ニュース
» 2016年04月26日 13時01分 UPDATE

クロスフォレスト、デジタルビデオカメラ用としては初のガラス保護フィルムを発売

クロスフォレストがデジタルビデオカメラのディスプレイに装着できる初のガラスフィルム「CF-GTVC3」を発売した。従来のガラスフィルムと同様、カッターでこすっても傷が付かない硬度と、油性マジックもはじく撥水撥油性能を実現した。

[ITmedia]

 スマートフォンの液晶保護フィルムなどを手がけるクロスフォレストは4月25日、デジタルビデオカメラのディスプレイに装着できるガラスフィルム「CF-GTVC3」を発売した。価格はオープンプライス。同社ネット通販の「CROSS FOREST AMAZON店」および「CROSS FOREST Yahoo!ショッピング店」での販売価格は1480円(税込)。

「CF-GTVC3」の装着イメージ

 同社によると、ビデオカメラのディスプレイには感圧式タッチパネルが使われていることが多く、厚いガラス製フィルムを装着することはできなかったという。「従来はPETフィルムの製品が大半。キズや付きやすく、操作時の滑りも良くないなどデメリットが多いと感じていた」(同社)

 このため新製品では、コーニングの0.15mm厚ゴリラガラスを使用することで、感圧式タッチパネルの操作に影響しないガラスフィルムを実現。シリコン層には薄く透過率の高い日本製シリコンを使用し、表面にはダイキンの新型コーティング材によって撥水撥油処理を施した。これにより、液晶画面の画質を損なうことなく、キズや油汚れから液晶画面を守るという。「従来のガラスフィルムと同様、カッターでこすっても傷が付かない硬度と、油性マジックもはじく撥水撥油性能を実現できた」(同社)。もちろん静電容量方式のタッチパネルにも対応している。

 サイズは3インチワイド(69×39mm)。ガラス製のためカットすることはできないが、ソニー、パナソニック、JVC、キヤノンの幅広い機種で利用できる。

「CF-GTVC3」の対応機種

ソニー

HDR-CX675、HDR-CX670、HDR-CX535、HDR-CX485、HDR-CX480、FDR-AX55、FDR-AX40、FDR-AX30、FDR-AXP35、HDR-PJ800、HDR-PJ675、HDR-PJ670、HDR-PJ630V、HDR-PJ540

パナソニック

HC-WXF990M、HC-WX990M、HC-VX980M、HC-WX970M、HC-W870M、HC-W850M、HC-W580M、HC-W570M、HC-V550M

JVC

GZ-RX600、GZ-RX500、GZ-R400、GZ-R300、GZ-R70、GZ-F200、GZ-F100、GZ-E700、GZ-E155、GZ-RX130、GZ-E765、GZ-HM99、GZ-EX380

キヤノン

R62、R72、R52、R700


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう