ニュース
» 2004年05月31日 23時01分 UPDATE

携帯のカラー、どうやって選ぶ?

「車と同じ色だから」「大人の女性が持ちやすい」「元気が出る色に」「傷が目立ちにくい」「ガンダムのシャアの色だから」……。次に買いたいと思う携帯電話の色についてボーダフォンが行った調査から。

[斎藤健二,ITmedia]

 ボーダフォンは携帯電話のカラーに関するアンケート結果を発表した。「次に買いたいと思う携帯電話のカラーを選んだ理由は?」という問いに対しては、「コーディネート派」「シーン重視派」「気分向上派」などの傾向が見られた。

 コーディネート派は、「車と同じ色だから」(ダークグリーン)、「ネイルに合うから」(ピンク)、「ケータイも財布や手帳のように、小物に彩度の高い色を使うのはアクセントになるから」(レッド)など、ファッションの一部としてカラーを選択。

 シーン重視派は、「仕事でもプライベートでも違和感なく使えそう」(ブラック)、「かわいすぎず、ビジネスっぽくなりすぎない。大人の女性が持ちやすい色だから」(ブラウン)など、仕事やプライベートで問題が出ないかどうかを重視。

 気分向上派は、「普段、無機質な工業的製品に囲まれているため、安らぎを感じられる色合い」(パステルグリーン)、「いつも持ち歩くものだから、元気が出る色に」(オレンジ)といった、気持ちよく過ごせる色を選んでいる。

 また、「かばんの中や家の中で探すときに見つけやすい」(オレンジ)、「傷が目立ちにくい」(シルバー)、「汚れやすいので大切に使いたくなるから」(ホワイト)などの、ちょっと変わった意見も出た。

 この調査は、ボーダフォンが同社Webページ上で実施、約5000人から回答があった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.