ニュース
» 2005年11月29日 17時44分 UPDATE

ウィルコム、次世代PHSの導入に向けて予備免許取得

ウィルコムが、次世代PHSシステムの開発・導入に向けた実証実験を行うための予備免許を取得した。OFDMAシステムの電送実験を中心に評価活動を行う。

[後藤祥子,ITmedia]

 ウィルコムは11月29日、次世代PHSシステムの開発・導入に向けた実証実験を行うための予備免許を取得した。

 第一期の実験は、実験免許取得後、1年間を想定。次世代PHS技術の中核技術であるOFDMA(Orthogonal Frequency Division Multiplexing Access)を採用した実験システムを構築し、屋外静止、屋内静止、屋外高速移動時などの環境下における電送性能を評価する。実験システムはAdaptixと協力して構築し、虎ノ門地域のビル屋上と屋内にそれぞれ1カ所、アンテナと基地局実験設備を設置。同社では、第一期実験の評価結果をもとに、さらなる評価を行うための第二期試験も検討している。

 ウィルコムは、OFDMなどの技術を使った次世代PHSで2GHz帯への参入を目指しており(7月8日の記事参照)、今回の予備免許取得を受けて行う実験で技術的検証を行う計画。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.