ニュース
» 2015年11月19日 12時51分 UPDATE

2016年開始の4K BSも視聴可能:パナソニック、ケーブル4K用STBをケーブルテレビ事業者など45社へサンプル出荷開始

パナソニックは、4K専門チャンネル「ケーブル4K」を受信するHDD内蔵STB(セットトップボックス)「TZ-HXT700PW」を参加ケーブル局へサンプル限定出荷する。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 パナソニックは、12月1日に開局する4K専門チャンネル「ケーブル4K」に対応したHDD内蔵セットトップボックス(STB)「TZ-HXT700PW」を発表した。まず「ケーブル4K」参加CATV局など45社にサンプルとして限定出荷する。正式な発売は2016年2月になる見込みだ。

hm_pa01.jpg 4K対応セットトップボックス(STB)「TZ-HXT700PW」前面
hm_pa02.jpg 背面

 TS方式の4K放送に対応したSTB。チューナーはトリプルで、視聴しながら裏番組の2番組同時録画が行える。本体に2TバイトのHDDを内蔵しているほか、USB外付けHDDにも対応する。4放送の録画も可能だ。

 無線LANを内蔵し、DLNAやリモート視聴、スマートフォン/タブレット連携機能を搭載。4Kネット動画は、「アクトビラ4K」「みるプラス4K」「4K YouTube」にソフトウェアバージョンアップで対応する予定だ。

hm_pa04.jpg SDカードスロット部

 

 インタフェースは、ケーブル入力端子、分配出力端子、HDMI出力端子×1、光デジタル出力端子×1、LAN×1、USB×2、SDカードスロット(SDXC対応)。本体サイズは、360(幅)×259(奥行き)×59(高さ)ミリ、重量は約2.7キロ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.