ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「トースター」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「トースター」に関する情報が集まったページです。

少し高めの家賃で家具や家電が借り放題になる「カスタムアパートメント」 12月に第一弾登場
スマホから高めの家具・家電を借りられます。(2018/5/21)

ねとめし:
これは禁断のレシピと言わざるを得ない……! 「ランチパック」をトーストするだけで異次元のうまさと話題
今度から絶対に焼く(強い決意)。(一部修正あり)(2018/4/27)

ハンター気分を自宅で味わえる 塊肉をくるくる回して焼けるオーブン
扱いの難しい塊肉も、上手に焼けそう。(2018/4/25)

バター塗りたい! プロの「木彫り作家」が作った厚切りトーストがシズル感すごい
モーニングがまだの人は閲覧注意!(2018/4/21)

通説を検証する
IoTについて誤解をしている5つのこと
IoTはB2Cのもの? たくさんの機器がつながるほど成果が出る? セキュリティが確保できないって本当? IoTにまつわる5つの通説を検証する。(2018/3/19)

ユーザー分析機能など搭載:
ブレインパッド、DMP「Rtoaster」のメジャーバージョンアップを発表
ブレインパッドは、DMP「Rtoaster」のメジャーバージョンアップを発表した。(2018/2/22)

デロンギの朝食向け家電「アクティブ シリーズ」にポップアップトースターが仲間入り
デロンギ・ジャパンは、朝食向けのデザイン家電コレクション「デロンギ アクティブ シリーズ」の新製品として、ポップアップトースター(CTLA2003J)を2月15日に発売する。(2018/2/9)

小売・流通アナリストの視点:
郊外型家電量販店の“空回り”
昨年末、普段はあまり行かない郊外の家電量販店に足を運んでみた。そこで見た店内の風景は、郊外型家電量販店の苦境を改めて感じさせるものだった。(2018/1/17)

うちの母のお弁当、ちょっと変わってますか? 編集部員の母弁、2017年振り返り
年末、母にお弁当を作ってもらえない大ピンチが発生……!(2018/1/3)

水曜インタビュー劇場(隙間公演):
えっ、CDプレーヤーが売れている? エスキュービズムの戦略が面白い
ポータブルタイプのCDプレーヤー市場が面白いことになっている。市場が縮小していくなかで、新興メーカーのエスキュービズムが発売したところ、ある層を中心に売れているのだ。「CDプレーヤーなんてオワコンでしょ」と言われているなかで、どういった人たちが購入しているのか。(2017/12/13)

テレビ市場「バラ色の十年」が暗転 リーマンで崩壊……「エリートは中国へ」
「テレビ市場はバラ色の十年戦争だ」――2003年、パナソニックの大坪元社長はこう話した。だがリーマン・ショックでその目算は狂い、泥沼の価格競争に陥った。(2017/12/1)

工場は自宅マンション 「2人だけのIoTメーカー」始動
商品企画から生産まで2人で行うIoTメーカーが始動した。オフィスも工場も、「自宅」だ。(2017/11/15)

ビックカメラ、ARで家電配置 購入前にイメージ確認
ビックカメラは、AR(拡張現実)技術を活用し、実物大の家電製品を自分の部屋に表示できるサービスを試験導入。(2017/10/16)

ギターを奏でるオーブンレンジ、バルミューダ「The Range」
バルミューダは、同社初のレンジ「BALMUDA The Range」を発売する。シンプルなデザインと操作性が特徴。さらに「少しキッチンを楽しくする」遊び心を加えた。(2017/9/6)

Computer Weekly製品導入ガイド
ビジネスIoTセキュリティに特効薬は存在せず
優れたアプリケーション、既存のITセキュリティ対策の実装、そして新しいアイデアの採用によってこそ、IoTの脅威から企業を守ることができる。(2017/8/15)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K HDRプロジェクターの最前線! 「4K olmpAc」報告
先端画質研究会「4K olympAc」の第7回目が開催され、エプソン、ソニー、JVCの4K HDRプロジェクターの一斉比較した。「4K HDRが活用されるべきはホームシアター」という麻倉氏はどう見たのか?(2017/8/5)

「メイドさんのようなロボットは実現しない」――ロボホン開発者が語る、ヒト型ロボットへの期待と誤解
作業ができない「ヒト型ロボット」は何の役に立つのか。(2017/7/22)

アツアツの料理が簡単に取り出せるオーブントースター、レコルトから
(2017/7/5)

レコメンドロジックの策定が不要に:
パーソナライズド動画「personalize me」がレコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」と連携
インテリジェンス ビジネスソリューションズは、同社のパーソナライズド動画サービス「personalize me」がブレインパッドのプライベートDMP「Rtoaster」と連携したと発表した。(2017/6/23)

ねとめし:
サラダチキンにチーズを乗せて焼くだけで奇跡的なウマさ! サラチキチーズトーストはおつまみにしても最高
何このお手軽なウマさ……!(2017/6/16)

2.2億PV/5000万UUのメディア・コンテンツ群データを活用:
小学館が独自DMPを開発、コンテンツマーケティングの支援業務を開始
小学館は、独自のデータマーケティング基盤「コトバDMP」を開発。自社のメディア・コンテンツから得られる興味関心データを活用し、コンテンツマーケティングの支援業務を開始する。(2017/6/9)

小型家電ごみの妖精(やさぐれ系イケメン)が京都市広報誌に登場 リサイクル前後どちらがタイプ?
こんなん届いたら読んじゃう。(2017/5/30)

「ベーグルをトーストします」→「餃子とラーメンを食べます」 ある韓国の空港の「ベーグルの食べかた」が謎
隣にある「餃子とラーメンの食べかた」を流用して作った結果?(2017/5/29)

話題のトースターを使ってみた――タイガー「コンベクション オーブン&トースター やきたて」編
(2017/5/13)

話題のトースターを使ってみた――バルミューダ「The TOASTER」編
(2017/5/7)

話題のトースターを使ってみた――「Aladdinグラファイトグリル&トースター」編
(2017/5/6)

ねとめし:
サクふわの絶妙食感が病みつきに! セブンの蒸しパンをトーストするだけで異次元のおいしさ
90円で作れるお手軽スイーツ。(2017/4/28)

テレビがCIAの盗聴デバイスに
「テディベアがあなたの会話を聞いている」時代のIoTセキュリティとは
2年前、IoT攻撃は、業界関係者や陰謀論者だけが興味を持つ“あり得ない”攻撃手段という認識だった。だが、もはや十分“あり得る”事態となっている。(2017/4/12)

話題の「BALMUDA The Gohan」を“普段使い”してみた
(2017/4/3)

残業中に重宝する「エナジーバー」を自宅で簡単に作る方法
仕事の合間や残業中などに手軽に栄養補給して、健康な状態を目指すために、エナジーバーの作り方をご紹介します。(2017/3/9)

「BALMUDA The Toaster」が熟成――トースター調理がやりやすく
お餅やグラタンなどを焼く「クラシックモード」をリフレッシュ。W(ワット)表示から温度表示に変更。到達温度は170°C、200°C、230°Cになるよう制御する。(2017/2/10)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
話題の「BALMUDA The Gohan」――“蒸気炊き”に辿り着くまでの長い道のり
バルミューダが満を持して発表した炊飯器「BALMUDA The Gohan」は、どのようにして“蒸気炊き”というユニークな構造に辿り着いたのか。寺尾玄社長と開発チームの中心メンバーである唐澤明人氏に話を聞いた。(2017/2/8)

SOLIDWORKS World 2017:
ソリッドワークスがスマート製造に踏み出す、CAMソフトを標準搭載へ
「SOLIDWORKS World 2017」の基調講演では、3D CADによる設計から製造をそのままつなげる「スマート製造」に向け、全てのバージョンのソリッドワークスにCAMソフトウェア「SOLIDWORKS CAM」を標準搭載する方針が示された。トポロジー最適化機能や、3Dプリンタ向けの微細格子形状自動生成機能などの開発も進んでいる。(2017/2/8)

au WALLET Marketで「新生活応援キャンペーン」開始 豪華賞品プレゼントも
KDDIと沖縄セルラー電話は、「au WALLET Market」で割引ギフト券などをプレゼントする「新生活応援キャンペーン」を開始する。また、両社はauユーザー以外も応募できる「親子でイイモノ当たる!キャンペーン」も実施する。(2017/2/1)

「蒸気だけで炊く」斬新な炊飯器 バルミューダ「The Gohan」登場 「米を踊らせず、土鍋よりおいしく」
蒸気だけで炊き上げる斬新な構造の炊飯器「BALMUDA The Gohan」をバルミューダが発表。米を踊らせず、ゆっくり加熱するため米が崩れず「土鍋よりおいしい」ごはんが炊けるという。(2017/1/12)

Facebookとマーク・ザッカーバーグCEOの2016年を振り返る
人工知能(AI)の採用や米大統領選への影響などで何かと注目を集めた今年のFacebookを、海外速報部が振り返ります。(2016/12/26)

メルマガ新規購読で1名さまに当たる:
感動の顧客体験を学びたいマーケターへ――「BALMUDA The Toaster」をプレゼント
「ITmedia マーケティング」冬のメルマガ購読キャンペーンを実施。抽選で1名さまに、“感動のトースター”「BALMUDA The Toaster」をプレゼントします。(2016/12/16)

自然言語処理技術でWebページを解析:
ブレインパッド、「興味キーワード」ごとに自動的にWeb閲覧者のセグメントを作成する新機能を開発
ブレインパッドは、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」のサポートツール「DeltaCube」に、「興味キーワード」でセグメントを作成できる新機能を追加した。(2016/12/7)

レトロなカラーとスタイルが魅力のキッチン家電「Toffy」
ラドンナがレトロなデザインとカラーリングを採用したキッチン家電シリーズ「Toffy」(トフィー)を発表した。トースターやコーヒーメーカーなど全6機種。(2016/11/21)

新人記者(ハラペコ女子)が行く:
なぜ2万5000円の高級トースター「バルミューダ」は売れるのか?
2万5000円と高級なのに、飛ぶように売れているトースター「BALMUDA The Toaster」。なぜ売れているのか? キーワードになっている“物より体験”とはどういう意味なのか? 購入者(※筆者の母)に聞いてみた。(2016/11/14)

バルミューダ、炊飯器発売へ 「新しいごはんの提案」
家電ベンチャーのバルミューダは、来年1月に炊飯器を発表する予定を明らかにした。(2016/11/8)

バルミューダ、トースターに続く新製品は「美しい電気ケトル」
バルミューダは、デザインにこだわった電気ケトル「BALMUDA The Pot」を10月中旬に発売する。(2016/9/26)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
料理を失敗しないガスコンロ、スマホと連携するリンナイ「デリシアシリーズ」を体験した
リンナイの「DELICIA(デリシア)シリーズ」は、Bluetooth経由でスマートフォンやタブレットとワイヤレス接続する高機能なビルトインガスコンロ。そのメリットは何か。体当たりで取材してきた。(2016/9/23)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
デザイン性と機能性が融合した“JINS”のオフィスに潜入!
JINS PC(現JINS SCREEN)メガネで知られるJINSのオフィスはやっぱりひと味違った! オシャレで開放的なオフィスで従業員はほとんどメガネ! そんなメガネにかける想いにのっかり、内山信二が“理想のメガネ”制作をガチ懇願!?(2016/8/27)

SYSTEM DESIGN JOURNAL:
錠前が暗示するIoTセキュリティの3要件
IoTの進化は創造的なプロセスと懐疑的なプロセスの2つを無視できない存在まで引き上げました。懐疑的なプロセスの筆頭は、安全性に対する懸念です。物理的な安全と個人情報の安全という両方の安全がなければ、IoTは行き詰まる可能性があります。(2016/8/5)

ねとめし:
とろーり濃厚な味わい「カルボナーラパン」を作ってみた!
10分で作れる、最高の朝食!(2016/7/24)

海外のおじいちゃんが作った「自動朝食マシン」が圧倒的からくり装置 調理から片付けまでバッチリこなす
開発には1000時間もかかったそう。(2016/7/10)

チャーハンから今川焼きまで! レベルの高い冷凍食品5選
年々味のクオリティーが上がっている冷凍食品。中でも、絶品といわれる冷凍食品を5つ集めてみました。(2016/4/23)

4枚のトーストを一度に焼けるオーブントースター ノジマが発売
ノジマは、一度に4枚のトーストを焼くことができるオーブントースターを発売する。(2016/4/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
アメリカの研究機関が、家電を兵器に変えるアイデアを募集するワケ
米バージニア州にある「DARPA(米国防高等研究計画局)」が、最近興味深いプロジェクトを立ち上げた。その名は「Improv」。一体、どんなプロジェクトなのかというと……。(2016/3/17)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。