUを採用したWindows 7搭載タブレットPC「WindPad 110W」
エムエスアイコンピュータージャパンは、10.1型ワイド液晶ディスプレイを内蔵したタブレットPC「WindPad 110W」を発表した。(2011/7/1)

タイル型インタフェースやタッチスクリーン
Windows 8の新機能に、どう「タッチ」すべきか?
2011年6月に公開されたWindows 8の新インタフェース。Windows 7やそれ以前のOS用の「レガシーアプリ」の存在が、Windows 8の新機能の全面的な導入をためらわせている。(2011/6/30)

ネットアイキュー、AD管理ツールの最新版 Windows 7やIE9に対応
ネットアイキューは、同社のActive Directory管理ツールの最新版を発表した。新たにWindows 7やInternet Explorer 9などに対応する。(2011/6/28)

アスク、AverMedia製の3波デジタル対応テレビチューナーカードを発売
アスクは、台湾AverMedia TECHNOLIGIES製となるWindows 7専用の3波デジタル対応テレビチューナーカード「AVT-A77S」を発売する。(2011/6/24)

地デジPCで堅調、マイクロソフトが夏商戦個人PC販促キャンペーン
日本マイクロソフトが2011年PC夏商戦の施策を説明。地デジ化、節電などのアピールポイントでWindows 7搭載PCの販促キャンペーンを6月下旬より実施する。(2011/6/15)

ビジネスで活用するタブレットデバイス:
PR:スレート型 PCをスムーズに導入するコツとは?
タブレットデバイスをビジネスで活用しようとする企業が増えている。しかし導入の際には、既存の社内ネットワークとの親和性やセキュリティなど十分な注意が必要だ。システム管理者の視点から、Windows 7 スレート型 PCの導入メリットを見ていこう。(2011/6/13)

Windows Embedded Standard 7概論(5):
Windows Embedded Standard 7 SP1でアップデートされた機能
Windows 7 SP1の提供開始に伴い、Windows 7をベースとする組み込みOS「Windows Embedded Standard 7」でもSP1に対応したバージョンがリリースされた。今回は、特に重要なアップデート内容について解説する。(2011/6/10)

互換性の評価に欠かせない調査とテスト
Windows 7移行を阻むレガシーアプリの解決法
Windows 7への移行における最大の課題は、レガシーアプリケーションとの互換性にある。新しいOSが登場したからといって、既存のアプリケーションでアップグレード版が提供されるとは限らないからだ。(2011/6/9)

完全在宅勤務も:
日本HP、全社員のPCをWindows 7に移行し節電対策を実施
日本HPが夏の節電対策を発表。6月1日から9月末までの4カ月間、全社員のPCのOS移行や在宅勤務、ディスプレイの利用制限などを行う。(2011/6/6)

Windows XPといつ決別する?
Windows 7へのアップグレードは是か非か?
Windows 8が姿を現しつつあるが、企業が検討すべきはWindows 7をどうするか、である。いまだにWindows XPを使用している企業も多いが、そろそろアップグレードの是非を決める時期だろう。(2011/6/6)

なんと電球1個より省電力:
PR:“節電”をより実践できる2万9820円のミニミニPC、「Endeavor NP15」導入のススメ
省電力なWindows 7搭載PCが2万9820円から手に入る。机上にちょこんと置けるエプソンダイレクトの「Endeavor NP15」はかわいらしいボディながら、れっきとした家族向け/ビジネス向けのPCだ。(2011/5/30)

動画でも解説:
“DOS/V”襲来以来の変革期が訪れたと思っている──富士通、「Windows 7ケータイ」開発意図を説明
富士通が世界最小のWindows 7搭載PC「Windows 7ケータイ F-07C」の単独発表会を開催。OSを提供する日本マイクロソフト、プロセッサーを提供するインテルも登壇し「これまでなかった、わくわくさせる画期的なデバイス」と期待を寄せた。(2011/5/26)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。