ニュース
» 2020年01月21日 06時01分 公開

古田雄介のアキバPick UP!:激速ブートの夢へ――PCIe 4.0対応のM.2 SSD×4本挿しカードが登場 (1/4)

Windows 7終了の影響が広がっているアキバには、超高速なブート環境が構築できるPCIeカード「Hyper Quad M.2 Card」や、Ryzen Threadripper向けのROG STRIXマザーボードなど、ハイエンド構成が狙える新製品が多数登場した。

[古田雄介,ITmedia]

 先週、ASrockからPCIe x16スロットに接続するM.2 SSD増設カード「Hyper Quad M.2 Card」が登場して話題を集めていた。価格は1万3000円前後(税込み、以下同)だ。

Hyper Quad M.2 Card ASrock「Hyper Quad M.2 Card」のパッケージ
Hyper Quad M.2 Card カードの表面
Hyper Quad M.2 Card 厚みは1スロット分で、6ピンの補助電源コネクターを搭載している

熱が心配だけど魅力的――ASRockのPCIe 4.0対応M.2 SSDカード

 Hyper Quad M.2 Cardは、2019年2月に登場した「Ultra Quad M.2 Card」の後継モデルで、M.2 PCIe SSDを斜めに4本挿せる仕様は共通している。Hyperは新たにPCIe GEN4.0に対応したのが最大の特徴だ。サポートするマザーボードはASRock指定のX299/X399/TRX40チップセット搭載モデルで、ブータブルSSDに指定できる(X299マザーはIntel VROC対応が必須)。

 入荷したTSUKUMO eX.は「PCIe 4.0タイプ4本で激速のブート環境を作れるのが魅力ですね。ただ、PCIe 3.0よりさらに発熱しやすいので、そのへんの処理をうまくやる必要があるでしょうね」と話していた。

 同様に、排熱にテクニックがいると語るショップは多い。「内部の冷却構造がUltraと同じなのが気になりますね。5cm径のファンだけで処理しきれるのか。ヒートシンクも2段占有くらいに大型化してもよかったかも」(某ショップ)とのコメントも聞いた。

 ただし、それでもポテンシャルの高さから注目されており、超ハイエンド構成で組む際の有力な選択肢となっている様子だ。オリオスペックは「プライベート用で25万円以上するRyzen Threadripper 3970Xを選ぶ人も普通にいますし、購入する価格帯の幅が広がっているのは確かですね」という。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう