ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「Python」最新記事一覧

Guide van Rossum氏により開発されたオープンソースのスクリプト言語で、動的型チェックのオブジェクト指向言語でもある。Java言語などのクラスベースオブジェクト指向と比較すると、必要なメソッドさえ持っていればクラス間の関連が成立するため、Smalltalkのようなメッセージベースなオブジェクト指向といえる。
Python − @ITリッチクライアント用語辞典

画像処理ツール「ImageMagick」に脆弱性、広い範囲に影響の恐れ
PHP、Ruby、NodeJS、Pythonなど多数のプログラミング言語にも使われているImageMagicに脆弱性が見つかった。(2016/5/6)

Pythonの普及推進、Pythonicの理解促進:
Pythonエンジニア育成推進協会 発起人会が発足、2017年春にPython試験を実施予定
Pythonエンジニア育成推進協会 発起人会が発足した。冬までに無料ベータ試験を実施した後、2017年春に全国で本試験を開始する予定。(2016/4/21)

マーケティング自動化、IoTも:
米SASがアナリティクスでSAS言語以外に対応、クラウド対応、API連携進める
米SAS Instituteは2016年4月19日(米国時間)、同社アナリティクス製品群の統合アーキテクチャ「SAS Viya(ヴァイア)」、マーケティング自動化の新製品「SAS Customer Intelligence 360」、IoTソリューション「SAS Analytics for IoT」を同時に発表した。Viyaでは、Python、Lua、Javaに対応する。(2016/4/20)

メタリックなホログラム風生地を使用したパイソン柄iPhone 6s/6ケース
「UNiCASE BLUE LABEL」から、メタリックなホログラム風生地を使用したパイソン柄ケース「Hologram Diary Python for iPhone 6s/6」が登場。明るいパステルカラーやシックなネイビーの全4色を用意した。(2016/4/6)

GCPは今後もNode.js開発者支援を強化:
Google App EngineでNode.jsがベータ提供開始
グーグルは2016年3月21日(米国時間)、同社PaaSの「Google App Engine(GAE)」で、Node.jsのベータ提供開始を発表した。Python、Java、PHP、Goに次ぐ対応となる。(2016/3/23)

Dev Basics/Keyword:
Python(プログラミング言語)
Pythonはオープンソースで開発されているオブジェクト指向スクリプト言語であり、シンプルなコードの記述、可読性の高さなどをその特徴とする。(2016/3/18)

週末チャレンジ:
みんな「これならば覚えられる(はず)」──二次元美少女の声で「Python」を学ぶ
二次元美少女が教えてくれる「Python」学習講座が、「うぉぉ。これならば続けられる(はず)」「うん、やる気になる(はず)」と話題です。(2016/3/11)

プログラミング言語別の年収ランキング 1位はPython、機械学習ニーズ増
求人情報を基にしたプログラミング言語別の平均年収ランキングをビズリーチが発表した。(2016/2/26)

CAEニュース:
複合材の薄肉構造に使える中立面抽出機能など追加
エムエスシーソフトウェアは次世代CAEプラットフォームの最新版「MSC Apex Diamond Python」をリリースした。中立面作成機能を強化し、構造解析の際の解析準備チェック機能を追加した。(2015/8/6)

求人案件から見るプログラミング言語別給与ランキング 1位はPython
求人案件から見るプログラミング言語別の給与ランキングをゴーリストが分析・発表した。(2014/10/31)

優秀な技術者を採用するための5つのヒント
Python生みの親を12カ月かけて口説き落としたDropbox CEOの“採用哲学”
米Dropboxの創業者、ドリュー・ヒューストン氏の経験を基に、優秀な人材を採用する方法、エンジニアが望むこと、そして同社のビジネス向けサービス「Dropbox for Business」について紹介する。(2014/8/6)

ロア、牛革×ホログラム加工のMacBook Air対応インナーケース「Hologram Croco」など2製品
ロア・インターナショナルは、韓国GAZEブランド製となるMacBook Air対応インナーケース2製品「Gold Python」「Hologram Croco」の販売を開始する。(2014/7/14)

NumPyは分離:
「PyPy 2.2」公開、インクリメンタルガーベジコレクタを導入
Python処理系「PyPy 2.2」がリリースされた。主な新機能として、インクリメンタルガーベジコレクタが導入されている。その他、バグの修正や処理性能改善が施された。(2013/11/19)

バージョン2.7への移行を:
Google App Engine、Python 2.5ランタイムを非推奨に
米Googleは、PaaS環境「Google App Engine」でPython 2.5ランタイムを非推奨にすると発表した。(2013/5/14)

データ分析アプリケーション高速化にも期待:
広がるGPGPUの利用――CUDAをPythonから呼び出せるように
LL系言語ユーザーもGPGPUプログラミングを手軽にチャレンジできるように。プロトタイプ構築・検証の効率化も期待できる。(2013/3/19)

Selenium WebDriverでWebアプリのテストが変わる(後編):
Selenium WebDriverのブラウザ自動テストを実践する
Chrome、Firefox、Internet Explorer、Opera、Android、iOSといったブラウザに対応し、Java、C#、Python、Rubyが使えるWebテスト自動化ツールの3つの特徴と環境、実装方法を簡単に紹介する特集。後編は、サンプルを例に、テストケースの作成、クラス設計、テスト手順の整理、コード化などを実践していく(2012/11/7)

Selenium WebDriverでWebアプリのテストが変わる(前編):
iPhone/Android含むブラウザ自動テストの最終兵器Selenium WebDriverとは
Chrome、Firefox、Internet Explorer、Opera、Android、iOSといったブラウザに対応し、Java、C#、Python、Rubyが使えるWebテスト自動化ツールの3つの特徴と環境、実装方法を簡単に紹介(2012/10/5)

IT業界 転職市場最前線(35):
SI業界でPHP/Python/Perlエンジニアの市場価値が高まる
不況で冷え込んでいたIT業界の転職市場に、回復の兆しが見え始めている。だが、業種や職種によって採用数や条件に大きな差異が生まれている。転職市場の動向を追い、自身のキャリア戦略立案に生かしてほしい。(2012/3/22)

特集:人気言語でのデータ処理の比較:
C#/Scala/Python/Ruby/F#でデータ処理はどう違うのか?
最近のプログラミング言語は、データ処理をどう設計・実装しているのか? 5つの言語を比較しながらデータ処理の特徴を説明する。(2011/7/22)

XenServer Tips
XenAPIを呼び出しXenServerにリモート接続する方法 〜Python編
Pythonを使用してXenServerを管理する方法を解説する。XML-RPCでXenAPIを呼び出すことで、XenServerにリモート接続することができる。(2011/5/23)

仕事で使える魔法のLAMP(1):
LAMP環境、自分で作りませんか?
Webアプリケーションの開発・実行環境として多くの開発者が支持するのがLAMP(Linux、Apache、MySQL、PHP/Perl/Python)です。この連載では、LAMP環境をソースコードから構築する方法を丁寧に解説していきます。(編集部)(2011/4/14)

IronPython 2.6.1 RC版リリース
.NET Frameworkで動作するPythonの実装「IronPython」の2.6.1 RC版がリリースされた。バグ修正による安定性と互換性強化のためのリリースだが、最大50%の高速化が図られるなど、機能も向上している。(2010/2/15)

PythonのJava実装「Jython 2.5」がリリース
Pythonの実行環境をJavaで実装したJythonの最新版がリリースされた。JPythonの後継として人気が高まっている。(2009/6/18)

Eclipseプラグインも提供:
Google App EngineがJavaをサポート
Googleのクラウドで稼働するWebアプリケーションプラットフォーム「Google App Engine」が立ち上げから1年、Pythonに加えJavaをサポートした。(2009/4/9)

Javaサポートも追加:
Google、App EngineでのPythonのパフォーマンスを改善へ
GoogleはPythonのパフォーマンスを改善するプロジェクトを発表した。Pythonは、クラウドプラットフォームのGoogle App Engineで採用されているプログラミング言語。Googleでは、Google App EngineでJavaもサポートする計画だ。(2009/3/30)

よりPythonicなPythonを目指して(後編):
言語としての一貫性を重視したPython 3の進化
Python 3.0では、Python 2で書かれたスクリプトが動かなくなるような実装が行われた。なぜ、後方互換性を崩してまで大きな仕様変更を行ったのか。それは、PythonがよりPythonらしくあるためだ。(2009/2/6)

モジュール型に生まれ変わった「Zope 3.4.0」
PythonベースのWebアプリケーションフレームワーク「Zope」の最新版は、ソースツリー構成からモジュール型に変更された。(2009/2/5)

よりPythonicなPythonを目指して(前編):
Python 3が後方互換性を捨ててでも求めたもの
Python 3.0では、Python 2で書かれたスクリプトが動かなくなるような実装が行われた。なぜ、後方互換性を崩してまで大きな仕様変更を行ったのか。それは、PythonがよりPythonらしくあるためだ。(2009/1/31)

Python MANIAX:
EasyGuiを用いたPythonスクリプトの簡易GUI化
Google App EngineなどにPythonの可能性を感じるあなた。でも、Pythonスクリプトにグラフィカルインタフェースを実装するのは少々やっかいだ。本稿で紹介するEasyGuiを使えば、初心者でもPythonスクリプトをGUI化できるのだ。(2009/1/9)

「Python 3.0」は目標を達成したか?
Python Software Foundationは、アプリケーション開発用の動的言語であるPythonの最新バージョン「Python 3.0」をリリースした。Python 3.0は新しい機能や手法を採取り入れており、従来版とは互換性がない。(2008/12/9)

「Python 3.0」リリース
スクリプト言語Pythonの最新版となるバージョン3.0がリリースされた。バージョン2との互換性はないため、変換ツールが公開されている。(2008/12/5)

導入コストの削減に期待:
COBOLをクラウドに入れるMicro Focus
COBOLはPythonやRubyなどの最新の言語と同様、クラウド向けのプログラミング環境の仲間入りをする。Micro Focusでは、企業がCOBOLベースのレガシーアプリケーションをクラウドに移行するのを支援する。まずはMicrosoftの「Windows Azure」に対応する。(2008/11/18)

Programing Bible:
Python 3.0で大きく変わる言語仕様
UsenetではCとJavaに次ぐ人気のPython。次期バージョンとなる3.0では、細かな部分で過去の資産をばっさりと捨て去る予定となっている。ほかのPython実装の動き次第では、バージョン3.0は後に大きな変革のバージョンだったと呼ばれるものになるかもしれない。(2008/10/22)

Lightweight Languageを支えるDLR――PythonやRubyでSilverlight 2
マイクロソフトのSilverlight 2では、一般的なVisual BasicやC#のほかに、RubyやPythonなどのLightweight Languageを使うことができる。Dynamic Language Runtime(DLR)が組み込まれているからだ。(2008/9/25)

Beginner's Guide:
Pythonを用いたCGIスクリプティング入門
CGIスクリプティングの世界を席巻している言語がPerlなのは確かだが、Perlより優れているはずのツールも幾つか存在している。本稿ではPythonを用いたCGIスクリプティングの世界を簡単に紹介しよう。(2008/6/7)

「Google App Engine」プレビュー版の無料登録、さらに1万人を追加募集
「Google App Engine」プレビュー版公開から1週間、コミュニティーの活発な動きを受け、さらに1万人の開発者の参加を募る。Python以外の開発言語サポートにも取り組んでいる。(2008/4/15)

Programing Bible:
プログラマーの生産性を高める新たな言語「D」
CやC++が持つ性能の高さとRubyやPythonのような最近のプログラミング言語が持つプログラマーの生産性の高さを併せ持った言語「Digital Mars D」が登場した。(2008/1/22)

MS、動的言語のサポートを拡大
MicrosoftはIronPython、IronRubyに加えて、JavaScriptやVisual BasicのDynamic Language Runtime実装も目指している。(2007/10/24)

Leverage OSS:
Fonty Pythonはフォントマネージャの聖杯になりえるか
GNU/Linuxデスクトップに携わる開発者は、フォントをすぐさま有効化/無効化できるフォントマネージャの登場を待ち望んでいるが、現時点で実用的なフォントマネージャはほとんど見あたらない。ただ、Fonty Pythonはその座に一番近いところにいるかもしれない。(2007/4/28)

Facebook、サービスの「中核」をオープンソース公開
Facebookは、C++やJava、Pythonなど、さまざまなプログラミング言語をまたぐサービスを効率よく開発できるフレームワーク「Thrift」を公開した。(2007/4/4)

Eclipse、Ajaxと動的言語のためのプロジェクトを発表
新たな3つのプロジェクトは、Ajax開発者や、Python、Ruby、Tclなどの動的言語を使う開発者のための革新的なEclipseベースの技術を提供する。(2007/3/7)

Programing Bible:
Eclipse+PyDEV=Python統合開発環境
PyDEVは、EclipseでPythonやJythonのプログラムを開発するためのプラグイン。これを使うと、Eclipseが第一級のPython統合開発環境になる。(2007/2/8)

Microsoft、動的言語「IronPython 1.0」をリリース
Microsoftは、動的プログラミング言語Pythonを.NETプラットフォームに対応させた「IronPython 1.0」をリリースした。(2006/9/7)

Yahoo!、Python開発者センターを立ち上げ
Yahoo! Developer NetworkのPython Developer CenterではPythonのさまざまな使い方を示すハウツーが提供されている。(2006/8/11)

Microsoft、.NETに動的言語サポートを段階導入
MSはPython、PHP、Perl、Rubyなどの言語を求める声が高まっていることに応え、動的言語サポートへと踏み切った。(2006/8/10)

IronPython 1.0リリース候補登場
IronPython 1.0リリース候補のダウンロードには、Pythonを始める.NETプログラマーと、.NETを始めるPythonプログラマーのためチュートリアルが含まれる。(2006/7/28)

Gnumeric――第3の表計算
Microsoft Officeの代替としてはOpenOffice.orgが有名だが、ここではGNOMEデスクトップ向けのスプレッドシート・ソフトウェアを紹介しよう。PerlやPythonでプラグインを作成できるのもすばらしい。(2005/9/30)

PHPブームに陰り? 推進で協力するZendとOracle
Evans Dataは今月初め、EMIA地域において昨年、PHP、Perl、およびPythonの開発者が減少したことを明らかにしたが、ZendとOracleはいっそうの推進を図るべく、「Zend Core for Oracle」のβ版をリリースした。(IDG)(2005/8/30)

UNIX USER2005年2月号特別企画より転載:
2.4への機能強化で広がるPythonの世界
Pythonの最新版であるバージョン2.4が、2004年11月30日にリリースされた。この最新版では、新たにさまざまな構文・機能が追加されたのだが、その中でも整数型の統合、ジェネレータの生成構文、Templateによる文字列置換、関数やメソッドの修飾構文など、とくに便利なものをピックアップして解説していこう。(2005/1/24)

Python 2.4、正式リリース
オブジェクト指向プログラミング言語Pythonが、1年半ぶりにメジャーアップグレードされた。(2004/12/1)

PR:Pythonエンジニアの転職サポート IT・インターネット業界の転職エージェントワークポート



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。