レビュー
» 2015年05月18日 12時30分 UPDATE

春のヘッドフォン祭2015:あの注目機種はどんな音?――ファイナルの63万円超弩級モデルやゼンハイザー新密閉型を聴いてきた (1/7)

年々開催規模が拡大するヘッドフォン祭だが、今回も会場には多くのブランドの新製品が並び、賑わいをみせていた。本稿ではイベントの直前に発表された注目の新製品を中心に、いくつかのモデルの音を会場で確かめてみた。

[山本敦,ITmedia]

 5月16日と17日の2日間、東京・中野サンプラザで「春のヘッドフォン祭 2015」が開催された。年々開催規模が拡大するヘッドフォン祭だが、今回も会場には多くのブランドの新製品が並び、賑わいをみせていた。本稿ではイベントの直前に発表された注目の新製品を中心に、いくつかのモデルの音を会場で確かめてみた。

ts_soundtest23.jpgts_soundtest22.jpg 東京・中野で開催された「春のヘッドフォン祭2015」の様子



ゼンハイザーのオーディオファイル向け密閉型ヘッドフォン「HD 630VB」

ts_soundtest01.jpg ゼンハイザー初の密閉型オーディオファイル向けヘッドフォン「HD 630VB」

 ゼンハイザーといえば、今日の高級ヘッドフォンブームの礎を築いた「HD 800」はあまりにも有名だが、本機の前に君臨していた「HD 650」、後から発売された「HD 700」など、オーディオファイル向けのヘッドフォンには意外にも密閉型のモデルが存在しなかった。そこに加わるかたちで遂に登場した、密閉型ハイエンドの新星が「HD 630VB」だ。今回のヘッドフォン祭の展示にプロトタイプが1台到着した。ゼンハイザージャパンのスタッフによれば「あまりにギリギリのタイミングだったので、エージングが十分にできていない」ということだったが、せっかくの機会なので試聴してみた。

 外観のインプレッションからはある程度重さがあるのかと思っていたが、手に取るとその印象とは裏腹にかなりライトウェイトで、ソフトタッチなイヤーパッドのおかげもあり、装着感が非常に心地良かった。ケーブルは右側イヤーカップからの固定&片出し。ハウジングの表側には楽曲の再生・停止、送り・戻しのコントローラーボタンが付いていて、サークル状のダイヤルを回して低域のバランスが調節できる仕組みになっている。ハウジングのサイドに付いている小さなスイッチは、ケーブルのインラインに搭載されているリモコンの信号をiOSとAndroidで切り替えるためのものだ。

ts_soundtest02.jpg 右側ハウジングがコントロールパネルになっている。外周のダイアルを回してベースブーストの調整が可能

 そのサウンドは非常に解像感が高く、細密なディティールを巧みに引き出してくる。密閉型らしくミッドレンジのアタックはリッチで力強い。片方では密閉型らしからぬ中高域のヌケの良さも持ち合わせており、縦横方向への空間表現がとても立体的で見晴らしもクリアだ。低域ブーストのダイアルを最弱にして聴くとモニターライクでフラットバランスなサウンドになるが、ベースを増強していくことで音楽的な味わいも深みを増してくる。

ts_soundtest03.jpg ケーブルは本体固定式。スイッチでリモコン信号が切替えられる

 今回のイベントではあくまで参考出展というかたちでのお披露目だったので、日本への導入時期など色々決まっていないこともあったが、ゼンハイザーのハイエンド・ファミリーに早く加わり、楽しめる日がくることを期待したい。

ts_soundtest04.jpg 付属のキャリングケース

 なお、ゼンハイザーのブースには1月のInternational CESで発表された「Momentum」シリーズのセカンドジェネレーションモデルも並んでいる。新たにアップデートされるのはアラウンドイヤーのオリジナル「Momentum」と、オンイヤーの「Momentum On-Ear」。ドライバーや振動板などアコースティックは初代モデルをそのまま継承しているが、大きな変更点は本体の折り畳み機構を採用した点であったり、「Momentum」はイヤーカップが少し大きくなって、イヤーパッドの素材も変更されている。従来の「Momentum」シリーズをお持ちの方も気になるのではないだろうか。

ts_soundtest06.jpg 第2世代のMomentumシリーズ。手前がオンイヤーで、奥がアラウンドイヤーのオリジナル

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.