ニュース
» 2006年02月28日 15時35分 公開

ボーダフォン、サイクロイド型ワンセグ端末公開

液晶部分が横に回転するサイクロイド型の構造を持つ、ボーダフォン初のワンセグ対応端末がお披露目された。

[ITmedia]

 ボーダフォンは2月28日の「904SH」発表会で、開発中のワンセグ放送対応端末を公開した。折りたたみ型の本体ながら、液晶部分が横に90度回転する「サイクロイド型」ヒンジを採用。普通に携帯を持ったまま、横型画面でテレビ放送を楽しめる。

 発売が決まれば、同社初のワンセグ対応端末となる。発売スケジュールは明らかにしなかったが、「なるべく早く出したい」とした。

 4月1日から本放送が始まるワンセグ放送は、移動体向けのデジタル地上波放送サービス。KDDIが対応機種を2機種発売済みのほか、ドコモも対応端末「P901iTV」を3月3日に発売する予定になっている(2月21日の記事参照)


会場では実際に、放送電波を受信してのデモが行われていた。テレビ機能をどうやって起動するかなどの詳細は不明だが、端末右下に「TV」のキーが見える
端末の裏面と側面。カメラの位置にはマクロ切替の表示と「2.0MEGA」のマークが見える。またFeliCaチップもこちら側に搭載されるようだ
Photo 回転の仕組み。指で軽く押すだけで、向かって左側にディスプレイがずれて横型になるギミックだ。右側にはずれない

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう