ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「洗濯機」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ITmedia Shopping:洗濯機/乾燥機
質問!家電製品→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で家電製品関連の質問をチェック

シャープ「スケスケだぜ!!」 中が見えちゃう洗濯乾燥機を発表
スケスケでおねしょをサッと予洗いできます。(2016/5/24)

シャープ、”穴なし槽”を採用した縦型洗濯乾燥機3機種を発売――洗濯10kg、乾燥5kgの大容量対応に
シャープからプラズマクラスター搭載の縦型洗濯乾燥機3機種が登場。6月23日発売予定で、市場想定価格は16万円前後(税別)から。(2016/5/24)

徹底的にすすぐ:
押して、叩いて、もみ洗う! 日立から”すすぎ”を強化した「ビートウォッシュ」新製品
日立アプライアンスから「ビートウォッシュ」の新製品8機種が登場。縦型洗濯乾燥機と全自動洗濯機をラインアップ。(2016/5/23)

京セラの“洗える”スマホ「DIGNO rafre」を洗濯機で洗うとどうなる!?
うっかり洗濯機で洗ってしまいました。大変申し訳ありません。(2016/4/5)

全自動洗濯物折り畳み機「laundroid」投入に向け新会社設立
2015年秋に“全自動洗濯物折り畳み機”「laundroid」を発表したセブンドリーマーズとパナソニック、大和ハウス工業が合弁会社を設立。laundroidの早期市場投入を目指す。(2016/3/29)

「自動洗濯物たたみ機」を段ボールで自作する猛者あらわる なにこれ欲しい
あふれ出る手作り感。(2016/3/1)

洗濯機のカビを除去する簡単テク
(2016/2/23)

あの調味料で洗濯機の汚れがピカピカに!
(2016/2/21)

「全力疾走」という病:
家電メーカー「アクア」の伊藤社長が業界の常識を破り続けてきたわけ
「スター・ウォーズ」に登場するロボット「R2-D2」の移動式冷蔵庫、中身がまる見えのスケルトン洗濯機……。家電メーカー・アクアに伊藤嘉明社長が就任して以来、次々と画期的な商品が誕生している。その常識破りとも言える取り組みには伊藤氏自身の人生が色濃く反映されているという。(2016/2/2)

東芝もやめてしまうのか 洗濯機メーカーは3〜4社に 「白物家電王国」の落日
東芝が白物家電事業を手放そうとしている。白物家電メーカー数がさらに減ることになり、かつての“白物家電王国”の落日をさらに印象づけそうだ。(2016/1/7)

ロボットフォーラム2015年間記事ランキング:
「Pepperの衝撃」から始まり、「災害対応」そして「洗濯物を畳まない未来」
早いもので2015年も残りあとわずかとなりました。そこで2015年に掲載したサービスロボット関連の記事をランキング形式で振り返ってみたいと思います。(2015/12/25)

「Bigマジックドラム」採用!:
東芝、幅60センチで容量11キロの洗濯乾燥機を11月下旬に発売
東芝から「Bigマジックドラム」採用の洗濯乾燥機「TW-117X3/V3」が登場。本体幅60センチながら洗濯容量11キロ・乾燥容量7キロを実現。価格は28万円前後(税別)から。(2015/10/20)

動画でチェック:
「Galaxy Active neo」ってどんなスマホ? →コンクリを砕き、洗濯機から生還します
コンパクトサイズ+物理キーで普段使いでも便利。ミドルクラスなスペックがちょっと残念なドコモの本気タフネススマホのデモを見てきた。(2015/10/15)

CEATEC JAPAN 2015:
全自動洗濯物折りたたみ機「ランドロイド」を発表したセブンドリーマーズって一体どんな会社?
今年のCEATECで注目を集めている全自動洗濯物折りたたみ機「laundroid」(ランドロイド)。セブンドリーマーズという、あまり聞き覚えのない会社名ですが、どのようなバックボーンを持っているのでしょう。(2015/10/8)

人生における9000時間が開放されるぞ! 全自動洗濯物折り畳み機「laundroid(ランドロイド)」の共同開発スタート
洗濯物を自動で折りたたみ、仕分けまでしてくれる。(2015/10/7)

全自動洗濯物折り畳み機、パナソニックなどが開発へ 「折り畳みにかかる手間から解放」
洗濯物を全自動で折り畳むマシン「laundroid」をパナソニックなどが共同開発する。(2015/10/7)

これは近未来の家電なのか?:
洗濯物を自動で畳む! その名も“ランドロイド”
洗濯物を全自動で洗って乾かす。珍しくも何ともない、日常的な風景だ。だがもう間もなく、洗濯物を「畳んで仕分けて収納する」までも全自動でできる家電が登場するかもしれない。(2015/10/7)

CEATEC 2015:
家庭の洗濯物“折り畳み”をロボット技術で自動化、2016年度内に予約開始
seven dreamers laboratoriesとパナソニック、大和ハウス工業は、“全自動洗濯物折り畳み機”「laundroid」(ランドロイド)の開発を発表。2016年度中の先行予約を開始する。(2015/10/7)

マンション用コンパクトモデルも:
見た目は四角、中身は斜め 空間と調和するパナソニックのドラム洗濯乾燥機「Cuble」
パナソニックは9月9日、ななめドラム洗濯乾燥機「Cuble」を発表した。水平垂直の直方体ボディで、サニタリー空間との調和を重視している。(2015/9/9)

ハンディー洗濯機「コトン」のAmazon限定モデルが“ブラック”で登場――販売開始記念タイムセールも
ハイアールアジアがハンディー洗濯機「COTON」(コトン)のAmazon限定モデルを発売した。本体色は「リッチブラック」で、洗練された大人の印象となっている。(2015/8/28)

パナソニック、温水と泡で“おしゃれ着”を優しく洗うドラム式洗濯乾燥機
パナソニックは8月24日、独自の温度コントロール技術による「温水泡洗浄」で衣類の傷みを抑えながら汚れを落とすドラム式洗濯乾燥機「NA−VX9600」を発表した。(2015/8/25)

日立、業界最大容量11キロで「ナイアガラすすぎ」搭載のドラム式洗濯乾燥機を発表
日立は8月24日、ドラム式洗濯乾燥機の新モデルを発表した。大量の水と遠心力で洗剤をしっかり落とす「ナイアガラすすぎ」を搭載するほか、業界最大という容量11キロを実現した。(2015/8/24)

IFA 2015:
ハイアール アジア、IFAで「コトン」や液晶ディスプレイ付き冷蔵庫「DIGI」を披露――日の丸“価電”が世界に
ハイアール アジアは、世界最大級のコンシューマー・エレクトロニクス展示会「IFA 2015」に出展し、日本で先に発表したハンディ洗濯機「COTON」や液晶パネルを搭載した冷蔵庫「DIGI」を紹介する。(2015/8/21)

寝室向け静音モデルも:
洗濯物の生乾き臭も消臭・除菌 シャープのプラズマクラスター加湿空気清浄機8シリーズ
シャープは8月6日、プラズマクラスター加湿空気清浄機8シリーズを発表した。ソファやカーペットを消臭・除菌する機能が洗濯物の生乾き臭などにも効果があることが判明したという。(2015/8/6)

電子ブックレット:
RFIDチップを糸に織り込む、洗濯機と通信できるスマート衣服の実現も?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、"スマート衣服"を実現する可能性のある、フランスの新興企業が開発を手掛けたRFIDチップを糸に織り込む技術「E-Thread」について紹介する。(2015/8/2)

洗濯槽を傾けて“いいところ取り”――カラフルな洗濯機「スラッシュ」の狙い
ハイアール アジアがAQUAブランドの洗濯機「スラッシュ」と「ツインウォッシュ」の説明会を開催。「スラッシュ」の傾斜したドラム、「ツインウォッシュ」に透明なフタを採用した狙いを紹介した。(2015/7/23)

iPhoneを洗濯機で洗ってしまったらどうする?
(2015/7/20)

乾燥は温かさとふんわり感を再現:
農業女子も納得の洗浄力! 泥も汗じみもはじき飛ばすシャープのドラム式洗濯機
シャープが、「農業女子」と共同でドラム式洗濯機の新モデルを開発。農作業による頑固な汚れも落とせるように洗浄力がさらにパワーアップした。(2015/7/14)

旅をもっと自由に、清潔に 見た目はバックパックなポータブル洗濯機「Scrubba Wash Bag」が便利そう
長期の旅行やアウトドアにいいかも!(2015/7/11)

在庫確認も、より高精度に:
RFIDチップを糸に織り込む、洗濯機と通信できるスマート衣服の実現も?
フランスの新興企業であるPrimo1Dは、RFIDチップを搭載したマイクロエレクトロニクスパッケージを糸に織り込む技術「E-Thread」を手掛けている。E-Threadを応用すれば、洗濯機と通信して、洗濯の強度や時間などを調節する“スマート衣服”が実現するかもしれない。(2015/7/6)

魔法少女が家電少女に変身! スマホゲーム「家電少女」と「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語」がコラボ
まどかが洗濯機、ほむらがデジイチに!?(2015/6/29)

家電を嗜好品にする――癒しの「スケルトン洗濯機」に自走する実物大「R2-D2型冷蔵庫」
ハイアール アジアの事業戦略発表会。中でも報道関係者の注目を集めていたのが、2016年の発売を目指す実物大の「R2-D2型冷蔵庫」、そしてスケスケの「スケルトン洗濯機」だった。(2015/6/2)

中身がグルグル回るのがそんなに見たいか! シャープからガラスふたのシースルー洗濯機登場で洗濯機クラスタが異様に食いつく
ドラム式洗濯機でなく縦型洗濯機ってところに意味があるんだよ!(2015/6/2)

シャープ、使いやすさが進化した縦型洗濯乾燥機「ES-GX950/850」を発表
シャープが縦型洗濯乾燥機の新シリーズを発表した。ガラストップのフタを採用したほか、投入開口部を広くして使い勝手を向上させた。(2015/6/1)

つけおき洗いで皮脂汚れをしっかり落す!:
東芝、マジックドラム搭載の縦型洗濯乾燥機5機種、全自動洗濯機5機種を発表
東芝は、防汚コートを施したステンレス洗濯槽「マジックドラム」を備えた縦型洗濯乾燥機5機種、全自動洗濯機5機種を発表した。価格はすべてオープンで8万5000円前後(税別)から、6月中旬より順次発売する。(2015/5/27)

新開発の「すぐソコスタイル」搭載:
パナソニック、縦型洗濯機「NA-JFA801」を発売――投入口面積を約14%拡大、使いやすさを追求
パナソニックは、縦型全自動洗濯機「NA-JFA801」を7月15日に発売する。価格はオープン、予想実売価格は18万円前後(税別)。(2015/5/21)

“すすぎ”に着目:
大容量11キロ+毎分1000回転「ナイアガラすすぎ」搭載の縦型洗濯乾燥機など、日立が8機種を発表
日立は縦型洗濯乾燥機と全自動洗濯機「ビートウォッシュ」計8機種を発表。洗濯槽を11キロと大容量化したほか、毎分約1000回の高速回転をする「ナイアガラすすぎ」など新機能を搭載した。(2015/5/20)

最短20分:
パナソニック、全自動洗濯機7機種発売――忙しい朝に最適な“時短”“からみほぐし”機能付き
4月6日、パナソニックは縦型洗濯乾燥機3機種と全自動洗濯機4機種の計7機種を発表した。発売は6月5日以降順次。価格は全てオープン、予想実売価格は10万5000円前後(税別)から。(2015/4/6)

セガ「maimai」×シャープ洗濯機のコラボ再び ドラム式洗濯機がmaimaiに入るだと……?
何がどうなっているんだ。(2015/2/16)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
「コトン」が世界最小の“ハンディー洗濯機”である確かな理由
一見、整髪料の缶にしか見えない「コトン」。ハイアールアジアが発表したユニークなモバイルアイテムは、本当に洗濯機といえる効果があるのだろうか。その仕組みと効果について詳しい話を聞いた。(2015/1/27)

わずか200グラム・手のひらサイズの“洗濯機”、ハイアールが発売
手のひらサイズの洗濯機「コトン」がハイアールから。洋服などの部分汚れを気軽に落とせる。(2015/1/15)

時速300キロの風アイロン搭載:
日立、ドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム」など計4機種
日立アプライアンスは、洗浄力を向上させたドラム式洗濯乾燥機「ヒートリサイクル 風アイロン ビッグドラム」BD-V9700など4機種を9月20日から発売する。(2014/8/26)

音ゲー「maimai」、洗濯機に続いて「パインアメ」とコラボ 「見た目が似てるから」
ライブイベントの先行体験限定で、ゲーム画面がパインアメ仕様に。(2014/8/22)

音楽ゲーム「maimai」のライブにシャープの洗濯機が登場 「見た目が似てるっぽいから」コラボ
「maimai LIVE 2014 〜洗濯祭〜」にドラム式洗濯機がやってくる。(2014/8/1)

ビジネスニュース オピニオン:
IoTを考える――洗濯機とグリルの通信に、意味はあるのか
あらゆる分野でモノのインターネット(IoT)が注目されている。確かにIoTは、次世代エレクトロニクス産業の鍵を握る重要なテーマだ。だが筆者は、IoTの概念に対して懐疑的な気持ちを拭い切れない。(2014/7/22)

シリコンラボ Si80xxファミリ:
絶縁定格が最大1kVのデジタルアイソレータ、フォトカプラの代替狙う
シリコン・ラボラトリーズ(以下、シリコンラボ)の「Si80xx」ファミリは、絶縁定格が最大1kVのデジタルアイソレータである。フォトカプラの代替品として洗濯機や乾燥機などの家電製品、試験装置、測定装置などの用途に向ける。(2014/7/4)

8パーセントの次は10パーセントです:
消費増税は生活家電の売上にどれほど影響したのか?――GfK Japanが調査
2013年10月に消費税の5パーセントから8パーセントへの税率引き上げが決まった。このニュースを見て、実際に税率が上がる2014年4月までに高額なものは買ってしまおうと決めた家庭も多いだろう。冷蔵庫、洗濯機など、決して安価とは言えない生活家電の売れ行きは、消費増税によってどのように動いたのだろうか。(2014/6/26)

「AQUAが洗濯を変える」――日常の不満を解消する洗濯機とは?
ポケットにティッシュペーパーを入れたままズボンを洗濯してしまい、悲しい状況に陥ったことはないだろうか。そんな日常の不満を解消することを目指した洗濯機が登場する。(2014/6/10)

消費増税を前に大型家電を中心とした駆け込み需要が増加――GfK Japan調査
ジーエフケー マーケティングサービス ジャパン(GfK Japan)は、家電量販店における主要家電製品の販売動向を発表。1月、2月のエアコン/冷蔵庫/洗濯機の販売台数は、過去5年間の同月と比べて最多。(2014/3/14)

実装ニュース:
東芝の縦型洗濯乾燥機の不具合、原因は配線被覆部の劣化による断線
東芝ホームアプライアンスは2014年2月4日、2005年7月から2011年11月に生産した縦型洗濯乾燥機について、使用を続けることにより、本体内部の配線が断線し、運転中に発煙/発火に至る可能性があることが判明したと発表した。対象となる約58万台について、無償で点検/修理を行う。(2014/2/5)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。