ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホワイトペーパー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ホワイトペーパー:
マイクロサービスを支えるAPI 注目のOSS「API管理ツール」3選
多数の小規模サービスでアプリケーションを構成する「マイクロサービスアーキテクチャ」に取り組む企業にとって、APIは、アプリケーション同士の相互作用を陰で支える立役者のような存在だ。注目のAPI管理ツールをチェックしよう。(2018/9/21)

PALTEK/イノフィス:
装着型作業支援ロボット「マッスルスーツ」の廉価・軽量な新モデル「Edge」
PALTEKは、東京理科大学発ベンチャーのイノフィスが開発した装着型作業支援ロボット「腰補助用 マッスルスーツ」シリーズの廉価・軽量モデル「マッスルスーツ Edge」の販売を2018年9月から開始すると発表した。(2018/9/20)

動作速度が最大18%向上:
安川電機、アーク溶接ロボットの新製品「MOTOMAN-AR1440E」を発売
安川電機は、アーク溶接ロボット「AR」シリーズの新製品として、可搬質量6kg、最大リーチ1440mmの7軸アーク溶接ロボット「MOTOMAN-AR1440E」を発売した。(2018/9/20)

R-Car H3/COQOS Hypervisor SDK:
メータ表示とIVI機能の画面共有を実現するルネサスの車載SoCとOpenSynergyのハイパーバイザー
ルネサス エレクトロニクスとOpenSynergyは、ルネサスの車載向けSoC「R-Car H3」とオープンシナジーのハイパーバイザー「COQOS Hypervisor SDK」が、パロット・フォルシア・オートモーティブのセーフマルチディスプレイコックピットに採用されたことを発表した。(2018/9/19)

導入事例:
トヨタ自動車がギークプラスのSLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」を導入
ギークプラス(Geek+)は、国内初の工場内導入プロジェクトとして、SLAM式AI搬送ロボット「EVE500M」をトヨタ自動車の自動車製造工場に導入したことを発表した。(2018/9/19)

オートデスク Autodesk Fusion 360:
Fusion 360のラインアップがジェネレーティブデザインなどを含む高機能版に統合
オートデスクは、クラウドベースの3D CAD/CAM/CAEソフトウェア「Autodesk Fusion 360」のラインアップを2018年10月8日から変更すると発表した。具体的には、現在提供中のStandard版(標準版)とUltimate版(高機能版)のラインアップを1つに統合する。(2018/9/18)

ホワイトペーパー:
Windows 10移行“必読”チェックリスト、落とし穴をどう避ける?
Windows 7の延長サポートが2020年1月14日に終了予定であることを踏まえ、まだ具体的な準備をしていない企業は、そろそろOS移行について本腰を入れなければならないだろう。確実に準備しておかなければならないことをまとめた。(2018/9/14)

東陽テクニカ XenoLidar:
“世界初”のTrue-solid-state型マルチビーム方式LiDAR「XenoLidar」
東陽テクニカは、ADAS/自動運転システム向けLiDARを手掛けるXenomatiXの周辺環境計測システム「XenoLidar」の販売開始を発表した。(2018/9/14)

ラネクシー ImageGear for .NET V24:
CADファイルに対応する画像処理アプリケーションの開発を効率化する画像処理SDK
ラネクシーは、米Accusoftが開発した画像処理ソフトウェア開発キットの最新版「ImageGear for .NET V24」および「DICOMGEAR for .NET V24」の販売開始を発表した。(2018/9/13)

AIユニットソリューション:
不良品発生を最大65%削減、ルネサスとGEヘルスケア日野工場がAI活用で実証実験
ルネサス エレクトロニクスは、製造機械向け「AIユニットソリューション」を用いた実証実験を、GEヘルスケア・ジャパン 日野工場と共同で実施した。(2018/9/11)

CADmeister V13.0:
3次元設計標準化支援機能などを追加した「CADmeister」の最新バージョン
日本ユニシス・エクセリューションズは、3次元統合CAD/CAMシステム「CADmeister(キャドマイスター)」の新バージョン「V13.0」を2018年8月下旬に発売すると発表した。(2018/9/10)

Vero Software:
旋盤、ミリング、複合加工CAMソリューションの最新版「Edgecam 2018 R2」を発表
Vero Softwareは、旋盤、ミリング、複合加工CAMソリューションの最新版「Edgecam 2018 R2」を発表した。54種類の機能を新たに搭載する。(2018/9/7)

ホワイトペーパー:
だからiPhoneが好き IT担当者がほれ込む「ゼロタッチ」と「iOS 11」
モバイルデバイスの業務利用が一般的になってきた。iPhoneを好むデバイス管理者は少なくないが、どんな視点で評価しているのか。「この機能を捨ててまで他に移りたくない」とまで言わせるiPhoneの機能とは何だろうか。(2018/9/7)

SENSE-M037-i3-UHS[Drafter 3D CAD]:
低価格化を実現した「Fusion 360」向けクリエーターPCのエントリーモデル
ユニットコムはiiyama PCブランドの「SENSE∞」から、ミニタワーケースを採用した「Autodesk Fusion 360」向けクリエーターPCのエントリーモデルの販売開始を発表した。(2018/9/6)

日立プラントメカニクス:
AIを活用した安全運転支援機能とインバータ故障予兆診断機能を搭載する天井クレーン
日立プラントメカニクスは、AI(人工知能)を活用した安全運転支援機能と、インバータ故障予兆診断機能を搭載する天井クレーン「Aicrane(アイクレーン)」を発表した。(2018/9/6)

STEVAL-ISB045V1:
STマイクロ、プラグアンドプレイ型のワイヤレス充電器開発キットを発表
STマイクロエレクトロニクスは、プラグアンドプレイ型のワイヤレス充電器開発キット「STEVAL-ISB045V1」を発表した。(2018/9/5)

ミック経済研究所:
深層学習による画像認識ソリューション市場、2021年度までに551億円規模へ
ミック経済研究所は、深層学習を活用したAI(人工知能)による画像認識ソリューションの市場の現状と展望を発表した。(2018/9/5)

製造現場でこそ使いたい! Fusion 360の魅力(5):
いざ「Fusion 360」の現場導入! 機能を使いこなすために心得ておきたいこと
個人ユーザーを中心に人気を集めるオートデスクのクラウドベース3D CAD「Fusion 360」。ホビーユースだけではなく、本格的な設計業務でも活用できるというが、果たして本当なのか? “ママさん設計者”として活動する筆者が、現場目線でFusion 360の有効性や活用メリットを探る。連載第5回では、Fusion 360の現場導入の際に心得ておきたいこと、ルール作りの必要性について解説する。(2018/9/3)

富士電機 OnePackEdge:
データ収集から解析までをワンパッケージで提供するシステムソリューション
富士電機は、データ収集から解析までをワンパッケージで提供するシステムソリューション「OnePackEdge」を発売した。(2018/9/21)

シリーズ「モノづくりの現場から」(オムロン 綾部工場):
現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1〜10m」の取り組み
IoT、AI、ロボティクス技術などを活用した“工場のスマート化”への関心が高まる中、国内製造業の現場ではどのような取り組みが行われているのだろうか。製造業のモノづくり現場を革新するコンセプト“i-Automation!”を掲げるオムロンの綾部工場(京都府綾部市)を取材した。(2018/9/21)

超速解説 設計者CAE:
“より良い設計”のために設計者自身が行うべき解析とCAE技術の最新トレンド
設計品質を追求する上で今や避けては通れない解析。「設計者CAE」の重要性が叫ばれて久しいが、設計者自身が行うべき解析は何も構造解析や固有値解析、流体解析だけではない。これら以外にも公差解析やトポロジー最適化も設計者が実施すべきものである。本稿では“設計者が行うべき解析”をテーマに、CAE技術の最新トレンドを交えながらそのポイントを解説する。(2018/9/20)

AquesTalk-KM(仮称):
アクエスト、小型IoT機器向けの日本語テキスト音声合成ミドルウェアを開発
アクエストは、省メモリで動作する日本語テキスト音声合成ミドルウェア「AquesTalk-KM(仮称)」を開発し、組み込み機器の開発メーカーを対象にライセンス提供を開始した。(2018/9/19)

企業戦略:
シーメンスがグローバル新戦略「Vision 2020+」と日本における経営戦略を発表
シーメンスは、2018年8月にアナウンスのあったグローバル新戦略「Vision 2020+」を受け、同社 代表取締役社長兼CEOの藤田研一氏がシーメンスのデジタル変革への取り組み、そして日本における経営戦略について説明した。(2018/9/19)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:開発者を悩ませるモバイル機器最前線
モバイル機器の多様化するサイズやフォームファクターにどうやって対応すべきか。モバイル開発に使える各種ツールをまとめた。他に欧州中央銀行がキャッシュレス化に反対する理由、Alexa対Googleアシスタント、Microsoftが抱える問題などをお届けする。(2018/9/18)

Asset Performance suite:
ハネウェルの「つながる工場」ソリューション、国内工場で採用
ハネウェルは、同社のクラウド型プラント最適化ソリューション「Asset Performance suite」が、日本国内の工場で採用されたと発表した。(2018/9/18)

関係者「現状を把握したい」:
韓国政府、ICOの取り締まり強化か ブロックチェーン企業の非開示情報を収集
韓国の金融監督当局がICOに関する捜査の一環として、国内のブロックチェーン(分散型取引台帳)関連企業に接触を図っている。もし仮想通貨の発行において規制を破っていると見なされれば、企業はの制裁を受けることになるという。(2018/9/13)

計17形番を展開:
タンガロイ、焼入れ鋼仕上げ切削用「HP」チップブレーカー付きCBNを発売
タンガロイは、焼入れ鋼仕上げ切削用「HP」チップブレーカー付きCBNを発売した。計17形番を展開し、価格は6700〜1万1200円(税別)。(2018/9/13)

JMACS/イノベーションプラス:
熟練作業者の技術を動画でマニュアル化、技術継承の課題解決に
JMACSとイノベーションプラスは、製造業での継承技術や特殊機器の操作方法を動画で簡単に共有するシステム「EyePlus(アイプラス)」を発売した。(2018/9/12)

インドネシアにおける日系製造業のIT事情(5):
IT導入プロジェクトの成功を左右する“3大要素”とは
インドネシアに工場を持つ、日系製造業のIT事情とは? 中国に3年、タイに3年駐在した経験のある筆者が、それらの国と比較したインドネシア特有のIT導入の実態について現地からレポート。第5回では、ITプロジェクト成功のための“3大要素”について取り上げる。(2018/9/12)

ホワイトペーパー:
デジタル化とIoT製品導入戦略ガイド
デジタル化とモノのインターネット(IoT)は、組織にとって可能性に満ちた世界を開く。本稿では、中堅のニアショアITサービス事業者の利用、クラウドベースプラットフォームの選定、膨大な量のIoTデータ管理の方法について解説する。(2018/9/11)

アジアクエスト:
作業状態を“見える化”するキューブ型ソリューション「Smart CUBE」発表
アジアクエストは、工数管理の手間を削減するキューブ型ソリューション「Smart CUBE(スマートキューブ)」を発表した。(2018/9/7)

設計者CAEは普通の解析と何が違う?(10):
質の高い解析を実現するには“What”と“Where”を明確にせよ
「設計者CAE」という言葉が設計現場で聞かれるようになって久しいですが、3D CAD推進とともにきちんと設計者CAEに取り組んでいる企業もあれば、まだ途上あるいは全く着手していないという企業もあるかと思います。連載第10回では、“What/Where(何を/どこの)“に着目し、解析を行う上での対象物のポイントについて紹介。併せて、基本キーワード「ヤング率」「ポアソン比」について解説します。(2018/9/7)

中間者攻撃で患者データの改ざんが可能:
カリフォルニア大の研究チーム、古い医療システムの脆弱性を突く攻撃を警告
米カリフォルニア大学の研究チームが、病院の検査機器と医療記録システムの接続を攻撃することで、医療検査結果を簡単にリモートで変更できることを実証した。(2018/9/6)

プロジェクションアッセンブリーシステム:
OKI、組み立て作業ミスの“ゼロ化”を映像とカメラで支援するシステムを販売
OKIは、生産現場での組み立て作業ミスのゼロ化を支援する「プロジェクションアッセンブリーシステム」の販売開始を発表した。(2018/9/6)

企業戦略:
ビジネス版LINEの導入で製造現場のIoT活用を加速、PTCなど3社が協業
PTCジャパン、ワークスモバイルジャパン、日本システムウエア(NSW)の3社は、製造業向けIoTサービスの提供に関する協業を発表。3社のソリューションを連携させることで、製造現場におけるIoTサービスの利用を推進したい考えだ。(2018/9/4)

GL4i-SWITCH:
ジェイテクト、ストレート研削とアンギュラ研削の切り替えが可能なCNC円筒研削盤
ジェイテクトは、ストレート研削とアンギュラ研削が切り替えられるCNC円筒研削盤「GL4i-SWITCH」を発売した。(2018/9/4)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:音声アシスタントアプリ開発のヒント
特集は、音声アシスタントアプリ開発の現場で起こっていること、そして開発の注意点。他に、Windows 10への移行でIT部門にもたらされるチャンス、なりすまし攻撃の防御方法、サーバレスとマイクロサービスの比較などの記事をお届けする。(2018/9/4)

STマイクロエレクトロニクス STUSB4500:
USB Type-Cへの容易な移行を実現するUSB Type-C/PDコントローラー
STマイクロエレクトロニクスは、スタンドアロン型のUSB Type-C/USB Power Delivery(USB PD)コントローラー「STUSB4500」を発表した。(2018/8/1)

企業動向:
フォーラムエイトがShade3Dを買収、3DVR事業のさらなる拡大に向けて
フォーラムエイトは、投資ファンド運営のニューホライズンキャピタルからShade3Dの全株式を取得したことを発表した。(2018/8/31)

ホワイトペーパー:
「Office 2019」の試したくなる新機能とWindows 10“だけ”サポートする理由
2018年後半にも登場する「Office 2019」にはどのような新機能が盛り込まれるのか。Windows 10しかサポートをしないと言われる注目スイート製品を解説する。(2018/8/31)

IDC Japan:
2025年、1年間に生成されるIoTデータと非IoTデータの合計が163兆GBに到達
IDC Japanは、「データエコシステム」および「DaaS(Data as a Service)」に対するプレイヤーの取り組みについての調査結果を発表した。(2018/8/31)

研究開発需要を見込む:
GLMがオリックス子会社と提携、車両プラットフォームのレンタルサービスを開始
GLMは、オリックス・レンテックと業務提携し、電気自動車(EV)の心臓部に当たるプラットフォームのレンタルサービスを2018年8月20日から開始。主に研究開発用としての需要を見込んでおり、年間6社6台程度の利用を目指すという。(2018/8/28)

矢野経済研究所:
着実な成長を続ける国内介護ロボット市場、2021年度の市場規模は37億6500万円に
矢野経済研究所は、2018年度の国内介護ロボット市場に関する調査結果の概要を発表した。(2018/8/28)

安川情報システム MMPredict:
AI故障予知サービスに、設備故障を高精度に予知できるモーター専用モデルを追加
安川情報システムは、AIを用いた故障予知サービス「MMPredict」のモーター専用モデルを開発し、2018年8月20日から提供開始すると発表した。(2018/8/27)

東京エレクトロン デバイス CX-M ver2.1:
マルチソース分析機能を追加した異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」
東京エレクトロン デバイスは、IoT向け異常判別プログラム自動生成マシン「CX-M」に、複数の時系列データを分析して生産設備の状態を分類および判別するモデルを自動生成する「マルチソース分析機能」を追加し、「CX-M ver2.1」として提供を開始した。(2018/8/24)

システムズナカシマ:
紙図面やPDF図面をCADデータに変換できるシステム「VectorMasterPremium」
システムズナカシマは、手描き図面や紙図面をスキャンして作成されたPDFや、CADからPDF生成ソフトウェアを利用して作成されたPDFなどを簡単にCADデータに変換できる「VectorMasterPremium」の販売を開始した。(2018/8/24)

アナリストオピニオン:
AIで在庫の適正化を図れるか
製造業者にとって大きな課題の一つになっている“在庫の適正化”。近年、AIを用いた需要予測が注目を集め、今またその取り組みを始めようとする企業が増えつつある。本稿では、こうしたトレンドを踏まえつつ、在庫の適正化を支援する製品/サービスについて取り上げる。(2018/8/23)

日本サイトラインシステムズ/NEC:
「Sightline EDM」がNECのAIエンジンと連携し、工場のライフサイクルを効率化
日本サイトラインシステムズは、NECのAIエンジン「インバリアント分析」と連携したリアルタイムパフォーマンス管理ソフトウェア「Sightline EDM(Enterprise Data Manager)」の提供開始を発表した。(2018/8/22)

オリックス/オリックス・レンテック:
物流ロボットの6カ月間無償レンタルの対象機器に自動搬送ロボット「EVE」を追加
オリックスとオリックス・レンテックは、棚入れやピッキング作業の一部自動化を実現する、AI搭載の自動搬送ロボット「EVE」のレンタルサービスを開始した。(2018/8/21)

Fortune 500の大半の企業を支えるゲートウェイセキュリティ技術:
PR:Azureをはじめ多彩なクラウド環境でも、オンプレミスと同等の堅牢なセキュリティを担保できる理由
Microsoft Azureをはじめとするクラウドのセキュリティは事業者に丸投げできるものではない。「Check Point CloudGuard IaaS」は多層防御を実現し、ハイブリッドクラウド/マルチクラウド環境で同一レベルのセキュリティを実現する。(2018/8/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。