ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「豆腐」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「豆腐」に関する情報が集まったページです。

ドコモのAIエージェント「マイデイズ」はGoogleやAmazonの対抗馬になるかもしれない
NTTドコモが独自のAIエージェントサービス「my daiz」(マイデイズ)を5月30日からスマートフォンやタブレット向けに提供する。新サービスの機能や特徴についてNTTドコモの担当者に聞いた。ところで「ひつじのしつじくん」はどこへ?(2018/5/22)

新サービスに質問が集中――ドコモ2018年夏発表会 一問一答
NTTドコモが2018年夏商戦に向けた発表会を開催した。この記事では、発表会における質疑応答と吉澤和弘社長との囲み取材の模様をお伝えする。(2018/5/18)

女性だけでなく男性も:
すき家の新作牛丼 狙いは「健康まっしぐら」
すき家が新作牛丼を発売する。たっぷりのレタスを使用したシャキシャキとした食感が特徴だが、女性だけでなく男性客もターゲットだという。実はすき家は健康を意識した商品開発を進めているが、その背景とは?(2018/5/14)

ニコニコ超会議2018:
見渡す限りのキャラクター愛! 2日目も行ってみよう、超会議を沸かせたコスプレイヤーまとめ
終わってみれば大盛況の2日間。(2018/4/29)

なぜ新潟や石川が「人口日本一」だったのか? 都道府県の人口推移から見る、日本近代化の歴史
地方が今よりずっと元気だった時代は19世紀にありました。(2018/4/22)

「マッチ売りの少女」のマッチは超危険物だった?
「安全マッチ」が発明される以前の話。(2018/4/18)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

「気楽に流し見すればいい」 いろいろ攻めてるアニメ「異世界居酒屋のぶ」の見どころは? 小野監督や三森すずこらに聞いてみた
三森すずこ「ライブ感を味わって」。(2018/4/17)

大豆ミート 「謎肉」効果!? “畑のお肉”が表舞台に
菜食主義者など一部でしか認識されてこなかった「大豆ミート」が、日の目を見る時代がやってきた。カップ麺の「謎肉」公表を契機に「実は身近でうまかった」と一気にメジャー化。見た目や食感も本物に近づいている。(2018/4/6)

「二郎系」と「蒙古系」のいいとこどり! ヤバイと話題のラーメン「フュージョン」はいかにして生まれたか
掛け合わせって簡単に見えますが、実は苦労した結果なのです。(2018/3/30)

【食べ物雑学】「がんもどき」のあまりにも多過ぎる謎
どうしてこうなった。(2018/3/29)

東京ディズニーシーにおいしい春がやってきた ディズニー流の春祭、2018年は「食」「艶」「探」そして「祝」!
普通のイースターとはちょっと違う「ディズニー・イースター」を一足先に体験してきました。(2018/3/26)

豆腐もキャーキャー言われたい:
“女の子のための豆腐”はチーズの味わい 相模屋、F1層狙った新商品
相模屋食料がF1層に向けた豆腐「BEYOND TOFU」を発売。チーズのような食感と味わいが特徴。初年度は5億円の売り上げを見込む。(2018/3/26)

タイガー魔法瓶、“まるで本物のご飯”な低糖質食品開発 調理用の炊飯器と合わせて発売
タイガー魔法瓶が、タピオカやこんにゃくの粉を使って“まるで本物のご飯”のように炊ける低糖質食品「とらひめ」を開発。カロリーや糖質は白米の約半分。開発理由は「糖質制限をしている人にも、おいしいご飯を食べてもらいたい」。(2018/3/23)

花見シーズン到来:
1個5000円も登場 花見弁当が高額化する理由
本格的に花見シーズンが到来した。景気回復の影響もあってか百貨店では高額な花見弁当が売れている。一方、通年販売される弁当では価格の2極化が進んでいる。その理由とは?(2018/3/23)

納豆嫌いの知人へおいしい食べ方を見せてダイレクトマーケティング→リプライがおすすめトッピング祭りに
組み合わせ無限大。(2018/3/23)

年間1000円、エフエム和歌山のAIアナウンサー「ナナコ」の裏側
AWSのテキスト読み上げサービスを使ったラジオ放送で、一躍有名になったエフエム和歌山。システムを作った山口さんが、AWSのユーザーイベント「JAWS DAYS 2018」で、AIアナウンサーの裏側を語った。(2018/3/22)

口に入れづらい質感のリアルさ……! いちごミルクで作った「ウーパールーパーのお団子」がかわいくも生々しい
クオリティーが高すぎた故の「食べられない!」(2018/3/15)

全国100店舗めざす:
タニタがカフェ展開 「楽しさ」重視でハードル下げる
タニタは、「タニタ食堂」に次ぐ新業態「タニタカフェ」の本格展開を始める。5月下旬に「タニタカフェ有楽町店」を出店。気軽に楽しめる店舗とメニューで支持を広げる。(2018/3/8)

生鮮食品をコンビニ受け取り ローソンが「フレッシュ ピック」開始
ローソンが、ユーザーが指定した店舗に生鮮食品を届ける「ローソン フレッシュ ピック」の提供を始めた。午前8時までに注文すれば、午後6時には受け取りが可能。好きな時間で受け取れるため、ユーザーが宅配時間の制約を受けないのが特徴だ。(2018/3/6)

製造ITニュース:
食品業界の需給をサプライチェーン全体で最適化、NECがデータ流通基盤を提供
NECは、「NEC the WISE IoT Platform」上に構築したデータ流通基盤「需給最適化プラットフォーム」を、2018年7月から食品業界を中心に提供を始める。これまでサプライチェーンを構成する製造、卸/物流、販売/小売がそれぞれ行っていた需給最適化を、サプライチェーン全体を横断する形でより効率化できるようになる。(2018/3/1)

視点:
未来構想とテクノロジーから考える「新しいイノベーション」
イノベーションを起こしやすい時代になっている。発想を豊かにするためには、一産業に限らず横断的な視座で4つの枠組みで考えていくことが有効である。(2018/2/26)

ねとめし:
5分でできる時短レシピ“レンジで鳥塩レモン”がバカウマー! 包丁要らずの簡単調理
コンソメとレモンの相性が抜群……!(2018/2/24)

【マンガ】「絹ごし豆腐は絹でこして作った豆腐」ではない
なぜややこしく命名した。(2018/2/20)

悶絶「におい展」人気 “臭すぎる缶詰”に行列のナゼ
「におい展」なるイベントが開かれている。「悶絶」から「美臭」まで50種類のにおいが体験できるという。週末は2時間待ちになるというが、なぜ行列に並んでまで臭いにおいを嗅ぎに来るのか。(2018/2/8)

「ごっちん全然老けない」 後藤真希、着物美人な“若女将”ショットが日本中から客を呼び寄せそう
永遠に美しい後藤さん。(2018/2/2)

なぜくら寿司はバレンタインに挑戦し続けるのか? 「ティラミスシ」発売直前、直接聞いてみた
聞いてみました。(2018/2/4)

PR:酒好きが集う「大人の駄菓子屋」 角打ちの聖地・北九州で本物の酒飲みと触れ合ってきた
酒飲みならわかるよさがある。(2018/2/1)

チョーヒカルのゲテモノデート:
日本じゃゲテモノ 中国の名物料理、激臭の“臭豆腐”を中国人父と一緒に食べてみた
父参戦。(2018/1/22)

「コンビニ弁当の妖精」が売れ残った行く末は? どんどんブラックな展開になっていく漫画がじわじわくる
ある意味「黒い学習漫画」。(2018/1/16)

世界一臭い缶詰から香水まで いろんなにおいをかげる「におい展」池袋で開催
「臭豆腐」「くさや」から「ジャコウ」まで。(2018/1/12)

池袋PARCOで開催:
「におい展」で、どんなモノを嗅げるの? 吐いてしまった人も
カメムシ、加齢臭、腐豆腐、シュールストレミングなど不快な臭いに加え、さわやかな気分になれる香料も体験できるイベントが池袋PARCOで開催される。(2018/1/10)

【マンガ】謎が多すぎる料理「がんもどき」の歴史
さっぱりわからない。(2018/1/2)

10年ぶりのホワイトコミケ! コミックマーケット93コスプレ写真まとめ(そして伝説へ)
今年も皆さんありがとうございます!(2017/12/31)

おいしくてかわいい「みたらしにゃんこ」レシピが大人気 Instagramに“作ってみた”報告ぞくぞく
いろんな表情で作ってみたくなる!(2018/1/2)

ねとめし:
怖いくらい箸が進む「エノキのから揚げ」が悪魔的にうまい! なぜかジョッキがすぐ空になると話題に
おつまみ、おやつ、おかずとなんにでも合う最強レシピ爆誕……!(2017/12/17)

猫の気分を味わえそう 猫用カリカリみたいな人間用かりんとう「にゃりんとう」登場
猫ちゃんには食べさせないでください。(2017/12/15)

「ビワの種食べないで」 農水省が注意喚起、クックパッドなど一部レシピ削除
ビワの種に有害物質が含まれているとし、農林水産省が食べないよう注意喚起したことを受け、レシピサイト「クックパッド」や「楽天レシピ」の運営元はそれぞれ、ビワの種を使った一部のレシピを12月8日までに削除するなど、対応を行っている。(2017/12/9)

悩める君に贈るガツンとくる言葉:
「会社に行きたくない」「異性に振られた」――そんな社会人を“ガツンと”助ける名言集
仕事でもプライベートでも、ビジネスパーソンの苦悩は尽きない。コラムニストの石原壮一郎さんは、著書「悩める君に贈る ガツンとくる言葉」の中で、著名人の名言を交えつつ、読者の相談に丁寧に答えている。(2017/12/11)

SCF2017:
カステラなど柔らかいモノもつかむ、アズビルがスマートロボットを開発
アズビルは独自の計測制御技術を生かし、柔らかいものも直接教示で簡単につかめる次世代スマートロボットを開発。「SCF2017/計測展2017 TOKYO」で披露した。(2017/12/5)

ふぃぎゅらぼ:
これがナマ足魅惑のマーメイド(ごくり) T.M.Rコラボフィギュア第2弾「島村卯月 HOT LIMITver.」予約開始
ブーツを脱ぎ捨てた生足の「島村卯月 HOT LIMIT Ver.」登場!(2017/11/21)

「餃子の王将」がデリバリーサービスを開始 11月15日から注文受付
まずは道玄坂店のみで検証。(2017/11/15)

CEATEC 2017:
CEATEC 2017ロボットレポート(後編)――双腕ロボットが大活躍
CPS/IoTの総合展示会となった「CEATEC JAPAN 2017」では、数多くのロボットが展示されていた。後編では、大学や研究機関、通信キャリア、おもちゃメーカーなどのロボット関連のブース展示の様子を紹介する。(2017/11/6)

「バイオハザード2」ボードゲーム版、約1億2000万円の出資を集め製品化
クラウドファンディングは終了しましたが、公式サイトで注文できます。(2017/10/24)

PR:「冷やし中華にもち追加」「おやつにブドウ糖」 シュールな「将棋めし」文化についてプロ棋士に聞いてみた
将棋界の食事について広瀬章人八段に聞いてきました。(2017/10/23)

NEDO/慶應義塾大学 General Purpose Arm:
腐ったミカンもつぶさずにつかめる「リアルハプティクス技術」搭載双腕ロボット
NEDOと慶應義塾大学は、身体感覚を伝送できる双腕型ロボット「General Purpose Arm」を開発。世界初をうたう「リアルハプティクス技術」を搭載したマスタースレーブ方式のロボットで、物体の硬さや柔らかさなどの触覚をありのままに伝えることができる。腐ったミカンの除去(選果)など、実用化に向けた取り組みも進められている。(2017/10/17)

これはいいきのこ たんぽぽ川村、バナナマン日村との2ショットに漂う師弟感
日村リスペクトかな?(2017/10/7)

天候不順は需要にも影響:
「ポテチショック」再来あるか、企業が気候対策強化
予想外の豪雨や気温急変などの天候不順が相次ぐ中、企業が気候変動ショックに備える新たな対策に動き始めている。(2017/10/6)

えんやの銭湯イラストめぐり:
これは事件だ 銭湯マニアがざわついた、銭湯界の超新星「萩の湯」は何がそんなにすごいのか全力で解説します
「今度できる萩の湯はすごい」「あそこはやばい」――今年の春ごろから、銭湯マニアの間で話題になっていた「萩の湯」のすごさとは。(2017/9/30)

タイムアウト東京のオススメ:
豆皿にときめく
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2017/9/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。