ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「すぎやまこういち」最新記事一覧

名作RTS「半熟英雄」、ゲームアプリで復活 タマゴつながりでDr.エッグマンがコラボ参戦
2200円の買い切りアプリとして10月19日から配信開始。(2017/10/12)

業界は活性化期待:
「ドラクエ11」29日発売、30年の「集大成」
「ドラゴンクエスト(ドラクエ)」シリーズの最新作が7月29日に発売される。(2017/7/4)

あるファミコン互換機がずっこけるほどに音痴 特にドラクエで並外れた音痴っぷりを発揮
コミックバンドのネタかってくらい音外れる。(2017/4/28)

「ドラクエ11 過ぎ去りし時を求めて」は7月29日発売!
PS4と3DSで登場。(2017/4/11)

「題名のない音楽会」が「ドラゴンクエスト」を特集 すぎやまこういち音楽を吹奏楽で、1月29日放送
ドラクエのどの曲が吹奏楽で演奏されるのか楽しみ!(2017/1/8)

「でんせつが あかされる!」 NHKがドラクエ特番 「XI」開発現場に密着も
NHKは、「ドラゴンクエスト」シリーズ30周年を記念した特別番組を12月29日に総合テレビで放送する。(2016/11/4)

堀井、すぎやま、そして山田孝之だぁぁ! NHK総合で「ドラゴンクエスト」特番が12月29日放送
そして(新たなる)伝説へ。(2016/11/1)

すぎやまこういち、84歳292日で「最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」としてギネス認定
現在開発中の「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」でも作曲を担当しています。(2016/9/5)

勇者気分で出発進行! ドラクエ代表曲「序曲」、期間限定で東急東横線の発車メロディに
「ドラゴンクエストミュージアム」開催を記念して。(2016/7/1)

東急東横線の渋谷駅、あのドラクエ曲が発車メロディーに
東急東横線渋谷駅の発車メロディーとして、ドラクエの「序曲」が期間限定で流れる。(2016/6/30)

TBSが“スポンサーへの圧力”を示唆した団体へ抗議声明を発表
「放送法に違反しているとはまったく考えておりません」とのこと。(2016/4/7)

永久保存版! 鳥山明イラスト集や堀井雄二原著の名言集などドラクエ30周年記念本が続々
ドラクエシリーズ30周年を記念した書籍やCDが発売される。(2016/1/13)

「ドラクエXI」異例の複数ハード対応は「多くの人に遊んでほしかったから」――発表会で堀井氏語る
「ドラクエ」新作はまさかのプレイステーション 4、ニンテンドー3DSの2機種展開。ハードが発表されると、会場内は一瞬ざわっとしていました。(2015/7/28)

「ドラクエ11」発表 「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」 3DSとPS4で発売へ
スク・エニは、ドラゴンクエストシリーズ本編の11作目となる「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」を発表した。ニンテンドー3DSとPlayStation 4向けに発売するほか、任天堂の新型機「NX」でも発売予定だ。(2015/7/28)

すぎやまこういち指揮「ドラゴンクエストの世界」が初の映像化! ドラクエVの名曲がずらり 
完全限定生産。(2015/3/2)

ドラクエの名曲がリズムゲームに 「シアトリズム ドラゴンクエスト」来年3月発売
ドラクエシリーズ初の音楽ゲーム「シアトリズム ドラゴンクエスト」が来年3月に発売される。(2014/12/10)

「艦これ」、「CEDEC AWARDS 2014」ゲームデザイン部門最優秀賞を受賞
ドラクエの音楽を手掛けたすぎやまこういち氏には特別賞が。(2014/9/4)

NHK-FM「今日は一日“ゲーム音楽”三昧」第2弾、8月に 司会・高橋名人 ゲストにすぎやまこういちなど
「今日は一日“ゲーム音楽”三昧」が帰ってくる。高橋名人やすぎやまこういちさんなど豪華ゲストを迎え、8月10日の午前0時15分から10時間以上にわたって放送される。(2014/7/4)

スマホアプリの最前線:
「全てのドラクエに堀井雄二さんがいる」――キーマンが語る「ドラゴンクエスト」のスマホ展開(前編)
歴代の「ドラゴンクエスト」シリーズをスマホ向けに本格展開するスクウェア・エニックス。その狙いを、プロジェクトのキーマンである2人に聞いた。(2013/12/25)

すぎやまこういちのドラゴンクエスト楽曲がiTunes Storeに初登場! CD未発売音源アリ
わーい!(2013/11/29)

『ホビット』と『ドラゴンクエスト』がまさかの遭遇 ピーター・ジャクソン監督×堀井雄二氏、思いがけない対談が実現
『ホビット』と『ドラゴンクエスト』、2大ファンタジー夢の制作者の対談が実現した。(2012/12/15)

自分が勇者だった時代を思い出す ドラゴンクエスト展プレス内覧会に行ってきた
10月8日より六本木の森アーツギャラリーで開催されるドラゴンクエスト展に一足早く行ってみた。当時勇者だった少年少女はさらに楽しめる参加体験型展覧会の中身とは?(2011/10/7)

「題名のない音楽会」にすぎやまこういち氏 ドラクエ序曲など演奏
10月9日の「題名のない音楽会」はドラクエ音楽のすぎやまこういち氏がゲスト。ドラクエの「序曲」「この道わが旅」など名曲の演奏もある。(2011/10/3)

Wii/Wii Uで発売、3DSとの連携も:
皆をつないで世界がつながる 「ドラクエX」はオンラインゲームのハードルを下げるか
「誕生25周年 ドラゴンクエスト新作発表会」において、Wii/Wii U対応ソフト「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」が発表された。(2011/9/5)

「ドラゴンクエストX」はオンラインゲームに 2012年発売
「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」はWiiで2012年に発売。Wii U版も発売予定。(2011/9/5)

ドラクエXはWii向けオンラインRPG 2012年発売予定
「ドラゴンクエストX」はWiiで遊べるオンラインRPG。キャラクターデザインは鳥山明氏、音楽はすぎやまこういち氏。(2011/9/5)

天空の展示会:
誕生25周年記念「ドラゴンクエスト展」開催決定
六本木ヒルズ森タワー52階の森アーツセンターギャラリーにおいて、今年誕生25周年を記念した「ドラゴンクエスト展」を開催する。(2011/8/3)

5月27日でシリーズ誕生25周年 「ドラゴンクエスト誕生25周年記念ポータルサイト」オープン
プレイヤーに記録の度に緊張感を与えたあの“ふっかつのじゅもん”も復活。「ドラゴンクエスト25周年記念 ファミコン&スーパーファミコン ドラゴンクエストI・II・III」の最新情報も。(2011/5/26)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第6回:ハラハラドキドキ感を演出するゲームサウンドの魅力
「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の6回目は、ゲームにおけるサウンドの重要性について紐解きます。(2011/1/18)

難波弘之 対 野尻抱介:
なまじ知識がある人より、おもちゃ感覚でいじれる人のほうが強い
難波弘之さんと野尻抱介さんを交えた座談会は、SF界とボカロシーンの類似から「大先生が絶対成立しない」音楽界の現状に及び、冨田勲と「松武秀樹くんという優秀な青年」、コルグの工場がプレハブだったころにさかのぼっていく。(2010/11/2)

夏はゲームミュージック! NHK-FMと「題名のない音楽会」で特集
暑い夏に熱い冒険の思い出。NHK-FMとテレビ朝日「題名のない音楽会」でゲームミュージック特集が放送されるぞ。(2010/8/6)

日々是遊戯:
すぎやま先生がルイーダの酒場に来た! 「ドラクエIX」で序曲が変わったのは「新しいシリーズのはじまりだから」
六本木にオープンした、「ドラゴンクエスト」シリーズのオフィシャルバー「ルイーダの酒場」。その2階にて、作曲家・すぎやまこういち先生を迎えた「交響組曲 ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売記念イベントが行われました。(2010/2/9)

PC USER'z Park:
「昔々あるところに、1台のパソコンがありました」
PC USER創刊15周年企画「PC USER'z Park」。パソコンの思い出を語り始めると止まらない、オヤジ臭が漂う編集部員たちが選んだのは――投稿作品を一挙紹介。(2009/10/25)

南の島に流れ着いたシレンがダンジョンに挑む――「不思議のダンジョン 風来のシレン4 神の眼と悪魔のヘソ」
緑溢れる南の島にシレンが帰ってきた。ニンテンドーDSでの不思議のダンジョンは、さらにさまざまな要素を追加している。(2009/10/9)

日々是遊戯:
すぎやま先生のパーティ編成は? 「ドラクエIX」コンサートですぎやま先生と「すれ違い」してきました!
今回で23回目を迎えた、作曲家・すぎやまこういち先生による「ファミリークラシックコンサート ドラゴンクエストの世界」が8月5日、池袋の東京芸術劇場にて開催されました。(2009/8/7)

やはりお祭りは並ばずに居られない――「ドラゴンクエストIX」発売記念セレモニー開催に長蛇の列
7月11日、各地でひと足早い購入を希望するドラクエファンが長蛇の列を作った。東京・SHIBUYA TSUTAYAで開催されたカウントダウンイベントには前日から行列が!(2009/7/11)

より良いMiiの作り方
みなさんのMiiはそっくりですか?(2009/2/12)

墓穴を掘ることも楽しい――すぎやまこういち氏「DQIX」についても語る
すぎやまこういち氏と東京メトロポリタン・ブラス・クインテットによるコンサートが、2月4日第一生命ホールにて行われた。(2009/2/4)

「モバゲータウン」で「風来のシレンMOBA」と「かまいたちの夜」シリーズを配信
ディー・エヌ・エーは、「モバゲータウン」で「不思議のダンジョン 風来のシレンMOBA」を12月24日から配信した。また、2009年1月8日からは「かまいたちの夜」「かまいたちの夜2」を配信する。(2008/12/25)

iウィジェットにも対応――ドコモ向け「不思議のダンジョン 風来のシレンPlatina2」
ドワンゴは、ドコモ向けにメガiアプリ「不思議のダンジョン 風来のシレンPlatina2」の配信を開始した。ダンジョンはシリーズ最多となる7種類を用意する。(2008/12/17)

「次はWii……言っちゃっていいのかな」 ドラクエ発表会
「IX」の発売日が決まり、早くも次の「X」(テン)の構想を練る堀井雄二さんが、発表会で「携帯型の次はWiiくらいで……」と新作のプラットフォームを明らかに。任天堂の岩田社長も「海外でドラクエを普及させたい」とタッグを組んで市場を盛り上げていく考えを表明した。(2008/12/10)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
ソフトラインアップ一挙公開――ニンテンドーDS編
「任天堂カンファレンス 2008.秋」において発表された、ニンテンドーDSの新作タイトル最新スクリーンショットを公開する。(2008/10/3)

「任天堂カンファレンス 2008.秋」:
DSは1人1台の時代へ、Wiiはラインアップの充実を――新型DS「ニンテンドーDSi」を発表
任天堂は10月2日、「任天堂カンファレンス 2008.秋」を開催し、カメラ機能やオーディオプレイヤー機能などを追加した「ニンテンドーDSi」を発表。DSが1人に1台普及し、マイDSとするための施策が語られた。(2008/10/2)

「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」は来年3月発売
最新作「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」の発売時期は来年3月に決定。(2008/10/1)

名越稔洋氏や中村光一氏など、5人のキーマンが注目タイトルを語る――セガ コンシューマ新作発表会
来春までにセガから登場するタイトルを紹介する「セガ コンシューマ新作発表会 2008 秋」が開催。「ファンタシースター」「シャイニング」シリーズの新作に加え、「龍が如く3」や「風来のシレンDS2」などの新情報が明らかになった。(2008/9/16)

日々是遊戯:
17年目にして明らかになった衝撃の真実――すぎやま先生は「ボロンゴ派」だった
先週土曜日、指揮:すぎやまこういち、演奏:東京都交響楽団によるクラシックコンサート「ドラゴンクエストの世界」に行ってきた。毎回囲み取材では、軽妙なトークで記者らを楽しませてくれるすぎやま先生だが、今回は?(2008/8/11)

ITmedia +D Gamesに何が……!?:
「風来のシレン3」キャラバンに訪れたアスカに起こった出来事とは?
セガから6月5日に発売されたWiiソフト「不思議のダンジョン 風来のシレン3 〜からくり屋敷の眠り姫〜」。このメディアキャラバンが開催されたのだが、そのときに一体何が起きたのか……!?(2008/6/9)

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
伝説のクソゲー「頭脳戦艦ガル」
連載第58回は、「頭脳戦艦ガル」(デービーソフト)。あの、みうらじゅんさんも“一番”と評した伝説のクソゲーですが、実際にプレイしてみると、新たな発見があったりなかったりするものです。(2008/4/4)

「ドラクエは終わりなき旅」――金管五重奏によるドラゴンクエストコンサート開催
「金管五重奏によるドラゴンクエストコンサート」が、2月12日開催された。司会のすぎやまこういち氏から、コンサートへの思いや今年の抱負などについて聞くことができた。(2008/2/13)

「iPod課金」は「文化を守るため」――権利者団体が「Culture First」発表
87の権利者団体が「Culture First」の理念を発表した。「文化が経済至上主義の犠牲になっている」とし、私的録音録画補償金の堅持に加え、対象をiPodやPC、携帯電話などに拡大すべきと訴えている。(2008/1/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。