2019年の国内PC出荷台数は1570万台 2020年は1157.5万台に減少か――MM総研

» 2020年03月10日 18時30分 公開
[井上翔ITmedia]

 MM総研は3月10日、2019年1月〜12月の国内におけるPCの出荷実績に関する調査結果を発表した。Windows 7のサポート終了に伴い、同年の出荷台数は過去最高の1570万台(前年比41.5%増)、出荷総額は1兆4407億円(前年比43.4%増)となったという。

メーカー別動向

 2019年のメーカー別シェアの上位5社は以下の通り。かっこ内は出荷実数と、前年からの出荷台数の伸び率を示している。

  • 1位:NECレノボ……26.8%(420万3000台:前年比40%増)
  • 2位:日本HP……18.6%(292万台:前年比82.5%増)
  • 3位:デル……16.3%(255万5000台:前年比46.6%増)
  • 4位:富士通……15.9%(249万2000台:前年比27.5%)
  • 5位:Dynabook:7.7%(120万2000台:前年比29.2%増)

 シェアの伸び率では日本HPが一番大きく、全体シェアで2位に付けた。一方、富士通は出荷台数は伸びたものの、全体シェアの順位が2位から4位となった。

シェア 2018年の出荷台数のメーカー別シェア(出典:MM総研、小数点以下は四捨五入)
シェア 2019年の出荷台数のメーカー別シェア(出典:MM総研、小数点以下は四捨五入)

ルート(販路)別動向

 ルート(販路)別に2019年の出荷実数を見た場合、個人系ルートは424万台(前年比18.4%増)で、2015年から続いた減少トレンドに歯止めがかかっている。

 一方、法人系ルート(企業・官公庁向け販売)は実績が1146万台(前年比52.6%増)と、過去最高の実数を記録した。第1四半期(1〜3月)は、前年同期比で台数が微減したものの、それ以降の3四半期は前年同期比で台数を伸ばし、特に第3四半期(7〜9月)は前年同期比36%増、消費増税後の第4四半期(10〜12月)も前年同期比34%増となったという。

ルート別 ルート別の出荷台数の推移(出典:MM総研)

2020年は「反動減」予測 ただし中長期的には「拡大基調」か

 MM総研では、2020年のPC出荷台数は前年比26.3%減の1157万5000台と予測している。内訳は、個人系ルートで3645万5000台(前年比14.0%減)、法人系ルートで793万台(前年比30.8%減)で、Windows 7の延長サポート終了に伴う買い替え需要が一巡したことによる「反動減」を見込んだものだという。

 ただし同社では、働き方改革によりテレワーク(リモートワークや在宅勤務)によるモバイルPCに対する需要や、eスポーツを始めとするPCの用途拡大により、中長期的にはPC市場は拡大基調になるとも予測している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月13日 更新
  1. 「Echo Spot(2024年発売)」はスマートスピーカーでもなければスマートディスプレイでもない! 時計利用にフォーカスした新モデルを試す (2024年07月11日)
  2. 狭い場所でも作業しやすいサンワサプライのペン型マウス「400-MAWBT202」 ChromebookやiPadなどにつないでみた結果 (2024年07月11日)
  3. 日本HP社長も愛用のHyperXブランドから新型キーボード/マウス/バックパックが登場! 実機を試して分かったこと (2024年07月12日)
  4. GPUの「レイトレーシング処理」改良の歴史をひもとく【GeForce RTX 30シリーズ編】 (2024年07月12日)
  5. 新型「Fire TV Stick 4K」と「Fire TV Stick 4K Max」はどちらを選べばいい? ポイントをチェック! (2023年10月13日)
  6. “デスクトップSSD”のメリットとは? 写真の保存に関する不安 (2024年07月11日)
  7. 実は安い? 正当進化なカラー電子ペーパー端末「BOOX Go Color 7」は、快適な読書体験ができるオススメな1台 (2024年07月10日)
  8. まだ間に合う! Steamで「Steamサマーセール2024」開催中! 最大90%以上オフのタイトルも (2024年07月08日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. ロジクール、実売6000円台のワイヤレスキーボード+マウスセット (2024年07月11日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー