ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣」最新記事一覧

いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣:
毎日1%、小さな改善が生活の一部
一度備わった知的生産力は、一度獲得してしまえば下がることはありません。成功する人は自分自身の知的生産性を常に向上しています。その努力が、激しい競争での中で「ここぞ」という時にものを言うのです。(2012/9/19)

いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣:
自分を律する最高のディレクターは「自分自身」
成功する人や成果が出せている人に共通しているのは、プレイヤーである自分とは別のもう1人の自分を意識していること。いわばプレイヤー兼監督の視点です。(2012/9/11)

いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣:
途方もないアイデアをばかにしない
人生において成功している人、仕事や勉強において常に最高の結果を出せている人は常日ごろ、どのような考えを持っているのでしょうか。今回は、常に成功する人は「突拍子もない、クレイジーなアイデア」を大切にしているというお話です。(2012/9/4)

いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣:
勉強熱心に見えて「大変残念な人」
本や講演を聞いた時に「いい話だった。役に立ちそうだ」と思っただけで、実際には実行しない人。私は「大変残念な人」だと思います。宝の地図はみなさんの手にあるのですから、後は宝を探しに出かけるかどうかだけです。(2012/8/30)

いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣:
デキる人に共通する? “話すより聞き好き”のスタンス
成功した人生を送っている人、仕事や勉強で常に最高の結果を出している人は常日ごろ、どのような考えを持っているのでしょうか。今回は、成功する人は自分が話すよりも他人の話を聞くのを大切にしているという話です。(2012/8/21)

いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣:
Google、Amazon、PayPal……成功の裏に「プランB」
人生において成功している人、仕事や勉強において常に最高の結果を出せている人は常日ごろ、どのような考えを持っているのでしょうか。全10回に渡り、筆者の周りにいる成功者の事例から、役に立ちそうなものを紹介します。今回は、失敗に関する話です。(2012/8/7)

いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣:
金メダルを取る人が準備段階で必ずやる“あること”
プレゼンのノウハウに限らず、人生において成功している人、仕事や勉強において常に最高の結果を出せている人は常日ごろ、どのような考えを持ちっているのでしょうか。全10回に渡り、実際の成功者の事例から、役に立ちそうなものを紹介します。(2012/7/31)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。