ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「プロダクトキー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プロダクトキー」に関する情報が集まったページです。

Tech TIPS:
Office 2013/2016のプロダクトキーをコマンドラインで確認・変更する
複数のMicrosoft Officeライセンスを持っていると、どのPCにどのプロダクトキーを設定したのか分からなくなることがある。このような場合、「OSPP.vbs」を使って、プロダクトキーを確認したり、置き換えたりすることができる。(2018/7/19)

MSかたるフィッシングメールに注意 「プロダクトキーが何者かにコピーされています」
「マイクロソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされています」などとかたってカード番号などを盗み出そうとするフィッシングメールが出回っている。(2017/9/4)

MSかたるフィッシングメールまた出回る 「[大切]マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされています」
ユーザーのMicrosoftアカウントやパスワード、クレジットカード番号などを盗み取ろうとする。(2017/3/31)

MSかたるフィッシングメール再び出回る 「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」
1月12日に日本マイクロソフトが注意喚起したフィッシングメールと同様の悪質メールが再び出回っているという。(2017/1/31)

「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」 MSかたるフィッシングメール出回る
「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています」という件名のフィッシングメールが出回っている。(2017/1/12)

日本マイクロソフト、フィッシングメールが出回っていると注意喚起 「プロダクトキーが不正コピー」と偽の情報
開封せずに、削除するよう求めています。(2017/1/12)

「ご注意!!OFFICEのプロダクトキーが不正コピーされています。」に要注意、偽サイトに誘導
Microsoft Officeのプロダクトキーが不正使用されていると称して詐欺サイトに誘導させるフィッシング攻撃が発生。日本マイクロソフトが注意を呼び掛けている。(2017/1/12)

3分LifeHacking:
インストール済みソフトのプロダクトキーをまとめて抽出する
Windowsを再インストールした際など、ソフトのプロダクトキーが分からなくなって困ることがある。こうした場合は「LicenseCrawler」を使って、再インストール前のPCからあらかじめプロダクトキーを抽出しておこう。(2010/11/8)

Microsoft、Windows 7のプロダクトキー流出に対応
MicrosoftがWindows 7のクラックに対して手を打ち、流出したプロダクトキーを使うと海賊版として検知されるようにした。(2009/8/4)

せかにゅ:
Windows 7、早くもプロテクトが破られる
完成したばかりのWindows 7 OEM版が早速クラックされ、プロダクトキーやアクティベーション証明書がネットに流出した。(2009/7/30)

Tech TIPS:
インストール済みのWindows OSのプロダクトキーを調べる
Windows OSを再インストールする際など、インストール時に使用したプロダクトキーが分からなくなり、困ることがある。このような場合、プロダクトキーを調べるツールを使うとよい。最新の状況に合わせて、図版などを更新した。(2017/8/22)

Lifehacker Top 10:
もしものときの無料リカバリツール10選
壊れたWindowsからプロダクトキーを抜き出したり、削除してしまったファイルを復活させたり――もしものときに役に立ち、しかもタダのツールを紹介する。(2008/4/23)

3分LifeHacking:
Windowsのプロダクトキーを表示する
Windowsのプロダクトキーが分からなくなり、再インストール時に困った経験はないだろうか。こうした場合、プロダクトキーを一発で表示してくれるソフトを使えばよい。(2007/6/25)

Vistaのプロダクトキーを不正入手、攻撃方法がネットで公開
総当り方式のブルートフォース攻撃を使ってWindows Vistaのプロダクトキーを不正入手する方法が公開され、Microsoftが調査を進めている。(2007/3/3)

Visual Studioを学生向けに4830円で――コミュニティサイト「theSpoke」日本版も開設
マイクロソフトは、ソフト開発ツール「Visual Studio .NET」の学生向けパッケージを6月25日から4830円で店頭販売。価格を大幅に引き下げる代わり、パッケージにプロダクトキーを入れず、学生証を確認した後に送付する形式を採る。(2004/6/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。