連載
» 2005年02月16日 17時22分 UPDATE

モバイルコンテンツ・プチレビュー:携帯を見ながら「異議あり!」と叫べ 〜逆転裁判

珍しい“弁護士ゲーム”というジャンルに挑み、成功した「逆転裁判」。その逆転裁判が、携帯で遊べる。さあ、あなたも画面に向かって叫ぼう「異議あり!」

[小松しおる(StoryWorks),ITmedia]

 世の中にゲームはいろいろあるが、「弁護士ゲーム」というのは意外になかった。テレビで、あれだけ法廷ものが盛んに放映されているというのにだ。

 カプコンの「逆転裁判」は、そんな弁護士ゲームに挑戦し、シリーズ3作目までリリースされるというヒットを飛ばした作品。既に、携帯版にも移植されている。ゲームは3キャリアに対応しているが、今回はauのJava版とBREW版を試してみた。

Photo (C)CAPCOM 2004
コンテンツ名 逆転裁判
料金月額 315円(iモード、ボーダフォン)300円(EZweb)
対応機種 3キャリア対応(auはJava版とBREW版あり)
アクセス iモード:「メニューリスト」-「ゲーム」-「アドベンチャー」、EZweb:「EZトップメニュー」-「ホビー&カルチャー」-「ゲーム」-「総合」-「クラブ☆カプコン」、ボーダフォンライブ!:「メニューリスト」-「ケータイゲーム」-「ゲームパック」-「カプセル@カプコン」

 逆転裁判では、プレーヤーは弁護士の成歩堂龍一(なるほどうりゅういち)となり、無実の罪を着せられた依頼人を“逆転”無罪に持ち込んでいく。自分の足で証拠品を捜しに出かける「探偵パート」と、実際に法廷に立って依頼人の無実を立証する「法廷パート」の2つが遊べる。

 ゲームを進めていくと、検察側証人の「ウソ」や「勘違い」に必ず行き当たる。気になる部分があれば尋問し、証言に矛盾を見つけたらすかさず「異議あり!」と証拠品をつきつけよう。ただし、間違えた「異議」にはペナルティが課せられ、間違えすぎると有罪判決(ゲームオーバー)を食らってしまうので注意。

 全然関係ないが、ゲームに出てくる有能な巨乳先輩弁護士「綾里千尋」(あやさとちひろ)さん。筆者はあの胸こそ「異議ありっ!」と言いたい。

Photo  

携帯ならではのポイントとは?

 逆転裁判はアドベンチャーゲームなので、アクションゲームほど複雑なボタン操作は必要ない。このあたりは携帯向き。必要な場面まで操作ボタンが表示されない点も、誤操作を招かず好感が持てる。

 「逆転裁判2」以降で採用されていた、証拠品ファイルを「証拠品/人物」の2通りに分類するシステムが携帯版に移植されている。これはありがたいところ。第1話ではそれほど混同しないが、2話目以降から人物数も証拠品の数も格段に増えるのだ。

 ただし、証言中は証拠品ファイルを開けないのがちょっと痛い。「あれ? この証言っておかしいよなぁ」と思った時に、すぐに照らし合わせることができないのは少々面倒くさい。

 あまり期待してはいなかったのだが、やってみてものすごく感激したのがゲーム画面の美しさだ。実のところゲームボーイアドバンス(GBA)版では、解像度が荒くて証拠品の中からヒントを探し出すのが難しかった。

 携帯版では、この点が改善されたため「グラフィックを良く見直し、その上で考え答えを出す」という作業がやりやすくなっている。正直な話、GBA版をクリアできずに途中で放り出している人は、携帯版をやってみてはいかが……とお薦めしたくなるほどだ。当時は気付かなかったことが、見えてくるかもしれないから。

Photo  

携帯版シナリオがほしかったかな?

 携帯版では、GBA版シナリオをそのまま移植している。このため、既存ユーザーは懐かしく感じるだろう。ただし、2001年発売とそれほど古いゲームでもないので、出来ればケータイ版の新しいシナリオが欲しかったという感じは否めない。

 どのシナリオまで配信するか、キャリアによって差があるのも気になるところ。iモード版では既に「逆転裁判2」「クイズ逆転裁判」「昇進テスト」まで配信されているが、auのBREW版では現在第1話で配信が止まっている。やや遅れぎみで、BREWユーザーはじれったい思いをしているのではないだろうか。

 とはいえ、何度遊んでも面白いものは面白い。特に法廷でのパートは、個人的に爽快感があってたまらない。一度日常生活でも、あんな風にいってみたいものだ。「異議あり!」

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.