ニュース
» 2019年11月22日 14時09分 公開

消費税増税で“10万円未満”のノートPCに人気が推移 BCN調べ

BCNが、消費税増税前後のノートPC市場の変化についてのレポートを発表した。

[ITmedia]

 BCNは11月22日、2019年の消費税増税によるノートPC市場の変化についてのレポートを発表した。

photo

 家電量販店およびネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」のデータによると、消費税増税前の2019年9月までは「10〜15万円」価格帯のノートPC販売台数の比率が断続的に増加していたが、消費税増税後の10月に入るとこの動きが反転し「10万円未満」の価格帯が伸張する結果となっている。

photo

 またメーカー別での台数シェアにも動きが見られた。増税前の9月にはNECと富士通、Dynabookがシェアを伸ばしていたが、増税後の10月にはそろって勢いを失い、レノボ・ジャパンとASUSが大きくシェアを伸ばしている。

関連キーワード

消費税増税 | BCN | 消費税 | 販売台数


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう