ニュース
» 2004年10月06日 16時37分 UPDATE

CEATEC JAPAN 2004:CF型WIN端末は可動ロッドアンテナ内蔵

KDDIブースに800M/2GHzのデュアルモード対応のCFカード「W02H」が展示されている。

[斎藤健二,ITmedia]

 CEATECのKDDIブースでは、800M/2GHzのデュアルモードに対応したCF型データ通信カード「W02H」が展示されている。

win.jpg

 1X WIN(EV-DO)に対応し、下り最大2.4Mbpsの通信が可能。さらにPCやPDAと接続すれば、CDMA 1Xの通信方式を使って音声通話も行える。KDDIは従来EV-DOのみだった2GHz帯にも1Xを導入している。

 端末には伸縮する金属製のアンテナが内蔵され、さらに外部アンテナを接続することができる。説明員によると、外部アンテナ接続時はダイバーシティ受信を行うという。端末には、外部アンテナのほか音声通話用のイヤホンマイクも付属している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.