ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「脳」最新記事一覧

de:code 2016:
ついに明かされる「りんな」の“脳内” マイクロソフト、「女子高生AI」の自然言語処理アルゴリズムを公開
日本マイクロソフトは「de:code 2016」で、“女子高生AI”「りんな」の自然言語処理アルゴリズムについて詳細を語った。(2016/5/27)

グラビアアイドル橘花凛さん、微妙に安心できない「肌色水着」写真を披露 「悩殺されまくり」と絶賛
脳よ、自分の視覚をだますんだ……!(2016/5/26)

脳波を使ったヒューマンインタフェース:
ウェアラブル脳波計は私たちの本音を伝えてくれる
情報通信研究機構の成瀬康氏は、IEEEが開催した「ヒューマンインタフェースと脳科学」に関するセミナーで、日常での脳波計測を可能とするウェアラブル脳波計に関する研究成果を発表した。(2016/5/26)

ゴスロリ衣装が印象的な「燐寸少女 マッチショウジョ」主演、SKE48・佐藤すみれのかなえたい“妄想”は? 本人に聞いてみた
佐藤すみれの脳内妄想とは?(2016/5/20)

ニコニコ超会議2016:
中村獅童さんと初音ミクがコラボ 新作歌舞伎「今昔饗宴千本桜」がすごかった
「ニコニコ超会議2016」で上演された「今昔饗宴千本桜」。伝統と新しい技術が融合したすばらしい舞台だった。(2016/4/29)

医療は変わるか?:
オムロンヘルスケアが力を注ぐ「連続血圧測定」とは何か?
医療用健康機器メーカーのオムロンヘルスケアが、脳・心血管疾患の発症をゼロにする取り組みを本格化。その第一歩として、連続血圧測定技術を世界で初めて開発し、2017年を目途に製品化するという。(2016/4/26)

「正常性バイアス」とは、災害時や緊急時に「自分は大丈夫」と思い込んでしまう、危険な脳のはたらき
「ありえない」という先入観や偏見(バイアス)が働き……。(2016/4/22)

特選ブックレットガイド:
脳内“エラー信号”を使って思い通りに動かせる「スマート義肢」
「機器の動きが正しいか正しくないかを人間が判断し、誤っている時に出るErrP信号を、機器の制御部にフィードバックする」というアプローチ。(2016/4/22)

将来的には体の不自由な人の意思表示にも:
すでに夢の推定も、次世代AIとして研究進む“脳”
情報通信研究機構(NICT)は2016年4月、第4期中長期計画のスタートにおける3つの強化策の発表とともに、「脳をリバースエンジニアリングする」と題して、脳と研究成果の発表を行った。(2016/4/20)

製造ITニュース:
脳型コンピューティング技術研究のため、産学協働で研究所を開設
NECと大阪大学は、同大学吹田キャンパス内に「NECブレインインスパイヤードコンピューティング協働研究所」を開設した。情報科学、脳科学の最先端の知見を融合し、新しい脳型コンピューティングシステムの開発に取り組むという。(2016/4/20)

記憶力と判断力がアップする食べ物って?
脳を活性化させたいときにとりたい栄養素をご紹介します。(2016/4/20)

電気自動車:
日産「リーフ」の運転の楽しさや気持ち良さを脳波で証明する
日産自動車は、ドライバーの脳波を基に運転感覚を言語化し、車両の周辺に投影する機能を搭載した電気自動車「リーフ」を製作した。リーフ発売5周年を記念し、この車両を使って若者がリーフの運転を楽しむ様子を紹介するプロモーション映像も制作、公開している。(2016/4/15)

ドライバーの脳波を分析して運転感覚を路面に投映 特製「日産リーフ」の未来感がすごい
モータースポーツ漫画を具現化できそう。(2016/4/14)

手足がまひした患者の脳にチップ移植、考えた通りに手を動かすことに成功
手足がまひした脊髄損傷患者の脳にコンピュータチップを移植して思考を読み取り、腕の電極に指令を送ることで、考えた通りに手を動かせる――こんな技術が実現した。(2016/4/14)

NRIメディアフォーラムより:
「サービスロボット」の最新動向【後編】
「第233回NRIメディアフォーラム」(主催:野村総合研究所)の中で紹介された「『サービスロボット』の最新動向」を基に、サービスロボットの今とこれからについて説明する。後編では「サービスロボットの現在の利用シーン」と「今後の展望」について取り上げる。(2016/4/14)

運転中の「ウオオオ!」を漫画風にプロジェクション――ドライバーの脳波を測定する車、日産が制作
運転中の「ウオオオ!」「ドキドキ」がリアルタイムに漫画風の擬音語に――日産自動車が脳波を解析して車両外にプロジェクションする「日産リーフ」を制作した。(2016/4/13)

知っておきたい医療のこと:
【新連載】人生に関わる疾病から命を守るには
がん、脳梗塞、心筋梗塞そして認知症。尊厳を奪い人生を台無しにし得る疾患から自分を守るためにはどうすればよいのか。(2016/4/13)

どうしてすぐ斜め上の発想をするんだ! ロバート・秋山の体ものまねが新境地に
Falafel pt.1を脳内BGMとしてどうぞ。(2016/4/8)

NRIメディアフォーラムより:
「サービスロボット」の最新動向【前編】
「第233回NRIメディアフォーラム」(主催:野村総合研究所)の中で紹介された「『サービスロボット』の最新動向」を基に、サービスロボットの今とこれからについて説明する。前編では「なぜ、今サービスロボットなのか?」について取り上げる。(2016/4/5)

脳からヒントを得て開発した「TrueNorth」を搭載:
米ローレンス・リバモア国立研究所が「ニューロシナプティックコンピュータ」を導入
米ローレンス・リバモア国立研究所は、米IBM Researchが脳からヒントを得て開発したチップを搭載するスーパーコンピューティングプラットフォームを購入した。(2016/3/30)

医療技術ニュース:
GABA受容体運搬に関わるタンパク質が自閉症の原因遺伝子であることを特定
東京大学は、脳の神経細胞の活動を抑えるGABA受容体の運搬に関わるタンパク質「PX-RICS」が、ヤコブセン症候群患者に発症する自閉症の原因であることを特定した。(2016/3/30)

医療機器ニュース:
脳磁計事業を継承し、ヘルスケア分野に参入
リコーは、ヘルスケア分野に事業参入することを発表した。その一環として、画像診断装置事業の事業展開・研究開発を加速するため、横河電機の脳磁計事業を継承する。(2016/3/29)

いっこく堂、軽度の「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」のため入院
現状、手術の予定はないとのこと。(2016/3/23)

医療技術ニュース:
カテゴリー化により大量の情報を瞬時に処理する脳の働きを解明
東北大学は、高次脳機能の中枢として知られる前頭連合野において、カテゴリー化によって情報を整理して判断することに関わる神経活動を発見した。脳が膨大な情報を整理した上で、思考や判断に使っていることが明らかに(2016/3/23)

医療技術ニュース:
脳脊髄の髄鞘再生をMRIで可視化する手法を開発
慶應義塾大学は、MRIを用いて、脳脊髄の髄鞘の再生を可視化することに成功した。多くの病院に設置されているMRIを利用し、約10分程度の短時間で撮影できる。(2016/3/15)

脳の難病「もやもや病」ってどんな病気?
「もやもや病」という病名を聞いたことがありますか? 日本で発見された原因不明の脳の病気で、以前は「ウィリス動脈輪閉塞症」という名称で呼ばれていました。今回は、この「もやもや病」という病気について解説します。(2016/3/7)

近未来の健康ガジェット:
脳波を測り、音で快適睡眠に誘うスリープトラッカー「Sleep Shepherd Blue」
単に睡眠の状態を記録するだけでなく、よりよい眠りをもたらしてくれる製品が、Kickstarterで支援者を募集しています。すでに目標額を大幅に上回る金額を集めているこの製品、どんな機能を持っているのでしょうか。(2016/3/6)

MEDIX関西2016:
スマートフォンで脳波を計測、2018年に実用化
大阪大学とプロアシストは、「第6回 関西 医療機器開発・製造展(MEDIX関西2016)」において、スマートフォンで利用可能な脳波センサーの開発品を展示した。(2016/3/4)

「スーパー日本人を育成しハピネス社会を実現」 阪大の“脳マネジメント”研究が戦闘力上がりそうと話題に
オレは……スーパー日本人だ!(2016/3/2)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
がん・脳梗塞・心筋梗塞‐突然の病から自分を守る、医師が教える予防術と新たな治療法
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2016/3/1)

EE Times Japan Weekly Top10:
AIへの注目度、再び高まる
EE Times Japanで2016年2月20〜26日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/3/1)

電子ブックレット:
人間の脳が握る、デバイス低消費電力化の鍵
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。IBMが開発中の「超低消費電力脳型デバイス」について紹介します。(2016/2/28)

医療技術ニュース:
歩行とスマートフォン操作は左右の脳が別々に関与することを解明
東北大学は、「歩きスマホ」中の左右の脳活動が、スマートフォン操作と歩行への注意に別々に関与していることを明らかにした。若い人/高齢者とも、歩きスマホ中に前頭部が活性化するが、高齢者は上手な操作や安全歩行にはつながらなかった。(2016/2/19)

医療技術ニュース:
大規模リン酸化プロテオミクス解析で快感を生み出すメカニズムを解明
名古屋大学は、独自に開発した大規模リン酸化プロテオミクス解析によって、脳内でドーパミンが快感を生み出すメカニズムを明らかにしたと発表。これまでの手法では困難だった報酬(快感)シグナルの同定に成功した。(2016/2/11)

R25スマホ情報局:
歩きスマホで脳活性化?誤解も多数
“歩きスマホ”で脳の働きが良くなる? そんなうわさがTwitter上で拡散。実際は、高齢者の歩きスマホの危険性を示す研究結果が誤解されたものでした。(2016/2/10)

板橋のサムライ、アメリカに行く:
人間の記憶の仕組みを模したAI-Samuraiが海を渡る
脳の記憶の仕組みを応用したAIエンジンを搭載したAI-Samuraiが「SXSW 2016」を皮切りに世界行脚する。(2016/2/5)

歩きスマホ中は脳が活性化 東北大研究 転倒予防・リハビリに応用
歩きスマホをする時、左右の脳が活性化し、歩行とスマホ操作を別々に処理していることを東北大学の研究グループが明らかにした。(2016/2/4)

アニメ「ゼウシくん」が1話限りの復活 声優は花澤香菜、内田真礼、大山のぶ代が続投
うっ、OPが脳内で……。(2016/2/4)

EE Times Japan Weekly Top10:
センサー事業拡大に積極的なソニー、買収も活発
EE Times Japanで2016年1月23〜29日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/1/30)

こんなのスッと解きましょう!?:
しびれる難しさ、「正規表現パズル」に挑戦
「MIT Mystery Hunt」発のクロスワードパズル「Regexp Puzzle(正規表現パズル)」が超難解で脳がしびれると一部で話題になっています。あなたは解けますか?(2016/1/26)

EE Times Japan Weekly Top10:
決着がついたAtmel買収
EE Times Japanで2016年1月16〜22日に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2016/1/26)

大阪大学 パッチ式脳波センサー:
冷却シートのように額に貼るだけの脳波センサー
大阪大学は、大型の医療機器と同じ計測精度を持つ手のひらサイズのパッチ式脳波センサーを発表した。(2016/1/25)

医療機器ニュース:
手のひらサイズの高性能パッチ式脳波センサーを開発
大阪大学は、冷却シートを額に貼るような感覚で、容易に装着することができるパッチ式脳波センサーを開発した。手のひらサイズで大型の医療機器と同じ計測精度を持ち、ワイヤレスであるため装着者の負担を大幅に軽減する。(2016/1/25)

世界を「数字」で回してみよう(25) ダイエット:
ダイエットで脳が壊れる? 危険な“負の連鎖”
ある晩、風呂に入ろうとしていた私の体を見て、娘が悲痛な叫びをあげました。鏡を見ると、びっくりするほど痩せ細った私が映っていたのです。今回は、ダイエッターにとって決してひとごとではない“ダイエットの負の連鎖”、つまり摂食障害の深刻さについて数字を分析してみましょう。(2016/1/20)

IBMが語る、ウェアラブル向け最先端技術:
人間の脳が握る、デバイス低消費電力化の鍵
ウェアラブル機器に欠かせない要件の1つに、低消費電力がある。「第2回 ウェアラブルEXPO」のセミナーに登壇した日本IBMは、超低消費電力のコンピュータとして、人間の”脳”を挙げ、IBMが開発中の「超低消費電力脳型デバイス」について語った。(2016/1/20)

ウェアラブルEXPO:
作業員の健康状態を測るスマートヘルメット、脳波から危険を察知
AgXとスターライト工業は「第2回 ウェアラブルEXPO」において、装着者の生体情報を取得できる「スマートヘルメット」を参考出展した。物流や製造現場などでの利用を想定した製品で、作業員の健康状態などをスマートフォン上から確認できるという。(2016/1/18)

医療技術ニュース:
物体の輪郭を認識する視覚のメカニズムの一端を解明
九州大学は、物体の輪郭を認識するのに重要な「方位選択性」が、マウスにおいてもヒトと同様に大脳の神経回路で作られることを確認したと発表した。(2016/1/15)

医療機器ニュース:
載せるだけで細胞の酸素消費量を測定できるシート型センサー
東京大学は、ニコンとの共同研究により、細胞を傷つけずに細胞の酸素代謝を計測でき、終了後には簡単に取り除くことができる、柔らかい光学式シート型センサーを開発したと発表した。(2016/1/11)

認知症の簡易検査が自宅などでも可能に:
パッチ式脳波センサー、冷却シート感覚で装着
大阪大学の関谷毅氏と金沢大学の菊知充氏を中心とする医脳理工連携チームは、パッチ式脳波センサーの開発に成功した。いつでもどこでも脳状態を計測し、リアルタイムに可視化できる。認知症の簡易検査を自宅で行うことも可能となる。(2016/1/8)

長時間のゲームは子どもの脳に悪影響? 「言語知能下げる」東北大研究
発達期の子どもが長時間ビデオゲームを遊ぶと、言語知能が低下するという調査結果を東北大の研究チームが発表した。(2016/1/6)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。