ニュース
» 2017年04月05日 13時56分 UPDATE

スマホを遠隔操作するキーホルダー「Qmote S」

[ITmedia]

 ソフトバンクは、同社のクラウドファンディングサイト「+Style」において、スマートフォンなどと連携するBluetooth SMART READY準拠のキーホルダー型リモコン「Qmote S」を発売した。価格は3980円(税込)。

本体カラーは「ゴールデン・アンバー」「グレー・オブシディアン」「グリーン・ターコイズ」「ブルー・スレート」の4種類
amazon

 ボタンを1つだけ備えたリモートコントローラー。専用アプリを使ってあらかじめボタン操作と動作を登録しておけば、スマートフォンをカバンやポケットから出さずにワイヤレス操作が可能になる。

 クリックの数や長押しと組み合わせて最大9種類の動作を登録可能(対応する操作一覧を参照)。例えば音楽再生アプリなら再生や停止、巻き戻し、早送り、ボリューム調整といった操作が登録できる(アプリに依存)。またAndroid端末の場合はスマホ内蔵カメラの起動や撮影といった動作にも対応する。

Android端末の場合はスマホ内蔵カメラの起動や撮影といった操作も可能

 さらにスマホの「位置確認」機能を利用し、スマホが周囲に見当たらないとき、Qmote Sのクリックで鳴らすといった使い方も可能。ほかにもPCやBluetooth SMART対応のIoT家電と連携し、スイッチなどとして活用できる。

 外径寸法は、33(幅)×39(長さ)×5(高さ)mmと500円玉サイズで重量は6g。IP57対応の生活防水仕様だ。電源にはCR1620ボタン電池を使用する。

スマートフォン/タブレット連携時に登録できる操作一覧

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう