ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「習慣」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「習慣」に関する情報が集まったページです。

卒塔婆がスーパーでカジュアルに売ってる!? 静岡県東部の習慣に戸惑う人・共感する人
地元からは「当たり前すぎて、全国区じゃないとは知らなかった」といった声も。(2018/11/14)

医療機器ニュース:
3つの生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発
SOMPOホールディングス、SOMPOヘルスサポート、東芝、東芝デジタルソリューションズは、生活習慣病リスクを予測するAIを共同開発した。ヘルスケアサービスに関するノウハウと、AI、ビッグデータ解析技術を融合している。(2018/11/5)

偶然を計画的に設計:
朝ドラ『半分、青い。』の主人公には、5つの習慣があった
9月末で終了したNHKの朝ドラ『半分、青い。』。いろいろな意味で賛否両論ありましたが、ヒロイン鈴愛の職業の変化を見ると、これはキャリアドラフトではないかと思いました。 どういうことかというと……。(2018/10/26)

働き方の習慣を変えよう:
あなたの残業、本当に必要ですか?
かつてメーカーに勤務していた筆者は、残業と休日出勤が定常化していた。疲労感を抱えながら仕事をすると、集中力は低下し、生産性は落ちていく。その結果、さらなる長時間残業に発展していくという悪循環だった。全ての原因は「働き方の悪い習慣」の積み重ねだったという……。(2018/9/28)

「増税は不公平」という人も:
増税・値上げを機に「たばこをやめる」人は何割? 喫煙者に聞いた結果は……
クロス・マーケティングの調査によると、10月のたばこ増税を機にたばこをやめる予定の喫煙者は12.1%。喫煙習慣を変えない人が多数を占めた。増税に反対する人も多かった。(2018/9/18)

受動喫煙が多いのは「飲食店」:
男性の喫煙率、3割切る 20代のたばこ離れも加速 厚労省調査で判明
厚生労働省が「平成29年 国民健康・栄養調査」の結果を発表。2017年の時点で習慣的に喫煙している人の割合は17.7%。男女別の喫煙率は、男性が29.4%、女性が7.2%で、男性の数値が3割を切った。(2018/9/12)

「技術で日本のファッションに貢献したい」
2500店舗以上が導入、アパレルの商習慣を極めたクラウドサービスとは
独自の商習慣のあるアパレル・ファッション業界で2500店舗以上に導入されているクラウドの基幹サービス。その裏側を支える仕組みとは何だろうか。(2018/8/31)

スケジュールが一目で分かる“習慣時計”、キングジムが9月に発売
手書きのスケジュール表とデジタル時計を組み合わせて予定を一目で確認できるようにした“習慣時計”をキングジムが9月に発売する。(2018/8/21)

Gartner Insights Pickup(70):
デジタルビジネス時代の顧客中心とは
Gartnerは、顧客中心を実践している組織に共通する10の習慣を明らかにした。(2018/8/3)

ワンちゃんの肉球はヤケド寸前! 夏のお散歩前に地面の温度を確かめる「わんタッチ」習慣を広めたい
楽しくお散歩したいワン。(2018/7/31)

今日のリサーチ:
現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディアライフスタイル(メディア接触習慣)に分類しました。(2018/7/23)

医療機器ニュース:
どこでも気軽に眼底網膜像を自分で撮影、小型眼底カメラシステムを開発
奈良先端科学技術大学院大学は、高速ビジョンと近赤外光を用いて、1人で眼底網膜像を撮影できる新しい小型眼底カメラシステムを開発した。今後、どこでも気軽に眼病や生活習慣病をチェックできるヘルスケア機器として、実用化を目指す。(2018/7/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
イライラしない人の習慣
イライラするのもしないのも自分次第。どうすればイライラしなくなるのか?(2018/6/28)

もう迷わない! ビジネスを成長させるUXデザイン手法の使い方(4):
Googleの検索機能、PS4内の広告や購入導線に見る、習慣化されたUXをビジネスにつなげるプロモーション
B2C、B2B問わず、ITサービスがビジネスに不可欠な存在となった近年、UXデザインに対する企業や社会の認識は一層深まっている。にもかかわらず、「使いにくいサービス」が減らない原因とは何か?――今回は、ユーザー行動の習慣化を先行させて、それをビジネスにつなげるための道しるべを紹介する。(2018/5/31)

医療機器ニュース:
生活習慣病の発症リスク予測技術を保険業界に提案、NTTとNTTデータ
NTTデータと日本電信電話(NTT)は、NTTが持つ生活習慣病の発症リスク予測技術を保険業界で活用するため、無償トライアルに参加する保険会社を募る。(2018/5/29)

もう迷わない! ビジネスを成長させるUXデザイン手法の使い方(2):
ユーザー行動の習慣化がビジネスを成長させる
B2C、B2B問わず、ITサービスがビジネスに不可欠な存在となった近年、UXデザインに対する企業や社会の認識は一層深まっている。にもかかわらず、「使いにくいサービス」が減らない原因とは何か?――今回は、UXデザイン手法を使って目指すゴール「UXがビジネスの成長に貢献している状態」を共有したい。(2018/5/17)

生活習慣病の発症リスクを予測するAI 実用化に向け、NTTが保険会社と無償トライアル
NTTデータとNTTが、生活習慣病の発症リスクを予測するAI技術を開発。基になる健診データが少ない場合も、高精度に予測できるという。実用化に向けた検証を行うため、無償トライアルに賛同する保険会社の募集を開始した。(2018/5/17)

百貨店、廃れ行く「習慣」にはもう頼れない:
「インスタ映え」はお中元の救世主となるか
大丸松坂屋百貨店が「インスタ映え」を意識した今年のお中元向け商品を発表した。贈答品の習慣が薄れて市場が縮小しているためで、若い女性層を取り込む。(2018/5/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
グズグズしない人の習慣
リーダーで成功する人としない人の分かれ目は、グズグズしないか、グズグズしてしまうかだ。どうすれば変えることができるのか?(2018/4/26)

「芸術形式にまで進化した」:
森友問題、責任所在を曖昧にする日本の「ソンタク」
安倍首相を脅かす政治スキャンダルの波紋が広がる中、「ソンタク(忖度)」として知られる日本の習慣が、その責任究明を複雑なものにしている。(2018/3/19)

確定申告の備えになる手軽な領収書管理法 玄関に置いた箱に入れて月ごとに袋へまとめるだけ
帰宅のたびにレシートをすぐ入れられて、管理の習慣をつけやすそう。(2018/3/2)

一流から学ぶ:
自分を「デキる営業マン」に変えた、“シンプルな習慣”とは
「デキる営業マン」と「凡人営業マン」との間にある“差”は、どこから生まれるのか。どうすれば結果を出せる営業マンへと生まれ変われるのか――。一流の営業マンからそのヒントを探る。(2018/2/19)

労働生産性との関連も分析:
生活習慣も原因? アプリで花粉症予防へ、その機能とは
花粉症の複合的要因を分析し、予防につなげるアプリ「アレルサーチ」が2月1日にリリースされた。大学と共同開発した企業に、開発の狙いや機能について聞いた。(2018/2/15)

IT用語解説系マンガ:食べ超(133):
契約書面に無限ループを見つけたときの対処法
日々の暮らしでも、小まめに終了条件を設定する習慣を付けましょう。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2018/2/15)

自分たちが決断できないことをユーザーに委ねるのはやめろ:
えふしん×シバタナオキ対談 伸びるエンジニアが持つ「哲学と数字感覚」
これからの時代は、エンジニアも数字を意識しないとダメ?――モバツイで経営を経験したえふしんこと藤川真一氏と、ベストセラー『MBAより簡単で英語より大切な決算を読む習慣』の著者シバタナオキ氏が、なぜエンジニアは数字を味方に付けなければならないのかを探った。(2018/2/7)

“いま”が分かるビジネス塾:
日本が「現金決済」から抜け出せないワケ
個人のちょっとした買い物は現金で済ませ、企業の支払いは請求書を発行して銀行振り込み。当たり前だと思っていた日本の決済環境も、見方を変えると改善の余地がたくさんある。電子マネーやフィンテックの普及は従来の商習慣を見直すよいきっかけとなるだろう。(2018/1/11)

生鮮食品eコマースのIT戦略(前編)
ITという武器でアナログな食品流通業界に切り込んだベンチャー、八面六臂の「覚悟」
料理人向けに生鮮食品ネット通販サービスを提供する八面六臂。アナログで複雑な商習慣が定着していた食品流通業界を、徹底したIT化という“武器”で切り込んでいった同社の企業努力はどのようなものだったのか。(2017/12/13)

Microsoftのクラウド動向を追え
なぜ「PowerShell」スキルがIT管理者の人生を左右するほど重要なのか?
Microsoftが数年ごとにリリースした更新プログラムに関わる業務習慣に縛られてはならない。この業界に関わり続けるには、IT管理者は「Windows PowerShell」とクラウド製品を習熟する必要があるだろう。(2017/12/8)

製造ITニュース:
ERPはオンプレからクラウドへ、「Microsoft Dynamics NAV 2018」を発表
パシフィック ビジネスコンサルティングは中堅・中小企業向けERPシステムの「Microsoft Dynamics NAV 2018」を販売開始。2018年4月から、日本などアジア各国の言語や商習慣に対応した機能などに対応する。生産性と業務プロセスをベースに製品改良した。(2017/12/7)

アルゴリズムよりもデータ
AI時代に生き残る企業がきっと備える“4つの習慣”
AI時代において企業に先発者優位性を与えるのは、アルゴリズムではなくデータだ。深層学習の第一人者であるアンドリュー・ウン氏がその理由を説明し、AIを活用する企業に共通する4つの“習慣”を紹介する。(2017/12/7)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
6000人のリーダー層を変えた「すごい習慣」とは?
ムリのないラクな方法で行える「行動科学マネジメント」に基づいた習慣化メソッド。(2017/11/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
あなたがトップになるために、今やるべき3つの習慣
米ニューヨーク・タイムズ紙の名物企画だった「コーナー・オフィス(役員室)」をご存じだろうか。残念ながら、連載は10月末で終了してしまったが、ビジネスパーソンはこの企画からたくさんのことを学ぶことができるのだ。例えば、CEOに共通する項目として……。(2017/11/9)

ねっと用語知ったかぶり:
台風が接近するたび話題に ネット上の謎習慣「台風コロッケ」とは何か
誕生から今年で16年。(2017/10/29)

榊巻亮の『ブレイクスルー備忘録』:
今日から始める”組織の活性化” 「変化の習慣をもつ」ということ
組織を活性化させるには、「変化」を受け入れ、積極的に「変化」しようとする柔軟な姿勢が必要。そんな組織にするためには、どんな仕掛けを用意すればいいのか。(2017/10/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(45):
もう誰も死なせない――IT業界で働くエンジニアに必要な「勇気」
長時間労働が習慣化しやすいIT業界。部下や同僚を過労死させない、そして自分が倒れてしまわないために、エンジニアや管理職は何をすればよいのだろうか。IT訴訟事例を解説する本連載、今回は「エンジニアの過労死」が争われた判例を解説する。(2017/9/19)

300人を超える新規加入:
ビッグデータ分析で生活習慣病の入院リスクを予測 第一生命が保険の加入範囲を拡大
第一生命保険と日立製作所が、8大生活習慣病に起因する入院の可能性と日数を予測する定量評価モデルを開発。従来は対象外だった人も生命保険に申し込めるよう、引き受け基準を見直した。(2017/9/1)

マネーの達人:
やってませんか? 貯金体質の人が絶対やらない7つの習慣
なかなかお金がたまらないのはなぜでしょうか? 貯金できる人がやっていない、7つの習慣をご紹介します。(2017/8/31)

生活習慣が身につく子供向けスマートウォッチ「OCTOPUS」が登場 9月15日発売 
ソフトバンク コマース&サービスが9月15日、子供向けスマートウォッチを発売する。「ご飯」「歯磨き」といった約400種のイベントを設定でき、子供がゲーム感覚で楽しみながら生活習慣づけが身につくようにサポートするという。(2017/8/30)

医療機器ニュース:
子どもの睡眠不足や夜更かしを専門家に相談できるスマホアプリ
大阪大学は、幼児の睡眠習慣に関して、専門家に相談し、指導を受けられるアプリ「ねんねナビ」を開発した。スマートフォンやタブレット端末で使用でき、保護者にとって分かりやすい睡眠教育コンテンツ(動画)も作成した。(2017/8/28)

愛犬の夏のお散歩前に地面をタッチ 肉球をヤケドから守る新習慣「わんタッチ」を始めてみない?
安心してお散歩にいけるワン。(2017/8/3)

医療機器ニュース:
「ダイエット家庭教師」が一人一人に生活指導、パナソニックの血圧計などと連携
FiNCとパナソニックは、FiNCのヘルスケアサービスとパナソニックの機器を活用した実証実験を開始する。アプリと血圧計などを組み合わせた生活習慣指導サービスを提供し、その結果を利用者の健康増進を目的とした新たなサービス創出に生かす。(2017/7/3)

10年後に生活習慣病になる確率は? 無料診断サービス、東京海上日動が提供
胃がん、大腸がん(男性のみ)、脳卒中、心筋梗塞などの発症率を予測してくれるという。7月上旬に無料で提供を始める。(2017/4/28)

50代男性は半数が「週5で飲む」:
若者の“酒離れ” 20代の約3割は「飲まない」
世代別の飲酒習慣の違いは?――東京都生活文化局調べ。(2017/4/7)

第一生命保険、「健康増進サービス」のクラウド基盤にMicrosoft Azureを採用
第一生命保険は、生活習慣改善をサポートする「健康増進サービス」のシステム基盤として、「Microsoft Azure」を採用。ビッグデータ分析とAIを活用し、顧客の健康リスクを評価・分析し、個々人に最適なアドバイスを提供する。(2017/3/23)

Oracle Cloudが可能にした短期間でのシステム提供:
PR:クラウドとIoT、機械学習を活用したモニタリング/フィードバックの仕組みで糖尿病患者の自己管理を支援
クラウドやIoT、機械学習などの先進技術をヘルスケア分野に応用する動きが活発化している。その1つが、あいち健康の森健康科学総合センターが中心となって進める、患者の自己管理の支援を通して生活習慣病の改善を目指す取り組みだ。[パブリッククラウド][Oracle Cloud](2017/3/6)

慣れ親しんだExcelを有効活用
営業現場での利用をもっと快適に、Excel活用でSalesforceを定着化
Salesforceを導入しても、標準機能のみでは現場に定着しづらい。例えば、日本特有の伝統的な商習慣である帳票は、文化の異なる米国発のSalesforceでは十分にサポートできない機能だ。(2017/3/17)

7つの習慣で学ぶセキュリティ読本、無料で公開
エムオーテックスは、ITセキュリティでの注意点を分かりやすくまとめた「セキュリティ 7つの習慣・20の事例」を作成し、PDF版を無料公開する。(2017/2/24)

日本特有の商習慣にどう対応すべきなのか
最新テクノロジーの活用と充実したサポート体制で実現する“デジタル変革”
海外で進むデジタルトランスフォーメーション。だが日本では特有の商習慣があり、海外と比べるとまだ足踏み状態になっている。この状況を打破するにはどうすればいいのか。(2017/2/23)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「アリさんとキリギリス」――イノベーション人材をどう生かすか?
「怠け者」のレッテルを貼られてきたキリギリスの活躍の場が増えている。それまで美徳とされてきたアリの習慣や価値観がマイナスに働く場面も増えてきた。その背景となる環境変化とは。(2017/1/19)

製造ITニュース:
日本の商習慣に合わせた会計/製造業務が可能なテンプレートを提供
コベルコシステムは、日本マイクロソフトが提供するERP/CRM統合クラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」向けのテンプレート「HI-KORT 365 for Operations」の提供を開始した。日本特有の商習慣に対応した会計/製造業務が可能になる。(2017/1/11)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。