ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プリントヘッド」最新記事一覧

3Dプリンタニュース:
フルカラー/マルチマテリアル対応の3Dプリンタを発売
ストラタシス・ジャパンは、フルカラーでマルチマテリアル対応の3Dプリンタ「Stratasys J750」の日本国内での販売を開始した。塗装や組み付けなどのポストプロセスを必要とせず、作業を効率化できる。(2016/7/21)

ストラタシス・ジャパン Stratasys J750:
36万色フルカラーの第3世代マルチマテリアル対応「3Dプリンタ」国内販売開始
ストラタシス・ジャパンは、マルチマテリアル&フルカラー対応のハイエンド3Dプリンタ「Stratasys J750」の国内販売開始を発表。実機によるデモンストレーションを、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」で披露した。(2016/6/30)

あなたの知らないプリンタの世界:
戦隊ヒーローに変身できそう? 腕にセットする“装着型プリンタ”が物流現場を変えている
右腕にセットされた見慣れないガジェット。まるで戦隊ヒーローに変身できそうな見た目ですが……? 実はこれ、装着型のインクジェットプリンタです。どんな場所で活躍しているのでしょうか。(2016/5/12)

エプソン、従来比3.8倍の高速印刷を実現した44/64インチ対応の大判プリンタ2機種4モデル
エプソンは、水性顔料大型インクジェットプリンタ製品のラインアップに最上位モデル「SC-P10050」「SC-P20050」の2シリーズを追加した。(2016/5/10)

省・小・精の技術革新で人やモノと情報をつなぐ:
エプソン、2025年度までの長期ビジョンを策定
セイコーエプソン(以下、エプソン)は、2025年度を最終年度とする長期ビジョン及びその第1期中期経営計画をまとめた。売上高は2015年度予想の1兆1000億円に対して、2025年度には1兆7000億円を目指す。(2016/3/18)

キヤノンMJ/3D Systems ProJet MJP:
最終製品の製造にも使える3D Systems製マルチジェット3Dプリンタ
キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、3D Systems製マルチジェット3Dプリンタの新モデル「ProJet MJP 3600/3600 Max」および「ProJet MJP 5500X」の販売を2016年3月上旬より開始する。(2016/3/2)

これがA3の決定版:
PR:プリンタの達人がA3インクジェット複合機「MFC-J6973CDW」をおススメする理由
SOHO/SMB環境においてビジネスプリンタに求められるニーズを1台でまかなえるのが複合機だ。中でもA3用紙対応でマルチファンクション(スキャン/コピー/プリント/FAX)なインクジェット複合機は、さまざまなビジネスシーンで活躍してくれる。(2016/2/29)

おもちゃ工場はじめました 自分でおもちゃを作って出力できる3Dプリンタ「ThingMaker」
自分で遊ぶおもちゃは自分で作る。(2016/2/16)

工場ニュース:
インクジェットプリントヘッドの新工場を建設、生産能力を3倍に
セイコーエプソンは、同社広丘事業所(長野県塩尻市)にインクジェットプリントヘッドを生産する新工場を建設すると発表した。インクジェットプリントヘッドの生産能力を約3倍に増強する予定だという。(2016/2/4)

新しい働き方にフィットするOKIデータの複合機:
PR:社内の無駄とストレスを削減! A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」モニターインタビュー(開発部門編)
OKIデータの「COREFIDO3」シリーズを実際のビジネス現場に導入し、その使い勝手を確かめてもらうモニター企画。前回に続き、今回はGameBankの開発部門の方に話を伺った。(2016/1/26)

Stratasys MakerBot Replicator:
MakerBot第5世代向け新型3Dプリントヘッド
ストラタシス・ジャパンは、MakerBot第5世代3Dプリンタ用プリントヘッド「MakerBot Smart Extruder+」の国内出荷を開始した。(2016/1/18)

モニター企画で仕事コストのダイエットを体験:
PR:社内の無駄とストレスを削減! A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」モニターインタビュー(管理部門編)
5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供という手厚いサポートに加え、シンプルな構造のLED方式であることを生かした「メンテナンスバリアフリー設計」と「クラウドメンテナンスプラットフォーム」により、高いメンテナンス性を誇るOKIデータの「COREFIDO3」シリーズ。スマートフォン向けゲームを開発する先進IT企業で、A3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」を実際に導入していただき、その感想を聞いた。(2016/1/14)

3Dプリンタの可能性を探る(10):
100ドル3D工作機械「OCPC Delta Kit」で何を作る?
慶應義塾大学 環境情報学部および総合政策学部の1〜2年生を対象に、レーザーカッターで加工されたMDF(繊維板)、電子部品などで構成される100ドル3D工作機械「OCPC Delta Kit」を用いた授業が行われた。仕掛け人は、同学 環境情報学部 准教授の田中浩也氏だ。記事後半では、未来の図書館や博物館に設置されるかもしれない3Dプリンタを紹介する。(2016/1/7)

3Dプリンタニュース:
第5世代「MakerBot Replicator」向け新型プリントヘッド登場
ストラタシス・ジャパンは、高性能かつ長寿命を実現したMakerBot第5世代3Dプリンタ用プリントヘッド「MakerBot Smart Extruder+」の国内出荷を2016年1月18日より開始する。(2016/1/6)

3Dプリンタニュース:
RS、「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュールと3Dプリンタをセット販売
アールエスコンポーネンツは、ムトーエンジニアリング製パーソナル3Dプリンタ「MF-500」と、同社の無償3次元CADツール「DesignSpark Mechanical」の拡張モジュール「Exchange」および「Drawing」を組み合わせた「3Dプリンターセット」の販売開始を発表した。(2015/12/9)

日本TI DLP9000X:
3Dプリンタ向けの高速/高解像度DLPチップセット
日本テキサス・インスルメンツは、400万枚以上の微小ミラーを備えたDLPチップセット「DLP9000X」を発表した。3Dプリンタやリソグラフィなどのアプリケーション向けで、高い動作速度と分解能を備えている。(2015/10/30)

テクノロジーを知れば納得:
PR:オフィスプリンタに「エプソンのスマートチャージ」を選ぶべき3つのポイント
“おトク”なオフィスプリンタ/複合機の利用サービスとして注目されている「エプソンのスマートチャージ」。それはエプソンが長年培ってきた独自技術に支えられて、初めて実現可能なサービスだった。(2015/10/28)

3Dプリンタニュース:
Wi-Fi機能だけじゃない! 新型プリントヘッド搭載「ダヴィンチ Jr. 1.0w」
XYZプリンティングジャパンは、Wi-Fi機能を搭載したパーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr. 1.0w」の販売を2015年10月30日より開始する。販売価格(税込)は5万9800円。(2015/10/27)

エプソン、秋田にプリンタヘッド生産用工場を建設開始――将来的に“生産能力を約3倍”に
秋田エプソンは、インクジェットプリンター用ヘッドの生産力増強を目的とした新工場の建設を開始すると発表した。(2015/10/21)

インクジェットプリンタ好調で:
エプソン、秋田にプリントヘッド新工場建設へ
セイコーエプソンは2015年10月21日、インクジェットプリンタ用ヘッドの生産能力増強を目指し、総額約34億円を投じて、秋田エプソン(秋田県湯沢市)に新工場を建設すると発表した。(2015/10/21)

社内のプリント代をもっと削減したい:
PR:“導入コスト0円”のA3カラー複合機! 「エプソンのスマートチャージ」を導入してみた
「エプソンのスマートチャージ」を利用すると、レーザー複合機に比べてプリントコストを大幅に削減できるらしい。ITmediaで実際に導入し、試してみることにした。(2015/9/18)

“100万円相当”の最新複合機を導入できるチャンス:
PR:仕事コストをダイエットできるA3カラーLED複合機――OKI「COREFIDO MC883dnwv」モニタープレゼント募集!
新発想のセルフメンテナンスサービスにより、プリンタ/複合機のダウンタイムを大幅に削減できるA3カラーLED複合機「COREFIDO MC883dnwv」を導入してみませんか? 107万7840円(税込)の複合機本体に、5年間無償保証とメンテナンス品5年間無償提供もお付けします。PC USER読者限定のモニタープレゼント募集となりますので、この機会をお見逃しなく!(2015/9/18)

競合最安値の新鋭プリンタ:
A3ノビ対応で2万円を切る「HP Officejet 7510」の“戦略的費用対効果”を検証する
世界市場トップのHP Inc.が日本市場における起死回生を目指して投入する新モデルは、コストを抑えつつ多彩な機能を導入した。その使い勝手を試してみた。(2015/9/1)

ボディカラーも変更:
キヤノン、個人向けプリンタ「PIXUS」15年秋冬モデル――黒と赤が映える新インク、Instagram連携や“動く写真”も
キヤノンは「PIXUS」シリーズの個人向けA4インクジェット複合機5機種を9月3日に発売する。インテリアと調和するカラーバリエーションの追加や、色の再現性が向上した新インク、アプリのリニューアルが特徴だ。(2015/8/26)

5年間無償保証+メンテナンス品5年間無償提供も健在:
スマホ/クラウドで複合機のダウンタイムを削減――OKIデータ「COREFIDO3」
OKIデータのLEDプリンタ/複合機「COREFIDO」が第3世代へ進化。初代の「保守コスト削減」、第2世代の「ランニングコスト削減」に続き、第3世代では「ダウンタイム削減」を掲げる。(2015/7/1)

3Dプリンタニュース:
卓上サイズの国産3Dプリンタ「MF-500」の取り扱い開始
アールエスコンポーネンツは、ムトーエンジニアリングのパーソナル3Dプリンタ「MF-500」を2015年7月1日より販売すると発表した。国内生産ならではのきめ細やかで高品質な出力と使い勝手が特長。(2015/7/1)

デバイス:
600dpi解像度で毎秒300mm印刷できる高速/高画質サーマルプリントヘッド
ロームは2015年6月、新構造サーマルプリントヘッド技術を開発した。同社によると「業界最高の高画質・高速印字を両立させた」という。高い印字品質が求められる医療や物流用途に向けて製品を展開する。(2015/6/16)

INTERMOLD 2015:
樹脂溶解タイプの「産業用大型3Dプリンタ」を参考展示
武藤工業は「INTERMOLD 2015(第26回金型加工技術展)」に出展し、樹脂溶解タイプの「産業用大型3Dプリンタ」を参考出品した。(2015/4/17)

3Dプリンタニュース:
一家に1台を実現する!? 4万円台の3Dプリンタ「ダヴィンチ Jr. 1.0」登場
XYZプリンティングジャパンは、パーソナル/ファミリー層を狙ったシングルヘッドの3Dプリンタ製品「ダヴィンチ Jr. 1.0」を発表。従来のダヴィンチシリーズよりもコンパクトで、使い勝手も向上しているという。販売価格(税込み)は4万9800円で、2015年4月27日より販売を開始する。(2015/4/16)

2万円ちょっとの3Dプリンタ「Tiko」が登場 Kickstarterで大人気に
1台179ドル(約2万1500円)という価格の3Dプリンタ「Tiko」がKickstarterで人気を集めている。(2015/4/10)

斜め上のプリンター革命! 世にもハイテクな「パンケーキプリンター」爆誕
「ママー、パンケーキ作ってぇ」「いいわよ、プリンターを出してきて!」(2015/3/11)

3Dプリンタニュース:
ヘッド長寿命化と省スペース化を実現したSLA 3Dプリンタ新製品を販売
キヤノンマーケティングジャパンは3Dプリンタ製品群「SLA プロダクションシリーズ」の新モデル「ProX800」の販売を開始すると発表した。(2015/2/20)

SOHO/中小企業に効く「ビジネスインクジェット」の選び方(第2回):
今さら聞けない「ビジネスインクジェット」とページプリンタの違い
本体が低価格で省電力などの利点が評価され、近年法人でのシェアを伸ばしつつあるビジネスインクジェットプリンタ。その選び方を提案する本連載の第2回は、ページプリンタと比べた場合の向き不向きを紹介しよう。(2015/2/10)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2014年12月29日〜1月4日):
疲れ目に効く? LGのディスプレイが急浮上(2015年1月第1週版)
液晶ディスプレイ、インクジェット複合機、スキャナ製品の【2015年1月第1週版】販売ランキングを掲載。(2015/1/29)

3Dプリンタニュース:
PLA対応「ダヴィンチ 2.0A Duo」発表――既存ユーザー向けヘッド交換サービスも
XYZプリンティングジャパンは、パーソナル3Dプリンタ「ダヴィンチ」シリーズの新製品「ダヴィンチ 2.0A Duo」を発表した。ABS樹脂に加えて、新たにPLA樹脂をサポート。販売価格は8万9800円(税込)である。(2015/1/27)

Autodesk University 2014:
オートデスクの3Dプリンタは“永遠の未完品”を目指す
オートデスクは、3Dプリンタの受注と3Dプリンタ向けのオープンソースソフトウェア基盤の事業展開について発表したが、その背景にはどういう狙いがあるのだろうか。同分野を担当するビジネスディベロップメント+オペレーションズ シニアディレクターのオーブリー・カテル氏に話を聞いた。(2014/12/8)

ディスプレイ&プリンタ販売ランキング(2014年10月27日〜11月2日):
2014年秋冬モデルのキヤノン製ハイスペック機「PIXUS MG6730」がランクイン(2014年10月第5週版)
液晶ディスプレイ、インクジェット複合機、スキャナ製品の【2014年10月5週版】販売ランキングを掲載。(2014/11/20)

3Dプリンタニュース:
Rostock型3Dプリンタ「LI-XIAN 3D PRINTER」予約開始
Rostock型は、3組のリンク構造で上からヘッドをつるし、同時に複数のモーターで駆動する仕組み。初回入荷分10台は9万8000円で販売する。(2014/10/24)

3Dプリンタニュース:
5万円台で手に入る低価格パーソナル3Dプリンタ「CUBIS」登場
プリンタスは、パーソナル3Dプリンタ「CUBIS(キュービス)」の注文受付を、2014年10月6日より同社ECサイトおよび楽天市場で開始したことを発表した。組み立て不要の完成品で、販売価格は5万9800円(税込)。(2014/10/14)

小さめ、A3、6色をアピール:
AKBまゆゆと「センター」を取っていく――エプソン、新カラリオのプリンタ戦略とは?
年末商戦に向けた家庭向けプリンタの発表が相次ぐ中、エプソンも「カラリオ」の新ラインアップを発表。人気モデルの使い勝手を向上しつつ、新コンセプトの小型プリンタでシェア1位を狙う。(2014/9/3)

モバイル、クラウド、女性向けで市場活性化:
「PIXUS」と「MAXIFY」――“2つのインクジェット”でシェア1位を狙うキヤノン
成熟市場と言われるプリンタだが、キヤノンは家庭向けでモバイル/クラウド連携および女性ユーザー層の新規獲得、ビジネス向けで新ブランド立ち上げによる拡販を図る。(2014/8/29)

A4モバイルプリンタは約6年半ぶりに新機種:
キヤノン、「PIXUS」プリンタ14年秋冬モデル――スマホ/タブレット/クラウド連携強化、女性向けの“Atelier”登場
今年も年賀状シーズンに先駆け、キヤノンが「PIXUS」シリーズのA4複合機4機種を投入。注目は初の女性向けモデル「PIXUS Atelier」だ。A4モバイルプリンタも久々に新機種が現れた。(2014/8/28)

もはや専用アプリもいらないという:
日本HP、「ENVY」「Officejet」新モデル6機種発表
ユーザーニーズの変化に合わせて、モバイルプリント機能を強化し、増加する在宅ワーカーのために家庭でもオフィスでも使える機能を導入した。(9月12日に発売日追記)(2014/8/25)

ノマドワーカーから捜査員まで:
エプソン、A4クラス最小最軽量のモバイルインクジェットプリンタ
モバイル向けのインクジェットプリンタ市場にエプソンが参入。A4クラスで最小最軽量のボディを最大の武器に、シェア50%獲得を狙う。(2014/6/26)

コストはレーザー複合機の1/2以下:
エプソンがコピー機市場に参入――“導入コスト0円”で月額1万円からの新プリントサービスとは?
プリントコストの削減という課題に対し、エプソンはビジネスインクジェット複合機の貸与、インク、保守サービスがまとめて月額1万円(税別)から利用できる新サービスを8月に開始する。これをもって、「コピー機市場へ参入する」と宣言した。(2014/5/13)

仕事耕具:
エプソン、月額1万円で複合機もインクも保守もコミコミな「スマートチャージ」
コスト削減でいの一番にやり玉に挙げられるのがプリント関連だ。エプソンがビジネスインクジェット複合機のコストを大幅に削減するオールインワンサービスを8月に開始する。(2014/5/14)

エプソン、“ページプリンタ並み”の耐久性を実現したA3ノビ対応インクジェットプリンタ
エプソンは、ビジネス向けモデルとなるA3ノビ印刷対応のインクジェットプリンタ/インクジェット複合機「PX-S7050」「PX-M7050F」を発表した。(2014/3/27)

新技術:
BtoB品質の高速/高画質印刷をインクジェットで――エプソン「PrecisionCore」
エプソンのビジネスインクジェットプリンタ新製品に採用された次世代プリントヘッド技術「PrecisionCore(プレシジョンコア)」。レーザープリンタ並みのスピードと高画質をインクジェットで可能にしたそのテクノロジーとは?(2014/2/28)

インクジェットでレーザー並みの性能を――エプソン、ビジネス向け8機種
エプソンは、ビジネス向けカラーインクジェットプリンタ/複合機の新製品8機種を発売する。新開発したプリントヘッド技術「PrecisionCore」を搭載したことで、印刷スピードと画質を大幅に向上した。(2014/2/27)

ストラタシス・ジャパン、軟質素材などもプリントできる企業向け高性能3Dプリンタ「Objet500 Connex3」
ストラタシス・ジャパンは、さまざまな素材の出力に対応した企業向け高性能3Dプリンタ「Objet500 Connex3」の国内販売を開始した。(2014/2/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。