ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「疲労」最新記事一覧

ダイヤも一撃粉砕 YouTubeに開設された水圧プレス機で物をつぶすだけのチャンネルがインパクト大
疲れたときに見ると元気になれそうです。グシャア……。(2016/5/17)

肉体と精神の疲れは違う? 人はなぜ疲れるのか
人はなぜ疲れるのでしょうか? そのメカニズムに迫ります。(2016/5/16)

パッチ疲れ解消の第一歩は……
もう管理しきれない……企業にまん延する「パッチ疲れ」が深刻化
2015年、Microsoftは535個のパッチをリリースした。各パッチの必要性や当てたときの影響を調べてサーバやクライアントに適用することに、企業は限界を感じている。(2016/5/16)

近未来の健康ガジェット:
アイマスクに水を循環 目の疲れを解消するウェアラブルアイマッサージャー「Aurai」
多くの人が1日中酷使している目を、温水や冷水を使ってマッサージしてくれる興味深いウェアラブルデバイスが「Aurai」です。疲れ目に悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。(2016/5/15)

スマホが原因の不調? 首や眼の異変に注意
スマホを使い続けた後に視界がぼやけたり、首が疲れたり――放置すれば重症化する危険もあるという。(2016/5/2)

高井尚之が探るヒットの裏側:
身につけて疲労回復 新たな市場を開拓する「リカバリーウェア」とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は身につけて疲労を回復する「リカバリーウェア」の人気を読み解く。(2016/4/27)

世界を「数字」で回してみよう 人身事故(29):
大いなるタブーなのか――人身事故を真面目に検証する
電車を日常的な移動手段にしている者にとって、疲れ果てている時、急いでいる時に発生した人身事故ほど、心が疲弊するものはありません。ですが、声を大にして人身事故を批判することはタブーである、という暗黙の了解が、なぜか存在するのです。今回から始まる新シリーズでは、この「(電車での)人身事故」について、「感情的に」ではなく「数学的に」検証したいと思います。(2016/4/25)

いしゃまち:
近ごろ疲れやすい……その原因には病気が潜んでいるかも?
外出するとすぐに疲れる、常に全身がだるい――そんな症状に悩まされていませんか? 今回は、慢性的な疲労感を伴う病気をピックアップします。(2016/4/22)

タイヤ技術:
自動運転車のタイヤに求められることとは?
ブリヂストンは、栃木県那須塩原市のブリヂストンプルービンググラウンドで報道陣向けにタイヤ技術の説明/試乗会を実施した。タイヤがセンサーとなって路面の状態を判定する技術「CAIS(カイズ)」を搭載した車両や、次世代低燃費タイヤ「ologic」、運転時の疲労を軽減する「Playz」など、強みとする安全技術を実際に体験する機会を得た。こうした技術は自動運転車向けタイヤの開発にもつながっていきそうだ。(2016/4/20)

FAニュース:
油圧源不要、省電力で疲労・耐久試験ができる電動サーボ加振機
島津製作所は、電動サーボ加振機「NJ-SERVO」を発売した。油圧源不要の電動モータ式で高い汎用性を備えており、省電力・省スペースで自動車部品や駆動部の耐久試験ができる。(2016/4/6)

しながわ水族館の「ゴマフアザラシ」ニコ生で48時間生中継決定
新年度の疲れはゴマフアザラシで癒やす。(2016/4/4)

スピン経済の歩き方:
「人間ピラミッド」と「過労死」の問題点が、似ている理由
スポーツ庁が運動会の「組体操」で安全性が確保できないようなら、実施を見送るよう通達をした。「危険な人間タワーなんてやめるべき」「いやいや、教育上必要でしょ」といった声がある中、筆者の窪田氏はあることに注目している。それは……。(2016/3/29)

疲労を回復するベネクスの「リカバリーウェア」 普段着や部屋着として使える新シリーズが登場
副交感神経の働きを促して疲労を回復させるという「リカバリーウェア」を販売するベネクスが、新たに肌触りのよい素材を開発し、軽く柔らかい、部屋着などとして着られるリカバリーウェアを発表しました。(2016/3/3)

やはり“トップ”なのか…… 液体洗剤の二足歩行競争が謎の癒しで疲れたときにながめていたい
ボールドたんの人気に嫉妬。(2016/2/21)

“働かないアリ”は集団の長期的な存続に必要 北海道大学が研究
働くアリが疲れたときに、働かないアリが代わりに仕事をしてくれる。(2016/2/17)

上海問屋、PC作業の疲労を軽減する腕用アームレスト
ドスパラは、左右位置を自由に調整できるPC作業用ひじ置き台の取り扱いを開始した。(2016/2/17)

半径300メートルのIT:
ウェアラブルデバイスなしでも「自分の疲れ」を可視化するIT
長い時間の作業に集中していると、突然「少し休んでください」とディスプレイに出てきました。「ウェアラブル時代」には意外な方法で「疲れ」を教えてくれるモノとは。(2016/2/16)

オートモーティブ メルマガ 編集後記:
疲れるけど魅力的、クルマのスピードの楽しさ
首都高は湾岸線が一番好きです。(2016/1/26)

ヒビノからAKG製モニターヘッドフォン「K182」が登場――快適な着け心地を重視
AKG製モニターヘッドフォン「K182」が2月9日発売になる。着け心地を重視し、長時間のモニタリングでも疲れない”快適な着け心地”を目指した。(2016/1/25)

R25スマホ情報局:
スマホで体調不良に!? 「VDT症候群」とは?
スマホなどを長時間使っていると感じる疲れ目、肩こりなどの症状を「VDT症候群」と呼ぶそうです。このVDT症候群にはどのようなものがあるのか専門家に聞いてみました。(2016/1/19)

着ているだけで疲れがとれる「リカバリーウエア」が静かなブーム アスリートの口コミが追い風に
着ているだけで疲れがとれる「リカバリー(疲労回復)ウエア」が静かなブームを呼んでいる。商品化までの道のりは平坦ではなかった。(2016/1/13)

タイヤ技術:
ドライバーが運転で疲れにくくなるタイヤ、ブリヂストンが開発
ブリヂストンは、ドライバーの疲労を軽減する乗用車用タイヤ「Playz(プレイズ) PXシリーズ」を2016年2月1日から発売する。運転中にステアリング操作を微調整することがドライバーの疲労の原因である点に着目。車両のふらつきを抑制する設計により、ステアリングの微調整を減らしドライバーの疲労を軽減する。(2016/1/12)

“ブラック過労”? で突然心肺停止 穴埋め勤務で3カ月休日ゼロ、24時間営業ファミレス店長の過酷
ファミリーレストランの店長だった男性が心疾患を発症。死のふちから生還した男性を待ち受けていたのは、労災認定をめぐる会社との熾烈な攻防だった。(2016/1/8)

長く使って分かったこと:
2015年、コレ買いました――疲れ気味おっさん記者の場合
各分野の専門家が、実際に長く使ってみて「良かった!」あるいは「ちょっとね〜」というものを取り上げる年末企画。第2回はLifestyle編集部のS記者です。しかし、今回はなにやら年齢を感じさせるモノが多いようで……。(2015/12/30)

眠れないのは「寝返り」が原因? 正しい寝返りのコツ
朝起きたとき、「腰が痛い」「体全体に疲れが残っている」という人は、夜眠っている間に“寝返り”がきちんと打てていないことが原因かもしれません。(2015/12/21)

ドラゴンボールを7つ集めなくても“神龍”を我が家に召喚できるし癒やしてくれるクッション
「出でよ神龍! そして疲れを癒やしたまえ!」(2015/12/8)

変わる、一太郎:
一太郎 2016/ATOK 2016発表会リポート
一太郎/ATOKの最新版は、表現力を高める豊富な新機能を搭載したほか、長文入力時の疲労度も判定してくれる。(2015/12/3)

1日1本:
飲み過ぎは危険? 栄養ドリンクとの正しいつきあい方とは
「昨日の疲れが残ってるな……」と思うとき、ドリンク剤のテレビCMを思い出しませんか? 今回は、そんな栄養ドリンク剤とのつきあい方についてご紹介します。(2015/11/26)

ミクさん今度はカナダも行くよ! 「HATSUNE MIKU EXPO 2016」北米6都市で開催
疲れを知らないミクさんさすがです。(2015/11/12)

マシンでも働きすぎは深刻な問題に
フラッシュメモリが“過労死”? VMwareとMicrosoftの仮想環境が心配だ
米VMwareのハイパーバイザーや米Microsoftの「Hyper-V」では、フラッシュメモリを酷使して仮想マシンが“動作”する。仮想マシンのウェイトが高くなるにつれて、フラッシュメモリの短命化が深刻な問題になる。 (2015/10/27)

血行を促進して疲労回復 パーカータイプのリカバリーウェアをベネクスが発売
生地に練り込んだナノプラチナなどにより、血行促進効果が得られるパーカータイプのリカバリーウェアをベネクスが発売します。(2015/10/26)

“スマホ首”対策にも 疲労回復効果のあるポンチョ「ネックカバー」ベネクスが発売
ベネクスが、生地に練り込んだ特殊繊維で首や肩の疲労回復を促す、ポンチョタイプのリカバリーウェア「ネックカバー」を発売します。(2015/10/22)

「シュタゲ」牧瀬紅莉栖の痛ネクタイが登場 疲れたときにペロンと裏返すとクリスティーナがいる生活をアナタに
かいばー。(2015/10/21)

センサー付き眼鏡「JINS MEME」11月5日発売 リアルタイムに疲れや眠気を可視化 スポーツ・医療でも活用
目や体の動きをリアルタイムにトラッキングし、疲労度や眠気を示すセンサー付き眼鏡「JINS MEME」が11月に発売される。研究者、開発者とも広く連携し、活用を進める。(2015/10/14)

20分走らないと脂肪は燃えないはウソ!? バスクリンのお風呂博士が教える、脂肪燃焼と疲労の真実(前編)
ガンバらなくてもダイエットできる? お風呂と脂肪燃焼にまつわる気になる話をお風呂博士に伺いました。(2015/10/9)

ウチの会社にも欲しい? 社長の声で「お疲れさん」と話す自販機が登場
従業員が飲み物を買ったら「お疲れさん」と社長の声が出る自販機が現れた。(2015/9/11)

遺伝子から睡眠の謎に迫る!? という話
「あー眠たい、どれだけ寝ても眠たいよ……」ってお疲れの人、現代人には多いかもしれません。必要な睡眠時間にはどうやら個人差があるようですが、睡眠もまた、遺伝子に影響されているのでしょうか。(2015/9/3)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
世界中で録音された雨の音が聞けるiPhoneアプリ「Rain Sounds HQ」
暑さで寝苦しい夜に役立つのが、疲れた心と体を癒すリラックスサウンドが聞けるアプリ。中でも今回紹介する「Rain Sounds HQ」は、雨の音にこだわったユニークなアプリだ。(2015/8/20)

疲れないの? ひっくり返ったまま無理矢理ごはんを食べるカメ
今を生きるカメ。(2015/8/16)

人気Twitterアプリ開発者が「サードパーティー制限に疲れたから」とTwitter入り
Twitterの非公式アプリ「Falcon Pro」の開発者が、「(Twitterによる)サードパーティー制限に疲れた。APIを完全に使える公式アプリを開発したい」とツイートし、Twitterに入社すると発表した。(2015/8/10)

PR:安全な製品を届けるには? もう避けては通れない疲労問題
製品が引き起こす事故の多くは疲労破壊が原因だ。英国のジェット機「コメット」の墜落事故以降、疲労破壊の研究は進んでおり、重要性も認識されている。それにもかかわらず、いまだに疲労破壊による事故が減っていない。現在では大規模な構造物だけでなく、自動車や電子機器に搭載される電子部品の疲労破壊が重大事故を引き起こすようになってきた。(2015/7/31)

目が悪い:
乱視ってどんな見え方? なぜ起こるの?
目が悪いというと「近視」を想像する人が多いと思いますが、「近視」だけではなく「遠視」や「乱視」も近視と同じ屈折異常として視力の低下や目の疲れを引き起こします。この中の「乱視」は一体どういった見え方なのでしょうか?(2015/7/29)

エレコム、頭のツボを刺激して目や頭の疲労をリフレッシュする「エクリア アイフレッシュ」
エレコムは、目の疲れや頭の重みをリフレッシュできる「エクリア アイフレッシュ」を発表。ヘッドバンドのエアバッグで頭のツボを刺激できる。(2015/7/7)

経済評論家・山崎元の「エンジニアの生きる道」(15):
なぜ「疲れた」と言ってはいけないのか〜山崎元流 疲れ対策三選
エンジニアがエンジニアとして生き残るためには、ビジネス的な観点が必要だ。ビジネスのプロである経済評論家の山崎元さんがエンジニアに必要な考え方をアドバイスする本連載。今回は「疲れ」がもたらすマイナス効果と、オリジナルの疲れ対策法を解説する。(2015/7/6)

疲れ目を駆逐せよ! 進撃の巨人×サンテ目薬キャンペーン
キターーーーーーーーーーッ!(2015/6/25)

鉄分不足:
今日も朝からダルいのは、仕事行きたくないから……じゃなかった!?
最近疲れやすい、朝がつらい。それ、もしかしたら……。(2015/6/17)

遊び疲れちゃう!? 小さな公園で遊ぶハムスターさん「砂場だぁぁああああ!」
微笑ましい。(2015/6/15)

ちまたで噂の“スマホ顔”って? 画面に夢中、前かがみの姿勢は老け顔、疲れ顔のもと
昼休みや電車内、スマホの画面に夢中になっていると自然に前かがみに。姿勢が悪くなるだけでなく顔がたるみ……。“スマホ顔”を防ぐポイントを紹介します。(2015/6/5)

話題の牛丼チェーンも実名で掲載! ブラック企業を徹底検証するWebサイトがプレオープン
パワハラ、過重ノルマ、過労死……滅私奉公にサヨナラ!(2015/6/3)

疲れた現代人に安らぎを YouTubeに「世界で最もリラックスできる動画」が公開
ああ、癒される……。(2015/5/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。