ニュース
» 2005年03月14日 15時51分 UPDATE

CeBIT 2005:普通の電話としても使える「Skypeフォン」

Skypeといえば、無料電話が可能なP2Pソフトとして有名だ。そのSkypeクライアントを内蔵したハードウェア製品が展示されていた。

[杉浦正武,ITmedia]

 Skypeといえば、無料電話が可能なP2Pソフトとして有名だ。そのSkypeクライアントを内蔵した「電話」――ハードウェア製品もリリースされている。独ハノーバーで開催されている「CeBIT 2005」の独Siemensブースでは、実際の利用イメージを確認できた。

PHoto Skypeフォンを利用するには3つの構成要素が必要。1つめは、SkypeをインストールしたPC


PHoto 2つ目は、そのPCにUSB接続するアダプタ(製品名は「Gigaset M34USB」)


Photo そして3つ目が、そのUSBアダプタと通信するSkypeフォンだ(製品名は「Gigaset S44」)

 Skypeフォンの使い方は簡単。まずSkypeをインストールしたPCをネットワーク接続し、そこにUSBアダプタを接続する。このアダプタとSkypeフォンが通信を行ない、無料電話が可能になる。

 Skypeフォン〜アダプタ間の通信方式は、欧州のデジタル・コードレス規格である「DECT」。日本でいうと、PHSで親機と子機が通信しているイメージだ。Skypeフォンは、電話番号をダイヤルすれば普通の電話としても使えるが、VoIPを行う場合はこのアダプタに向けて発信する。

PHoto MS34に電話をかける


Photo その上で、Skypeアプリケーションを利用すると指定


PHoto Skypeフォンの画面上に、Skypeアプリのアドレス帳が現れた。PC画面に映っているものと同様だ

 SkypeフォンにPCと同様のアドレス帳画面が現れたら、あとは好きな相手を選んで電話すればいい。インターネットを介したVoIPだから、通話利用金はかからない。独市場では、このサービスが2004年12月から開始されているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.