ニュース
» 2004年10月07日 15時57分 UPDATE

auが2カ月連続でドコモを抑える〜9月契約者数

auが2カ月連続で、単月での純増数トップに立った。ドコモは2位に。ボーダフォンは、約5万の純増を記録した。

[ITmedia]

 電気通信事業者協会(TCA)は10月7日、携帯電話/PHSの2004年9月の契約数を発表した。携帯電話契約数は、36万8800増えて、8383万6600。

グループ名 2004年9月純増数 累計
ドコモ 14万1000 4688万6400
au(KDDI) 18万1000 1818万8800
ツーカー -2900 358万7700
ボーダフォン 4万9700 1517万3700
Photo 各キャリアの単月シェアの推移

 8月に続き、auが2カ月連続で単月シェアトップに立った。純増数は18万で、先月より1万5000ほど少ないが順調な伸び。ドコモは8月の11万から純増数を増やしたが、auに届かなかった。

 7月に純減を記録したボーダフォンは、8月に純増数が約1万8000、9月が約5万と回復傾向にある。内訳は、PDCが2万6000増、W-CDMAが2万3500増。ツーカーは引き続き純減だが、2900の減少に留めた。

単月シェア 累計シェア
ドコモ 38.2% 55.9%
au(KDDI) 49.1% 21.7%
ツーカー -0.1% 4.3%
ボーダフォン 13.5% 18.1%
photo 各キャリアの単月の純増数の推移

ドコモ、3Gで58万増

 3G携帯の契約者数が、引き続き増えている。特にドコモは58万7500の増加を記録するなど、順調に移行が進んでいる。

 ドコモのPDCは、44万減。これをW-CDMAの増加数が上回ることで、純増を達成している。auも着実に3Gへの世代交代が進み、「3G率」は88%となった。ボーダフォンはW-CDMAよりPDCの増加数が多い状況だが、3G率でいえば先月の1.5%から0.8ポイント上がった。

グループ名 2004年9月純増数(3G) 累計(3G) 3G率
ドコモ 58万7500 648万7600 13.8%
ボーダフォン 2万3500 26万1100 1.7%
au(KDDI) 34万6500 1585万8300 87.2%
 *初出時、各キャリアの3G率が間違っておりました。訂正します

BREW・着うた端末が50万増

 ハイエンド端末が増えるにつれ、各機能に対応した端末数も増える。auでは「WIN+BREW」のW21xシリーズがリリースされたことに伴い、BREW対応端末が626万台まで増えた。前月比で約50万台増だ。

 カメラ端末も、ドコモが前月比64万増、auが40万増、ボーダフォンが約5万6000増と伸びている。auの着うた端末も、前月比50万増と拡大している。

キャリア カメラ ムービー アプリ GPS 着うた Web
ドコモ 3274万(うちFOMA648万) 約2600万 非公開 4236万1500
au(KDDI) 1444万 1301万 626万(BREW) 992万 1285万 1512万4800
ボーダフォン 1218万5300 350万6200 826万7800 非公開 1299万2900
 「ムービー」は撮影した動画をメールで送信できる端末を指す。「Web」はボーダフォンは対応機種台数、ドコモとauは契約数。

DDIポケットのみ増加、は変わらず

 PHSでは、先月に続いてDDIポケットが契約者を増やし、ドコモとアステルグループが減少させる構図。DDIポケットが3000の純増となった。

 アステルグループの純減が著しい。8月は3万7000減だったが、9月はその2倍以上となる8万3000の減少を記録した。9月で音声サービスを終了するケイ・オプティコムは6万4700の純減。ほかの地域でも、数千単位で契約者を減らしている。

グループ名 2004年8月純増数 累計
DDIポケット 3000 292万5500
ドコモ -2万3000 145万9000
アステルグループ -8万3000 42万2100
累計 -10万2900 480万7500

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.