ニュース
» 2015年03月27日 17時50分 UPDATE

iPhoneでハイレゾ再生を可能にする「Ne PLAYER for iOS」アプリ、4月上旬登場

ラディウスが、iOS端末向けの「Ne PLAYER for iOS」を発表した。同社製あるいは他社製DACと組み合わせ、iPhoneでハイレゾ再生を可能にするアプリ。4月上旬リリース予定で、価格は未定。

[渡辺まりか,ITmedia]
 iOS向けハイレゾ再生アプリ「Ne PLAYER for iOS」

 ラディウスは3月27日、iOS向けプレイヤーアプリ「Ne PLAYER for iOS」を発表した。同社製あるいは他社製DACと組み合わせ、iPhoneでハイレゾ再生を可能にするアプリ。リリースは4月上旬を予定、価格は「調整中」とのこと。Android向けはリリース済みだ。

 同アプリ最大の特徴は、ハイレゾ音源を正しく再生できているかを確認できる、特許出願中の「ハイレゾビジュアライザー」を搭載していること。音源と出力の2つのサンプリングレートが表示されるため、再生している楽曲の音質が劣化していないかをひと目で確認可能。さらに、ハイレゾ音源でなくとも、最大48kHzにアップサンプリングして再生する。

 音源を正しく再生しているかどうかがひと目で分かる「ハイレゾビジュアライザー」搭載

 また、従来のミュージックアプリではできなかった、「サンプリングレート」「フォーマット」といった音質での並べ替えに対応。ハイレゾ音源だけを容易に再生できる仕組みを備えた。

 従来の方法だけでなく、音質での並べ替えに対応

 DSD音源の再生は11.2MHz/5.6MHz/2.8MHzに対応。11.2MHzでは、サンプリングレート352.8kHzにPCM変換して再生。5.6MHz/2.8MHzではDoP、PCM出力をサポートする。

 そのほかの対応フォーマットは、FLAC、ALAC、WAVが最大384kHz/最大32bit、AAC、HE-AAC、MP3が最大48kHz/最大16bit(最大320kbps)。ただしDRMで保護された曲は再生不可。iPhone単体で再生する場合はハイレゾ音源も48kHzにダウンサンプリングされる。

 対応機種はiPhone 6、iPhone6 Plus、iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPad mini、iPad mini 2、iPad mini 3、iPad Air、iPad Air 2、iPod touch(第5世代)。対応OSはiOS 7.0以降。

 DSD 2.8MHzの再生には全機種とも対応している

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.