ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タタ・グループ」最新記事一覧

MWC 2016で発表相次ぐ:
欧米で急拡大するIoTネットワーク
IngenuとLoRa Alliance、Sigfoxは、「Mobile World Congress(MWC)2016」(2月22〜25日、スペイン バルセロナ)において、競争が激しい「LPWA(Low Power Wide Area)ネットワーク」の分野でそれぞれパートナー契約を締結したと発表した。携帯電話通信業界では現在、競合するIoT規格の争いを終わらせるための取り組みが加速しているところだが、こうした中、LPWAネットワークの分野では、IoT接続をめぐって競争が繰り広げられている。(2016/2/29)

ゲイツ氏、ザッカーバーグ氏、孫氏ら、ゼロカーボンを目指す「Breakthrough Energy Coalition」立ち上げ
COP21開催に合わせ、ビル・ゲイツ氏やマーク・ザッカーバーグ氏などのIT関連企業の経営者らが、地球温暖化対策のクリーンエネルギー開発に投資する目的で「Breakthrough Energy Coalition」を立ち上げた。ソフトバンクの孫正義氏やAlibabaのジャック・マー氏も名を連ねる。(2015/11/30)

来週話題になるハナシ:
なぜマラソンビジネスが巨大化しているのか
いま、米国ではマラソンがとんでもない盛り上がりを見せている。国際的に有名なニューヨークシティマラソンなどのほかに、国内で約1200もの大会が開催されている。マラソン大会が増え続けている背景を調べてみると……。(2015/11/27)

PR:自動車開発を柔軟性のあるHILで加速、問題は分割して解決せよ
電子制御システム(ECU)の動作を確認するために「HILテストシステム」の導入が進んでいる。現在の課題は、開発初期にECUの不具合を発見しやすく、自動車の仕様が変わったときにも柔軟に対応できるHILテストシステムをいかにして作り上げるかだという。(2015/9/8)

Google検索、デスクトップ(英語版)でもリアルタイムツイート表示
GoogleとTwitterが5月に発表した提携により、デスクトップのWebブラウザでもGoogle.comの「Twitterアカウント名 Twitter」の検索結果にリアルタイムツイートが表示されるようになった。ただし本稿執筆現在、日本のTwitterアカウントは対応していない。(2015/8/22)

減収減益で増配にも疑問:
ドコモ株主総会で鋭い指摘相次ぐ――CMが意味不明/新料金は長期切り捨て/経営がソフトバンク化
ドコモの株主総会が開催され、加藤社長が今後の経営方針を報告した。ドコモのサービス基盤を生かした「+d」構想で中期的な収入増を目指す同社だが、株主からは疑問の声が相次いだ。(2015/6/22)

ジャガーランドローバー CEO インタビュー:
ジャガーとランドローバーの“らしさ”はデザインとエンジニアリングで表現する
日本ではラグジュアリーカーの印象が強いジャガーランドローバーだが、インドのタタ・モーターズの資本を得て経営が安定して以降、元来のテクノロジー志向を強めている。CEOを務めるラルフ・スペッツ氏に、次世代技術開発の方向性や、ジャガーとランドローバー、両ブランドの“らしさ”の表現方法などについて、自動車ジャーナリストの川端由美氏が聞いた。(2015/6/4)

人員削減からチャンピオン獲得まで
メルセデスのITディレクターが見た2014年F1チャンピオンシップ
2014年、F1コンストラクターズおよびドライバーズチャンピオンを獲得したメルセデスAMG。その裏舞台を支えたITディレクターの最初の仕事は人員削減だった。(2015/2/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
スズキが新工場を作る意味――インド自動車戦争が始まる
1月末、インド・グジャラート州で新工場の定礎式を行ったスズキ。実は同社は1980年以来、35年もの長きにわたりインド市場に取り組んできた。そのスズキがこのタイミングで新工場を設立する意味とは……?(2015/2/13)

Computer Weekly:
メルセデスのITディレクターが見た2014年F1チャンピオンシップ
2014年、F1コンストラクターズおよびドライバーズチャンピオンを獲得したメルセデスAMG。その裏舞台を支えたITディレクターの最初の仕事は人員削減だった。(2015/2/4)

Twitterで突然始まった「方言でだからダメって言ったでしょ」ハッシュタグで心があったかい
こころがほかほかする///(2014/12/20)

IoT開発のリファレンスに 「インテルIoTプラットフォーム」発表
インテルがネットワーク接続性とセキュリティの各コンポーネントを一体化させたIoTリファレンス基盤「インテルIoTプラットフォーム」を発表。IoT導入とイノベーションの加速化に向け、プラットフォーム、製品、エコシステムの拡充を進めていく。(2014/12/10)

組み込み開発ニュース:
インテル、IoT開発と導入促進のプラットフォームを発表
インテルはIoT(Internet of Things)導入のリファレンスプラットフォーム「インテル IoT プラットフォーム」を発表した。IoTを構成するさまざまな要素についてリファレンスを示すことで導入に際しての煩雑さを解消し、迅速なIoTの開発と導入を可能にする狙いだ。(2014/12/10)

ドコモ、2年連続で営業減益 iPhone以外のスマホ不振 新料金プランで巻き返しへ
ドコモの前期は営業減益に。iPhone投入効果は大きかったが、それ以外のスマートフォンが不振。フィーチャーフォンからの移行が想定を大きく下回った。(2014/4/25)

データの一元化でプロセスを可視化
PLMベースのシステム統合で車両設計を合理化したJaguar Land Rover
高級車メーカーJaguar Land Roverが業務システムを一新し、車両の設計と生産管理で使用するデータを一元化した。(2014/3/25)

車載情報機器:
iPhoneが売れないインド、地場大手自動車メーカーはサムスンと提携
インドの地場大手自動車メーカーであるTata Motors(タタ・モーターズ)は、次世代の車載情報機器をSamsung Electronics(サムスン電子)と共同で開発する方針を明らかにした。(2014/2/12)

車載ソフトウェア:
日産とタタコンサルが共同開発した静的解析ツール、横河ディジタルが国内販売へ
日産自動車とタタ コンサルタンシー サービシズ(タタコンサル)が共同開発した静的解析ツールを、タタコンサルが「TCS ECA」として一般販売する。国内販売は横河ディジタルコンピュータが行う。(2014/1/21)

製造マネジメント インタビュー:
「日本企業は本当に新興国市場に合った製品を作れているか」――タタコンサル
海外展開に早期から取り組んできた日本の製造業にとって「グローバル化」は長年取り組んできた課題である。しかし「今求められているグローバル化は過去のものとは異なる」と、タタコンサルタンシーサービシズでエンジニアリング&インダストリアルサービス事業部門副社長兼グローバルヘッドを務めるレグー・アヤスワミー氏は指摘する。(2014/1/7)

ネットワークを介して本社リソースを活用
ネットワークをF1のレース戦略に活用するメルセデスAMG
インドの通信企業Tata Communicationsは、Mercedes AMGの本社にネットワークを介してデータを送り、世界各地で開催されるレースでのパフォーマンス向上に貢献している。(2013/11/1)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 10月23日号:ギガビット無線LAN徹底解剖
理論値1Gbps超の次世代無線企画IEEE 802.11ac。仕様を徹底解剖し、その実像に迫る。また、障害復旧の専門家による復旧計画ノウハウ、ITのゼロダウンタイムを目指すBMWの事例、英国版『マネーの虎』出身起業家へのインタビューなどをお届けする(2013/10/28)

Computer Weekly:
ネットワークをF1のレース戦略に活用するメルセデスAMG
インドの通信企業Tata Communicationsは、Mercedes AMGの本社にネットワークを介してデータを送り、世界各地で開催されるレースでのパフォーマンス向上に貢献している。(2013/10/23)

「日本品質」に期待を寄せる現地企業 日立が示すインド進出の大戦略とは?
国内のIT市場では存在感を示す日立だが、インドにおいてはトップブランドとは言い難い。同社が成長著しいインド市場に進出する戦略について、同国のソフトウェアビジネスを統括するHitachi Indiaの石井氏に聞いた――。(2013/8/27)

Automotive Linux Summit Spring 2013リポート:
Linuxとイーサネットが鍵を握る車載情報機器の進化
2013年5月28〜29日に東京都内で開催された、「Automotive Linux Summit Spring 2013」(主催:The Linux Foundation)。同イベントでは、車載情報機器への採用が広がりつつあるLinuxや、それと関連する開発プロジェクトの最新情報が紹介された。本稿では、ジャガーランドローバーとルネサス エレクトロニクスによる2日目の基調講演をリポートしよう。(2013/6/13)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
25万円のクルマ、粗悪だけど低価格なら商売になる?
新興国には、新興国ならではのマーケティング戦略が成り立ちます。インドのタタ自動車が行った攻め方を例に、100万円を持つ1人ではなく1万円を持つ100人を狙う戦略を見ていきましょう。(2013/4/2)

Nokia、1120人を削減 820人はオフショア企業へ
Nokiaが2013年末までに1万人を削減するリストラ計画の一環として、300人の退職と、820人のオフショア企業への転籍を発表した。(2013/1/18)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第10回】
NTT Comが満を持して世界に放つ超低価格クラウド「Cloudn」の正体
NTT Comが後発にして“本気”のパブリッククラウドサービスを提供開始した。月額上限945円という超低価格の背景には何があるのか。同社の戦略とともにサービス概要、メリット/デメリットを解説する。(2012/6/28)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
インドのムンバイで携帯電話を探してSIMカードを買う
世界の辺境を転戦する突撃ライターは、その土地その土地で携帯電話とSIMカードを購入する。ただ、場所が場所だけに、その方法はとても“戦闘”的だったりする。(2012/5/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
経営のアジアシフトこそ、新興市場で勝ち抜く道
世界のあらゆる企業にとってアジアの新興国市場はすでに主戦場だ。中国の次の市場の選定を進める企業も少なくない。グローバル化に後れをとる日本企業は、新興諸国でいかに勝負すべきなのか。(2012/4/26)

オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第1回】
機能を徹底比較! 〜Eucalyptus、CloudStack、OpenStack
IaaSを構築するための「クラウド基盤ソフトウェア」は、Amazon Web Services登場以来、数多くの製品が開発されている。今回はその中でもオープンソースで知名度の高い3つのプロジェクトを比較する。(2012/4/19)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
ムンバイのスラムにITはあるのか
インドの代表的な商業都市のムンバイは、ビジネスマンと、地方から集まってきた期間工が隣接する。それぞれの世界で“IT”は存在するのか探ってみた。(2012/4/20)

電気自動車:
インドが底力を発揮、「燃費100km」を実現した車が登場
15万円(10万ルピー)の安価なガソリン車「ナノ」。インドの自動車は安さだけなのだろうか。どうやらそうではないようだ。タタ自動車は100kmという驚異的な燃費を実現するハイブリッド車を開発、取り回しの良さと併わせて、新しい車の姿を訴え始めた。(2012/3/7)

三菱商事とTata Consultancy Services、ITサービス共同事業会社を設立
三菱商事とインドのTata Consultancy Servicesが「日本TCSソリューションセンター」を設立した。(2012/2/8)

新春インタビュー:
新たな付加価値と事業創造で「ダムパイプ」にはならない――NTTドコモ 辻村副社長に聞く (後編)
スマートフォンが本格普及期を迎え、タブレット市場の拡大も予想される2012年。ネットワークインフラも世代交代が進み、LTEなど次世代技術への移行が促進されるなど、まだまだ大きな変化の渦中にあるモバイルIT業界の中で、ドコモの目指す先とはどこなのか。代表取締役副社長の辻村清行氏に聞く。(2012/1/2)

会津大学、インドIT大手の日本法人と協業し震災復興を支援
会津大学が主催するフォーラム/セミナーなどの開催協力や、被災学生への奨学金制度の創設、特別講義の実施などを通じ、被災地の人材育成を支援する。(2011/10/3)

AKBのようにゲームは“みんなのもの”になる――グリー田中社長のゲーム論
ゲームはAKB48のように大衆化する時代に入った――世界規模のソーシャルゲーム事業に取り組むグリーの田中社長が、ゲームやインターネットに対する考えをCEDECで語った。(2011/9/8)

CloudStackによるプライベートクラウド構築術(1):
クラウド構築で注目が集まるCloudStackとは?
CloudStackは、オープンソースベースのIaaSクラウド構築・運用ソフトウェア。使いやすく、機能が充実していることなどから、大規模なデータセンター事業者や組織での導入が相次いでいる。本連載では、このソフトウェアをプライベートクラウド構築に活用する方法を紹介する(2011/8/11)

次世代クラウド基盤、CloudStackとRightScale(後編)
RightScaleが実現するクラウドマネジメントの世界 〜Amazon Web Servicesとの違いは?
CloudStackとRightScaleのイベントリポート。後編では、RightScaleの特徴である「サーバテンプレート」機能、RightScaleとAmazon Web Servicesの比較、RightScaleの新しいハイブリッドクラウド製品について紹介する。(2011/7/15)

Citrix、クラウド構築向け仮想化インフラのCloud.comを買収
Citrixはクラウド構築向け仮想化インフラベンダーのCloud.comを買収し、OpenStackベースの「Project Olympus」の強化を図る。(2011/7/13)

ビジネスニュース 市場予測:
「ゼタバイト」抜きにNGNの次は語れない、シスコが描くネットインフラの将来像
インターネットのトラフィックは、2015年までに2010年の4倍に拡大し、2015年時点で年間966E(エクサ)バイトに達するという。1Z(ゼタ)バイトの領域に踏み込む目前だ。シスコシステムズは、こうした予測に基づき、ネットワークインフラのあるべき将来像を描く。(2011/7/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
スイートスポットで見るアジア市場戦略――A.T. カーニー、深沢政彦氏
第11回 ITmedia エグゼクティブ ラウンドテーブルでは、「アジアで勝つ 世界で勝つ」というテーマに合わせ、A.T. カーニー パートナー 深沢政彦氏が「日本企業のアジア市場における必勝法」と題した基調講演を行った。(2011/3/24)

新春インタビュー:
スマートフォンによりインターネットはモバイル化する――NTTドコモ 辻村副社長に聞く(後編)
2010年のキーワードでもある「スマートフォン」の普及に積極対応していくNTTドコモ。そんなドコモも、インターネットの1プレーヤーとなった今、技術はすべて自前でまかなうのではなく、広く開発された技術を見つけて取り入れていく“オープンイノベーション”が重要だと辻村清行氏は話す。(2011/1/2)

日本企業がグローバル超競争で勝ち抜くために必要なこと――A.T.カーニー梅澤高明日本代表
日本は海外から「新興衰退国」と揶揄されるまでに落ちてしまった――。経済学者やジャーナリストが語る、「人口減社会にあっても、豊かさは失わず、所得再分配によって格差も解消する」という青写真は、成長なくしては崩壊する。このままでは日本は、「惨めな縮小」と語る、A.T.カーニー日本代表の梅澤高明氏。トップコンサルタントが説く世界の今、日本の未来とは何か。(2010/12/14)

一橋大の米倉氏――「若手技術者よ、Twitterをしている場合ではない」
「クオリティ ガバナンスセミナー2010」の基調講演で、一橋大学イノベーション研究センター長・教授の米倉誠一郎氏は、アジアというフロンティアで戦うための戦略について語った。(2010/12/9)

海外から見た! ニッポン人エンジニア(7):
「日本人もインド人もインドで学ぶ」――ゾーホーが実践するグローバル人材育成
時代を読む力は、生き残れるエンジニアの必須条件である。本連載では、海外と深い接点を持つ人物へのインタビューをとおして、IT業界の世界的な動向をお届けする。ITエンジニア自らが時代を読み解き、キャリアを構築するヒントとしていただきたい。(2010/11/24)

それゆけ! カナモリさん:
低所得者層を狙え! インドの6400円冷蔵庫がスゴい
成功するマーケティング戦略、良いマーケティング・マネジメントの要件を上げるとすれば、その1つは「整合性」である。それを示す事例として、インドの低所得階層における冷蔵庫普及プロジェクトの発展段階を見てみよう。(2010/11/10)

藤田正美の時事日想:
インドが、中国を“凌駕”する日
インドの2010年度の経済成長率は8.5%以上に達すると予測されている。あるアナリストは「インドは主要経済大国の中で最も成長する国になるだろう」と予測しているが、そのインドに日本はどのように向き合えばいいのだろうか。(2010/10/4)

低コスト化の鍵としての可能性を探る:
車載システムを変える“スマートパワーSoC”
インドTata Motors社の低価格車「Nano」に代表されるように、自動車開発においては低コスト化が大きなポイントとなっている。筆者らは、この低コスト化の鍵を握るものとして、「スマートパワーSoC」という概念を提案したい。本稿では、このスマートパワーSoCのコスト面における優位性を明らかにするとともに、モーターやLED照明の制御に適用した事例を紹介する。(2010/8/1)

ISDB-Tmmか、MediaFLOか?――携帯端末向けマルチメディア放送の公開説明会
携帯端末向けマルチメディア放送の受託事業者に名乗りを上げている、ISDB-Tmm陣営とMediaFLO陣営による公開説明会を総務省が開催。端末、エリア品質、基地局設置、混信対策、(コンテンツを提供する)委託事業者との連携など、さまざまな面から議論が交わされた。(2010/6/28)

ドコモ株主総会 「役員もXperiaやiPadを使っている」と山田社長
NTTドコモの株主総会では、株主からスマートフォン戦略などの説明を求める声が挙がった。SIMフリー化や海外事業展開、増加するトラフィック対策などにも質問が及んだ。(2010/6/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。