ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「レッドブル」最新記事一覧

ゼロ戦がレッドブル・エアレースに登場 復元された貴重な実機が東京湾の空へ
映画「パールハーバー」の撮影にも使われた機体がサイドアクトで飛行。(2017/5/10)

称賛せざるを得ない仕上がりだが不確定要素も
徹底レビュー:「Galaxy S8」、Samsung史上最高の主力機種を詳しく見る
「Galaxy Note 7」で信頼を大きく損なったSamsung Electronicsが、2017年に主力製品「Samsung Galaxy S8」と「Samsung Galaxy S8 Plus」をリリースする。両機種をレビューした。(2017/4/8)

「黒い不眠症」の異名を持つ世界最強コーヒー「Black Insomnia」がアメリカで発売に
翼を7つほど授かりそう。(2017/4/4)

レッドブルの大容量版新商品「レッドブル・エナジードリンク330ml」 3月14日全国発売
これでより強靭な翼を授かれる。(2017/3/1)

事例で見るVRの訴求効果 後編:
VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イベント連動アトラクション型」「エンタメ訴求型」について紹介する。(2016/12/5)

Google、「Chromecast Ultra」を発表 4K・HDR・Dolby Vision対応で9000円
Googleの映像デバイス「Chromecast」に4K対応の上位モデルが登場する。HDRやDolby Visionに対応し、データの伝送にはEthernetを使うこともできる。(2016/10/5)

Xiaomi、米国でAndroid TV搭載の「Mi Box」を69ドルで発売
中国Xiaomi(小米科技)が米国でGoogleの「Android TV」ベースのSTB「Mi Box」を69ドルで発売した。4K/HDRをサポートし、「Google Cast」やGoogleの音声検索も搭載する。(2016/10/4)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2016(1):
サークル活動と甘く見るな! 学生フォーミュラは企業も顔負けのモノづくり対決
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントが「全日本学生フォーミュラ大会」をレポートします。第1回は審査のクライマックスでもあるエンデュランスです。数々の審査で好成績を収めた6校が20周の合計タイムを競います。マシンからはさまざまな設計思想が垣間見え、速さを競うだけではないモノづくり対決であることが分かります。(2016/10/3)

人間ってこんなことできるのか! Red Bullによるアドベンチャースポーツなどの写真コンテスト優秀作品公開
信じがたい光景の写真ばかり。(2016/10/2)

IBM Edge 2016 Report:
F1チームに学ぶ、常に進化するプロトタイプでビジネスの未来をデザインしよう
ネバダ州ラスベガスで「IBM Edge 2016」が開幕した。Edgeでフォーカスされる同社のシステム製品は「コグニティブビジネス」の実現を支える機能が盛り込まれてきているという。ITのチカラで常に進化し続けるRed Bull Racingの顧客事例も紹介された。(2016/9/20)

「もっと自然界に近づける」――“テレビ選びの新基準”を目指す「ドルビービジョン」
ドルビージャパンがプライベートイベント「Dolby Vision Day 2016」を開催し、HDR技術「ドルビービジョン」を改めてアピールした。2017年にはドルビービジョン対応のUHD BDプレーヤーが出てくる見通しだという。(2016/7/27)

ウィリアムズF1がピットストップで2秒の壁を突破 1.92秒を記録し表彰を受ける
これまでピット作業の所要時間は、トップチームでも2秒台といわれていました。(2016/6/21)

レッドブル・エアレースの魅力はレース以外にも 会場内イベントを取材
神業パフォーマンスから会場グルメまで網羅。(2016/6/5)

レッドブル・エアレースの予選が中止になったので、代わりに会場のかわいいお姉さんやレースクイーンを撮ってきた
レース機のテスト飛行撮影&レースクイーン撮影に成功!(2016/6/5)

de:code 2016:
「アナログとデジタルの世界を完全に融合できる」――米MicrosoftのCEOサティア・ナデラ氏が期待を寄せる未来
日本マイクロソフトが2日間に渡る開発者向けイベント「de:code 2016」を都内で開催。米Microsoft CEOのサティア・ナデラ氏も来日し、デベロッパーに向けて同社のビジョンを語った。(2016/5/24)

レッドブル缶がプロペラ機に変形する模型 発売日や価格が决定
翼をさずけてばかりのレッドブルさんを、自分の手で翼そのものにできます。(2016/4/28)

AmazonのIoTボタン「Dash Button」、好評につき100種類に拡大 Illyのコーヒーやロレアルの化粧品も
Amazonが、IoT発注ガジェット「Dash Button」が1周年を迎えるに当たり、扱う商品を100種類に拡大した。日用雑貨だけでなく、化粧品やペットフードもボタン1つで発注できる。(2016/4/1)

今年も来ちゃった! 2016年エイプリルフールまとめ
みんなよくやるなーもー。(2016/4/1)

売上2倍!:
PR:カシオの高機能クロノグラフ「EDIFICE」、なぜ欧州で絶好調なのか?
カシオの腕時計「EDIFICE」が売れている。特に欧州では絶好調だという。なぜ「EDIFICE」は欧州の人に支持されているのか。理由を聞いたところ……。(2016/3/18)

星6つ! レッドブル「レッドブル エナジードリンク スプリングエディション」をレビュー!
今回選んだのはレッドブルの「エナジードリンク スプリングエディション」(150円/税込、店頭価格)だ。(2016/2/23)

ワンフェス2016[冬]:
レッドブル、むしろ翼になる 青銀のロング缶がプロペラ機に変形する模型、グッスマとのコラボで登場
レッドブルさん「悪いな、翼をさずける時代は終わりだ。トランスフォォォォムッ」(2016/2/7)

CES 2016:
「インテル入ってる」はPCからIoTへ その流れが加速する2016年
PC用プロセッサの会社というイメージから脱しつつあるIntel。CES 2016でアピールしたのも、“PCの先”を見据えた応用世界だった。(2016/1/10)

Apple TVで360度動画を楽しめる専用アプリ、Disney支援のLittlstarがリリース
360度のVR(仮想現実)コンテンツ再生ツールを手掛けるLittlstarが、Apple TVで360度コンテンツを楽しむためのアプリをApple TVのアプリストアで無償で公開した。日本でもダウンロードできる。(2015/12/24)

「このモンスターエナジーどこに送ろうか?」「ゴミ箱に送れよ」 レッドブルとモンエナがTwitterで熱いプロレスを展開
エナジードリンク大戦争が始まる予感……!(2015/12/14)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :Office 2016に影を落とす不吉な前兆
巻頭特集は、Office 2016の最新動向と、Office 2016への移行が不安になるMicrosoftの失敗をリポート。他に、電波で発電する技術の解説、F1界への導入が始まったIoT事例、 NoSQLデータベース「Cassandra」の詳細などの記事をお届けする。(2015/12/7)

ソーセージをトイレに持ち込んで「不適切に使用」した女性が逮捕? ネット上では「デマ」との指摘が多数
よかった、犠牲になったソーセージなんてなかったんだね……。(2015/12/3)

我が家の「Apple TV」活用レビュー(3):
「Apple TV」で生活はこう変わる――ニコ厨の弟の場合
便利だけれど高すぎる?(2015/11/27)

IoTには何らかの制約を設けるべき
F1チームInfiniti Red Bull Racingが見せるIoTへの期待と懸念
IoTの導入に可能性を見いだすRed Bull Racingだが、無制限の利用には問題があると指摘する。F1にとってIoTはどのような存在であるべきなのか?(2015/11/19)

星9つ! モンスターエナジー「モンスター ウルトラ 缶355ml」をレビュー!
今回選んだのはモンスターエナジージャパンの「モンスター ウルトラ 缶355ml」(205円/税込、店頭価格)だ。(2015/11/6)

星6つ! レッドブル「レッドブル・ブルーエディション」をレビュー!
今回選んだのはレッドブル・ジャパンの「レッドブル・ブルーエディション」(205円/税込、店頭価格)だ。(2015/10/20)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2015(1):
バネ上マウントのウィングの怖さ
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタント 関さんの「全日本学生フォーミュラ大会」取材レポート! 2015年の第13回大会は「ある変化」がありました。そして前回の覇者・名古屋大学、エンデュランス競技でトラブルが……!(2015/9/24)

青いレッドブルが定番商品の仲間入り! 世界初の「レッドブル ぶどう味」10月6日から全国販売
ぶどうの力で翼をさずける。(2015/9/15)

星3つ! レッドブル「RED BULL SUMMER EDITION トロピカルフルーツ」をレビュー!
今回選んだのはレッドブルの「RED BULL SUMMER EDITION トロピカルフルーツ」(283円/税込み、店頭価格)だ。(2015/8/4)

『とんかつDJアゲ太郎』テレビアニメ化が決定 とんかつ&フロアをアゲられる男を目指す青春物語
8月4日には、単行本第3巻が発売予定。(2015/8/3)

レッドブルの目覚ましアプリ「Red Bull Alert」 アラームを止めるまでの時間を記録
友達と誰が一番早く起きるか競い合うことも可能。(2015/7/16)

DJ世界大会「Red Bull Thre3Style 2015」と『とんかつDJアゲ太郎』の異色コラボが決定
ワールドファイナルの日本初開催を記念し、ユニークなコラボ企画を展開予定。(2015/7/16)

カオスすぎるWeb漫画「とんかつDJアゲ太郎」 No.1のDJを決める世界大会とコラボ決定!
うおおおおおおおお!(2015/7/15)

Twitterハッシュタグ「突然MtGのテキストになる」が秀逸すぎてあなたはターン終了時にそのクリーチャーを破壊する
普通の文章の世界観が急変します。(2015/6/22)

星7つ! レッドブル「レッドブル シュガーフリー」をレビュー!
今回選んだのはレッドブルの「レッドブル シュガーフリー」(206円/税込み、店頭価格)だ。(2015/6/22)

30万円のお茶を売る非常識なマーケティング
(2015/6/9)

レッドブル、自作の飛行機で港へドボンする謎イベント開催
なにこれおもしろそう!(2015/5/19)

なにこれすごい! 「Vine」で有名な映像マジシャンが手がけたレッドブルのCMがめっちゃ楽しい
初めてピタゴラ装置を見た時の感動が再び。(2015/4/22)

スピン経済の歩き方:
「レジリエンス」ブームとサントリーの微妙な関係
「レジリエンス」という言葉をご存じだろうか。心理学用語で「精神回復力」と訳され、欧米では古くから定着している。日本でもメディアが報じたことで話題になっているが、このブームはサントリーにとって“追い風”になるかもしれない。その理由は……。(2015/4/14)

なにこれ新感覚 ゴールが追いかけてくるマラソン大会「Wings for Life World Run」日本上陸!
あ……ありのまま 今 起こった事を話すぜ!(2015/4/11)

Redbullコラボモデルも:
カシオ、スマートフォン連携ウオッチ「EDIFICE」に新モデル
スマートフォンとBluetoothでつながるクロノグラフ、EDIFICEに新モデルが登場。ホームタイムとワールドタイムの入れ換えがより簡単になり、海外に渡航する機会の多い人に便利になっている。同機種をベースにした、F1 Redbull Racingとのコラボモデルも。(2015/4/10)

囲碁の盤面が音楽になっちゃうミュージック・シーケンサー「IGO MASCHINE」が楽しそう
ノリノリで碁を打つという独特な光景。(2015/3/17)

試行錯誤に新たな発見、8K制作はここまで進んだ
2016年の試験放送を目指して準備が進められている8K。NexTV-F主催の制作者ミーティングでは、8K制作現場の試行錯誤が多数紹介された。(2015/3/10)

レッドブルの翼がついに日本の空を舞う! エアレース・ワールドチャンピオンシップ「Red Bull Air Race Chiba 2015」開催
最高時速370キロ、最大重力加速度10グラビティの中タイムを競う!!(2015/3/3)

Red Bullが運営するプロ仕様スタジオ 東京・青山に誕生
東京は世界で11カ所目。(2015/2/10)

ピンクの「Red Bull」登場 味は春をイメージした「サクラフレーバー」
エディション第2弾キター!(2016/1/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。