ニュース
» 2015年12月01日 14時38分 UPDATE

重低音&タフ:JVC、カナル型イヤフォン「XX」シリーズにマイク付きリモコンを装備したエントリーモデルを追加

「重低音&タフ」がコンセプトのJVC「XX」シリーズのカナル型イヤフォンに、マイク付きリモコンを備えた「HA-FX33XM/11XM」が追加される。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 JVCケンウッドは12月1日、JVCブランドのカナル型イヤフォン「XX」シリーズに「HA-FX33XM」「HA-FX11XM」の2製品を追加すると発表した。2014年10月に発売した「HA-FX33X」「HA-FX11X」をベースに、ハンズフリー通話機能を追加したモデル。価格はどちらもオープンプライス。市場想定価格は、HA-FX33XMが5500円前後、HA-FX11XMが3500円前後(いずれも税別)で、12月上旬発売予定。

hm_vi01.jpg
hm_vi02.jpg 上位モデルの「HA-FX33XM」は、メタルボディを採用。本体カラーは、ブラック、シルバー、レッドの3種類。HA-FX11XMは、ブラック、ブラック&レッド、レッド&ブラック、シルバーの5種類

 どちらもドライバーユニットは、ネオジウムマグネットを搭載した10ミリ径ダイナミック型。重低音域の再現性を高めるという「エクストリームデープバスポート」を採用している。さらに、HA-FX33Xではカーボン振動板を採用しており、「高解像度でキレのある重低音を実現する(同社)という。再生周波数帯域は5〜2万5000Hz(HA-FX11XMは5〜2万3000Hz)、感度は104dB、インピーダンスは16オーム。

 プラグは24金メッキの4極ステレオミニ。S/M/Lのイヤーピース、コードキーパー、キャリングケースなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.