ニュース
» 2004年03月25日 12時33分 UPDATE

携帯で痴漢を撃退できるか? 〜メルクの試み

世間では、物騒な事件が続いている。やはり、用心のための防犯ブザーぐらいは用意したいもの。携帯電話を「防犯ブザー代わり」にするサービスも存在するようだが、その仕組みとは?

[杉浦正武,ITmedia]

 世間では、何かと物騒な事件が続いている。やはり、用心のための防犯ブザーぐらいは用意したいもの。どうせなら、携帯電話を防犯ブザー代わりにしてはどうだろうか――。

 こう考えたのは、企業の防犯などを手がけるメルクだ。同社は、携帯向けアプリ開発のノウハウを持つ日本エンタープライズと協力して、EZweb向けの防犯サイト「安全安心生活倶楽部」をオープンした(3月5日の記事参照)。月額利用料は105円。同サイトでは、ユーザーに代わって緊急事態を周囲に通知するEZアプリをダウンロードできる。

 開発の経緯や、どの程度実用性があるのかなどを確認すべく、メルクの松木洋介社長と、日本エンタープライズのソリューションビジネス部、課長代理の前川享氏に話を聞いた。

Photo 左から、日本エンタープライズの前川氏、メルクの松木氏

半径5メートルに通知

 まずは、実際のアプリがどのようなものか見てみよう。安全安心生活倶楽部では、現在「痴漢撃退用ボタン」「急病発生ボタン」「防犯ブザーボタン」「救助要請ボタン」「海外急病用ボタン」の5種類が提供されている。

 たとえば、痴漢撃退用ボタンの場合、アプリを起動して「♯」キーを3回連続して押すと、「チカンがいます! 助けてください!」という音声が端末の最大音量で鳴る仕組み。同時に、携帯の画面に「チカンがいます」と表示され、「これを周囲に見せて、助けてもらうこともできる」(メルクの松木氏)。音は、「♯」キーを再び3回押すまで鳴りつづける。

Photo 2つの画面が、交互に切り替わって表示される。「痴漢は犯罪! 6カ月以上の懲役」という表示画面もあり、チカンに直接提示することも考えられる

 海外用急病ボタンの場合は、英語で「Help me! Somebody help me!」と音が鳴る。声が出せない状況でも、これを握り締めて倒れていれば、誰かが救急車を読んでくれるのでは、というわけだ。

 日本エンタープライズの前川氏によれば、音が届く範囲は半径5メートル。「携帯電話は、端末にもよるが60〜70デシベルの音量を出せる」。通常の防犯ブザーでは、100デシベル以上の音量を持つものが多いが(1月22日の記事参照)、液晶画面の表現力でカバーする考えだ。

 アプリを起動した際に、最大音量で鳴るようにプログラム側で設定を行う。もっとも、「機種によっては通常着信する音量で鳴る場合もある」とのこと。また、マナーモードに設定していると、音は出ない点も注意が必要だ。

 「痴漢の場合は、出勤の電車内など、被害に遭うタイミングがある程度予測できる。指定した時間にEZアプリを起動することも可能なため、電車に乗る時間に自動起動させて、マナーモードを解除しておくことが考えられる」(前川氏)

 なお、防犯ブザーボタンでは「GPS起動 110番通報」との表示を行うが、これはブラフ(はったり)。「文字で110番通報できるシステムなども運用されているようだが(1月13日の記事参照)、本格的な仕組みが警察庁、キャリアなどの間で構築されないうちは、対応を検討できない」(松木氏)。警察でなく、特定の連絡先に通知することなら、現状でも容易に対応できるという。

Photo 110番通報、と表示する。「警察にかけつけてもらうことも重要だが、その場で効果を上げるために、犯罪者を牽制することも大切」(松木氏)

高まる「防犯ブザー」のニーズ

 ユーザーの防犯に対する意識は、高まりつつある。最近では、東京都杉並区が、区内の5歳以上の園児、小中学校の児童全員、計約4万人に、防犯ブザーの貸与を決めた(杉並区からのお知らせ参照)。「実際に、連れ去られそうになって、防犯ブザーを鳴らしたところ容疑者が逃走したとの話も聞いている」(松木氏)。

 ひとくちに防犯ブザーといっても100円ショップで売っているものから、それなりの機能を備えたものまで、幅広い、と松木氏。「携帯電話は、外出時に忘れるということが少ないし、アプリを作りこめば多様な機能を実現できる」。上記のように、状況に応じてアプリを使い分けるなど、可能性を秘めているとした。

 サイト開設後、ユーザーの反応は「特にプロモーション活動を行わなかった割には、上々の反応。1週間で、5アプリ合計で194件のダウンロードがあった」(前川氏)という。

 今後の課題としては、やはり「もう少し音量があった方がいいか、検討する」(松木氏)。他キャリアでの同様のサービスも、今後1年以内に開始できるよう検討しているという。ユーザーからのリクエストに応じて、新サービスも開発したいとした。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.