ニュース
» 2015年06月30日 20時20分 UPDATE

パナソニック、AllPlay対応のワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL2」を7月24日に発売

パナソニックが、AllPlayに対応するワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL2」を発表。Wi-Fiを利用して複数の機器で同時に音楽を再生できる。

[ITmedia]

 パナソニックは6月30日、ワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL2」を発表した。価格はオープンで、実売想定価格は3万円前後(税別)。7月24日に発売する。

photo ワイヤレススピーカーシステム「SC-ALL2」

 Wi-Fiを利用して複数の機器で同時に音楽を再生する(マルチルーム再生)クアルコムの「AllPlay」に対応。同じネットワーク内のスマートフォン、PC、NASなどの音源を再生したり、インターネットラジオを聴いたりできる。プリセットボタンを備え、「Qualcomm AllPlay Radio powered by TuneIn」アプリ(無料)で聴けるインターネットラジオ局を6つまで登録できる。スマホやNASに保存した音源は「Panasonic Music Streaming」アプリ(無料)から再生可能。なお、有線LAN接続もでき、本製品を2台組み合わせるとステレオスピーカーになる。

photo 「SC-ALL2」の利用イメージ

 Bluetooth接続と異なり、伝送時の音声圧縮がないのでより高音質な音楽を楽しめるほか、いちいちペアリングをする必要もない。

 時計や音楽アラーム、スヌーズ機能も備え、ベッドやリビングに置けば音楽鑑賞以外の用途でも便利に使える。コーン型の8センチスピーカーを搭載し、アンプ部の実用最大出力は40ワット。

 本体サイズは120(幅)×135(奥行き)×180(高さ)ミリ、重量は約1.5キロ。LAN端子(10BASE-T/100BASE-TX)、3.5ミリステレオミニ端子を備える。IEEE802.11 a/b/g/nの無線LAN規格に対応する。消費電力は18ワット。付属品は電源ケーブル1本。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう