ニュース
» 2012年09月25日 17時57分 UPDATE

既存2モデルもリニューアル:ボーズ、初のAirPlay対応スピーカー「SoundLink Air」を発表

ボーズがアップルのAirPlayに対応したワイヤレススピーカー「SoundLink Air」(サウンドリンク・エアー)を発表した。合わせて既存製品ラインもリニューアル。

[ITmedia]

 ボーズは9月25日、同社として初めてアップルのAirPlayに対応したワイヤレススピーカー「SoundLink Air」(サウンドリンク・エアー)を発表した。また、Blueooth対応の既存モデルおよびドックスピーカーの2製品をリニューアル。いずれも9月28日に発売する。

ts_bose010.jpgts_bose031.jpg 「SoundLink Air」(左)。3つの新製品は、Bluetoothあるいは無線LANという違いはあるが、すべてワイヤレス対応だ(右)

 家庭内ネットワークを介して手元のiPod touchやiPhone、iPadの楽曲、あるいはPC/MacのiTunesライブラリを再生できるワイヤレススピーカー。AirPlay対応により、従来のドックスピーカーのようにiPhoneなどを直接挿す必要がなく、音楽を聴きながら手元でWebブラウズなども楽しめる。またアナログミニジャックの外部入力も備えている。

 コンパクトな筐体(きょうたい)にネオジウムマグネット搭載のフルレンジユニットを2基搭載。独自の低音再生技術「Wave Guide」で低音を補完し、「広い帯域にわたり、そしてどの音量レベルでもひずみのない、自然でクリアな音楽再生を実現した」(同社)という。

ts_bose011.jpgts_bose012.jpgts_bose035.jpg 奥行きは103ミリと短い。背面には別売の専用バッテリーを装着するスペースが設けられている

 AirPlayのセットアップはいたってシンプルだ。付属のUSBケーブルでSoundLink AirをPCに接続し、ボーズが用意した専用サイトにアクセス、手順に従って操作すればネットワーク設定が終了する。また、PCがない場合は、iPadなどのWebブラウザでSoundLinkのHTTPサーバ機能にアクセスして設定を行うことも可能だ。

 本体サイズは、307(幅)×172(高さ)×103(奥行き)ミリ。重量は約2.1キログラム。基本的に据え置き型という位置づけのため、電源はACアダプターを使用するが、オプションのバッテリーパックを購入すれば、本体背面のカバー内にすっきりと納めることができる。別売の専用バッテリーは9450円。バッテリー駆動時間は、最大音量の場合で3時間という。

 SoundLink Air本体の価格は3万6750円で、カラーはブラックのみ。9月28日からボーズの製品の取り扱いディーラーおよび直営店、直販サイト「ボーズ・オンラインストア」で販売を開始する。

Bluetoohの「SoundLink」も第2世代に

 昨年秋に発売されたBluetoothスピーカー「SoundLink Wireless Mobile speaker」は第2世代となり、AirPlay対応の「SoundLink Air」が登場したことにより、名称を「SoundLink Bluetooth Mobile speaker II」に改めた。

ts_bose004.jpg 「SoundLink Bluetooth Mobile speaker II」

 デザインは従来製品と共通だが、音質の向上を図ったうえ、専用保護カバーを刷新している。ネオジウムマグネット搭載のスピーカーユニットは再設計され、それに伴い信号処理のアルゴリズムを最適化。低域を補完するパッシブラジエーターなどの仕様は従来通りだが、「より自然で忠実な音楽再生が可能になった」(同社)という。

 使用時にスピーカースタンドとして機能する専用保護カバーは、“二つ折り式”になった。カバーをたたんで設置することで、従来よりも奥行きを短くできるほか、床置きなどの際もカバー内側にゴミなどが付着しないのがメリット。なお、カバーを閉じると自動的に電源がオフになる機能は従来機から継承している。

 本体サイズは、244(幅)×130(高さ)×48(奥行き)ミリで、重量は1.3キログラム。3.5ミリステレオミニジャックの外部入力も備えている。

ts_bose005.jpgts_bose006.jpg 専用保護カバーは、“二つ折り式”になった(左)。カバーの種類によって2モデルを用意(右)

 カバーの種類によって2モデルを用意しており、価格はレザー素材(色はダークブラウン)のモデルが3万6750円、ナイロン素材(色はダークグレー)のモデルは3万1500円。また、別売のオプションとして保護カバー4種類を11月9日に発売する予定。カラーは、レザー素材がタンとブラック、ナイロン素材はブルーとレッド。価格はレザーが6300円、ナイロンは4200円となっている。

ドックスピーカーのBluetoothアダプターを添付して値下げ

 「SoundDock 10 Bluetooth digital music system」は、iPodドックスピーカーのハイエンドモデル「SoundDock 10」のリニューアル版。別売オプションだった「Bluetoothアダプター」を標準添付としたうえ、価格を7万7700円から6万3000円に値下げしている。

ts_bose001.jpgts_bose032.jpg 「SoundDock 10 Bluetooth digital music system」

 音響面に変更はなく、専用設計のウーファーにWaveGuideシステムを組み合わせて重低音を再生。さらに中高域を担当する独自の“ツィドラー”により、広い帯域にわたり忠実な音楽再生を実現するという。「いわゆるドックスピーカーと一線を画す豊かな低音」(同社)。アナログミニジャックの外部入力も備えた。

ts_bose002.jpgts_bose003.jpg iPodドック(30ピン)を横のボタンを押して取り外し、Bluetoothアダプターを装着すればワイヤレス対応に

 本体サイズは、431(幅)×223.5(高さ)×244(奥行き)ミリ。重量は8.4キログラム。本体カラーはシルバーとなっている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう