ニュース
» 2020年03月06日 16時29分 公開

2019年のPC国内出荷は前年比45.7%増の活況 IDC調べ

IDC Japanは、日本国内における2019年のトラディショナルPC市場出荷実績値の発表を行った。

[ITmedia]

 IDC Japanはこのほど、日本国内における2019年のトラディショナルPC市場出荷実績値の発表を行った。

 この調査結果によると、2019年通年で法人市場は前年比率59.7%増の1259万台、家庭市場では同比18.1%増の475万台を実現。全体では同比45.7%増の1735万台という大幅増となった。同社では、Windows 7の延長サポート終了前にWindows 10へ移行する動きが法人市場、個人市場ともに特需の要因となったと分析している。

 メーカー別シェアではレノボ/NEC/富士通グループがシェア40.3%で1位を維持。2位のHPは3.6ポイント増の18.2%、3位のDellも1.9%増の15.5%となっている。

photo 2019年 国内トラディショナルPC出荷台数 トップ5カンパニーシェア

関連キーワード

IDC | PC市場 | Dell | 富士通 | HP | レノボ | NEC(日本電気) | 調査 | Windows 10


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう