ニュース
» 2006年03月22日 15時18分 UPDATE

東京のタクシー5500台で携帯クレジット「iD」が利用可能に

東京無線協同組合と三井住友カード、NTTドコモは8月から、おサイフケータイを活用したクレジットサービス「iD」をタクシー内で利用可能にする。

[杉浦正武,ITmedia]

 東京無線協同組合(東京無線タクシー)と三井住友カード、NTTドコモは8月から、ドコモのおサイフケータイを活用したクレジットサービス「iD」(2005年11月8日の記事参照)をタクシー内で利用可能にすると発表した。東京無線タクシーに加盟する全車両、約5500台でiDを利用できるようになる。

 ユーザーはタクシー料金の支払い時に、車内の専用リーダー/ライターに携帯をかざすだけで決済を完了できる。iDの導入に合わせて、電子クーポンサービス「トルカ」も導入する予定だという。

 タクシーのおサイフケータイ対応は徐々に進んでいる。首都圏では、神奈中ハイヤーが全台でJCBが展開する「QUICPay」に対応しているほか(2005年8月2日の記事参照)、ANZEN、飛鳥交通が全車で電子マネー「Edy」に対応している(3月2日の記事参照)。また松山市では、伊予鉄タクシーが「モバイルい〜カード」に対応している(2005年7月19日の記事参照)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう