ニュース
» 2005年05月09日 12時34分 UPDATE

Bluetoothで飛ばすオーディオトランスミッター、ロジテックが発売

ロジテックは、Bluetooth搭載のHi-Fiステレオ オーディオトランスミッターを5月中旬から順次発売する。「DiALiVE」シリーズの新製品。iPodや携帯電話に接続するタイプとPC用の2製品をラインアップした。

[ITmedia]

 ロジテックは、「DiALiVE」シリーズの新製品として、Bluetooth搭載のHi-Fiステレオ オーディオトランスミッター2機種を5月中旬から順次発売する。iPodや携帯電話に接続できる「LBT-AS100C2/A」と、PC用の「LBT-AS100C1/U」をラインアップ。音楽データを無線伝送し、ミニコンポなどのステレオシステムで再生できる。

製品名 価格(実売予想価格) 発売時期
LBT-AS100C2/A オープン(1万9800円程度) 5月中旬
LBT-AS100C1/U オープン(1万4800円程度) 6月上旬
photo 「「LBT-AS100C2/A」はオーディオアダプタ(送信機)と受信機のセット

 「LBT-AS100C2/A」は、オーディオアダプタ(送信機)と受信機のセット。受信機をステレオシステムなどに繋ぎ、送信機をiPodなどのようなポータブルオーディオ機器や携帯電話などに接続することで、iPodに保存した楽曲や「着うたフル」などをステレオシステムで再生できる。

 通信可能距離は最大半径20メートル。Bluetoothのバージョンは1.1で、プロファイルは「A2DP」(Advanced Audio Distribution Profile)をサポートしている。

 オーディオアダプタはバッテリー駆動で、一回の充電で約6時間使用可能だ。ポータブルオーディオとのインタフェースはミニピンジャック(ケーブル直付けタイプ)。RCAピンプラグに変換するケーブルや4極平型端子(携帯電話用)に変換するケーブルが付属している。サイズは50.5(幅)×14.7(高さ)×51.7(奥行き)ミリ。重量は36グラムで、iPodなどにもマッチするホワイトボディを採用した。

 受信機の外形寸法は、100(幅)×24(高さ)×80(奥行き)ミリ。アンテナは可動式のポールアンテナを採用した。コネクタはRCAピンジャックだが、ステレオミニプラグに変換するケーブルも付属している。

photo 「LBT-AS100C1/U」は、USBアダプタと受信機のセット

 「LBT-AS100C1/U」は、送信機となるUSBアダプタと受信機のセットだ。送信機をPCのUSBポートに接続すれば、MP3、WMA、ATRAC、AAC、WAV、MIDIなどのオーディオデータ、音楽CD、DVDメディアを再生したサウンドをステレオシステムで再生することができる。

 USBアダプタはバスパワー対応で、外形寸法が19(幅)×10(厚さ)×49(奥行き)ミリ。一方の受信機は「LBT-AS100C2/A」のものと同一だ。

 こちらもBluetoothのバージョンは1.1で、プロファイルは「A2DP」(Advanced Audio Distribution Profile)をサポートする。ただし、出力クラスが送信機・受信機ともにClass1に対応しているため、無線伝送距離は半径55メートルになるという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.