ニュース
» 2004年04月02日 17時17分 UPDATE

光ってメールの内容をお知らせ〜「P252iS」

ドコモが開発中の「P252iS」は、10代から20代の女性をコアターゲットにしたエントリー向けモデル。メールの絵文字に合わせて着信ランプがさまざまに光る「キラリメール」が搭載された。

[後藤祥子,ITmedia]

 「手のひらにかわいい本物」「ヒカリ届く、キモチ伝わる」──こんなキャッチフレーズで登場したのが、ドコモが開発中のエントリーモデル「P252iS」だ。

 「ターゲットは10代から20代の女性」(ドコモ営業本部マーケティング部端末商品開発担当主査の竹原氏)という言葉からも分かるように、小型軽量化が図られ、ドコモとしては初めて、5色のボディカラーで展開する。

sa_mana2.jpg ネーミングもこれまでとはひと味違う「ぴちぴちピーチ」「プチプチとまと」「ブルブルべりー」「しゅわしゅわラムネ」「ぷるぷる杏仁」というユニークなモノ。ちなみに「ぷるぷる杏仁」は「偶然です」(ドコモ説明員)
sa_pana90.jpg ボディのベースはシルバーとグレー。「プチプチとまと」「ブルブルべりー」がグレーベースのボディだ
sa_pana89.jpg F900iと比べると、どれほど小さいかが分かる。キーボード部は、ボディが小さくなっても打ちやすくするため、もりあがるような立体造形になっている
sa_pana88.jpg F900iと比べると、少々厚みはある
sa_pana555.jpg 右側面にはヘッドフォン端子とメモボタン、カメラボタンを装備。左側面にminiSDカードスロットを備える。スピーカーはカメラの両脇にステレオ対応のモノを装備。「前モデルのP252iに比べて音量は約30%アップしている」(パナソニックモバイル説明員)。ステレオ対応の着メロは当初、メーカーサイトで配布する予定

かわいさとメール機能を優先

 開発する上で重要視されたのは、ボディのかわいさとメール機能。QVGA液晶にしなかったのは、「小型化を優先したから」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ説明員)だ。

 メール機能としてユニークなのは「キラリメール」。届いたメールの中にある絵文字に合わせて着信ランプがさまざまに変化しながら光るというものだ。「端末を閉じたままでも、どんな内容のメールなのかが分かる」。友達同士で絵文字の組み合わせパターンを作っておけば「この光り方の時には、こんなことを伝えたい、といったように、暗号的な使い方もできる」という。

 情熱やうれしさを表す絵文字は赤、恋心やスキといった気持ちを表す絵文字はピンク、落ち込みや悲しみは青といったように着信ランプが光り、いくつも絵文字が入力されている場合は順番に光るようになっている。

 キラリメールに対応する絵文字は40文字。光り方はフラッシュ、ビーム、ホタルの3種類で、着信ランプの色はスターライト、ローズ、レモン、ライム、スカイブルー、マリンブルー、バイオレットの7色だ。

sa_pana3.jpg 左が絵文字の入ったメールの文面。相手にこのメールが届くと、それぞれの絵文字に割り当てられた光り方で着信ランプが光る。キラリメールは送る前に、文面を見ながらディスプレイ右上のLEDで光り方を確認できる
sa_pana777.jpg
Photo 絵文字と光り方の対応表
sa_pana91.jpg 左からメニュー画面、黄色い枠で囲まれたキラリメール対応の絵文字、メールのメニュー画面

ワンプッシュオープンボタンやminiSDカードを装備

 P252iSでは、P252iにも搭載されたワンプッシュオープンボタンを装備。あらかじめ設定しておけば、ボタンを押すだけで通話、閉じると終話、といった使い方もできる。

sa_pana1.jpg 着信するとボタン部と脇のランプが光り、ボタンを押すと端末が開く

 miniSDスロットは、撮った写真を保存するほか、端末内のデータバックアップやボイスレコーダーの音声ファイルの保存先としても利用できる。「10代から20代ターゲットなので、ユーザーは学生も多い。講義をボイスレコーダーで録音するといった用途もあると思うので、miniSDカードスロットを付けた」(パナソニックモバイル説明員)

 カメラは31万画素CMOSだが「最近のCMOSは性能が上がっている。これでも十分きれいな写真が撮れる」ということから採用された。

sa_pana444.jpg 左はカメラの撮影画面。撮影設定は、連続撮影やナイトショットモードなども用意される。撮影サイズは5種類だ

エントリー層の取り込みを狙うドコモ

 ドコモはP252iSの投入で、エントリー層の拡大を狙いたい考えだ。「現状のラインアップでは、900iがハイエンド層、505iSがミドル層、252iがエントリー層。小型でシンプルな機能の低価格な端末のニーズはまだまだ大きいので、(P252iSは)その市場を拡大する端末という位置付け」(竹原氏)

 なお、252iSシリーズはいまのところ、「他のメーカーの開発予定はない」という。

sa_pana333.jpg 撮影補助用ライトは端末の先端部に。iアプリには対応していないが、ゲームが1タイトルとバニラちゃんのスクリーンセーバが内蔵される。アンテナはヒンジ部の取っ手部分に内蔵されるほか、開いた状態でも感度が下がらないように「ボディ全体がアンテナになるような仕組みにしている」(パナソニックモバイル説明員)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.