ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「疲労」最新記事一覧

関連キーワード

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(45):
もう誰も死なせない――IT業界で働くエンジニアに必要な「勇気」
長時間労働が習慣化しやすいIT業界。部下や同僚を過労死させない、そして自分が倒れてしまわないために、エンジニアや管理職は何をすればよいのだろうか。IT訴訟事例を解説する本連載、今回は「エンジニアの過労死」が争われた判例を解説する。(2017/9/19)

「心が震えるほど感動しました」 釈由美子、息子のある“寝言”に子育ての疲れが吹き飛ぶ
これはうれしい……。(2017/9/7)

タレントの椿姫彩菜が改名 「姫」が付いていることに「疲れました」
「なかなか変換でも出づらい」とも。(2017/8/29)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(31):
全エンジニアのおばが贈る“ことばの玉手箱”――「田中淳子の“言葉のチカラ”」電子書籍版
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第31弾は、「全エンジニアのおば」こと田中淳子さんが贈る「言葉のチカラ」だ。職場の人間関係に疲れたとき、一歩前に踏み出したいとき、言葉たちがあなたを応援してくれるだろう。(2017/8/29)

「初めて芸能界に疲れた」 明石家さんま、結婚当時を振り返り“後悔”を語る
全部見ちゃった。(2017/8/28)

ねとめし:
夏の胃腸疲れに超簡単「鶏がゆ」はいかが? トロトロおかゆとホロホロお肉のホッとする味
鶏の旨みがお米の甘みとベストマッチ。(2017/8/25)

福田昭のストレージ通信(68) 強誘電体メモリの再発見(12):
FeRAMの長期信頼性に関する特徴
強誘電体不揮発性メモリ(FeRAM)の長期信頼性を決めるのは、強誘電体キャパシターの分極特性だ。今回は、強誘電体キャパシターを劣化させる主な現象として「疲労(ファティーグ:fatigue)」と「インプリント(imprint)」について解説する。(2017/8/10)

運送業界“闇制度” 「運転するほど収入」に捜査のメス 過労運転の温床か
「個人償却制」と呼ばれる運送業界のシステムにメス。表向き社員と扱われながら、実質的には個人ドライバーとみなす制度で、会社側、運転手側の双方に“メリット”があるとされるが……。(2017/8/2)

JTB旅行券(5万円)をプレゼント! 「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーン実施中!!
「ITmedia エグゼクティブ」新規入会キャンペーンを実施中。ご入会いただいた方の中から抽選でお1人さまにJTB旅行券(5万円)をプレゼント。初秋の旅で、日頃の疲れをいやしませんか。ご入会、お待ちしています!!(2017/7/24)

大手居酒屋チェーン店店長の過労死を遺族が漫画で公開 激務の人は「生きろ。逃げろ」
多くの人に知ってほしい。(2017/7/24)

「残業100時間が常態化」「残業代は給料の4%のみ」 教職員の過酷な労働実態、過労死遺族らに聞く
結果的に真面目な教職員ほど負担が増えてしまうという現状……。(2017/7/26)

手首を休める低反発枕「おててのていはんぱつまくら」がガチャで登場
PC作業で疲れた手首に。(2017/7/24)

真説・人工知能に関する12の誤解(3):
人工知能を単なる「自動化の道具」だと勘違いしていないか
昨今、ロボットや人工知能を「疲れ知らずの労働力」や「自動化の道具」だと捉える人もいますが、本当にその考え方で正しいのでしょうか。(2017/7/20)

NEC/小田急シティバス:
リストバンド型ウェアラブル端末でバス乗務員の健康状態を可視化
NECと小田急シティバスは、乗り合いバスの安全運航支援に向け、ウェアラブル端末による生体情報の収集および活用に関する実証実験を実施。乗務員本人も気が付いていない乗務中の体調変化や疲労度をリアルタイムに確認できる。(2017/7/13)

電通、労基法違反がもとで経産省から新規契約の停止措置 1カ月間同省PRイベント等の入札へ参加不能に
2015年、新入社員が過労を苦にし自殺した件で略式起訴されたことから。(2017/7/12)

イタワリ仮面「必要なのは…労りの心!」 言い争う夫婦にストップをかけるヒーロー漫画に「大事なことに気付けた」の声
全家庭の「頑張って疲れている人」へ。(2017/7/9)

サーバOSの運用管理を効率的に
Windows、Ubuntu、RedHatへのパッチ適用 “運用疲れ”を防ぐ快適ツールはこれ
OSのパッチ適用は車の整備士の仕事に似ている。ブランドやモデルごとに異なるツールが必要だ。「SCCM」や「Satellite」「Landscape」が、ITにおけるスポーツカーやSUVの維持に役立つ。(2017/7/7)

ビビアン・スー、育児と仕事の両立で疲れ切った写真公開 「何かを犠牲にしてしまっても、今を大切に」
同じ子を持つ母たちから応援の声が寄せられています。(2017/7/4)

ウェアラブル端末で生体情報を収集、バスの安全運行を支援――小田急シティバスとNECが実証
小田急シティバスとNECは、乗務員の生体情報からを疲労度などを判定し、バスの安全運行支援に活用する共同実証を行った。(2017/7/4)

仕事疲れの頭と体回復に特化 ビジネスライフ、フィットネスジム事業参入
ビジネスパーソン向けに頭と体の疲労を取ることを目的に、ストレッチ、ヨガ、瞑想を組み合わせた独自のトレーニングメニューを開発。(2017/6/28)

モルダー、あなたフィギュア化されたのよ 「X-ファイル」のモルダー捜査官が可動可能な1/6スケールで登場
どことなく疲れてそうなお顔です。(2017/6/11)

3人に2人が「SNS疲れ減った」 その理由は?
3人に2人が“SNS疲れ”を感じる頻度が減ったという調査結果をジャストシステムが発表。(2017/5/18)

本当にプラモ!? アニメ塗りのガンプラが絵に見えるけど疲れのせいじゃない
てっきり設定画か何かかと……。(2017/4/26)

“ちゃんと起きてえらい” 全てを肯定してくれるLINEスタンプ「肯定ペンギンのあかちゃん」がめちゃめちゃ癒される
疲れた時に見たらウルウルくるかも。(2017/4/24)

インド風おじさんが2人見えたら多分あなた、疲れてます カメの甲羅がまさかの錯覚を引き起こす
私にはアラブの大富豪に見えました。(2017/4/22)

常見陽平のサラリーマン研究所:
良い働き方には“上手なサボり方”も必要だ
何でもかんでも効率的にと言われても、疲れてしまうのである。人を短時間競争に追い込むだけが働き方改革ではない。“サボり”にこそ、今後の柔軟な働き方のヒントが隠されているのだ。(2017/4/21)

おれ疲れてるのかな…… とある洗剤のパッケージがどう見てもコナンの宿敵
Next Conan's HINT「ポロシャツ」(2017/4/17)

ITライフch:
若年層のSNS利用調査 電話番号よりLINE交換が多数派の一方で「SNS疲れ」も
テスティーは、10〜20代を対象にSNSの使い方に関するアンケートを実施。10代で76.1%、20代で76.0%がSNSを利用していると回答。多くがSNSを活用している一方で、「SNS疲れ」を思わせる回答も見られたという。(2017/4/14)

“いま”が分かるビジネス塾:
AIが働かないと私たちは貧しくなる
人口減少による著しい人手不足が今後も加速していく可能性が高い日本。このままでは、あらゆる業界で過労問題が発生するだろう。「AIが仕事を奪う」という心配をしている場合ではない。AIに働いてもらわなければ経済(社会)が回らなくなるという事態になりかねないのだ。(2017/4/13)

年間720時間:
残業の上限規制100時間はどう評価すべきか
政府の働き方改革で焦点だった残業時間の上限規制は、繁忙期に月100時間未満。この上限規制をどう評価すべきか。労働問題に詳しい日本総合研究所チーフエコノミストの山田久氏と、過労死等防止対策推進全国センター共同代表幹事を務める弁護士の川人博氏に聞いた。(2017/4/10)

当時の“嫁”が思い出せない:
パスワードに疲れたら、考えるべきこと
破られにくくて覚えやすい、複数のパスワードを管理するには、どうすればいいだろう。それも頭の中だけで。(2017/3/31)

過重労働の実態は?:
「過労死ラインの残業をした社員がいる」企業は40%
過重労働の実態は?――エン・ジャパン調べ。(2017/3/27)

疲れた時にモフりたいイーブイ【みんなのポケGO写真】
(2017/3/24)

ぱいぱいでか美、SNS上での嫌がらせ行為に“最後通告” 「嫌がらせがただ終わればそれが一番」
1年4カ月続く嫌がらせに「流石にこの一件に関しては心も体も疲れてしまいました」。(2017/2/15)

PR:フィリップス製ディスプレイに見る“疲れ目対策ディスプレイ”最前線
最近パソコンの使いすぎで目が疲れやすい……そんな人は必読! ブルーライトカットの常識を覆すSoftBlue技術とは?(2017/2/10)

過剰な警告にかえって危機感がマヒ
「またパスワード変更?」、IoTでも“セキュリティ疲れ”が深刻化する理由
モノのインターネット(IoT)が浸透する中、セキュリティ強化を叫ぶ声はますます大きくなっている。しかし、やるべきことが多過ぎてユーザーはかえってセキュリティアップデートに無頓着になっている。(2017/1/30)

疲れ目には「○○する」が正解! 眼科医が教える正しい対処法
疲れ目には温めることがいいといわれています。眼科医に温める効果と方法を聞いてみました。(2017/1/26)

新成人かな? 竹達彩奈、お団子ヘアにキラキラ着物姿で絶賛の嵐「間違いなく天使!」「疲れが吹っ飛びました」
公国民は増加の一途をたどる。(2017/1/21)

「Twitterの利用率は2割強」との調査 「簡単すぎて人を傷つける」懸念の声も
手軽な情報ツールとしての評価から、SNS疲れを訴える声まで、多様な意見が。(2017/1/14)

ワークチェア選びのプロ「チェアコンシェルジュ」が教える疲れない座り方
椅子を購入するときの注意点も教えらもらいました。(2017/1/7)

間食で「疲れを解消する」には“アレとアレの組み合わせ”が効果的
仕事中にちょっと小腹が空いたときに食べる間食。たまった疲れを解消できればもっといいですよね。そこで、いつもの間食を上手に食べるコツを専門家に聞いてみました。(2017/1/6)

CES 2017:
AIで感情を読むクルマ「TOYOTA Concept-愛i」登場 疲れ具合で自動運転も提案
ドライバーの感情や疲労度を読み取り、運転をサポートするAI搭載のコンセプトカー「TOYOTA Concept-愛i」をトヨタ自動車が発表。(2017/1/5)

電通、書類送検を受け経緯や施策を発表 過労自殺について「パワハラとの指摘も否定できない」「行き過ぎた指導があった」
「高橋まつりさんのような出来事が二度と起こらないように」と労働環境改革を行うとしています。(2016/12/29)

違法残業「月80時間超」で社名公表 「過労死ゼロ」緊急対策
厚労省は、電通の女性社員の過労自殺を受け、違法な長時間労働の撲滅を目指す緊急対策をまとめた。(2016/12/27)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
なぜ過労死はなくならないのか 「逃げられなくなる前」にできること
(2016/12/24)

折り畳みイスを内蔵した「どこでも座れるカメラリュック」、サンコーから
撮影に疲れたから一休み……というときに大活躍のカメラリュックが登場。折り畳み式のイスを内蔵しており、いつでもどこでも座れるという。しかも大容量。(2016/12/16)

臨床心理士みらーのメンタルアドバイス:
疲労には2種類ある! 「休んでも取れない疲れ」のメカニズムと対処法
(2016/12/8)

FF15でバグ報告続く 「空中に吹っ飛ぶ」「イグニスのメガネが浮く」「イグニスが崖から落ちる」「イグニスがなんか薄い」など
イグニス、あなた疲れてるのよ……。(2016/12/2)

長時間労働、ハラスメント問題企業が並ぶ:
「ブラック企業大賞」ノミネート10社発表 電通など
“今年1番のブラック企業”を決める「ブラック企業大賞2016」のノミネート企業10社が発表。新入社員の過労死が発生した電通や、パワハラ問題が明らかになった日本郵便などがノミネートした。(2016/12/1)

星野源さん「過労による体調不良」 今夜の「ベストアーティスト」出演辞退
星野源さんが過労でダウン。今夜の「ベストアーティスト」出演を辞退すると発表した。(2016/11/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。