ニュース
» 2006年02月17日 09時45分 UPDATE

3GSM World Congress 2006:「ロケーションフリー」を携帯で──Sony Ericsson

ソニーのロケーションフリーベースステーション「LF-PK1」のクライアントとして携帯電話を──。Sony Ericssonが無線LAN対応の「P990」を使ったデモを行った。

[後藤祥子,ITmedia]

 ソニーのロケーションフリーベースステーション「LF-PK1」は、ネットワーク対応のTVチューナーだ。テレビの映像や録画したビデオなどをMPEG-4にエンコードして有線/無線LANで送信する機能を備えている。クライアントとしてPCやPSPが利用でき、家の中や外出先からテレビや録画した番組を見ることができる。

 このLF-PK1のクライアントとして「P990」を使おうという提案を行っているのがSony Ericsson。3GSMの同社ブースで、サービスイメージを紹介していた。P990はIEEE802.11b準拠の無線LAN機能を備えたスマートフォンで、液晶はQVGA対応の2.8インチのものを搭載。一般的な携帯電話に比べて大きいメインディスプレイが、テレビやビデオ映像を見るのに向いている。

sa_w2.jpg

 「出張中でも自国のテレビ番組を見たいというニーズは高い」と説明員。「例えば欧州はサッカーの人気が高く、出張中でも自国でひいきにしているチームの試合を見たいという人が多い。こうした要望にも対応できる」(説明員)

 欧州でも通信キャリア間の競争は激しく、キャリアは携帯ならではの用途を模索している。P990は今夏のリリースを予定しており、この時期にロケーションフリーのクライアントとしての利用を提案することで、キャリアにアピールしたい考えだ。

Photo 今回のデモはあくまでサービスのイメージを提案するもので、P990側で流している映像は端末内に保存された動画だった

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.