ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「疲労」最新記事一覧

TechFactory通信 編集後記:
完全自動運転、実現したらクルマの中で何したい?
日本人の皆さんはお疲れのようですね……。(2018/2/17)

「いい湯だニャ」「疲れが取れるワン」 にゃらんと柴犬まる、春の温泉旅を満喫
一緒に行きたいです。(2018/2/15)

どの角度から見てもかわいい! ももクロ佐々木彩夏の眼鏡っ子姿にファン「疲れ吹っ飛んだ」
しかも自作。(2018/2/10)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「トップレス営業マン」と呼ばれた私が、脱社畜に成功した方法
私は社畜だった。接待、宴会芸、希望外の異動、出向、転勤、過労、鬱……。社畜らしいことは一通りやった。そんな社畜人生から抜け出すことができた理由は……。(2018/2/9)

疲れた心にかわいいハムケツを! ハムちゃんのだらーり「おくつろぎモード」の後ろ姿が癒やし効果バツグン
癒やされましょうハムケツに。(2018/2/1)

マニュアル通りに危機が起きたことはない:
過労死や長時間労働、人材不足への危機感が急上昇――トーマツの実態調査で明らかに
トーマツが、最新の「企業のリスク・クライシスマネジメント実態調査」を発表した。国内の上場企業が考えるリスクとは何だろうか?(2018/1/31)

“おひとりさま”ビジネスに勝機:
日本人の7割、実は「1人が好き」 SNSで“つながり疲れ”?
野村総研の調査で、日本人の65%が、集団行動よりも単独行動を好むことが判明。SNS疲れなどがその背景にあるという。こうした層を獲得するため、“おひとりさま向けビジネス”を手掛ける企業も増えている。コンサルタントの注目企業は?(2018/1/30)

大学最後の追い込みに、温泉旅館にこもり卒論を書く「卒論執筆パック」が登場 書き終わった人は「卒論お疲れパック」もあるよ!
集中できない人は温泉旅館へ急げ……!(2018/1/17)

疲れも吹き飛ぶモフモフタイム! こちょこちょされる天使なうさぎさんの姿に癒される
うさぎさんが天使すぎて心に羽が生えそう……。(2018/1/15)

疲れたOLを中古の家事ロボット(おっさん)がひたすら癒す漫画に癒やされる こんなおっさんロボがほしい……
どこで売ってますか……?(2017/12/29)

大人にもプレゼントを…… サンタさんの優しさにホロリとする漫画「クリスマスお疲れ会」
気持ちだけで十分だよ、サンタさん……!(2017/12/28)

ハリネズミさん「クリスマスとか付き合ってられません」とかわいく暴走 首のリースをポイッ
ハリネズミにもクリスマス疲れ……?(2017/12/28)

「リア充特集に疲れた」――おひとりさまのための情報誌『おひとりさま専用Walker』が生まれたワケ
ひとりでの楽しみ方を紹介する『おひとりさま専用Walker』が重版に。その誕生の経緯を取材しました。(2017/12/22)

つながりそうでつながらない
“IoT疲れ”が深刻化 解消の鍵は分断した基盤の融合
多機能なIoTデバイスやクラウドサービスがそろっているはずなのに、1つ作業を行うには複数のデバイスやサービスをユーザー自身が組み合わせる必要がある――ユーザーが感じるIoT疲れを解消するには?(2017/12/21)

ふぃぎゅらぼ:
俺、疲れてるのかな…… ペンギンなのになぜか人間にしか見えないフィギュアがゆるかわ
日常感あるな……。(2017/12/20)

ベンキュー、疲れ目防止機能も備えたHDR10対応の27型フルHD液晶「EW277HDR」
ベンキュージャパンは、HDRコンテンツ再生にも対応する27型フルHD液晶ディスプレイ「EW277HDR」を発売する。(2017/12/5)

産業医の8割、「メンタル不調、過労対応に自信ない」 ストレスチェックも「効果なし」の声
メドピアの調査で、産業医の8割が「過労対応などに自信がない」と答えたことが分かった。(2017/11/30)

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:
疲れた時は黙ってぎゅってハグしよ マンガ『お酒は夫婦になってから』から「ズーム」
人肌恋しい季節になりましたな……。(2017/11/29)

女子高生の半数が「SNS疲れ」 理由は?──テスティー調査
テスティーが女子高校生に実施した調査で、半数以上が「SNS疲れ」を感じたことがあったと回答した。(2017/11/21)

2位は「7月〜9月」:
ビジネスパーソンが最も疲労を感じる時期は? 1位は……
ビジネスパーソンが最も疲労を感じる時期は?――ネオマーケティング調べ。(2017/11/17)

長時間視聴でも疲れない軽量設計のヘッドフォン一体型VRゴーグル
ドスパラは、スマートフォン装着用のVRゴーグル「DN-915100」の販売を開始した。(2017/11/16)

飲むショートケーキだと? 「ショートケーキ」を再現したドリンク、JR東日本のエキナカ自販機に登場
疲れた時に飲みたい。(2017/11/12)

俺疲れてるのかな…… JAXAの構内案内図が遠くからだと萌えキャラに見える不思議
ほら、ピンク髪の少女がうっすらと……。(2017/11/9)

NHK女性記者はなぜ過労死したのか 「時間管理できない」両親が浴びた心ない言葉
NHKの記者、佐戸未和さんが2013年に過労死した。4年余り経って公表したNHKは、対応のずさんさもあって佐戸さんの両親と対立するという不幸な事態を招いた。両親は怒りの目を向けている。(2017/11/7)

CEATEC 2017:
医師が解説する「運転中のヒューマンエラー」、脳では何が起きている?
「CEATEC JAPAN 2017」で行われた自動運転技術に関するカンファレンスに、滋賀医科大学 精神医学講座 講師の松尾雅博氏が登壇。「生理機能障害としてのヒューマンエラー:睡眠障害・認知症との関連から」というテーマで講演し、医学的な立場から睡眠や疲労、認知症が自動車事故に及ぼす影響などを紹介した。(2017/10/25)

ロボットアニメを観ながら疲れた身体を癒す 大人のための秘密基地「映像居酒屋 ロボ基地」が池袋にオープン
歴戦の勇士に思いをはせながら。(2017/10/23)

スピン経済の歩き方:
女性記者の過労死問題で、なぜNHKはウソをついたのか
NHKの女性記者が「過労死」していたことが分かった。2013年7月にこの女性は亡くなったわけだが、なぜNHKはこの大きな問題を伏せていたのか。(2017/10/17)

厚生労働省が過労死白書公開 有給取得率が5割切る状況が続く
(2017/10/6)

「子ども向けVR」グリーが開発 単眼式、目が疲れにくい
グリーは、独自開発の単眼HMD「VRヘルメット」を採用した子ども向けVRゲームを開発した。(2017/10/5)

忙しい人への入浴剤ガチャ レバーを回して「バブ」をゲットできる「巨大バブサーバー」が日本5大都市に現る
疲れを感じる水・木曜日はバブるが吉。(2017/10/5)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(45):
もう誰も死なせない――IT業界で働くエンジニアに必要な「勇気」
長時間労働が習慣化しやすいIT業界。部下や同僚を過労死させない、そして自分が倒れてしまわないために、エンジニアや管理職は何をすればよいのだろうか。IT訴訟事例を解説する本連載、今回は「エンジニアの過労死」が争われた判例を解説する。(2017/9/19)

「心が震えるほど感動しました」 釈由美子、息子のある“寝言”に子育ての疲れが吹き飛ぶ
これはうれしい……。(2017/9/7)

タレントの椿姫彩菜が改名 「姫」が付いていることに「疲れました」
「なかなか変換でも出づらい」とも。(2017/8/29)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(31):
全エンジニアのおばが贈る“ことばの玉手箱”――「田中淳子の“言葉のチカラ”」電子書籍版
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第31弾は、「全エンジニアのおば」こと田中淳子さんが贈る「言葉のチカラ」だ。職場の人間関係に疲れたとき、一歩前に踏み出したいとき、言葉たちがあなたを応援してくれるだろう。(2017/8/29)

「初めて芸能界に疲れた」 明石家さんま、結婚当時を振り返り“後悔”を語る
全部見ちゃった。(2017/8/28)

ねとめし:
夏の胃腸疲れに超簡単「鶏がゆ」はいかが? トロトロおかゆとホロホロお肉のホッとする味
鶏の旨みがお米の甘みとベストマッチ。(2017/8/25)

福田昭のストレージ通信(68) 強誘電体メモリの再発見(12):
FeRAMの長期信頼性に関する特徴
強誘電体不揮発性メモリ(FeRAM)の長期信頼性を決めるのは、強誘電体キャパシターの分極特性だ。今回は、強誘電体キャパシターを劣化させる主な現象として「疲労(ファティーグ:fatigue)」と「インプリント(imprint)」について解説する。(2017/8/10)

JTB旅行券(5万円)をプレゼント! 「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!
「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまにJTB旅行券(5万円)をプレゼント。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしませんか。ご入会、お待ちしています!!(2017/7/24)

大手居酒屋チェーン店店長の過労死を遺族が漫画で公開 激務の人は「生きろ。逃げろ」
多くの人に知ってほしい。(2017/7/24)

「残業100時間が常態化」「残業代は給料の4%のみ」 教職員の過酷な労働実態、過労死遺族らに聞く
結果的に真面目な教職員ほど負担が増えてしまうという現状……。(2017/7/26)

手首を休める低反発枕「おててのていはんぱつまくら」がガチャで登場
PC作業で疲れた手首に。(2017/7/24)

真説・人工知能に関する12の誤解(3):
人工知能を単なる「自動化の道具」だと勘違いしていないか
昨今、ロボットや人工知能を「疲れ知らずの労働力」や「自動化の道具」だと捉える人もいますが、本当にその考え方で正しいのでしょうか。(2017/7/20)

NEC/小田急シティバス:
リストバンド型ウェアラブル端末でバス乗務員の健康状態を可視化
NECと小田急シティバスは、乗り合いバスの安全運航支援に向け、ウェアラブル端末による生体情報の収集および活用に関する実証実験を実施。乗務員本人も気が付いていない乗務中の体調変化や疲労度をリアルタイムに確認できる。(2017/7/13)

電通、労基法違反がもとで経産省から新規契約の停止措置 1カ月間同省PRイベント等の入札へ参加不能に
2015年、新入社員が過労を苦にし自殺した件で略式起訴されたことから。(2017/7/12)

イタワリ仮面「必要なのは…労りの心!」 言い争う夫婦にストップをかけるヒーロー漫画に「大事なことに気付けた」の声
全家庭の「頑張って疲れている人」へ。(2017/7/9)

サーバOSの運用管理を効率的に
Windows、Ubuntu、Red Hatへのパッチ適用 “運用疲れ”を防ぐ快適ツールはこれ
OSのパッチ適用は車の整備士の仕事に似ている。ブランドやモデルごとに異なるツールが必要だ。「SCCM」や「Satellite」「Landscape」が、ITにおけるスポーツカーやSUVの維持に役立つ。(2017/7/7)

ビビアン・スー、育児と仕事の両立で疲れ切った写真公開 「何かを犠牲にしてしまっても、今を大切に」
同じ子を持つ母たちから応援の声が寄せられています。(2017/7/4)

ウェアラブル端末で生体情報を収集、バスの安全運行を支援――小田急シティバスとNECが実証
小田急シティバスとNECは、乗務員の生体情報からを疲労度などを判定し、バスの安全運行支援に活用する共同実証を行った。(2017/7/4)

モルダー、あなたフィギュア化されたのよ 「X-ファイル」のモルダー捜査官が可動可能な1/6スケールで登場
どことなく疲れてそうなお顔です。(2017/6/11)

3人に2人が「SNS疲れ減った」 その理由は?
3人に2人が“SNS疲れ”を感じる頻度が減ったという調査結果をジャストシステムが発表。(2017/5/18)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。