ニュース
» 2015年11月17日 12時39分 UPDATE

画質と音質にこだわった防水パーソナルテレビ、東芝「10WP1」登場

東芝からIPX5準拠の防水パーソナルテレビ「10WP1」が登場。IPS液晶パネルや大口径スピーカーを搭載したモデルだ。さらにDLNAのプレイヤーとしても利用できる。

[ITmedia]

 東芝は11月17日、IPX5準拠の防水パーソナルテレビ「10WP1」を発表した。単体で地上デジタル放送対応テレビとして利用できるほか、同社製Blu-ray Discレコーダーや録画機能付きテレビと連携して録画番組などをネットワーク視聴する機能もある。価格はオープンプライスで、店頭では4万5000円前後になる見込み。11月下旬に発売する。

ts_onigiri01.jpg 東芝「10WP1」。本体はIPX5相当の防水設計で、ぬれた手でも操作できる

 10.1V型(1366×768ピクセル)のIPS液晶パネルを搭載。視野角が広く、斜めからでも画面が見やすいのが特徴だ。同社では、「防水テレビの場合、お風呂に入りながら、料理をしながらといった“ながら見”の用途が中心で、画面を斜めから見ることのほうが多いはず。横から見てもきれいな映像を楽しめるIPSが必要と考えた」と話している。

 また、左右の側面には40ミリ径というポータブル機にしては大きいスピーカーユニットを搭載した。ユニット背後には独立したキャビネット空間も確保し、自然でワイドな音を実現したという。これも「料理や入浴中など、周囲が騒がしい状況でも聞き取りやすい音にするため」(同社)。さらに内蔵のBluetoothを使って脱衣所に置いたスマートフォンなどから楽曲をワイヤレス再生するといった使い方も可能だ。

ts_onigiri02.jpg 大口径ユニットを搭載したことで、横から見ると本体下部が広くなっている。Bluetoothを使って防水スピーカーにもなる。スマートフォンなどからワイヤレスで音楽を楽しめる
ts_onigiri03.jpg 背面。アンテナ部分は持ち運び時にハンドル代わりになる。重量は約1.2キログラム

 内蔵チューナーは、地上デジタルのフルセグ/ワンセグ。バッテリーで連続約3時間、画面輝度を落とした「節電モード」なら4時間の連続駆動が可能だ。停電時の情報収集にも役立つという。

ts_onigiri05.jpg 本体操作部はタッチ式。ぬれた手でも操作できる
ts_onigiri06.jpg 付属のリモコンは水に浮く

DLNAにSeeQVault、多彩なメディア再生機能

 無線LANも内蔵。DLNAのDMP機能を搭載しており、「レグザリンクシェア」対応のリテレビやレコーダーで録画した番組をネットワーク経由で視聴することができる。「レグザブルーレイ」ならBSデジタルやCS110度デジタル放送のリアルタイム番組も視聴可能。さらに「タイムシフトマシン」搭載のレグザサーバーやレグザとの組みあわせでは、「ざんまいプレイ」で設定したテーマ別のフォルダへ容易にアクセスできる。いわば見たい番組へのショートカット機能だ。「この秋に発売したレグザサーバー『DBP-S600』と同じ機能を持っている」(同社)

ts_onigiri04.jpg 背面カバー内。USB端子やSDカードスロット、外部アンテナ端子を装備

 著作権保護技術のSeeQVaultもサポート。同じくSeeQVault対応のUSB外付けHDDやSDメモリーカードを背面のSDカードスロットやUSB端子に接続すれば、レコーダーなどでバックアップしたデジタル放送番組を再生できる。

 本体サイズは、261(幅)×184(高さ)×78(奥行き)ミリ(突起部含む)。重量は約1.2キログラム。ACアダプター、リモコンなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.