ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「サングラス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「サングラス」に関する情報が集まったページです。

「滑り込みギリギリ20代の今」 黒木メイサ、“イナバウアー風”ショットでInstagramデビューを飾る
赤西さんとの2ショットも期待したいところ。(2018/5/18)

Unityで始めるシェーダー入門(7):
シェーダーでオブジェクトをスライス(輪切り)表示させるには
Unityを使ってシェーダーを作る方法を学ぶ連載。今回はオブジェクトをスライス(輪切り)したような見栄えになるシェーダーを紹介する。(2018/5/17)

「塩のかけかた男前やろ」 長友佑都、トルコの有名シェフまねた“塩ファサー”動画が120万再生の大反響
トルコに来たからには、やらざるを得なかった。(2018/5/1)

キャラクターより目立ちそう! 桐谷美玲&河北麻友子、ミニオンだらけの“フル装備”でUSJを満喫する
全力で楽しむスタイル好き。(2018/4/30)

Snapの新型カメラ付きサングラス「Spectacles」は防水で静止画も撮影
Snapchatを手掛けるSnapが、2016年に発売したカメラ付きサングラス「Spectacles」の新モデルを発表した。動画だけでなく、静止画も撮れるようになり、防滴になった。先代より20ドル高い149.99ドル。(2018/4/27)

懐かしいぃぃぃ! 香取慎吾が“笑っていいとも!”の聖地に出現、「いいとも!!」の嵐が巻き起こる
ここ待ち合わせ場所にしてた!(2018/4/12)

TGC2018 S/S:
山下智久、欅坂46、セリーヌ・ファラクがアーティストステージに登場 大トリBLACKPINK「光栄です!」
3万人に「Rock you!!」(2018/4/1)

UMA柄のメガネが作れるぞ JINSが『月刊ムー』とコラボ
UFOやエイリアンの柄もあるよ。(2018/4/1)

TGC2018 S/S:
今泉佑唯、小林由依、土生瑞穂、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐がランウェイで魅せた! 欅坂46メンバー登場ステージを画像100枚で振り返り
これぞ理佐様、と言わざるを得ない。(2018/4/1)

おまわりさんこっちです! 三浦翔平オブザクレージーピエロが悪夢を見そうな仕上がりに
ヒソカかな?(2018/3/23)

メガネにもサングラスにもなるアイウェア「JINS Switch」 ラインアップ拡大、通年販売に
プレートはマグネット式で、簡単に着脱可能。(2018/3/23)

「ネットがない頃ってどうやって勉強してたの?」 女子高生が語る、今どきのテスト勉強法
「ネットで見つからない情報なんてないよ」(2018/3/21)

PR:仕事に追われるarrows先生 “救世主”は「arrows Tab F-02K」?
一部で名高い「arrows先生」。最近忙しさに拍車が掛かっているという先生が、その業務の効率化を狙って「arrows Tab F-02K」を導入してみたそうです。1年半ぶりにモデルチェンジしたNTTドコモの「arrows Tab」のどこに魅力を感じたのでしょうか……?(2018/3/19)

「最高にダンディ」 山田孝之、グラサン&ヒゲで熟れたハリウッド風プロデューサーに変身する
間違いなくプロデューサーだ。(2018/3/11)

TechFactory通信 編集後記:
最新防犯カメラから「IoTの仕組み」に思いをはせる
最新の防犯カメラは「マスクと付けた人」の個人認証も可能にします。その仕組み、設計思想は「IoTの仕組み」に通じるものがあります。(2018/3/10)

俺様DAIGOナレクが反則かっこいい! BREAKERZ初のアニキャラコスが拝むしかない
俺様DAIGOナレクでういっしゅ。(2018/3/7)

劇中曲に合わせ生ドラム、銃声にはクラッカー 「ベイビー・ドライバー」爆走絶叫上映、ナメてましたすいません
池袋新文芸坐にて行われた「ベイビー・ドライバー」爆走絶叫上映の模様をフルスロットルでお届け。(2018/2/26)

顔認証用のカメラ機能を同時開発:
サングラス着用でも顔の照合が可能に――パナソニックのディープラーニングを活用した顔認証ソフト
パナソニックは新たな顔認証システム「FacePRO」を構成する「顔認証サーバソフトウェア」を発売する。角度がついた顔画像や、サングラスなどで一部が隠された画像でも照合可能。カメラで顔認証に最適な画像を狙って撮影し、必用な画像のみをサーバに転送する機能も開発した。(2018/2/22)

人工知能ニュース:
パナソニックの顔認証技術、複数の深層学習構造を組み合わせて精度を向上
パナソニックは、ディープラーニング(深層学習)技術を用いた顔認証システム「FacePRO」の中核を成す「顔認証サーバーソフトウェア」を発表した。従来技術では難しかった、顔向きが正面から左右45度や上下30度にずれている場合や、サングラスなどで顔の一部が隠れている場合でも顔認証が可能になるという。(2018/2/21)

「次は3人で撮って」 森進一、ワンオクTakaに続き「MY FIRST STORY」Hiroとの親子ショットが温かいと話題に
マイファスに溶け込みすぎな進一パパ。(2018/2/13)

「アングレーム、遊びましょう」 浦沢直樹が「アングレーム国際漫画祭」で熱唱、“伝える力”を海外ファンに示す
いつのまにか浦沢ワールドに引き込まれる私たち。(2018/2/1)

乙女の顔になってる! 木下優樹菜、超タイプの“イケメン”モデルとのイチャイチャが家族には見せられない
木下さん「もうどうなってもいい」。(2018/1/25)

モビリティ開発が盛んな国:
イスラエル企業11社、自動運転向け技術を披露
「第1回 自動運転EXPO」(2018年1月17〜19日、東京ビッグサイト)に設立されたイスラエルパビリオンでは、自動運転関連の技術を手掛けるイスラエル企業11社が出展し、製品のデモを行った。その中から3社を紹介する。(2018/1/18)

買い物客の足取りを追跡する床センサー 小売店舗での導入が拡大
歩行パターンを読み取るセンサーを開発している新興企業がある。(2018/1/16)

パナソニック コネクティッドソリューションズ社:
法務省、パナソニックの「顔認証ゲート」採用――出入国審査の合理化に向けて
法務省はインバウンドの増加に対応すべく、顔認証技術の活用による日本人の帰国手続きの合理化を検討。パナソニックの社内カンパニーであるコネクティッドソリューションズ社が新開発した「顔認証ゲート」を採用し、2017年10月18日から羽田空港国際線ターミナルで運用を開始している。これを受け、パナソニックは技術セミナーを開催し、顔認証ゲートの開発背景や特長を詳しく紹介した。(2018/1/9)

「インスタ」で癒やされたいならこの子たちをフォロー! 2017年人気ペットトップ10
2017年、Instagramで最も人気だったアニマルたちトップ10を一挙紹介!(2018/1/1)

半径300メートルのIT:
あなたのメールも“完コピ”される――JALすらハマった「ビジネスメール詐欺」の恐ろしさ
偽メールにだまされ、3億8000万円ものお金を失ってしまった日本航空。まさに“企業版オレオレ詐欺”とも言うべきものですが、やりとりをほぼ“完コピ”したメールを見抜くのは、皆さんの想像をはるかに上回る難しさなのです。(2017/12/26)

なくす人なんているのかしら? “メガネ専用Bluetoothトラッカー”の存在意義を問う
今回は一風変わった “メガネ専用Bluetoothトラッカー”の意義について考えてみた。一日中メガネをしている人には意味が分からないかもしれないが、ニーズはやはりあった。(2017/12/25)

TechFactory通信 編集後記:
使いやすさの追求とパナソニックの強みが生み出した「顔認証ゲート」
開発を担当したエンジニア自身が「楽しい開発」と振り返る。(2017/12/23)

接客中ボケっぱなしじゃねえか! 注文できる気が全くしないファストフード店のギャグ漫画が秀逸
テンポが良い。(2017/12/22)

PR:タフネス×スイスイ――arrows先生と学ぶ「arrows NX F-01K」
富士通コネクテッドテクノロジーズのスマートフォン「arrows」のフラグシップモデルが、1年ぶりに刷新されました。どんな特徴があるのか、高名な「arrows先生」に解説してもらうことにしました。(2017/12/18)

「誰よりもニューヨーカーだった」 渡辺直美、すっかりNYに染まったピース・綾部祐二と涙の再会
スタイリッシュになってる。(2017/12/10)

しまった、腹が減った……! 「孤独のグルメ」井之頭五郎(松重豊)がフィギュア化、表情やポーズも多彩に再現
全3種類のバリエーションが展開。(2017/11/30)

バラエティー番組「カイジ」が圧倒的求人! “黒服”のアルバイトを募集……! 趣味はボウリングを推奨……!
黒ネクタイとサングラスは支給……! 圧倒的感謝っ……!(2017/11/15)

半径300メートルのIT:
「iPhone X」と「スマートスピーカー」、買うのやめました
この秋、話題の2つのデバイス「iPhone X」と「スマートスピーカー」。飛びつきたくなる気持ちを抑えて購入を見送った理由とは。(2017/11/14)

稲垣吾郎とヒロくんの仲に香取慎吾が嫉妬 「家には入った事がない ヒロくんは入れるのに」
紳士2人の優雅な日常。(2017/11/13)

解き放ってしまったか…… 戸田恵梨香、比嘉愛未が封印したはずの姿を公開してしまう
比嘉さん「おちおち寝てもいられません」。(2017/11/8)

Snap、「Snapchat」の使いにくさを認め、アプリの大幅改善を約束
若者に人気のアプリ「Snapchat」のSnapが発表した7〜9月期の決算は大幅な赤字拡大。エバン・シュピーゲルCEOはアプリが分かりにくいというフィードバックにUIの大幅変更で応えるとしている。(2017/11/8)

ふぉーんなハナシ:
iPhone Xの「Face ID」 注意したい「注視オフ」
iPhone Xの新機能「Face ID」は顔を立体的に捉えることでセキュリティ性を高めています。しかし「注視」の設定をオフにすると、セキュリティの面でリスクが生じるかもしれません。(2017/11/6)

シリーズ最高、だが:
iPhone Xのレビュー、全体に高評価も顔認証は不安視
11月3日に発売される「iPhone X」について、これまでに出そろった専門家のレビューはiPhoneシリーズで最高だという点で一致している。(2017/11/1)

友蔵の頭どうした! ゴールデンボンバーの「ちびまる子ちゃん」仮装が深夜2時に放送してそうなホラー感
金爆の季節がやってきた。(2017/10/27)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(3):
えらい立派なパスワードどすなぁ
「0番」のサングラススパムに乗っ取られない方法、教えます――情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第3列車は、絶対に(?)乗っ取られないパスワードの作り方です。(2017/10/26)

どこのモデルさんかと思ったら! 市川美織、大人になったLEON・マチルダコーデを見事表現
色気と大人っぽさマシマシのマチルダ。(2017/10/23)

ユーザーを識別して話しかけてくれるロボット「Xperia Hello!」登場 14万9800円
ソニーモバイルが「Xperia Hello!」を11月18日に発売する。ユーザーの顔を認識して、さまざまな情報を話しかけてくれる。家族にメッセージを送る機能や見守りの機能も備えている。(2017/10/17)

TechFactory通信 編集後記:
眼鏡開発に3Dプリンタを活用、製品化までの期間が15カ月から8週間に
眼鏡やサングラスなどのアイウェアに特化したラピッドプロトタイピング(RP)ソリューションズが登場。(2017/10/14)

本当に行ったんだな! ピース・綾部祐二、Instagram開設「AMERICAN DREAM」胸にNY到着を報告
やっと。(2017/10/12)

「映えってる?」 DAIGO、人生初の“インスタ映え”が完璧な仕上がり
ISB(インスタ映え)。(2017/10/10)

己の肉体こそ刀! なかやまきんに君、新キャラ「きんにく侍」がアメリカでバカウケしそう
再ブレイクの予感?(2017/10/10)

オムロン ドライバー見守り車載センサー:
運転に集中できている? 3つの指標でドライバーを見守る「世界初」のセンサー
オムロンは、ドライバーが自動車の運転に集中できる状態かを判断する技術を搭載した、「世界初」(同社)をうたう「ドライバー見守り車載センサー」を開発した。安全な自動運転の普及に貢献する実用性の高い機能が必要と考え、同センサーの開発に取り組んだという。(2017/10/6)

自動運転技術:
深層学習で顔や目線の向きだけでなく行動内容も識別、オムロンのドライバー監視
オムロンは、視線の向きや動作からドライバーの運転への集中度を推定する「ドライバー見守り車載センサー」を開発した。2016年6月に発表した技術をさらに進化させたもので、2019〜2020年ごろの量産を目標とする。(2017/9/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。