ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「脳」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脳」に関する情報が集まったページです。

医療技術ニュース:
脳からの神経信号が肝臓の再生を促す仕組みを解明
東北大学は、肝臓傷害時に、脳からの神経信号が緊急に肝臓再生を促す仕組みを解明した。また、重症肝臓傷害の際に、この仕組みを促すことで、生存率を回復させることに成功した。(2019/1/11)

ポケモンの戦闘曲を子ども用キーボードで演奏 ダイパ世代から「鳴き声が脳内再生される」と感激の声
大人用キーボードと組み合わせた見事な演奏に拍手。(2019/1/7)

小魚の脳を記憶媒体に レジンで作った「小魚USBメモリ」とロマンあるSF設定が天才の発想
煮干しを使ったレジンのネタプロダクトです。(2019/1/6)

【マンガ】3.5キロ先でも見えちゃう、眼球が脳より大きい“あの生物”
圧倒的視力。(2018/12/25)

医療技術ニュース:
食塩の過剰摂取で高血圧が発症する脳の仕組みを解明
自然科学研究機構は、食塩の過剰摂取によって体液中のナトリウム(Na+)濃度が上昇すると、脳内のNa+濃度センサーであるNaxがこれを感知し、その結果、交感神経が活性化して血圧上昇が起こることを解明した。(2018/12/21)

地球最後の日に好きなあの娘に告白したら…… 斜め上だけどうるっとする漫画に「大好き」「脳が尊さで滅亡」
予想外なドキッと展開から涙のラストへ……。(2018/12/17)

ベルギーのチームが資金調達:
アルツハイマーの解明目指す、脳組織チップの開発へ
ベルギーの研究者らは、FacebookのMark Zuckerberg氏ならびに同士のパートナーであるPriscilla Chan氏が主導する慈善団体「Chan Zuckerberg Initiative(CZI)」から、パーキンソン病のメカニズムを研究するための新たなチップの開発に投じる105万米ドルの資金を調達した。(2018/12/12)

バルキリーが箱から飛び出した!? プラモによって再現されたプラモの箱で脳がバグる
ちょっと下のほうを見ればプラモの台座が見えるのに、絵のように感じてしまう。(2018/12/11)

おいしそうな「すき焼き」……実はケーキ! ケーキで作ったすき焼きがすき焼きすぎて脳がパニックを起こしちゃう
飯テロであることに間違いない(2018/12/9)

医療技術ニュース:
パーキンソン病治療の治験、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞の移植で1症例目
京都大学医学部附属病院は、iPS細胞由来ドパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療に関する医師主導治験を行った。第1症例目の細胞移植で、約240万個のドパミン神経前駆細胞を脳の左側被殻に移植した。(2018/11/29)

医療技術ニュース:
なぜプラセボ効果で治るのか、関与する脳内の領域を同定
理化学研究所が、ラットでプラセボ(偽薬)効果を再現し、プラセボ効果に関与する脳内領域を同定することに成功した。(2018/11/21)

密室殺人だ → 壁ボコーン! →密室じゃなくなった 全てを力で解決する漫画『脳筋ワトソン』がよく見ると何も解決してない
一緒に行動するのやめよう。(2018/11/22)

「NANA思い出した」「日本一Vivienne似合う」 中島美嘉、ラブ襟ロングコートで“大人な”ナナになる
脳内で「GLAMOROUS SKY」が再生された。(2018/11/19)

アフターファイアが火炎放射器レベル 4ローターで950馬力を叩き出す脳筋カスタム「RX-7」がやばい
頭おかしい(褒め言葉)。(2018/11/17)

製造ITニュース:
現場に与える目と脳、東芝が訴えるデジタル化の価値
東芝デジタルソリューションズは、ユーザーイベント「TOSHIBA OPEN INNOVATION FAIR 2018」において、画像やAI(人工知能)などを活用したさまざまな産業向けソリューションを紹介した。(2018/11/14)

ラップとダンスでYOYOYO! ニュージーランド航空のあの機内安全ビデオに新作、今回も強烈存在感
一瞬、脳が「??」と混乱するも「覚えられる」!(2018/11/6)

憧れの人との会話のキャッチボールが全然うまくいかない漫画があるある まるで自分のことのようだと共感の声
脳内フリーズ状態。(2018/11/7)

ロシアの企業がCEATECで展示:
脳波で文字入力、言語障害があっても手軽に会話を
ロシアのスタートアップ企業NeuroChat社は、「CEATEC JAPAN 2018」(2018年10月16〜19日、千葉市・幕張メッセ)の「Co-Creation」エリアに出展し、脳波を利用して文字を入力するシステム「NeuroChat」を展示した。(2018/10/26)

VRライブの盛り上がり、脳波で測定 桜吹雪で「一体感」演出 芝浦工大
VR空間で音楽ライブを視聴する人の脳波を測定し、盛り上がりの度合いに応じてハートマークや桜吹雪を表示して一体感を演出する――そんな技術を、芝浦工業大学が開発している。(2018/10/23)

ウェアラブルニュース:
重さ30gで厚さ13mmのセンサー一体型脳活動計測装置を開発
NeUは、センサー一体型の脳活動計測装置「XB-01」を開発した。NIRSを応用し、微弱な近赤外光により脳の血流量変化を計測することで、脳の活動状態を可視化する。(2018/10/23)

めっちゃうらやましい! 現実世界で彼女が“ログインボーナス”を届けに来てくれるゲーム脳カップル漫画
2人の関係性に憧れる人続出。(2018/10/16)

「深層学習の現状は、1998年のインターネットに近い」:
「インターネット」で勝てなかった日本が、「深層学習」で勝つには 東大・松尾豊氏
NVIDIAが開催した「GTC Japan 2018」で、東京大学 特任准教授、日本ディープラーニング協会 理事長の松尾豊氏が登壇。深層学習の原理や、深層学習に関する研究の現状について説明し、今後、実社会で深層学習がどう扱われていくのか、持論を展開した。(2018/10/17)

脳血流など生体情報を取得するVRデバイス ユーザーの興味関心や集中度を客観視
ベンチャーのNeUとVRデバイス開発のFOVEが生体情報を一括計測するVRデバイスを共同開発。ユーザーの興味関心を客観的に計測できる。(2018/10/15)

「肉汁は食前酒」「カロリーはうまいネ」 スーパーの“手描きポップ”が「デブの気持ちわかってる」と共感得る
脳にダイレクトに訴えかけてくるフレーズ。(2018/10/14)

安田大サーカスHIRO、脳外科“卒業”を報告 内科&眼科の通院続くも前向き発言
“卒業”おめでとうございます!(2018/10/10)

富士山の青さを表現した「青い富士山カレー」、11月に販売開始
脳と舌で、富士山ブルーを感じろ!(2018/10/3)

脳同士をつないで意思疎通できる「BrainNet」 ワシントン大学など開発
1ビットの情報を3人の脳が送受信する。(2018/10/1)

2代目ファン必見! スズキ「ジムニー」2ストエンジン搭載モデル「SJ30」がミニカー化、カプセルトイとして登場
あのエンジン音、脳内再生余裕です。(2018/9/29)

プレイステーションのシンボルをデザインした服やグッズがヴィレヴァンに 起動音脳内再生必至
初代ロゴ入りのトレーナーや、デュアルショック形のバッグなど。(2018/9/12)

「明朝体、横画無くても読める説」 横画を消した明朝体の漢字が本当に読めちゃう
人間の脳ってすごい。(2018/8/31)

医療技術ニュース:
ヒトとチンパンジーの脳の違いを発見、ヒトの脳はより多くの遺伝子発現が変動
京都大学の研究グループは、ヒトの脳で特異的な発現変化を示す複数の遺伝子群(モジュール)を発見し、そのモジュールに分類される遺伝子の数がチンパンジーの7倍以上になることを明らかにした。(2018/8/31)

コンピュータで“錯視”の謎に迫る:
丸いのに歪んで見える不思議な円 あなたの脳もだまされる?
早稲田大学・新井仁之教授が解説する錯視の世界。第10回では、円なのに、ゆがんで見える不思議な図を紹介します。(2018/8/29)

医療機器ニュース:
脳内アミロイド蓄積を血液から推定する受託分析を開始
島津製作所と島津テクノリサーチは、アルツハイマー型認知症に関する研究開発分野を対象として、血漿から脳内のアミロイド蓄積度合いを推定する受託分析「アミロイドMS受託解析サービス」を開始した。(2018/8/28)

医療技術ニュース:
人間に3本目の腕、両手を使った作業と脳波によるロボットアーム操作は両立できる
国際電気通信基礎技術研究所は、両腕を使いながら脳でロボットアームを操作するBMI手法の研究成果を発表した。BMI技術の用途拡大に向けた第一歩になるとともに、マルチタスク能力などの解明も期待される。(2018/8/24)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
副業の時代。運だけで、1000万円は稼げる
運を自分で上げる、日常生活におけるちょっとしたポイントとは?(2018/8/23)

ブレーキなし、ギアなし、サスなし 100年前に作られたハーレー・ダビッドソンのレース用バイクが脳筋すぎる
100年物のハーレー・ダビッドソン。(2018/8/10)

医療技術ニュース:
サイコパスがためらいなくうそをつく脳のメカニズム
京都大学は、反社会性パーソナリティー障害である「サイコパス」が、ためらうことなく、半ば自動的にうそをついてしまう傾向があり、その背景に前部帯状回の活動低下があることを実証した。(2018/8/9)

医療技術ニュース:
早く行きたいのに何度も赤信号、運転中の高齢者は怒りを感じやすい
名古屋大学は、心理実験や脳計測を通じて、連続する赤信号に対して運転中の高齢者が怒りを感じやすいことを解明した。また、脳の前頭葉の実行機能が弱い高齢者ほど怒りやすいことが分かった。(2018/8/7)

医療技術ニュース:
ワンペダル操作によるクルマの運転、より楽しく集中力も自然に向上
産業技術総合研究所と日産自動車は共同で、ペダル操作の違いが運転者の心理状態と脳活動に及ぼす影響に関する実験を行った。ワンペダル操作での運転時に、運転がより楽しく感じられることが示された。(2018/7/31)

メディカルツーリズムにも対応:
JR宇都宮駅東口整備の骨子が判明 ホテルはVIP対応、病院は脳・心疾患に特化
野村不動産らの企業グループが宇都宮駅東口地区整備事業で市と基本協定を結んだ。ホテルはVIP対応の高級ブランドに、病院は脳・心疾患に特化したものになるという。(2018/7/30)

医療技術ニュース:
長期宇宙滞在で発生する眼球の変形、原因が大脳の移動だと明らかに
京都大学が、長期宇宙滞在後の宇宙飛行士に見られる、眼球の後ろが平たくなる眼球後部平たん化と、眼球とつながる視神経を取り囲む視神経鞘の拡大について、その本質的な病因を明らかにした。(2018/7/30)

「脳汁の最大化」目指して ドワンゴ、VR事業で新会社「バーチャルキャスト」
ドワンゴは、インフィニットループとVR事業の新会社「株式会社バーチャルキャスト」を設立した。(2018/7/27)

脳波でロボットアームを操作、“3本目の腕”に ペットボトルつかむ実証実験
人間が動作を思い浮かべると、ロボットアームを“3本目の腕”として操作できる――脳波を測定する装置を使ったそんな手法を、国際電気通信基礎技術研究所が開発した。(2018/7/26)

「熱中症で死亡するのは脳のタンパク質が変質するから」ツイート拡散 本当か医師に聞いた
熱中症予防策についても聞きました。(2018/7/26)

医療機器ニュース:
脳磁計測システムを国内市場向けに発売
リコーは、国内市場向けに脳磁計測システム「RICOH MEG」を発売した。同システムは熊谷総合病院の「PET総合検診棟」での採用が決定しており、最新鋭の医療機器とともに、病気の早期発見、早期治療、治療効果の判定に役立てる。(2018/7/25)

『魔人探偵脳噛ネウロ』ドーピングコンソメスープ・シューソフト爆誕 J-WORLD限定フードメニュー
DCSだ……!(2018/7/15)

レゴで「マジンガーZ」の光子力研究所を再現! マジンガーZが発進するギミックも
出撃シーンを見ていると脳内にBGMが流れそう。(2018/7/8)

木村拓哉&明石家さんま&タモリ、二度見必至な“そっくりさん”ショットに脳が混乱しそう
本人だったら超豪華!(2018/6/26)

ReRAMを応用して高電力効率に:
エッジでAIの学習も、アナログ素子で脳型回路を開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)らは、アナログ抵抗変化素子(RAND)を用いた、AI(人工知能)半導体向け脳型情報処理回路を開発した。エッジ側で学習と推論処理が可能となる。(2018/6/26)

医療技術ニュース:
8Kスーパーハイビジョンカメラで生きたマウスの脳活動を大規模に計測
東京大学は、脳神経活動の計測に8Kスーパーハイビジョンカメラを用いて、運動中のマウス大脳皮質から、軸索終末と呼ばれる神経細胞の一部における活動を大規模に計測することに成功した。(2018/6/18)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。