ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TE Connectivity」最新記事一覧

コネクテッドカーを実現するネットワーク技術:
車載イーサネット、ついにギガビット時代へ
Marvell Semiconductor(マーベル セミコンダクター)は、次世代車両向けイーサネット市場でリーダー的役割を果たしていく考えである。車載向けギガビットイーサネットに対応するPHYトランシーバーICや開発プラットフォームの供給で先行する。(2016/6/23)

車載半導体:
車載イーサネットで自動運転からミラーレス車まで貢献、マーベルの事業方針
Marvell Semiconductorはエンタープライズ向けなどで培ってきたイーサネットの実績を生かし、車載向けでも存在感を高めようとしている。ドイツに車載イーサネットの開発拠点を設けた他、日系自動車メーカーに向けても積極的に働きかけていく。(2016/6/23)

人とくるまのテクノロジー展2016:
ブレーキランプ用スイッチがブレーキの踏み心地を変える!?
タイコエレクトロニクス ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、LED照明を活用したHMI(ヒューマンマシンインタフェース)や、採用が拡大しつつある非接触タイプのブレーキランプ用センサーを紹介した。(2016/6/1)

IoT時代の無線規格を知る【Thread編】(1):
Google傘下が主導した無線規格「Thread」とは
家庭やオフィスに無線メッシュネットワークを形成し、丸ごとインターネットに接続できる低消費無線通信の新規格「Thread」。Threadは、Wi-FiやBluetoothなどの既存の無線規格で実現することが難しいIoTの世界を実現する。今回は入門編として、Threadの基礎を紹介する。(2016/5/17)

人テク展2016 開催直前情報:
幻想的な光の演出“アンビエントライティング”をデモカーで体感
タイコエレクトロニクス ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、車内空間をさまざまに演出する“アンビエントライティング”を提案する。車内のさまざまな部位に対応したライトガイドやピンスポット、カップホルダー用ライトなどをデモカーを使って紹介する。(2016/5/10)

アールエスコンポーネンツ USB Type-C:
業務用機器にも使えるUSB Type-C対応基板実装用コネクター
アールエスコンポーネンツは、TE Connectivityの最新USB Type-Cコネクターの取り扱いを開始した。(2016/3/16)

電子ブックレット:
高技術難度領域に解決策を提供する――TEジャパン
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、タイコ エレクトロニクス ジャパン(TE ジャパン)社長の上野康之氏へのインタビューを紹介します。(2016/3/6)

役立つスキル、仕事と家庭の両立は?:
女性エンジニアたちからのアドバイス
TE Connectivityの年次イベント「65th Engineers Week」では、女性エンジニアたちによるパネルディスカッションが行われ、仕事と家庭を両立するコツや、女性エンジニアとしてのアドバイスなどが披露された。(2016/3/3)

コネクティビティ/センシングのリーダーとして:
高技術難度領域に解決策を提供する――TEジャパン
タイコ エレクトロニクス ジャパン(TE ジャパン)は、コネクタ/センサーの展開を強め、2016年9月期も3〜4%の売り上げ成長をもくろむ。「市場は、全般的にはマイナス成長となるが、ハイブリッド車/電気自動車向けビジネスなどを伸ばすことで成長を実現したい」とする同社社長の上野康之氏に聞いた。(2016/1/21)

回路保護部品におけるグローバルリーダー:
センサーを加えた3本柱で日本に臨むリテルヒューズ
回路保護部品を中心に展開する米Littelfuse(リテルヒューズ)は2015年10月から、回路保護部品、電力制御部品とともに3本柱の1つであるセンサー製品の取り扱いを日本で本格化させている。同社日本法人 社長の蝦名悟史氏に、センサー製品を展開する狙いや今後の展開について話を聞いた。(2016/1/8)

自動車の軽量化やBOMコスト節減に貢献する:
小型で消費電力3割減、車載イーサネットスイッチ
Broadcom(ブロードコム)は、車載向けイーサネット技術「BroadR-Reach」用スイッチICの新製品「BCM8953xファミリ」を発表した。従来製品に比べてパッケージサイズを半分とし、電力消費を最大30%も削減した。(2015/10/30)

1本1本手作業はさすがにつらい
達人でも悩むサーバの“ケーブルスパゲティ問題”を自動化ツールで解決できる?
これまで配線の管理は、それこそ1本1本手を動かして行う面倒な作業が必要だった。しかし、データセンターの運用サイクルが短くなるにつれて、昔ながらの手作業では当然ながら追いつかない。さあ、どうする?(2015/10/21)

CEATEC 2015 フォトギャラリー:
自動車業界の出展が減ったCEATEC、それでも自動車関連展示は注目の的
ここ数年会場を盛り上げてきた自動車メーカーやティア1サプライヤの出展が、前回よりも少なかった「CEATEC JAPAN 2015」。それでも自動車関連の展示は多数あり、多くの来場者を集めていた。(2015/10/16)

「フォーミュラE」テストカーが初登場:
究極のエコカーで、TEの接続技術を訴求
市街地を走行できる究極のエコカーレース「フォーミュラE」のテストカーがCEATEC 2015に登場した。(2015/10/8)

米国EDN/EE Timesが選ぶ注目の企業・技術:
最も注目すべき企業にNXP――ACE Awards 2015
米国EDNとEE Timesが、その年の最も注目すべき企業・技術(製品)を独自に選出する「Annual Creativity in Electronics(ACE) Awards」。今回は、最も注目すべき企業としてNXP Semiconductosが選ばれた。(2015/9/2)

人とくるまのテクノロジー展2015:
センサー事業を拡大するタイコ エレクトロニクス、モジュール化にも取り組む
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展2015」において、商品ラインアップを拡充したセンサー製品群を展示した。(2015/5/25)

人テク展2015 開催直前情報:
スポーツカーの模型を使ってコネクタ/ハーネス/センサーの使われ方を体感
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展(人テク展)2015」において、スポーツカーの模型を使った展示を展開。模型内部に、アプリケーション別のユニット基板にマウントされたオスコネクタ、ユニット間をつなぐハーネス、センサーなどが組み込まれており、実際のクルマの中で使われ方を理解できるという。(2015/5/19)

タイコ エレクトロニクス 基板対基板コネクタ:
薄型のIoT機器やモバイル機器に対応、ファインピッチの低背コネクタ
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、ファインピッチに対応した基板対基板コネクタシリーズとして3製品を発表した。IoT機器やスマートフォン、ウェアラブル機器などの用途に向ける。(2015/3/19)

タイコ エレクトロニクス ジャパン 社長 上野康之氏:
日本から世界に発信し続ける“強いTEジャパン”を目指す
2015年1月1日付で、タイコ エレクトロニクス ジャパン(以下、TEジャパン)の社長に上野康之氏が就任した。「“強いTEジャパン”として存在価値を示したい」という同氏にインタビューした。(2015/1/16)

タイコエレクトロニクスジャパン PolyZen YC素子シリーズ:
電圧過電流の総合保護機能を可能にした回路保護製品
TE Connectivityは、新たな回路保護製品の「PolyZen YC素子シリーズ」を発売した。表面実装ライン向けに最適化し、生産効率向上や基板スペース・部品コストの削減に対応する。(2015/1/13)

知財ニュース:
世界よ!これが日本だ! 革新企業トップ100、日本から世界最多の39社が選出
トムソン・ロイターは、知財・特許動向を分析して世界で最も革新的な企業100社を選出する「Top 100 グローバル・イノベーター 2014」を発表した。日本企業は2013年の28社から大幅に増加し39社が選出。米国を抜き、初めて世界首位に躍り出た。(2014/11/7)

CEATEC 2014:
最新の接続技術を結集した恐竜ロボットの狙いは人命救助!?――タイコ エレクトロニクス
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」において、恐竜ロボット「TEサウルス」のデモンストレーションや、非接触接続を実現するコネクタ技術「ARISO」などの展示を行った。(2014/10/9)

CEATEC JAPAN 2014:
鉄人28号みたい! 全長6メートルの恐竜ロボをスマホで操縦 「TEサウルス」に大興奮
スマホをタップするだけで、大きな恐竜が前へ後ろへ歩いたり、ジャンプしたり。(2014/10/8)

タイコ エレクトロニクス スケーラブルスプリングフィンガー:
実装の作業効率を改善、タイコ エレクトロニクスのスプリングフィンガー
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、側壁の高さを抑えることで実装の作業効率を高めることができる、スケーラブルスプリングフィンガーを発表した。ウェアラブル端末やオーディオビデオ機器、産業機器、計測機器、インテリジェントビルの制御モジュールなどの用途に向ける。(2014/9/26)

CEATEC 2014 開催直前情報:
オリジナルハローキティに、スマホで操る恐竜が登場
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「CEATEC JAPAN 2014」(シーテック ジャパン/2014年10月7〜11日、幕張メッセ)で、最先端のコネクティング製品や技術を生活家電、電力、ヘルスケア、自動車、航空宇宙、通信ネットワークなどの産業別に幅広く紹介する他、スマートフォンで操作可能な恐竜ロボットのデモを行う予定だ。(2014/9/22)

タイコ エレクトロニクス Micro SIMコネクタ:
高さはわずか1.18mm、スマホ向けMicro SIMカード用コネクタ
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、高さがわずか1.18mmと低背の「Micro SIMカード用コネクタ」を発表した。薄型の携帯電話機やスマートフォン用途に向ける。(2014/9/4)

ビジネスニュース:
TEが協力、日本市場でIntercontec製コネクタを販売/技術サポート
TE Connectivity(以下、TE)は、ドイツIntercontecと、日本市場におけるIntercontec製丸型メトリックコネクタ製品の販売および技術サポートを協力して行うことで合意した。この提携により、日本ユーザーはTEの販売網からIntercontecの製品を調達し、併せて技術サポートも受けることが可能となる。(2014/8/13)

タイコ エレクトロニクス USBコネクタ:
USB3.1対応の携帯端末向けコネクタ、形状はMicro USB2.0と同じ
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、携帯/ウェアラブル端末向けのコネクタ製品「ハイスピード・マルチプルI/Oコネクタ」を発表した。標準のMicro USB2.0と同じ7.52mmのレセプタクルで、USB3.1の信号を転送することが可能。(2014/6/3)

MEDTEC Japan 2014:
先進医療のカテーテル手術に必要不可欠、熱収縮チューブをタイコエレが展示
タイコ エレクトロニクス ジャパンは「MEDTEC Japan 2014」において、カテーテルに使われる熱収縮チューブを展示した。カテーテル手術が先進医療として注目されていることから、カテーテルは今後大幅な成長が期待される分野である。(2014/4/11)

タイコ エレクトロニクス ジャパン 社長 江部秀氏:
日本で最先端製品を開発/生産し、日本メーカーの世界展開を支える
タイコ エレクトロニクス ジャパン(以下、TEジャパン)は、2020年に売上高倍増を目指し、日本での開発、生産機能を強めている。「2014年は、日本のアイデンティティーの復活を目指したい」と語るTEジャパン社長の江部秀氏に2014年の事業戦略などについて聞いた。(2014/1/8)

CEATEC 2013:
接続作業が「D-Sub」に比べ約1/5、タイコ エレクトロニクスのミニI/Oコネクタ
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、半導体製造装置や工作機械などにおける内部接続の作業効率を高めることができる「インダストリアルミニI/Oコネクタ」を展示した。接続作業に要する時間は、「D-Sub」コネクタを使った場合に比べて約1/5で済む。(2013/10/3)

車載電子部品:
「トヨタ生産方式を本格導入」、タイコ エレクトロニクスの掛川工場が操業開始
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、自動車用コネクタなどを生産する掛川工場(静岡県掛川市)の操業を開始したと発表した。同工場は、トヨタ生産方式を導入しており、ハイブリッド車や電気自動車向けなどの先端コネクタ製品を高効率で生産することができる。(2013/5/9)

タイコ エレクトロニクス GIコネクタシリーズ:
安定性、信頼性、持続性を高めた家電など向けコネクタ
タイコ エレクトロニクス ジャパンは2013年4月、接点部の構造を改良して安定性、信頼性、持続性を高めたコネクタを発表した。家電から自販機までの幅広い用途で使用でき、基板にコーティングを施す用途に適した製品もラインアップした。(2013/4/10)

タイコ エレクトロニクス MHP-TA:
リチウムポリマー電池に最適、高さを1.15mmに抑えた薄型の過熱保護素子
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、リチウムポリマー電池の過熱保護素子を発表した。タブレット端末や薄型PCなどで要求される実装部品の小型・薄型化に対応するために開発された製品である。(2013/2/15)

タイコ エレクトロニクス PolyZen CE:
ツェナーダイオードとPTCサーミスタを1パッケージにした回路保護素子
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、モバイル機器をターゲットにした回路保護素子を発表した。ツェナーダイオードとPTCサーミスタを1パッケージに搭載した製品である。併せて、低抵抗の表面実装型ポリスイッチも発表した。(2013/2/1)

台湾の光海底ケーブル建設を受注 NEC
NECは台湾の中華電信から新たな光海底ケーブル建設を受注した。(2013/1/28)

かわいいキティちゃんをゲットできるチャンス! タイコが来場者に宇宙服キティを限定配布【CEATEC JAPAN 2012】
タイコがCEATECで限定配布しているハローキティは、オレンジのポイントが入った宇宙服が似合っていてかわいい。(2012/10/3)

CEATEC 2012:
車載情報機器とディスプレイ、スマホをつなぐ車載コネクタ、USB2.0やLVDSに対応
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「CEATEC JAPAN 2012」で、車載情報機器で扱うUSB 2.0やLVDS(低電圧差動信号)といった高速データ信号を伝送する際に用いる「0.50 HSL(High Speed Link) コネクタ」を展示した。2012年内に量産される車両に採用される予定だ。(2012/10/2)

CEATEC 2012 開催直前情報:
“つなげる”タイコ エレクトロニクス、今年の特設ステージは「衛星ゲーム」
「CEATEC 2012」におけるタイコ エレクトロニクス ジャパンの展示テーマは『つなげよう、無限の可能性へ』。例年注目を集める特設ステージには、限りなく広がる宇宙を再現した来場者参加型の「衛星ゲーム」を用意している。(2012/9/11)

人とくるまのテクノロジー展2012:
EVの電池パック締結用コネクタ、タイコエレが2014年をめどに開発中
タイコ エレクトロニクス ジャパン(タイコエレ)は、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HEV)の電池パック締結用コネクタを開発している。(2012/5/25)

まずはサラウンドビューから:
車載イーサネット標準化団体が勢力を急拡大、発足5カ月で30社以上が参加
車載イーサネットの標準化団体である「OPEN Alliance SIG」が勢力を急速に拡大させている。2011年11月の発足時の6社から、5カ月後の現在は33社にまで参加社数を伸ばしている。(2012/4/17)

TE Connectivity MHP-SA:
大容量Liイオン電池の過充電防止を低コスト化、ハイブリッド型保護素子で実現
MHP-SAを用いることにより、大容量のリチウム(Li)イオン電池モジュールの過充電防止機能を省スペースかつ低コストで実現できる。(2012/3/13)

タイコ エレクトロニクス SESDシリーズ:
「Thunderboltにも使える」、タイコエレが静電容量の低いESD保護素子を発売
「SESDシリーズ」は、±20kVというESD耐圧を確保しつつ、静電容量が双方向で0.1pF、一方向で0.2pFと低い。また、マルチチャネル品の部品高さは、他社品の半分以下となる0.31mmを実現した。(2012/2/20)

タイコ エレクトロニクス FPC用コネクタ:
タイコ エレが0.3mmピッチFPC用コネクタを拡充、71極の品種も
タイコ エレクトロニクス ジャパンの「フロントフリップロックタイプ」の0.3mmピッチFPC用コネクタには、電極数が71極の品種も用意されている。(2012/1/11)

CEATEC 2011:
「はやぶさ」の成功支えたコネクタなど、TE Connectivityが多様な電子部品を展示
TE Connectivityが展示していたさまざまなコネクタ/電子部品のうち、3つの展示をピックアップして紹介する。(2011/10/12)

CEATEC 2011 フォトギャラリー:
写真で振り返るCEATEC(前編) 自転車ナビ、移動する電力源、人力ヘリなどに注目
エレクトロニクス業界の一大イベント「CEATEC 2011」が幕を閉じた。本稿では、会場で注目を集めていた各社の展示をフォトギャラリー形式でお伝えする。(2011/10/11)

CEATEC JAPAN 2011:
飛べる、私でも飛べるぞ! 人力ヘリコプターに乗ってきた
魂を重力に引かれて飛ぶことができないあなたでも、CEATECで展示されている人力ヘリコプターに乗ればちょっと飛ぶことができる。(2011/10/4)

実装基板に対してFPCを斜めに挿入できるコネクタ、サイズも従来品比で20%小型化
(2011/8/2)

Gbps時代を迎える車載情報系ネットワーク
現在、欧州の市場を中心に、従来よりも高速なネットワーク技術を用いる車載情報機器の開発が進められている。数年前までMbpsのレベルであったネットワーク通信速度は、現在では1Gbpsを優に超えるようになってきている。本稿では、まず車載情報機器のネットワーク技術にGbpsクラスの通信速度が必要になっている背景を説明する。その上で、高速の通信速度に対応する車載通信用ICの動向についてまとめる。(本誌編集部 取材班)(2011/7/1)

ロック時の作業効率が高いFPC用コネクタ、タイコ エレクトロニクスが発売
(2011/5/31)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。