連載
» 2008年10月06日 15時59分 UPDATE

本山由樹子の新作劇場:ウォシャウスキー兄弟のオタク愛が炸裂――「スピード・レーサー」

興行面では惨敗でも、画面から飛び出してきそうな極彩色のレースシーンは必見!「スピード・レーサー」が11月19日に2種類のBlu-ray Discで登場。

[本山由樹子,ITmedia]

スピード・レーサー(Blu-ray Disc)

photo
※ジャケット写真は変更の可能性があります

 「マトリックス」シリーズのウォシャウスキー兄弟が、竜の子プロの名作アニメ「マッハGo Go Go」を実写化した「スピード・レーサー」。11月19日にBlu-ray Disc 化、通常版(4980円)とMACH5 Blu-rayプレミアムBOX(6980円)の2種類でリリースされる。

 特典は「スプライトルと行く撮影の舞台裏」、「映画の中の車とレースコース」、メイキング、「スピード・レーサーの世界」など66分収録している。プレミアムBOXにはマッハ号のフィギュアを同梱。

 幼い頃からカーレースに熱中し、レース中の事故で死んだ天才レーサーの兄に憧れてレーサーとなったスピード。兄の亡霊を追いかけるようにレースに没頭する彼は、愛車マッハ号で驚異のドライブ・センスを発揮し、ローヤルトン工業のチームに誘われる。だが、スピードがそれを断ったことから、レース界を牛耳るオーナーの怒りを買い、彼と家族に危険が迫る。

 主人公スピード役には、アニメ版に似たエミール・ハーシュ(「イントゥ・ザ・ワイルド」)が抜擢された。彼の幼なじみにクリスティーナ・リッチ、メカニックのパパにジョン・グッドマン、家族を的確な助言で励ますママにスーザン・サランドン、悪役オーナーにロジャー・アラム、謎のレーサーXにマシュー・フォックスのほか、真田広之、Rain(ピ)など豪華キャストが揃う。

 最大の見どころは、カラフルでポップ、目にも止まらぬスピードのレースシーンだ。登場するコースは4つ。ローカルサーキットの「サンダーヘッド」はスパイラル、急傾斜などの難関コースを備えている。ワールド・レーシング・リーグの公式サーキットである「フジ・ヘレキシコン」は、南海の火山島に造られた大コースで、ジェットコースターのようなカーブが設けられている。

 “死の試練”と呼ばれる超難関の「カーサ・クリスト5000」は、灼熱の砂漠から険しい山岳地帯に至る自然との闘いが強いられる。スピードの兄は、ここの氷の洞窟で事故死している。そして世界最高峰の「グランプリ」は、選ばれし強豪が参加し、それぞれの思惑が交錯するファイナルレースだ。

 もともとアニメの大ファンだったというウォシャウスキー兄弟のオタク魂があふれている。オリジナルに忠実なキャラクターや、CGを限界まで駆使したアニメに近い実写映像、画面から飛び出すようなレースシーン、そして“お金では買えないもの”“家族の絆”といったアナログなテーマも丁寧に描かれていて、幼いころに「マッハGo Go Go」を見ていた人にとってはうれしいリメイクに違いない。

関連サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/mach5/(公式サイト)

この作品を購入したい→amazon.co.jp

スピード・レーサー(Blu-ray Disc)
発売日 2008年11月19日
価格 4980円
発売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
販売元 ワーナー・ホーム・ビデオ
スタッフ 監督・脚本・製作:ウォシャウスキー兄弟
出演 エミール・ハーシュ、クリスティーナ・リッチ、ジョン・グッドマン、スーザン・サランドン、マシュー・フォックス
上映時間 135分(本編)
製作年度 2008年
画面サイズ シネマスコープサイズ・スクイーズ
ディスク仕様 片面2層
音声 (1)ドルビーデジタル/5.1ch/英語 (2)ドルビーデジタル/5.1ch/日本語
特典 スプライトルと行く撮影の舞台裏/映画の中の車とレースコース/メイキング/スピード・レーサーの世界

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう