ニュース
» 2005年11月15日 23時11分 UPDATE

ドコモの「マルチナンバー」、不具合の特定と修復を完了

ドコモは、不具合の可能性があることから、新規の申し込み受付を一時停止していた「マルチナンバー」について、不具合の特定と修復が完了したとアナウンスした。

[ITmedia]

 NTTドコモは、不具合の可能性があることから、新規の申し込み受付を一時停止していた「マルチナンバー」について(11月14日の記事参照)、不具合の特定と修復が完了したとアナウンスした。

 マルチナンバーの不具合が起こったのは、11月10日午前0時から11月15日午後12時24分まで。(1)マルチナンバーに契約したユーザーが付加番号で発信すると、関係ない第三者の発信時に、発信者番号として通知される(2)マルチナンバーに契約したユーザーの付加番号からドコモインフォメーションセンターに発信できない という2つの不具合が確認された。原因は交換機ソフトウェアの不具合によるもので、11月15日12時24分に回復した。

 新規申し込み受付の再開については、準備が整い次第アナウンスするとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.