ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「無重力」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「無重力」に関する情報が集まったページです。

「ぐでたま」宇宙へ行っちゃった JAXAとの異色コラボで「やる気のない宇宙飛行士」誕生
宇宙に行ってもぐでっとしてそう。(2018/9/7)

宇宙への観光旅行、6年後にも出発 「日本版シャトル」民間構想
宇宙への観光旅行が日本でも現実味を帯びてきた。東京都内のベンチャー企業が先月、構想を明らかにし、愛知県の企業も2024年の商業飛行を目指す。先行する米国では年内にも有人での試験飛行がスタート。海外旅行のような気軽さで宇宙に行ける時代は、目前に迫っている。(小野晋史)(2018/9/3)

うぉぉ和製メッサー「飛燕」日本にここだけ!! 飛行機&戦ゲー好きの聖地「かかみがはら博物館」へ行ってみた
日本最大級、航空と宇宙を同時に体験できる博物館。航空機の魅力にたっぷり浸れます。【写真46枚】(2018/8/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
宇宙という新しい「市場」にチャレンジする時代が、ついに来た
宇宙開発というと国や政府が中心にやっていることだという認識があるが、民間による「商業の宇宙開発」は、この10年あまりで一気に加速している。(2018/6/21)

ぐでたまがエイリアンやプリケツ星に変身だと……? ぐでたま×宇宙のコラボカフェが池袋に期間限定オープン
ついに宇宙にも進出してしまったぐでたまさん。(2018/6/14)

予約待ち27万人!? 寝落ちヘッドマッサージの“悟空のきもち”に新フロア 絶頂睡眠を体験してきた
予約をどうしたら取れるのかも聞いてみた。(2018/4/23)

ぷにぷに桜色の肉球の詰め合わせ 無重力猫・ミルコの“裏側”がやわらかおいしそう
白い毛並みとピンクの肉球、ずっと見ていたい。(2018/2/6)

金井宇宙飛行士、「とんだフェイクニュース」と身長の伸びについて訂正・謝罪
国際宇宙ステーション(ISS)で活動中の金井宣茂飛行士が、地上にいるときより9センチ身長が伸びたとツイートしたのは“計測ミス”だったとして訂正・謝罪した。(2018/1/11)

12月4日開催:
宇宙に挑む植松電機社長も登壇! 中小企業に求められる新しい働き方改革とは?
ITmedia ビジネスオンライン編集部とITmedia エンタープライズ編集部が主催するセミナー「ビジネスを加速する『ITと働き方改革』カンファレンス 中堅中小企業から変える、日本の働き方 〜いま、そして2020年に向けて〜」が12月4日に開催!(2017/11/9)

ハンドスピナーは無重力下でどう回るかNASAが実験→宇宙飛行士がノリノリで一緒に回る楽しげな動画に
ニュートンの運動法則をハンドスピナーで実験。(2017/10/18)

「Portal」をマウスなしでクリア 4000時間を費やしたPortal狂が到達した未踏の領域
視点移動を使わずに37分でクリア。(2017/7/28)

国際宇宙ステーション、Googleストリートビューで探索可能に
Googleが国際宇宙ステーション(ISS)のストリートビューを公開。ISSの内部を360度のパノラマ画像で探索できるように。(2017/7/21)

宇宙飛行士の相棒ロボットへ JAXA初の自律移動型球体ドローン「Int-Ball」の映像が公開
緊急時の事故現場の調査などにも利用される予定です。(2017/7/15)

空中から発進! 最先端の「宇宙旅行ビジネス」を見てきた
宇宙旅行ビジネスを行う会社「Virgin Galactic」のCEOが語った。(2017/5/26)

写真展ニャ:
20万人が見た「ねこ休み展」巡回展 春の新作も登場
(2017/2/23)

医療技術ニュース:
無重力で発現が急上昇する骨関連遺伝子を発見、メダカの連続撮影で明らかに
東京工業大学は、国際宇宙ステーション「きぼう」でメダカを8日間連続で撮影し、骨芽細胞マーカーなどの骨関連遺伝子と、その他の5つの遺伝子の発現が無重力下で急上昇することを明らかにした。(2017/2/3)

FF15でバグ報告続く 「空中に吹っ飛ぶ」「イグニスのメガネが浮く」「イグニスが崖から落ちる」「イグニスがなんか薄い」など
イグニス、あなた疲れてるのよ……。(2016/12/2)

“2023年宇宙の旅”実現へ H.I.S.とANA、宇宙機開発ベンチャーに出資
2023年に宇宙旅行を事業化すべく、H.I.S.とANAが宇宙輸送機を開発するベンチャーに出資。約90分間の宇宙旅行が実現するかもしれない。(2016/12/2)

“Surface Pro 5”の単なる前座ではない
「Surface Studio」を先取りレビュー、“無重力ヒンジ”と「Surface Dial」に絵師が歓喜?
Microsoftが2016年10月に発表したディスプレイ一体型PC「Surface Studio」。“無重力ヒンジ”をはじめとする本体の機能もさることながら、周辺機器にもきらりと光るものがある。(2016/11/12)

火星まで20万ドルで80日間の旅:
SpaceXのイーロン・マスクCEO、火星コロニー構想を発表
SpaceXのイーロン・マスクCEOが国際宇宙会議(IAC)で「人類を多惑星種にする」と題した講演を行い、宇宙船「Interplanetary Transport System(ITS)」による火星への移民計画について語った。2022年目標の最初の旅のチケットは約2000万円という。(2016/9/28)

飛んで跳ねる猫「ミルコ」のLINEスタンプ登場! 自由すぎるポーズにトークもぴょんぴょん弾みそう
「既読」をすっとかわすやつが好きです。(2016/9/21)

大西卓哉さん、宇宙からGoogle+初更新 「いきなりトイレが故障して……」
9日にISSに到着した宇宙飛行士の大西卓哉さんが「Google+」を更新。ISSでの初仕事の様子などを紹介した。(2016/7/12)

飛んで跳ねて光る猫「ミルコ」 初の写真集発売! 7月14日から神楽坂で写真展も
ネコ界のふわふわアスリートことミルコ君デビューです!(2016/7/8)

夏休みだから猫も休むニャ! 合同写真展「ねこ休み展 夏」 7月22日より浅草橋で開催!
無重力猫ミルコも参戦。(2016/6/30)

週末サイエンス:
地上400キロの実験室 ISS「きぼう」では何が行われているの?
地上400キロに浮かぶ「国際宇宙ステーション」(ISS)内にある日本の実験棟「きぼう」。無重力という特殊な環境を生かし、宇宙観測だけでなく物理学や医学などさまざまなジャンルの実験が日々行われています。(2016/6/17)

Oculus Riftはじめました:
GWはみんなどこに行った? ぼくは月に連れてってもらったよ、アポロ11号で
Oculus Riftがあれば、人類の偉大な一歩を踏めるのだ。(2016/5/5)

イケメンのエースパイロットがコクピットで揚げたての串カツを食べる Web漫画「宇宙戦艦ティラミス」、単行本が5月9日発売
発売記念で「月刊コミック@バンチ」にも出張版が掲載!(2016/4/24)

「ゼロ・グラビティ」「オデッセイ」「レヴェナント」に共通する法則とは? イニャリトゥ監督が明かす
生きていることは希望。(2016/4/22)

飛ぶ! 跳ねる! そして光る!! 重力を無視して舞う猫「ミルコ」の写真がスベリ知らずで腹筋崩壊
前世はカエルだったんじゃないだろうか。(2016/4/15)

「OK Go」が無重力状態の新作MV公開 フワフワ浮いてクルクル回っていろいろ飛び出す
27秒の無重力状態を8回繰り返した「ワンカメラ・ワンショット」の美学。(2016/2/12)

今現在、はるかかなたの東京都で……!? 新社会人が戦う「スター・ウォーズ」ファンメイドムービーに偉大なフォースを感じる
殺陣や画面構成はもう「プロの犯行」レベル。(2016/2/9)

元Tesla幹部ら創業のFaraday Future、バットモービル的コンセプトカーを披露
Tesla Motors出身者らが2014年に創業したFaraday Futureが、電気自動車のコンセプトカー「FFZERO1 Concept」を披露した。バットマンの愛車、バットモービルのような外見で、一人乗りのシートは体を包むようなデザインだ。(2016/1/5)

ソフトウェア品質向上の“変”2015秋(前編):
JAXA、サイバーエージェントが考える「品質向上」と役立つツール
2015年10月に開催された@IT主催セミナーより、前編となる今回は、JAXA主任研究員の植田泰士氏やサイバーエージェントのチーフクリエイティブディレクターの佐藤洋介氏による品質向上への取り組みに関する講演、品質向上に役立つ考え方やツールを紹介した各講演をお伝えする。(2015/12/4)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
この秋、注目の2アイテム――ヤマハ「CX-A5100」とソニー「CAS-1」を聴く
今回は、この秋に登場した2つの新製品をご紹介。ヤマハのAVプリアンプ「CX-A5100」と、ソニー入魂のデスクトップオーディオシステム「CAS-1」を取り上げる。(2015/9/29)

宇宙飛行士が見ているかもしれない景色! ISSから見える「地球からの日の出」の瞬間を通知してくれるアプリが登場
ロマンを感じる。(2015/9/17)

H-IIA Ver 2.0:
「H-IIAロケット29号機」公開(後編)――“高度化”で大改造された第2段
日本の基幹ロケット「H-IIA」が「高度化」と呼ぶ大型アップデートを実施する。“H-IIA Ver 2.0”として諸外国のロケットと渡り合うため、定められた3つの目標と、6つの着目すべき技術について解説する。(2015/9/4)

医療機器ニュース:
宇宙飛行士と高齢者に最適な「ハイブリッドトレーニング」、パナソニックが商品化
パナソニックは、2015年8月21日に発売する筋力トレーニング機器「ひざトレーナー」についての技術セミナーを開催した。ひざトレーナーは、久留米大学とJAXAの共同研究で得られた知見を基にした新しい運動法を取り入れた製品である。(2015/8/21)

自由研究におすすめ! 水がぷるっぷるんのぽよんぽよんになる実験をしたら新生物に出会えた
Twitterで約6万回リツイートされた「水をぽよぽよにする方法」を作って、さらにはぷよぷよやイクラに変身させてみた。(2015/8/18)

R25スマホ情報局:
油井さんと…!? スマホで宇宙体験etc
5月の打ち上げを待つ日本人宇宙飛行士の油井亀美也さん。油井さんの宇宙での活躍を応援しつつ、宇宙を身近に感じられるサイトやアプリを紹介しよう。(2015/4/22)

ロボット開発ニュース:
「地球はまるで青色LEDみたいだった」、ロボット宇宙飛行士「KIROBO」が帰国
ISS(国際宇宙ステーション)に滞在していたロボット宇宙飛行士「KIROBO」が“帰国会見”を開催、帰還後の第一声は。(2015/3/27)

JAXAで人工衛星と交信するアルバイト募集 日給3万円、知識不問
JAXAで人工衛星と交信する“激レア”なアルバイトの募集が行われている。特別な知識がなくでも参加できるという。(2015/2/24)

新生LaVie、始動:
業界競争に縛られた発想からユーザーの課題解決を第一に考えた発想へ──NEC、製品説明会で“新生”LaVie宣言
NECが2015年春モデルとして発表した新モデルは、名称を一新しただけでなく、フリースタイルPCや軽量薄型の2in1に大画面2in1と新しいアイデアに満ちている。そのNECの新時代を語った。(2015/1/20)

「1月5日午前2時47分に地球が無重力になる」デマ広まる
元ネタは1970年代のエイプリルフールジョークでした。(2015/1/5)

無重力の座り心地でスマホホルダーと充電器もついた「究極の廃人製造チェア」登場 もう一生この上で暮らすわ
進化の止まらないダメ人間グッズたち。(2014/12/18)

宇宙ビジネスの新潮流:
イーロン・マスクら宇宙ビジネス開拓者たちの横顔
現在、宇宙ビジネスの最前線で活躍するのは、ベンチャー起業家や投資家が中心だ。彼らはいかにしてこの新市場を切り拓いたのだろうか?(2014/11/29)

こういうの「宇宙兄弟」に出てきた:
ISSで3Dプリンタの設置に成功――宇宙空間での部品製造を目指す
米航空宇宙局(NASA)はISS内の微小重力研究グローブボックス(MSG)内に3Dプリンタを設置し、微小重力空間で切手ほどのサイズの校正用サンプルの造形を実施。ISS内で積層造形による部品製造を検証していく。(2014/11/20)

NASAが宇宙ステーションを3Dで撮影した動画を公開 まさかの赤青メガネ方式
カーチャン! うちに赤青のセロファンってあったっけー!?(2014/11/5)

“エクストリームひげそり”だと? フィリップスの新企画がアクロバティックにヒゲそっててすごい
ひげそりの ほうそくが みだれる!(2014/9/23)

「宇宙×芸術」をテーマに展覧会 松本零士作品から「だいち2号」実物大模型まで
「宇宙×芸術」をテーマにした企画展が東京都現代美術館で開催される。(2014/6/6)

人間工学の権威が伝授:
ノートPC疲れを軽くする“無重力姿勢”、試してみる?
デスクトップPC以上に首や肩がつらくなる――。ノートPCユーザーから、こんな悲鳴が上がっている。体に過度な負担をかけずに、ノートPCで作業をするにはどんな姿勢がベストなのか。岡村製作所と共同でモバイルPCサポートユニット「Shift」の開発を進めた慶大名誉教授の山崎氏に聞いた。(2014/5/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。