ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビジネスタブレットのお供に」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビジネスタブレットのお供に」に関する情報が集まったページです。

ビジネスタブレットのお供に:
スマホ、タブレット時代の“コンセント足りない問題”を解決――USB充電タップでスッキリ
スマホ、タブレット、携帯音楽プレーヤーなど、USB充電式のデバイスは増える一方。電源アダプターは重くてかさばり、出張の時には荷物になってしょうがない。そんなときに便利なのがUSB充電タップ。どんな製品があるのか見ていこう。(2014/3/3)

ビジネスタブレットのお供に:
長文入力には欠かせない!――Bluetoothキーボードはこう選べ Apple Wireless Keyboard編
iOS端末で唯一、日本語配列キーボードが使えるのがアップル純正の「Apple Wireless Keyboard(JIS)」。Windowsキーボードとの違いやペアリングの仕様をチェックした。(2014/2/12)

ビジネスタブレットのお供に:
長文入力には欠かせない!――Bluetoothキーボードはこう選べ Android編
前編のiOS編に続き、後編ではAndroid編をお届けする。市販のBluetoothキーボード6モデルについて、キー配列やペアリングの上限台数、持ち運びやすさなどを検証した。(2014/2/6)

ビジネスタブレットのお供に:
長文入力には欠かせない!――Bluetoothキーボードはこう選べ iOS編
プレゼン文書の草稿、メールの返信などの長文をタブレットで書きたい───。そんなとき、ほぼ唯一無二の選択肢となるのがBluetoothキーボードだ。実際に買うときはどんなポイントに注意すればいいのか? 前編ではiOS編をお届けしよう。(2014/1/29)

ビジネスタブレットのお供に:
こんなスキマにタブレットを置けちゃうの? ――出先で便利なミニスタンド7種をレビュー
さーて、カフェでひと仕事するか! と、タブレットを取り出してみたものの、テーブルが狭くて設置できない……。こんな悲劇を防げるのがポータブルスタンドだ。今回は薄くて軽い7モデルを試した。(2013/12/7)

ビジネスタブレットのお供に:
英語力ゼロのオレがLAでWiMAXルータの現地調達に挑戦
最先端ITの本場、米国。「海外旅行者でも割安でプリペイド通信を利用できる」「SIMフリーのスマホがザックザク」など、独特のモバイル文化があるらしい……。果たしてその恩恵は“英語力ゼロ”でも享受できるのか? 海外旅行13年ぶりのライターが、ロサンゼルスの街で実践してみた。(2013/11/25)

ビジネスタブレットのお供に:
スキャンは今どき、PCかまさずスコーンとクラウドアップだろ――書類の山がスイスイ片付くスキャナ「ADS-1500W」
スマホやタブレットが台頭するご時世でも、仕事の中心はまだまだ紙の書類。これを何とか効率よく整理できないか――という人にはPCレスでクラウドアップできるスキャナが心強い味方になる。今回はブラザーの新モデル「ADS-1500W」を発売前に試してみた。(2013/11/1)

ビジネスタブレットのお供に:
悪いことは言わん、泊まりなら持ってけ――タブレット出張族のお供に「小型Wi-Fiルータ」
出張先のホテルが有線LANのみで、タブレットやノートPCが使えない! こんな危機を救ってくれるのが「小型Wi-Fiルータ」だ。今回は出張用小型ルータ4種をピックアップし、機能の違いと選び方のポイントをご紹介する。(2013/10/11)

ビジネスタブレットのお供に:
タブレットからいつでも自宅や会社のPCにアクセスできる、すごいヤツ――リモートデスクトップ「Splashtop」
スマートフォンやタブレットがいくら便利だと言っても、自宅や仕事場でPCを使う機会はまだまだ多い。そのPCを、外出先からタブレットを使って遠隔操作できるようにするサービスがある。今回は、Splashtopのリモートデスクトップサービスを実際に試してみた。(2013/9/20)

ビジネスタブレットのお供に:
出先の“バッテリー切れ”で泣かないために――タブレット向け大容量モバイルバッテリー、4種を試す
通勤電車の車内、仕事中、昼休み、仕事帰りの飲み屋探し……。さまざまな場所でタブレットを使うようになると、バッテリー切れが気になってくる。タブレットと一緒に持ち歩くと便利なグッズを紹介する新連載の第1回では、電源のない場所でタブレットを充電するのに欠かせない「モバイルバッテリー」4種類を使い比べてみた。(2013/9/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。